保険 アリコ Moon of Samurai

キン肉マン 第208話 

 悪魔将軍がザ・マンをやぶり、完璧超人の不老不死を廃止させたことですべての決着はつき、みっつの陣営もわかれる段となりました。グロロウルルのリングから立ちさろうとする悪魔将軍にキン肉マンはこのたびの悪魔超人陣営の参戦のことで礼を言います。悪魔将軍はキン肉マンの成長をほめつつも釘を刺すことを忘れません。

muscle_208_01.jpg

 悪魔は約束をやぶるって、アシュラマンもにたようなこと言っていました。さすが師弟。

muscle_208_02.jpg

 ところでうえの悪魔将軍の顔を見ていると、結局ゴールドマンの素顔はあらわれなかったことに気づきます。しかし最終回まで読んだあとで考えればそれがただしいのでしょう。いまの彼は完璧超人始祖のゴールドマンではなく、悪魔超人の領袖の悪魔将軍なのですから。

muscle_208_03.jpg

 その場を撤収する悪魔将軍とバッファローマン、サンシャインにつづく悪魔超人の死者たち。死んでないのに死んでるように描かれているやつが三人ほどいますが。こんな半透明のカッコで出てくるよりはこの場にちゃんとやってきたほうがよかったんじゃないですかね。ブラックホールがいるのだからワープもつかえることだし。これはもしかしたらゆで先生がブラックホール、ザ・ニンジャ、ジャンクマンの三人が生きていることを忘れているのではなかろうか……否定しきれないところがゆで先生の偉大なところです。
 そしてラストはキン肉マンとネメシスが拳をあわせて完。

muscle_208_04.jpg

 超人がその比類なき力を使うのは己のためにあらず。
 必ず世のため人のためにその力を使うべし。
 しかしその際決して忘れてはならぬことがひとつ、それは世のため人のため超人が力を振るい闘う相手もまた超人が救うべき「人」の中に含まれているということである。
 ゆえに世を救い人を救うという行為の真理たるや闘うべき相手をまず救うことにあると心得るべし。
 その心を称して私は「慈悲」と呼ぶ。これが我がキン肉王族の家訓とすることをここに残したい。
 ――キン肉星第56代大王キン肉タツノリの言葉より


 最後の締めはキン肉マンの祖父でありネメシスの兄であるキン肉タツノリの遺訓でした。単行本を読みかえせばわかることだけれど今シリーズのはじまりもまたキン肉タツノリのことばです。あとラスボスであるザ・マン=ストロング・ザ・武道が第一話のラストですでにド派手に登場しています。そのことからもわかるように今シリーズは決していきあたりばったりではない、一貫した構成のもとに描かれたものでした。しかしだからといって筋書きにこだわるあまり漫画そのもののおもしろさがそこなわれていることはなく、それどころか『キン肉マン』全体を見ても白眉といってさしつかえないできばえでした。最終回をむかえて思い出されるのはホメるところばかり。
 そして朗報。六月中旬より新シリーズが開始します。ひと月後がまちどおしい。

muscle_208_05.jpg

ロビンマスク「え? もしかして私つぎのシリーズがはじまるまで死んだまま?」



キン肉マン 58 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 58 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2017-03-03
売り上げランキング : 2762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キン肉マン 57 (ジャンプコミックス) キン肉マン 56 (ジャンプコミックス) キン肉マン(59): ジャンプコミックス キン肉マン 55 (ジャンプコミックス) キン肉マン 54 (ジャンプコミックス) キン肉マン 53 (ジャンプコミックス) キン肉マン 51 (ジャンプコミックス) キン肉マン 52 (ジャンプコミックス) キン肉マン 49 (ジャンプコミックス) キン肉マン 48 (ジャンプコミックス)




キン肉マン 第207話 

muscle_207_01.jpg

 悪魔でもあくまでもザ・マンにとどめをさそうとする悪魔将軍を内心恐怖にうちふるえながらも必死でとめるキン肉マンです。ラストバトルを他人にもってゆかれたからここで活躍しなければ主人公としてバカにされるという打算がはたらいたということは、たぶんない。

muscle_207_02.jpg

「あんたたちがさっきから言ってる大義とか使命とか私には難しすぎて正直言ってよくわからん。だけど目の前に苦しんでる者がいたら手を差し伸べる、死にかけている人がいれば助ける! そしてあんたたちは心の中で苦しんでいた!
 表面上カッコつけてどんなにむずかしい理屈を並べても……その苦しみだけはこんな私にもハッキリと見えた、しかもふたりともだ!
 ならば私はあんたらを救う! どんなにいらぬ世話だと言われようが全力で止める! だってそうだろう? 世の中のためだとか未来のためだとか……
 いくら綺麗事を並べたところで……
 目の前で苦しむたった数人を救えぬ者に、この世をまるごと救うことなどできてたまるか――っ!」


 キン肉マンの熱辯はいわゆる「小の虫を殺して大の虫を助ける」の対極です。実にいいセリフではあるものの、皮肉ないいかたをすれば、漫画でしか通用しない理窟です。しかしこの理窟が通ずる世界が描かれているからこそ俺はいい歳こいた今になっても漫画を読みつづけているのです。
 そんなキン肉マンの一戦交えてでも止めてみせるという鋼の覚悟に感心した悪魔将軍はザ・マンをこの場で殺すことはやめました。といって自分の信念をまげたわけではありません。ザ・マンにはちゃんとけじめをとらせます。

muscle_207_03.jpg

 悪魔超人は勝者の権利としてザ・マンに不老不死を永久に廃止することを要求しました。なるほど、これならネメシスがザ・マンに粛清されなくてもいずれは死ぬし、それはザ・マン、ひいては悪魔将軍もおなじことです。これが最善の落しどころでしょう。

muscle_207_04.jpg

 ただしジャスティスマンが答えを見いだすまえに寿命が時間切れになるリスクがあるが(ぉ



キン肉マン 58 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 58 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2017-03-03
売り上げランキング : 2762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キン肉マン 57 (ジャンプコミックス) キン肉マン 56 (ジャンプコミックス) キン肉マン(59): ジャンプコミックス キン肉マン 55 (ジャンプコミックス) キン肉マン 54 (ジャンプコミックス) キン肉マン 53 (ジャンプコミックス) キン肉マン 51 (ジャンプコミックス) キン肉マン 52 (ジャンプコミックス) キン肉マン 49 (ジャンプコミックス) キン肉マン 48 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年24号 

・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_24_01.jpg

 連載一周年突破&人気投票記念の表紙、なのはいいのだけれど怖いよ! 炭治郎怖いよ! なんで牙突のかまえで光り物をみせびらかしながら表情は一点の曇りもない笑顔なんだよ! こんなのに夜道でバッタリ出くわそうものなら腰をぬかして声にならない叫びをあげる確率二千パーセントだよ!

hitokoma_2017_24_02.jpg

 ゴメン炭治郎、はっきり言いすぎた。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_24_03.jpg

 小関部長vsダニエル、かつての火ノ丸と久世との激突を彷彿とさせる一番です。いわば決勝戦の鏡写しの対決の結果やいかに。

hitokoma_2017_24_04.jpg

 ダニエルが久世になりたかったのに対し、小関部長は火ノ丸のライバルであるという心組のちがいが勝敗をわけました。あいかわらずロジカルで読者をすんなり納得させられる決着です。あと一話くらいかかるかと思ったけれどスピーディ。
 ところで小関部長の回想シーンの、稽古で部長に負けてひと晩たってもまだ不機嫌なままの火ノ丸が非常にかわいい。このところずっと相撲相撲で日常的なところのないために忘れられがちだけれど火ノ丸は相撲をはなれたらものすごく年相応のところがあります。


・『ROBOT×LASERBEAM』

hitokoma_2017_24_05.jpg

 いきなりレギュラーになって試合に出たいと言いだしたロボに対し、実力うんぬん以前に部員とはどうあるべきかを懇々とさとす主将でした。こういう体育会系全開理論好きですね。『黒子のバスケ』でいちばん好きなセリフは海常の笠松先輩の
「上手い下手の前にまずここは海常高校バスケットボール部だ。早く生まれたからじゃねぇ。ここにいる二・三年はみんなお前より長くこのチームで努力し貢献してきた。そのことに対する敬意を持てっつってんだ」
なもんで。

hitokoma_2017_24_06.jpg

 オゥフ……これまた典型的なクズプレイヤーのおでましだぜぇ……次回からフェアプレーの精神などどこ吹く風、マナー違反の行為目白押し、はてはロボらの見ていないところでの反則の数々が延々と描かれるんだろうぜぇ……想像するだけでイヤになってきたぜぇ……

hitokoma_2017_24_07.jpg

 あーあ、このラウンドだけでいいから相手の顔面にゴルフボールをたたきこんでKOすれば勝ちというゴルヌ路線をつきすすんでくれねーかなー。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2017_24_08.jpg

 ・・・言っては何だが、試食する人への思いやりも減ったくれも無いな。

 ゆで方は合ってるのだが、会場がそばを活かすのに地獄の環境だから匂いがグッと来ない。

 麺は流石に普通だが、風味は酷いもんだ。

 それを皆何も言わずに美味しそうに食べている

「あのー、少し聞くけど、いい?」

 俺はなるべく失礼のない話し方で言った。

「何かな?」と審査員

「このそばの打ち方なんだけど、これは何処でもこのやり方?それともこの家だけ?」

「この打ち方も何も、他に如何打てと言うの?」と紀ノ国

 どうやら、本当に分からないらしい。

「先ず、恐らく一番粉を使っただけだと思うんだけど
あえて熱を加えて、油の匂いやおこげの香ばしさもすべて皿の魅力にする。
 こうすれば風味の立ちづらさがカバーできると思うんだけど?」

 「んあ、これでおいしくなったって言うのかよ?」
 「ああ、食ってくれても構わない」
 「どれどれ…………本当だおいしくなってやがる!!」

 偉く驚いた様子で歓喜の声を上げる紀ノ国。
俺はそんな彼女の事などどうでも良いので立ち去ろうと思ったのだが。

 「アンタ何者だ! こんな革命的発想を思い付くなんて只者じゃねえな?」

 後ろから紀ノ国に呼び止められる。仕方がないので俺は一度、去ろうとした歩みを止めて後ろを振り返り。

 「俺の名前は幸平創真。君と同じくして、一流の料理人を目指すものさ」


・『U19』

hitokoma_2017_24_09.jpg

 完全無欠の最終兵器――!!

hitokoma_2017_24_10.jpg

 ただし培養液から出すと拒絶反応をおこして十分でドロドロにくずれます。アオリの四字熟語とぜんぜんちがうじゃねーか! これって編集が木村先生からわたされた原稿にろくろく目をとおしていないことのなによりの証拠ですよね。編集が無能無能アンド無能なのか、この漫画が編集をして目をそむけしめるほどにダメなのか。

hitokoma_2017_24_11.jpg

 ああっ! あのカッコよかった四季総理が、ただの外道に! 谷先生現象が四季総理にまで波及してしまった! ゆるすまじ木村先生! なお谷先生現象とは読者的には好感度の高い悪役がストーリーのつごうで唐突にゲスキャラに変貌することです。

hitokoma_2017_24_12.jpg

 ガレキのリーダーのおでましです。敵に対抗するための組織の創設者で、身体が弱くて車イス……
 言ったはずだぞ……我が名はキース・ブルー。誇り高き地獄の住人、キースシリーズの一人……貴様らごとき量産型が驕るなよ!! 最初で最後の私の力を思い知らせてやる!!
 いやあ『ARMS』はなんべん読みかえしても名作です。



ARMS ワイド版 コミック 全12巻完結セット (少年サンデーコミックスワイド版)
ARMS ワイド版 コミック 全12巻完結セット (少年サンデーコミックスワイド版)皆川 亮二

小学館 2008-05-16
売り上げランキング : 70818

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
中間管理録トネガワ(5) (ヤンマガKCスペシャル) 海王ダンテ 2 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) 海王ダンテ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) D-LIVE!! コミックセット (少年サンデーコミックススペシャル) [マーケットプレイスセット] ちおちゃんの通学路 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ) アトム ザ・ビギニング(4) (ヒーローズコミックス) AKIRA コミック 全6巻完結セット (KCデラックス) アトム ザ・ビギニング(1) (ヒーローズコミックス) 双亡亭壊すべし 2 (少年サンデーコミックス) アトム ザ・ビギニング(3) (ヒーローズコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年23号 

・『約束のネバーランド』

hitokoma_2017_23_01.jpg

 実時間で三クールかけてとうとうエマらが孤児院からの脱走に成功しました。崖越えとかママが脱走の痕跡の後始末をしてくれるとか、最後の最後はわりとあっさり気味だったけれど、この漫画の眼目は大人や鬼との知恵くらべとだましあいにあるので原作者としてはこれでいいと思っているのでしょうか。俺としてはスパッと解決したのはよかった。
 とにかく脱走しました。これからエマらは鬼のテリトリーに近づかないよう無人の土地でコミュニティを建設し、黒色火薬を開発したところで霊長類最強の男が以下略。


・『BORUTO』

hitokoma_2017_23_02.jpg

 大名のドラ息子が警護役のボルトに感化されてマシな性格になってゆく話……というベタな流れだけれど最初からそれほどドラ息子でもなくイヤミなところもあまりなかったので気分よく読めました。
 ところで『BORUTO』は前章のボルトの葛藤もそうだったけれど、キャラ同士のやりとりや心の変化というのが、ハデな出来事や演出がなく淡々とすすむのに、非常に緻密で見ごたえがあります。脚本の小太刀右京先生の手柄ですね。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_23_03.jpg

「須らくひれ伏し!! 崇め讃えよこの俺を!!」

 “須らく”の用法がまちがっていますね、うん。ちゃんと文章のあとに“べし”をつけましょう。とはいえ伊之助は典型的な無知キャラなので、むつかしいことばを使おうとして失敗したというのはキャラ的にブレていないといえます。

hitokoma_2017_23_04.jpg

 念願のフラグを立てながら知らずに自分でたたきこわす男、我妻善逸!


・『ROBOT×LASERBEAM』

hitokoma_2017_23_05.jpg

 これ見たわー。にたような展開を四年くらいまえに見たわー。『スモーキーB.B.』で。とはいえあっちの態度の悪いビッグマウスとちがってロボはああいう性格であることをこれまでにキチンと説明しているのでイラッとすることはありません。
 あとトモヤがいるのが地味に大きい。こいつがロボの非常識な言動にいちいち過剰なくらいのリアクションをとってくれるので読者が共感できるし、ロボへの悪感情をマイルドなものにしてくれています。『スモーキーB.B.』のほうの女房役はそういう読者のクッション役をぜんぜんつとめてくれなくて単純に主人公の金魚の糞でしかなかったからなあ。
 しかし『ROBOT×LASERBEAM』の作者はひとり、『スモーキーB.B.』の作者はふたり。それなのに主人公の好感度ひとつとっても両者の差は歴然としています。能力の差というものはときに残酷なものです。


・『ぼくたちは勉強ができない』

hitokoma_2017_23_06.jpg

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ノーブラ!ノーブラ!
 ⊂彡

hitokoma_2017_23_07.jpg

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

hitokoma_2017_23_08.jpg

「ウチの妹も家じゃそんなカンジだから……」

 妹ちゃんも家ではノーブラで乳を主人公の顔に乗っけてくる……だと……? オイそこんとこくわしく説明しろ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_23_09.jpg

 でかいだけ? 結構じゃないか。体力や技術は身につけさすことは出来る……だがお前をでかくすることはできない。たとえオレがどんな以下略。

hitokoma_2017_23_10.jpg

 ビッグジュンもといダニエルは小関部長とおなじに大和国にあこがれて相撲をはじめ、しかし小関部長とおなじに弱くて、それが小関部長とおなじに自分を変える男との出会いで強くなったのでした。
 前回までは全国大会決勝戦の副将戦のわりに因縁のうすい対戦だなあと思っていたのに今回の話を読みおえてからは小関部長の最後の相手はコイツしかいないと確信させられてしまったのだから川田先生の作劇能力はやはり端倪すべからざるものがあります。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2017_23_11.jpg

 照橋さん回です。そしてこれまでになく斉木と照橋さんとの距離がちぢまった話でした。ふたりともこのまま入籍して末永く爆発しろ。


・『U19』

hitokoma_2017_23_12.jpg

 守るために強くなる……!!!
 でも前回ラストで戦車を爆発炎上させて乗組員を皆殺しにしたのはさすがに過剰防衛だと思います。つーかこの漫画にかぎらず“守る”というフレーズをバカのひとつおぼえの免罪符にするバトル漫画ってちょっと卑怯な感じがして好きではありません。祖国防衛を御題目にかかげて侵略戦争をしかける軍事国家かっつーの。

hitokoma_2017_23_13.jpg

 突撃銃で撃たれて、周囲のヒモを切られて、そのあと糸を縒りあわせて強度をまして、繭のようなものをこしらえて全身を守って、それが間にあいました。この弾丸のスピードってどんだけ遅いのでしょう。すくなくともあの紳士漫画『BLACK CAT』の時速三十キロの弾丸よりもさらに遅そうです。

hitokoma_2017_23_14.jpg

 主人公が盛大な屁をこいているわけではありません。てーかにたようなのをまえにも言ったな。

hitokoma_2017_23_15.jpg

 UFOと書いてウホッと読む! 次回、キャプ画像の左下のすっぱだかの二枚目と主人公とがくんずほぐれつのパンツレスリングに突入する! たぶんウソです。




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年21・22号 

・『ちんぎり』

hitokoma_2017_21_22_01.jpg

 『世紀末リーダー伝たけし!』『トリコ』の島袋光年先生の読切りギャグ漫画です。最後まで読んだあとの俺の感想を登場キャラに代辯してもらいましょう。

hitokoma_2017_21_22_02.jpg

 いや俺しまぶーのギャグおもしろいと思ったことないんです。
 ところでさっきしまぶーのフルネームを確認したわけだけれど下の名前が光年なんですね。島袋光年とはいったいどれくらいの距離なのでしょう。二那由多光年くらい?


・『鬼滅の刃』番外編

hitokoma_2017_21_22_03.jpg

 キャプ画像の女の人ふたりをパッと見て、左のほうはしのぶさんが急にカツラをかぶってみたくなった結果なのかと勘違いしたけれど、よく見たら瞳のようすがちがうし、実際にはこの人はしのぶさんの姉だとあとでわかりました。名前は胡蝶カナエ。むかって右のつんけんしたほうがしのぶさんです。表情も髪型も胸の大きさも今とはぜんぜんちがっていて、おなじところといえば髪飾りとデコの広さくらいでしょうか。
 なおこの番外編は胡蝶姉妹とカナヲの過去話です。

hitokoma_2017_21_22_04.jpg

 カナヲはおさないころのつらい経験のためにいっさいの感情が消えはてたのでした。カナヲという名前すら胡蝶姉妹につけてもらったものです。大正時代のことなので鬼にかかわらなくても不幸な話はわりあいそこかしこにころがっていたことでしょう。
 しのぶさんの姉の胡蝶カナエのひととなりはいまのしのぶさんに輪をかけてのあらあらうふふ系でした。いっぽうむかしのしのぶさんの中身は蝶屋敷のアオイにそっくり。姉に言われて笑顔をつづけているばかりでなく性格も姉のものを意識しているようです。

hitokoma_2017_21_22_05.jpg

 炭治郎とカナヲとはすでにいい感じだったのがここにきてさらに鞏固なフラグが立ちました。こりゃ禰豆子との壮絶な嫁姑戦争あるでぇ。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2017_21_22_06.jpg

 クローバー王国の王様は絵に描いたようなバカ殿様でした。まあそれはこれまでの断片的な情報だけで完璧に察しのついたことなのだけれど、このバカ殿様に対してアスタがタメ口をたたいたのはいただけません。しかもそれがいかにもアスタが「王様は裸だ」と本質をついたことを言ったかのように描写されていたのがたまらなく不愉快でした。あんまり不愉快なのでキャプ画像を貼るのもやめておきます。アスタは典型的なジャンプのおバカ主人公のわりに先輩とか目上の相手には敬語をつかうところが長所だったのに。
 つまり何がいいたいのかというと。

hitokoma_2017_21_22_07.jpg

 バカ殿様をDISるのはクローバー国民みたいに心のなかにとどめておくべきだということだ(ぉ


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_21_22_08.jpg

 連載から三年がたち、最終決戦も近いという今になってようやくアンコ型の利点がクローズアップされました。ものがたりの性質上アンコ型をかませ犬にしなければならないわけだけれどこのたびはさいわいかませ犬キャラのユーマが相手なので心おきなくアンコ型が活躍できたわけです。あと天王寺が内心アンコ型をめざしていたのもポイント高し。

hitokoma_2017_21_22_09.jpg

 ユーマと四方田、ともに一瞬だけ目から墨を流す、じゃなくて国宝的片鱗を見せたものの後者が個人戦で手をぬいて体力を温存していたおかげで勝ちました。もっともユーマは個人戦に出場すらしていなかったので結局は地力と経験の差で負けたわけです。


・『U19』

hitokoma_2017_21_22_10.jpg

 四季総理がすばらしい。特別な力をもたないのにガレキのリビドー使いの能力をひと目でみぬき、ありあわせの手段だけで相手を無力化しました。

hitokoma_2017_21_22_11.jpg

 あとこまかいところだけど双眼鏡をかりた兵士にかえすときにちゃんとありがとうと言っているのが好感度が高い。さすがです四季総理! なかなかできることじゃないよ。という冗談はさておくとしてもこういうさりげないことをこの漫画の主人公がやれるところが想像できません。やるとしても作劇的にものすごく恩着せがましいことになるでしょう。
 しかし谷先生といい四季総理といい、この漫画には作者がそういうつもりで描いたのではないだろうに、ムダに好感度の高い悪役が目だちます。よくいえばキャラが勝手に動きだすというやつなのだけれど、身もフタもないことをいえば作者がキャラクターをコントロールできていないだけです。

hitokoma_2017_21_22_12.jpg

 いっぽう正義の体現者であるはずの主人公はあいもかわらずテロ行為に邁進し、このたびは戦車を破壊してしまいました。この描きかただと戦車の乗組員は確実に全滅したことでしょう。そしてそのことを一ミクロンも意に介していなさそうな主人公は骨の髄からテロリスト気質。




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ