保険 アリコ Moon of Samurai

キン肉マン 第262話 火事場の関節技!!の巻 

 試合開始早々火事場のクソ力を発動したキン肉マンはピンチから一転して腕ひしぎ三角固めにうつったもののパイレートマンに片腕の力だけでもちあげられてキャンバスにくりかえしたたきつけられて関節技をはずしてしまいます。そこからアームロックで逆襲をしかけてもやっぱり力まかせにはずされます。パイレートマンはまさに純然たるパワーファイター。そしてそのまま馬乗りになってキン肉マンにパンチのラッシュをあびせます。

muscle_262_01.jpg

「王子の火事場のクソ力さえものともしないパイレートマン。いったいどれほどの超人強度の持ち主なんだ!?」
「フン、超人強度だと?
 その数値だけで語るなら、吾輩の超人強度は8000万パワ――ッ!」


 ゲゲェーッ! マンモスマン以上の超人強度の持主! ディクシアの超人強度が8600万だったので、その同族で幹部のパイレートマンが8000万あってもおかしくはありません。しかしマンモスマンとかディクシアとか、ジャンプ連載期最終盤だけあってパワーインフレがきわまった感があります。

muscle_262_02.jpg

「だがそんなものは……なんのアテにもならーん!」

 ヤロウ……肉世界のタブー中のタブーに触れやがった……まあ肉ファンにとっては周知の事実ですけどね! ドラゴンボールの戦闘力にくらべると肉世界の超人強度のあつかいがテキトーきわまるものであることの証左は枚挙にいとまがありません。たとえばグリムリパー時代のサイコマンの査定で8000万パワー以上の持主とみられるバッファローマンは、その半分以下の3800万パワーのガンマン相手に、勝つには勝ったものの、純粋なパワー勝負ではどうにか食いさがれたというレベルでした。超人強度はあくまで強さの指標のひとつであり、むしろ二世時代のアシュラマンが豪語したように後天的なもののほうが重要なのでしょう。鍛え方が違う! 精根が違う! 理想が違う! 決意が違う!
 閑話休題。キン肉マンはパイレートマンの連打から逃れてラリアットをお見舞しようとしたもののあっさりほうりなげられ、あわれ場外の海の藻屑と消えるかと思わせておいての超人絞殺刑でした。

muscle_262_03.jpg

 無量大数篇がはじまってからキン肉マンの対戦回数は三回、そのすべてに超人絞殺刑が使用されています。ピンチからの逆転を演出しやすい技だからかな。

muscle_262_04.jpg

「そうか、あのラリアットは超人絞殺刑への撒き餌だったのか――っ」

 ミート君、キン肉マンとはつきあいもながいのに技の組立ても読めなかったのか。それでいいのか超人界の頭脳。てーか新シリーズ第一話でミート君がキン肉マンのもとをはなれてべつの超人のセコンドにつくような伏線がはられていたけれどコレ絶対ゆで忘れてるだろ。あるいはそもそも伏線ではなかったとか。
 それはさておきパイレートマンは自滅を覚悟してのことかキン肉マンの両足のクラッチを力まかせにはずし、断崖絶壁から落下したものの、驚天動地の方法で難をのがれました。

muscle_262_05.jpg

 ゲゲェーッ! マグネット・パワー!
 つーかおまえら、その力が目的で地球にやってきたんじゃなかったのかよ、というツッコミを頭のなかで用意していると、つぎのページではやくもウルフマンやキン肉マンが俺とおなじ疑問を口にしました。無量大数篇がはじまってからこっち、二世のころまでのクソつまらん引きのばしがまるで悪夢だったかのようにムダな時間稼ぎがまったくありません。最高。ゼブラ対マリキータマン戦のグダグダは忘れておきましょう。

muscle_262_06.jpg

「こんなものはただの真似事……マグネット・パワーと呼べるほどの代物ではない」

 パイレートマンにいわせれば自分がつかうマグネット・パワーは本物ではないとのこと。
 旧シリーズの過去篇でサイコマンが説明していたように、マグネット・パワーは地球そのものがもつ超人パワーのようなものなので、宇宙のはてのオメガ・ケンタウリでは地球から本物のマグネット・パワーを抽出利用することができないのでしょう。いまパイレートマンがみせているのは、かつてオメガの民が地球で暮していたころに発見し利用していたマグネット・パワーののこりカスのようなものでしょうか。



キン肉マン 64 (ジャンプコミックス)
ゆでたまご
集英社 (2018-09-04)
売り上げランキング: 1,975




今週のジャンプ一コマレビュー 2018年44号 

・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2018_44_01.jpg

「角界一の堅物」だがムッツリスケベだ。
「口を開けば、相撲のことしか語らない」だがムッツリスケベだ。
「とんだムッツリ野郎だったみたいね」そのとおりだ。


hitokoma_2018_44_02.jpg

「最強のバカ」「世界最強のバカ」「パスポートをどうやって取得したかも分からないレベルのバカ」「この馬鹿」「世界一のバカ」さすがにちょっといいすぎだ。

hitokoma_2018_44_03.jpg

 栄大附属時代の久世の先輩のうちダニエルとリオンちゃんは大和国部屋入りしていました。ダニエル相撲取りらしい肉がついたなあ。
 しかしダチ高と全国決勝でぶつかったときの栄大附属のレギュラーメンバーはみんなプロか……幕下や三段目どまりなのはリアルっちゃリアルです。久世が史上最年少大関だったりチヒロの兄貴がすでに前頭だったりするのが異常なのです。国宝の名は伊達じゃない。

hitokoma_2018_44_04.jpg

 久世の友だちの狩谷は小兵ながらもがんばっていたけれどケガがなやまされて満足のゆく相撲がとれなくなり楽しくなくなってしまったので断腸の思いでリタイアしていました。当人はどうやらふっきれたようなのに久世のほうがひきずっていて、子どもがダダをこねるように不満をくすぶらせています。
 日本人最後の横綱大和国の息子として土俵にあがりながらまわりの期待に完璧にこたえることができず、鬱屈したものがたまっているのにくわえ、かたちはちがえど生れながらの困難にたちむかうという志をおなじくするものと見ていた狩谷はリタイアし、火ノ丸はそれまでの横綱相撲をやめたように思われて、久世の心はかぎなくダーク。高校時代の優等生然としたころとはちがってずいぶんウダウダなやんでいます。もしかしたら久世はいま生涯ではじめての壁らしい壁にぶつかっているのかもしれません。とりあえず久世は狩谷以外の友だちをつくったらいいんじゃないかな。できれば相撲に関係のない。
 そんなわけで土俵のうえで上の空の久世に対し、からあげ関は。

hitokoma_2018_44_05.jpg

 無道発動!
 久世のメンタルが最悪だったことにくわえてからあげ関の覚醒により、久世は火ノ丸が数珠丸に負けたときみたいになにもできずに寄切られました。これはもうただのからあげ関と軽んずるわけにはまいりません。いまのかれはまさにブラックからあげ関!
 ところでブラックからあげ関の
(どいつもこいつも……俺を……ナメるな!!)
という心の叫びは読者に対してもむけられている気がする……こないだの『キン肉マン』のパイレートマンを彷彿とさせるぜ。お前たちはこの期に及んでまだ我らオメガの民をナメている!

hitokoma_2018_44_06.jpg

「後ろから刺してやろうって面ですよ」

 なに? 後ろからあげ刺してやろう? からあげをあげる日々のつみかさねのはてにとうとう新作からあげを生みだしたか、からあげ関!
 ヨタはさておき優等生のおおい国宝世代のなかでは例外的にネタ要素が満載のからあげ関です。今回で無道まで発動しちゃったし。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2018_44_07.jpg

 日の光の下をあるく禰豆子にいつも異常の……おっと変換まちがい、いつも以上のテンションのあがりかたを見せる善逸です。でもさ善逸、結婚したら毎日寿司とうなぎ食べさせてあげるって、心底本気なのはみてわかるけど、おまえのばあい身の丈にあわない栄耀をさせようとしたら稼ぎがおいつかずに借金に手を出してかえってまわりに迷惑をかけそうで不安なんだよ。
 なお禰豆子が伊之助の名前をあげたのはひたすら名前をおしえこまされたからで、べつだん深い意味はありません。

hitokoma_2018_44_08.jpg

 炭治郎と同レベルで説明が下手な恋柱。ところでこのときのリアクションでいちばん大きかったのが蛇柱でした。そういえばまえに扉絵でふたりがいっしょにメシ食ってたし、いまのところ恋柱といちばんフラグが立っているのは蛇柱か。


・『ミストの怪剖録』

hitokoma_2018_44_09.jpg

 ことしの金未来杯のどんじりにひかえしは、世界観オカルトと外科手術とが融合したもので、この説明だけなら『保健室の死神』を思い出すところだけれど、あちらとくらべるとだいぶホラーよりでした。なおかんじんの中身はというと、何回かチャレンジしたけれどいつも流し読みになってしまうので、まあ肌にはあいませんでした。
 このたびの金未来杯のエントリー作品でひとつえらべといわれたら、俺は四番目の『Apollo』を推します。たいして好きな作品でもないし強烈な個性ってのも感じられなかったけれど、平均点的な意味で。


・『HUNTER×HUNTER』

hitokoma_2018_44_10.jpg

 バカ王子死亡。冨樫義博作品でバカ王子というと『レベルE』の主人公がまっさきに頭に思いうかぶところだけれどこのばあいはもちろん第八王子サレサレのほうです。見るからにバカ殿さまでまっさきに死にそうで、だからこそ逆に長生きするかもしれないと思わせるくらいにバカっぽかったのに、そのバカさかげんそのままに早死にしました。いっぽうカキンの王子のなかでは能力人格のバランスにおいていちばんの出来物のハルケンブルグは腹をくくって継承戦に本格参加。ようやく話がおおきくうごきはじめました。



火ノ丸相撲 22 (ジャンプコミックス)
川田
集英社 (2018-10-04)
売り上げランキング: 1,490




星の☆王子さま 御礼参り 

 みんな大好き漫☆画太郎先生がジャンプ+に連載中のギャグ漫画『星の☆王子さま』が打切りの危機に瀕し、起死回生の一発逆転をねらってババアの等身大フィギュアを二百五十万円で製作してジャンプフェスタに展示しようということになりました。この案を出したヤツは頭がイカれているにちがいない。
 で、画太郎先生に二百五十万円という大金が出せるはずもないということでクラウドファンディング方式で寄附をつのったところ四百一人が募集に応じて九百三十四万三千八百円の資金があつまりました。世界は狂気に満ちている。
 そして画太郎先生はストーリー担当でおなじアパートのとなりに住んでいるという設定のサンテグジュペリ先生のところへ菓子折をもってお礼にいったところジュペリ先生は自分ではなくテレビの前のちびっ子にお礼すべきだといいました。俺もうちびっ子じゃないけどね。

oreimairi_01.jpg

「ボクタチコレカラモ、2人で力をあわせて……
 二代目ゆでたまごとしてガンバリマース!!!」


 ゆでたまご先生を勝手に過去の人にせんでください。つーかなにをどうやったらこんな発想がでてくるんだ……原作と作画にわかれたコンビ漫画家でいちばん有名だからかな。

oreimairi_02.jpg

 ゲゲェーッ! おなじアパートの一階に住んでいるという設定の当人たちがきちゃったよ! このあとは画太郎先生おなじみの、アパートの階段をかけおりるとちゅうで足をすべらせてみんな盛大にすっころぶという展開だったけれど、そのあとが一味ちがいました。

oreimairi_03.jpg

「な……なんのこれしき――!!!」
「か……火事場のクソ力じゃ――――――ッ!!!」


oreimairi_04.jpg

「マッスル・ドッキング――――ッ!!!」

oreimairi_05.jpg

「へのつっぱりは!!!」
「いらんですよ!!!」


 おお! ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だ!

oreimairi_06.jpg

 そして例によってみんな大型トラックにはねられて五体がバラバラにちぎれたあと爆発炎上して死屍累累一巻の終りとなりました。画太郎先生の漫画はひどい。いつもひどい。ああ、すばらしきクソ漫画。



星の王子さま 1 (ジャンプコミックス)
漫☆画太郎
集英社 (2018-01-04)
売り上げランキング: 21,905




キン肉マン 第261話 黒き海の伝説!!の巻 

 このたびのキン肉マンはちゃんと始祖篇での成長をもちこしていると以前のレビューに書いたけれど実際にはそんなことはなかったぜ!

muscle_261_01.jpg

 このたびのキン肉マンはちゃんと始祖篇での成長をもちこしていると以前のレビューに書いたけれど実際にはそんなことはなかったぜ! 大事なことなので二回いいました。

muscle_261_02.jpg

 パイレートマンの怒濤のラッシュにキン肉マンはへっぴり腰での逃げの一手で、ネメシス戦でのカッコよさはどこにいったのかと第一ページのアオリ文にもミートくんにもいわれる始末です。キン肉マンらしいといえばいえるけれどホントこういうのはどうにかしてほしかった。
 それはさておきパイレートマンはキン肉マンにタックルをしかけて指一本で相手の脚をつかみとり、キン肉マンを断崖絶壁のリング外からつきおとそうとします。そしてその口からかつて黒海沿岸に拠点をおいたオメガの民の行状がかたられました。

muscle_261_03.jpg

 オメガの民はかつてスワローズネストのある場所に今以上の壮麗な城をきずきあげ、そこで逆賊どもを完膚無きまでに処刑してきたそうな。処刑される超人はもちろんのこと読者の投稿超人です。こういうかたちで採用されるのって、投稿した人たちにとってうれしいのか悲しいのか。
 ところでパイレートマンは逆賊を処刑してきたといっているけれど、これはかつて武道がかたったカピラリア大災害ののちの超人界、力をつけた強い者が弱い者をしいたげるという構図そのものです。それなのにまるで罪悪感がなさそうなのはパイレートマンが他者から奪うことをなりわいとする海賊だからでしょうか。

muscle_261_04.jpg

「一面赤い血で染まる海。
 だが血の赤は空気に触れると徐々に酸化し黒へと色を変えていく。
 そしてこの海はやがて一面黒に染まった。それがまさに“黒海”という美しき名の由来。後世、我らオメガの民の間にのみ言い伝えられた伝説だ」


omoshiro_kigensetsu.jpg

 ほーなんだそのオモシロ起源説は?

muscle_261_05.jpg

「吾輩のパワーなどお前の本気のパワーに比べればなんということはない! それを見せてみろと……吾輩はお前に言っておる――っ!!」

 わりと謙虚なパイレートマン。『トリコ』で美食會のザンギエフもどきが「オレが速いんじゃねえよ。お前が遅いんだよ」と妙にクールに分析していたのを思い出しました。

muscle_261_06.jpg

 今回は発動がやたらと早い火事場のクソ力。ふつうなら敗北フラグです。しかしキン肉マンは腐っても主人公、まさかここで負けるはずがない、といいたいのだけれどパイレートマンの戦いの目的は相手の最大の宝を奪うことにあり、そもそも火事場のクソ力を手に入れることはオメガの民が地球にやってきた目的のひとつなので、キン肉マンがその力をうばわれる可能性は否定できません。
 これでミキサー大帝のときみたいにキン肉マンが火事場のクソ力をつかえなくなったあげくに敗北したら全読者がビビるだろうなあ。こんなこと書いてる俺もビビります。



キン肉マン 64 (ジャンプコミックス)
ゆでたまご
集英社 (2018-09-04)
売り上げランキング: 1,554




ハイスコアガール 第12話 「ROUND 12」 

hi-score-girl_12_01.jpg

 夜の町をかけずりまわってようやく見つけた大野はそれでもまだ家に帰りたくないようで、その思いをくんだハルオはもうしばらく夜のデートとしゃれこみます。ええい、ケーサツはなにをやっとるんじゃ。ちゃんと真夜中でも見まわりをしてゲーセンをうろつく不良学生を補導せんかい。しょっぴくのはハルオだけでいいから(ぉ
 しかし大野の気はなかなかはれず、ハルオはこのさきどうすればいいかわからなくなり、立ってる奴は親でも使えとばかりに公衆電話で母親に相談したらホテルで大野とおなじへやにとまることになりました。母親が率先して息子の淫行を奨励するなんて! 日本の性良俗は死んだ! まあハルオはいまのところ三次元の女に性欲はわかないようだけど。

hi-score-girl_12_02.jpg

 ハルオにホラー話をされてマジビビリしていつもの挌闘能力も発揮できずにただの女の子みたいなポカポカ攻撃で抗議するしかない大野かわいい。あーあ、大野のポカポカ攻撃がクリティカルヒットをたたきだして「ハルオはくびをはねられた!」ってメッセージがでねーかなー。

hi-score-girl_12_03.jpg

 ふろあがりのバスローブ姿の大野にわれしらず無言でホホを染めるハルオでした。色を知る歳かッ!

hi-score-girl_12_04.jpg

 土曜の夜はクソつまらん番組しかやっていないので退屈になったハルオはちょうどさっき買ったニューファミコンとおまけのソフトをとりだしました。ソフトの正体はくにおくんの大運動会。原作のパチモノストツーからさしかえられたのは、アニメに登場させる許可をとろうにも連絡手段がみつからなかったからと思われます。まあ原作にはなかった大野の百面相が見られたのでプラスマイナスでいえば大幅なプラスなんですけどね!

hi-score-girl_12_05.jpg

 ゲーム中に寝オチしてしまったハルオにふとんをかけ、その寝顔に見入り、ハルオを送り出すときは新妻ムーブ全開で、外にでてきたハルオに窓越しに手をふる。なんなんだこのかわいい生物は……この大野には日高派の俺もクラッとくるし、ハルオでなくても力になりたいと思うってもんだぜ。

hi-score-girl_12_06.jpg

 朝の仕事に出かけた夫、もといハルオがホテルにもどってくるまで大野はまっていました。両手をポケットにつっこむというお嬢さまらしくないカッコが不作法かわいい。
 そして大野の女の子らしい希望でハルオはいっしょにプリクラをとることになりました。照れくさいのでヘンな顔をしてごまかそうとするハルオに大野は女心のわからないヤツは天誅だヘッドバット。しかしこの撮りそこないプリクラがのちのちハルオにとって驚天動地の事態をひきおこすきっかけになるのです……のちのちといっても十分たらずのことだけど。

hi-score-girl_12_07.jpg

 Aパートは大野のターンだったのでBパートは日高のターンでした。恋する乙女はあばたもえくぼでハルオのことをいいほうにばかり解釈します。まあハルオの意外な男前ぶりを見れば当らずとも遠からずの評価なのですが。
 そしてプレステを貸すという名目でハルオの家にやってきました。これまでに自分の家へプレステをやりにくるようさそっていたらしく、いっこうに自分の気持に気づかないハルオに業を煮やしての強硬手段かとも思われます。しかしそれでもこの時点ではハルオのへやにあがりこむだけで満足していました。この時点では。

hi-score-girl_12_08.jpg

 負けヒロイン日高は見た。
 そして夜道を帰る日高をハルオは母親におくってゆくよう厳命され、ふたり肩をならべてあるくうち、とうとう日高が動きました。

hi-score-girl_12_09.jpg

「お……大野さんとは……つきあってるの?」
「え? つきあってないけど?」
「矢口君は大野さんのこと、どう思ってるの?」
「ど……どう思ってる……」
「好き?」
「なんだよ、いきなり……好き? って……
 あ、あいつのゲームの腕とか姿勢は……その……すげー好きだけど……」

「異性として……」
「い……」
「私は矢口君のことが好き」


hi-score-girl_12_10.jpg

「大好き」

hi-score-girl_12_11.jpg

「日高……」
「何も言わないで……何も言わないで、はずかしいから!!」
「お……俺のサターンで……」
「ごめん矢口君……ごめん……一方的なのはわかってる……矢口君にとって大野さんが大きな存在だってのもわかってる……ふたりの関係は……他人が入りこむ余地がなさそうなのもわかる……
 それでも、私は矢口君のことが好き。
 こうなったら強硬手段。まえまえから言われてた、矢口君との再戦。その勝負で矢口君が勝ったら……私はおとなしく引きさがる。で、もし、私が勝ったなら……」


hi-score-girl_12_12.jpg

「私とつきあって……」

hi-score-girl_12_13.jpg

 というわけで作中最高につづきが気になるところでアニメ本篇はおわり、13話から15話までの配信予定&OVA発売決定が発表されました。アニメ三話ぶんという分量から察するに配信のほうはハルオと日高の勝負の顛末が描かれるのでしょう。OVAは単行本のおまけ漫画を担当するのでしょうか。そして配信がおわったあとは二期放映。二期をやらなきゃウソってもんです。
 で。
 今月号のビッグガンガンで『ハイスコアガール』原作漫画の連載が終了しました。いい最終回ではあったけれど大野をとりまく諸問題は根本的になにも解決していなかったので、これは押切先生にとってさけてはとおれぬ宿題であり、単行本最終刊で後日譚を描かねばならんでしょう。
 そのタイトルは
「信じて送り出した大野がアメリカの許嫁の変態調教にドハマリしてアヘ顔ダブルピースビデオを送ってくるなんて……」
で決りですね! なおこのタイトルは厳正な銓衡の結果、匿名希望さんの案を採用させていただきました。ご応募ありがとうございました日高小春さん。



デジタル版月刊ビッグガンガン 2018 Vol.10 [雑誌]
スクウェア・エニックス (2018-09-25)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ