保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー

今週のジャンプ一コマレビュー 2017年11号 

・佐伯俊先生描き下ろし「ヒロイン大集合」SPポスター!!

hitokoma_2017_11_01.jpg

 三年半くらいまえに佐伯先生の描いたジャンプヒロイン水着グラビアポスターとにたような企劃です。ヒロインらが服を着ているからか、あのときよりもキャラの判別がラクでした。そのなかでいちばん分りやすかったのが『火ノ丸相撲』のレイナです。絵も表情もポーズも完璧。ナミや照橋さんはあまりにていないけれど、まえのポスターでも描かれたのをおぼえているのでまちがえることはありませんでした。あとワートリは長期休載中なのに千佳ちゃんが参加していたのはうれしかった。おなじく長期休載中のハンタとのあつかいのちがいが気になるところですが。
 いちばん分りにくかったのが中央奥の青髪の子で、どれだけ首をひねってもさっぱり見当がつかず、巻末のもくじを見てようやく『デモンズプラン』の情報屋のヒロインだと分りました。そこのあんた情報屋か!? ええそうよ私が情報屋。


・『U19』

hitokoma_2017_11_02.jpg

 六連続新連載の第二段は、超管理社会の大人らに反抗する学生らの活劇もの……これだけだと七十年代のノリですね。いまどきの漫画らしく能力バトルものになりそうですが。主人公はどうやら糸使いらしい。能力バトル漫画の主人公にしてはショボイ印象だけれど、そこは作者の腕と見せかたしだいでしょう。
 さて作品世界の大人どもは主人公の敵になることが決定しているので主人公やヒロインの身内のほかはことごとくクズというわかりやすく、かつ不愉快な設定になっています。しかしたとえばこのあと主人公にブチのめされる未来しか想像できなさそうな体罰教師も仔細にみれば、反抗的な態度の主人公に対してもホメるべきところはちゃんとホメる、ヒロインがてつだってくれたら廊下から教室まで聞えるような大声でホメるし相手が下心アリと知ってもなおホメる、冒頭で女生徒を丸刈りにするけれどそれは再三注意したあとでのことと、必ずしも最低最悪の教師というわけではありません。

hitokoma_2017_11_03.jpg

 特にヒロインとのやりとりのところだけ切りとって見たら、ちょっとデリカシーがないだけのいい先生です。
 もしこういうところを作者が意図的に描いたのだとしたら、体罰教師が暴力的なのは社会の悪影響をうけたためだとかいう展開になるかもしれませんし、さらにおしすすめれば大人といってもいろんな人間がいるような複雑で重層的な世界になるのかもしれないけれど、作品世界にただよう不快で不健全な雰囲気から察するに、そういうのはあまり期待できません。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2017_11_04.jpg

 ラドロスのレーザービームみたいな魔法攻撃をまるで熱したナイフでバターを両断するように切りさきながらつきすすむアスタでした。ラストの見開きで黒い片翼とともにラドロスをブッタ斬るアスタもカッコよかったけれど俺としてはうえの絵のほうが好みです。
 なに? 魔法をまっぷたつにしただけではアスタにあたるだろう? 大丈夫だ、問題ない。斬鉄剣でまっぷたつにされた銃弾が五右衛門には絶対にあたらないのとおなじ理窟です。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_11_05.jpg

 異常聴覚の善逸をもってしても内面が読めないしのぶさん。読者もこの人の性格をイマイチつかみかねています。サイコさん入っているかと思えばお館さまや柱たちのまえでは炭治郎にやさしくしてくれたし。なかなか一筋縄ではゆかない人です。つーかこの漫画の登場人物はどいつもこいつも一癖ありすぎ。

hitokoma_2017_11_06.jpg

 機能恢復訓練のたびに炭治郎と伊之助が憔悴してもどってきて返事もろくにしてくれないので不安MAXモードで訓練場へ行ってみたら女の子とのキャッキャウフフ要素のあるリハビリ訓練だと知って激昂赫怒する善逸でした。しかし善逸はあいかわらず亢奮すると日野日出志キャラみたいな目玉になるなあ。
 で、その訓練の成績はモチベーションの高さもあいまって善逸がいちばん出来がよく、二番目は伊之助でした。炭治郎はいいとこなし。これまでの炭治郎の活躍とくらべたら意外の念に打たれるものの、そもそも生れもった才能でいえば炭治郎は鼻のよさをのぞけば特段すぐれたところはありません。いっぽう善逸は性格こそアレだけれど元柱がわざわざ借金の肩がわりをしてまで弟子にしたほどの逸材だし、伊之助は我流で鬼殺隊の隊員をブチのめしたあと最終選別にも生きのこって鬼殺隊に入ったという化物スペックの持主です。炭治郎の強さはフルメタの宗介みたいに意志の力によるところが大きい。そもそも炭治郎はかつて鬼に対してもやさしさを捨てきれないことで鱗滝さんに鬼を斬るのは無理だと内心で見かぎられたことがあるように、もともと殺しあいの場に身を投じるような男ではないのです。

hitokoma_2017_11_07.jpg

 そんな凸凹トリオもカナヲを前にしてはひとしなみに手も足も出ず、まっさきに伊之助がガックリきて、つぎに善逸があきらめました。訓練場にやってくるのは真面目デコの炭治郎ばかりなり。伊之助はともかくとして善逸よ、女の子に対してあれほどムダに情熱を燃やしていたくせに手がとどかないとなると早々にあきらめるんだな! ひさしぶりに善逸をブン殴りたくなりました。

hitokoma_2017_11_08.jpg

 で、そのカナヲは目がいいようです。主人公とその仲間たちがそれぞれ五感のひとつにすぐれているというのは『トリコ』を思い出します。
 というわけで対応リストをつくってみました。

嗅覚……炭治郎、トリコ
聴覚……善逸、ゼブラ
触覚……伊之助、サニー
視覚……カナヲ、ココ

 こうしてみると共通点がぜんぜんねーな! かろうじて炭治郎とトリコがともに主人公であるのと、カナヲが毒使いの可能性がのこっていることくらいだぜ! 善逸なんかゼブラのまえに出たら確実に腰をぬかすよ!

hitokoma_2017_11_09.jpg

 一秒間に10回の呼吸ができるようになれ!!
 つぎは10分間息をすいつづけて、10分間はきつづけろッ

 というわけで強くなるための呼吸法と聞いてジョジョを思い出したしだいです。それができるかできないかで天と地ほどの差がでるというのに鱗滝さんが炭治郎に指示しなかったのは、たぶんよほどつらい修行であるうえに炭治郎の身体がまだできあがっていないと判断したからでしょう。でも鬼殺隊のブラックぶりを考えると、もしリサリサ先生がジョセフにつけた呼吸法矯正マスクみたいなのが開発されたら問答無用でヒヨッコどもにつけさせると思います。鬼殺隊の隊員になれば炭治郎が蝶屋敷に入院できたようにそれなりのフォローはうけられるようだけれど、それまでは見こみのないヤツは死んであたりまえという雰囲気だからなあ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_11_10.jpg

 仲間と掴んだ大金星!!
☆VS鳥取白楼戦決着!!新展開突入Cカラー!!

 前回ラストの“新章突入”とは文言がちょっとちがっています。しかしアオリを見るかぎり新展開にちがいはないようで、いったいこのあと『火ノ丸相撲』はどのようなストーリーになるのでしょうか。

hitokoma_2017_11_11.jpg

 われらがダチ高が高校最強の白楼相手に勝ったと小関部長らが大喜びしていました。その気持はスゲーよくわかる。しかしあまりにも和気あいあいとした幸せムードなものだから、このままの浮れた思いで決勝にすすんだらダチ高がウソのようにボロ負けする結果しか想像できない……

hitokoma_2017_11_12.jpg

 と思ったらレイナがみんなの気持をひきしめてくれました。おお、ちゃんと仕事をしてくれたぞ。

hitokoma_2017_11_13.jpg

 そして火ノ丸もくわわってダチ高はふたたび一丸となって高校相撲団体日本一をめざす……ってこれのどこが新章突入なんだよ! フツーに団体決勝にすすむってだけじゃねーか! 新展開突入っていうのすらはばかられるレベルだよ! あやまれ! この一週間不安で不安で昼寝もできずに夜に寝るばかりだった俺にあやまれ!

hitokoma_2017_11_14.jpg

 好きなシーン。前回ラストでガッツポーズをとった火ノ丸が我にかえって頭をさげるところです。まわりのだれもとがめないだろうし、読者も気にしないようなところなのに、火ノ丸はちゃんと己を恥じる。そういう自分を律するところが火ノ丸の数あるいいところのひとつです。


・『背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~』

hitokoma_2017_11_15.jpg

 最終回です。見ようによっては打切りと取れなくもないけれどこれまでの掲載順をかんがみるに円満終了とみるべきでしょう。個人的な感触にすぎないもののアンケートはとれていたと思いますよ。
 さてこの漫画をひとことでいうと、インフレバトルについてこれなかったキャラが主人公の作品という感じです。そりゃ経験も才能もナシ、熱意といっても常人のレベルを超えるものでないのだから、小学生にはいるかはいらないかのころからダンスを続けていて一生の仕事にするときめている天才どもに伍しうるはずがありません。そういう点では誠実だといえましょう。しかしそれだけに競技ダンスの競技の面がクローズアップされるようになってしまっては主人公やヒロインの出る幕がなくなってしまうのも必然でした。作者がどういうつもりなのかは存じませんが、もしこの設定で長期連載をねらっていたのだとしたら、主人公とヒロインのラブコメや日常生活の描写をメインにすべきであって競技ダンスのほうは添物くらいの位置にまつりあげておくべきだったはずです。
 ともあれ横田先生おつかれさまでした。おつぎはスポーツ漫画かバトル漫画家はわからないけれど王道の主人公がわきめもふらずにトップをめざすような作品を期待します。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2017_11_16.jpg

 左門くんが転校するとか、漫画的に絶対にありえないセリフを耳にしてしまった九頭竜はベヒモス先輩の手をかりて自分のできる最高の贈物、とびきりのごちそうで送別会をひらくことにきめました。というわけで今回の左門くんは『トリコ』のパロが目白押しです。トリコの友だちの船みたいなのがベヒモス先輩の私有船として出て来たし、そのあとは捕獲レベルとかトリコとかのことばがモロにでてきました。

hitokoma_2017_11_17.jpg

 指パッチンで葉巻に火をつけたり五連釘パンチをうったりとやりたいほうだいの沼先生とベヒモス先輩です。

hitokoma_2017_11_18.jpg

「スゲェ!! 説明フワフワすぎて全然味のイメージ湧かねえ」

 『トリコ』で話がすすむにつれて食材の味の説明がどんどんテキトーになっていったことへの当てこすりに聞えてしまった人は贖罪の意味で正座しましょう。なので俺はすでに足がしびれて身動きがとれません。

hitokoma_2017_11_19.jpg

 『トリコ』で話がすすむにつれて食運さえあればどんな御都合主義でもまかりとおることへの当てこすりに聞えてしまった人は以下略。

hitokoma_2017_11_20.jpg

 お前はトリコ?


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2017_11_21.jpg

 中の人ネタです。


・『デモンズプラン』

hitokoma_2017_09_09.jpg

ヨシミチ「ボロをも圧倒出来る能力をロブリオンは秘めてるんだよ」
デモンジ「流石敵ボスですね。どんな凄い能力なんですか?」
ヨシミチ「腕が四本になるんだ」
デモンジ「なん・・・だと・・・?」

hitokoma_2017_11_22.jpg

ヨシミチ「そんなロブリオンが更なる新能力を発揮して読者を絶望の淵に叩き落とすんだ」
デモンジ「四本腕に殴られて終わりじゃ寂しいですもんね。どんな新能力です?」
ヨシミチ「腕が八本になるんだ」
デモンジ「なん・・・だと・・・?」

hitokoma_2017_11_23.jpg

ヨシミチ「その絶望的状況を覆すべくボロが一世一代の覚醒を繰り出すんだ」
デモンジ「ボロが覚醒を!これは意外な展開ですね。どんな覚醒を?」
ヨシミチ「籠手が全身鎧になるんだよ」
デモンジ「なん・・・だと・・・?」

hitokoma_2017_11_24.jpg

ヨシミチ「それでもロブリオンはボロに強烈な一撃をお見舞するんだ」
デモンジ「ボロは全身鎧に守られているのに!いったいどうやって?」
ヨシミチ「無防備な顔を殴るんだよ」
デモンジ「なん・・・だと・・・?」

hitokoma_2017_11_25.jpg

デモンジ「てーかロブリオンの腕、六本に減ってません?」
ヨシミチ「ライブ感ライブ感」



火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2017-02-03
売り上げランキング : 1576

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックス) 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 9 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 11 (ジャンプコミックス) 鮫島、最後の十五日 11 (少年チャンピオン・コミックス) 青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 10 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 10 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 84 (ジャンプコミックス) 歪のアマルガム 1 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年10号 

・『ぼくたちは勉強ができない』

hitokoma_2017_10_01.jpg

 ラノベくさいタイトルだな……あと略称はどうなるのでしょう。ぼく勉? はができ?
 このたびの新連載の作者の筒井大志先生は『ニセコイ』のスピンオフ漫画『マジカルパティシエ小咲ちゃん』をジャンププラスで描いていらしたかたです。本家本元のほうの主人公とメインヒロインがそろって人格低劣頭脳不明晰であったためにスピンオフのほうが一部では評価が高くなっております。
 さて筒井先生の完全オリジナルの当作はというと、努力の人の秀才主人公が学校の特別推薦をかちとるためにヒロインふたりの教育係を命ぜられたというものです。とびきりおもしろい話ではないけれど、とにかくストーリーテリングがうまいと感じました。ハリウッド脚本術の「あなたが開始五分で観客につたえねばならないこと」みたいなチェック項目をいちいち参照しながらネームを書いたのではないかと思えるほどに主人公のおいたち、性格、最終目標、そのために越えなければならないハードルなどが過不足なく説明されていました。あとでしらべてみたら筒井先生は他誌で漫画家デビューしてそろそろ十年になろうというベテランでした。それなら第一話のうまさもむべなるかな。
 ところで主人公は実家の貧しさゆえに特別推薦をねらっているのだけれど、それなら防大いこうぜ防大。サンデーの『あおざくら』みたいにさ。学費も生活費もタダのうえに少額ながらも給料までもらえるんだぜ。なに、自衛官だと金もうけができない? なーにツブシがききそうな資格を防大でとれるだけとってから卒業後は任官拒否して大企業に就職すればいいのさ! そういう不心得な税金ドロボーもいることはいるのです。
 あとどうでもいいことだけれどふたりのヒロインでは文系娘のほうが好みです。黒髪ロングであるのと、ナチュラルに腹黒なところをかくそうともしないところがいい。

hitokoma_2017_10_02.jpg
hitokoma_2017_10_03.jpg

 乳の大きさ勝負でいえば理系娘に軍配があがるのですけどね!


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_10_04.jpg

しのぶさん「でしたら竃門君は私の屋敷でお預かり致しましょう」
炭治郎「えっ?」
俺「えっ?」


 なんと哀れな子どもよ、しのぶさんの人体実験の材料になるとは可哀想に。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。うーむ、岩柱がうつったぞう。なお実際には炭治郎はちゃんとした看護をうけます。

hitokoma_2017_10_05.jpg

 お館さまは珠世さまと知りあいでした。鬼殺隊は鬼を絶対ブッ殺すマシーンの集団だけれどトップは必ずしもそうではなくて鬼を人にもどす研究にも理解をしめしているようです。たぶん不死川とかには秘密で。
 組織の長たるもの、あらゆる可能性を摸索してゆかねばなりません。不死川とかには秘密で。

hitokoma_2017_10_06.jpg

 最終選別で顔をあわせ、ゆうべは禰豆子を斬り殺しかけた(のはおぼえていない)女隊士に炭治郎は目をうばわれます。炭治郎……色を知る年齢か!
 なおこのたびこの娘の名前が栗花落カナヲと判明しました。また継子といって柱が育てる隊士だそうです。炭治郎や善逸の師匠はもと柱なので、柱といってもリタイア組と現役とではやはりちがうのでしょう。なにせ現役の柱は鬼を斬って斬って斬りまくらなければならないし、それができるだけの実力の持主です。そんな一騎当千の猛者の貴重な時間をさいてまで稽古をつけるに足るだけの才能の持主が継子というわけです。実際のところ炭治郎よりも強いのでしょう。
 ところで隠が相手だとまともに受答えができずにニコニコ笑っているだけだけれど、もしかしてあれこれ指図をうけないと日常生活もままならない子?

hitokoma_2017_10_07.jpg

 炭治郎は蝶屋敷で善逸や伊之助と再会しました。善逸はあいかわらずの調子です。伊之助のほうは別人かと思えるほどに声も性格もかわっていました。どちらも冨岡さんがかかわっています。ああ、ここにまた冨岡さんがキライな男がうまれてしまったか……


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2017_10_08.jpg

 ラドロスは魔力吸収の長剣を肩につきたてられて命乞いするもののアスタは聞く耳もちません。熱血バカだけれど自分のそういうところを自覚して油断しないところとか、いまは優勢な立場にあるのに慢心しないところとかがいい。ラドロスが心のなかで認めるように修羅場をくぐってきただけのことはあります。
 しかしアスタもよかったけれどラドロスはもっとよかった。

hitokoma_2017_10_09.jpg

 自分にのこされた力を冷静に勘定してアスタを攻撃するのではなくファナに痴漢行為をはたらき……じゃなかった魔力吸収にバクチをはりました。そして形勢逆転するものの、さきほどのアスタとまったくおなじにクレバーに徹します。敵も味方もアホにならずに最善手を摸索し実行するのがベネ。
 ブラクロはどこかで見たような展開がひたすらつづくのが大きな弱点でもあり長所でもあるのだけれど、たまにこういう読みごたえのあるシーンが描かれるからうっかり見のがせません。決してキライな漫画ではないのでこういうのばっかりやってほしいんだけどなあ。それだと人気とれないのかなあ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_10_10.jpg

 おそらく彼にとって最初で最後の――
 勝利の雄叫び――

 火ノ丸が天王寺に勝ったのはいいけれどナレーションがちょっとだけ心配です。雄叫びだけでなく勝利のほうまで最後になるのはカンベンしてくださいよ。ハシラはハシラで“次号、新章突入!!”などと不穏なことを書いていますし。
 新章といったら火ノ丸の過去篇をやるのか、それとも決勝の栄華大附属との一戦をすっとばして全日本選手権にうつるのか。たぶん前者だろうと思うけれど、どうか先々週号のすじピンみたいに二年後へとすっとぶのだけはやめてほしい。次回はセンターカラーだからだいじょうぶだとは思うけどさ!


・『ゆらぎ荘の幽奈さん』

hitokoma_2017_10_11.jpg

「ドロッドロじゃないか!!」

 幽奈さん、千紗希ちゃん、そして雲雀の三人がコガラシのことを好きだと知っての狭霧のさけびです。ホントにな! ホントにドロッドロだな! あと狭霧もコガラシ争奪戦にエントリーすること確実なのでさらにドロッドロになるけどな!


・『青春兵器ナンバーワン』

hitokoma_2017_10_12.jpg

 またヘンなやつがふえた……コイツのおかげで今週号の『青春兵器ナンバーワン』がこれまででいちばん笑える話になりました。
 この漫画がはじまったころは零一とエージとの関係が『恋のキューピッド 焼野原塵』の主人公コンビのものの焼きなおしだったのであんまり評価していませんでした。しかしエージがギャグ漫画補正のたすけもあって零一にどうにか伍しうるくらいの実力者になり、また零一とは別ベクトルのダメ人間であるところも描かれるようになってボケとツッコミが一方通行でなくなり、ギャグの幅がふえるようになってからギャグ漫画としてだいぶレベルアップしました。あとなんといってもハチの加入がおおきい。このたび登場したNo.05、ゴローのおかげでこの漫画はさらにおもしろくなることでしょう。

hitokoma_2017_10_13.jpg

 そのゴローが餓死したー!?(ガビーン)
 くさってもナンバーズの一ケタだから墓にうめられたあとに復活したけど!


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2017_10_14.jpg

 天使河原パパふたたび。あいかわらず不遇です。いくらギャグ漫画とはいえ『ピューと吹く!ジャガー』のハマーみたいに作者が率先してひどい目にあわせるキャラというのは見ていていい気分はしません。しかも『斉木楠雄のψ難』の鳥束みたいに自業自得の制裁をうけるのならまだしも天使河原パパはいちおう常識人で左門のほうが礼儀しらずのカス虫だからなおさらです。おかげで『ドラえもん』パロもすなおに楽しめません。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2017_10_15.jpg

 鳥束が三日間の断食修行を強制させられるときいたときの斉木かわいい。


・『デモンズプラン』

hitokoma_2017_10_16.jpg

「どれだけチマチマ傷をつけようが俺を倒すことなんて出来やしねぇ。俺の力は“回復”でも“増加”でもねぇぞ。
 “超再生”だ。
 俺はこの肉体を自在に再生させることが出来る。
 分かるか。これが地力の左だ」


 超再生でどうやったら腕がふえるというんだ。両腕を肩までタテに割いて傷口がくっつかないように処置していたら肉や骨が再生して結果的に四本になったというのかなあ。だとしたらがんばったなぁエセ天津飯。



火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2017-02-03
売り上げランキング : 505

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックス) 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 9 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 11 (ジャンプコミックス) 青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス) 鮫島、最後の十五日 11 (少年チャンピオン・コミックス) 歪のアマルガム 1 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 10 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 84 (ジャンプコミックス) プラチナエンド 5 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年09号 

・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_09_01.jpg

 蛇博士、もとい蛇柱の伊黒が日なたでは鬼が箱のなかから出てこないので日かげにゆくようアドバイスをします。不死川とともに鏖殺主義の急先鋒なのでしょう。もしこいつの助言がなかったら不死川は理性も知性もまったくなさそうな男だから禰豆子がなぜ箱のなかから出てこないのかわからずにいて話がうやむやに終ったかも知れないのに。いらんことしぃの蛇博士、もとい蛇柱。このあとも不死川をとめようとした炭治郎をヒジで容赦なく身動きとれなくします。
 殺伐とした空気に嫌われ者の救世主が!

hitokoma_2017_09_02.jpg

 冨岡さん集中線! これだけなのに噴飯不可避!
 うえの画像をじっと見つめているうちに腹の底からおかしさがこみあげてくるようになったらあなたもりっぱな鬼滅ファンです。

hitokoma_2017_09_03.jpg

 不死川の血のしたたる腕を鼻先につきつけられても渾身の力をふりしぼってそっぽをむく禰豆子よだれかわいい。
 なお禰豆子が鬼でありながら吸血衝動にたえられたのは当人の素質のほかに、珠世様の暗示のおかげで炭治郎の顔を見たときに家族の絆を思いだせたのも大きい。炭治郎はもう珠世様に足をむけて寝られませんね。
 ところで鬼殺隊は珠世様や愈史郎のことをつかんでいるのでしょうか。鬼は基本的に皆殺しが信条の鬼殺隊だけれど事情があれば見逃すケースがありそうなので、知っていて泳がしているかひそかに連絡をとりあっているかという可能性も否定できません。もっとも不死川は事情があろうとなかろうとブッ殺しにゆくだろうけど! バーサーカーは馬ぁ鹿ぁさぁ!

hitokoma_2017_09_04.jpg

「何のつもりだ? 冨岡……」
「……」


 そこでだまるからダメなんだよ冨岡さん! ケガ人を手荒にあつかうなって言いなよ冨岡さん! そんなだからみんなに嫌われるんだよ冨岡さん!
 しかし鱗滝さんにあてた手紙の文面は情理をつくしてあますところがなかったので冨岡さんは迂遠かもしれんが筆談で意志疏通してはいかがだろうか。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_09_05.jpg

 前回火ノ丸は回想ブースト&仲間の得意技の投入で天王寺を相手に優位にたったものの、敵もさるものでこれまた回想ブースト&仲間の絆コンボでもりかえします。すると火ノ丸は堀ちゃんや桐仁ら裏方メンバーまでもちだしてきました。

hitokoma_2017_09_06.jpg

 でもレイナまで力になっているというのはハタからみたらさすがにリップサービスのような……実際レイナがダチ高相撲部の役にたったのって、部費の件と、駿海親方のところでのおさんどんのほかに何かあったっけ? もちろん火ノ丸はうわついたお世辞など口がただれても言わない男なので次回あたり読者の納得できる説明が用意されてあるのでしょう。


・『ゆらぎ荘の幽奈さん』

hitokoma_2017_09_07.jpg

 ここから……

hitokoma_2017_09_08.jpg

 どうしてこうなった。
 コガラシはリトさんにつづく全宇宙でふたりめの突発性ハレンチ症候群の感染者だとでもいうのか……? だとすれば雲雀のしまぱんのなかに頭をつっこんだのもこれくらいの高速行動の描写が省略されたからだと納得できます。できますったらできます。


・『デモンズプラン』

hitokoma_2017_09_09.jpg

 うえの画像をごらんください。いったいどういう状況でしょう。四本腕のオッサンが壁にたたきつけられたシーンだとお思いのかた、あなたはまちがっています。コレ実はオッサンが四本腕を披露するシーンです。背後のヒビにしか見えないものはビリビリにやぶけたオッサンの服です。表現力にとぼしいなあ……くわえてこの直前のシーンは空白のコマなものだから唐突感がいなめません。漫画そのものがヘタというべきでしょう。
 そもそも中ボスの奥の手が四本の腕ってどうでしょうか。ドラゴンボールの四妖拳なんか七ページで攻略されたうえに気功砲の前座でしかなかったんですよ。

hitokoma_2017_09_10.jpg

 あとこの漫画の男の笑顔がどれもこれもホモくさいのはなんとかしてほしい。おまけにうえの画像なんかダメージをくらったうえでの笑顔だからホモくさいうえにマゾくさいので気色わるさの二乗倍。


【追記】ツッコミレビューなのにそのツッコミが穴だらけ……猛省します。冨岡義勇が腹を切ってお詫び致します。



鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)
鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)吾峠 呼世晴

集英社 2016-12-02
売り上げランキング : 2693

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 9 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 7 (ジャンプコミックス) 約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス) 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 8 (ジャンプコミックス) ファイアパンチ 3 (ジャンプコミックス) ワンパンマン 12 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年08号 

・『約束のネバーランド』

hitokoma_2017_08_01.jpg

 あーん! クロ様が死んだ。くすん……ブス薄命だ。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2017_08_02.jpg

 心のきれいな人にはマルスが自分の身もかえりみずに幼なじみをかばうシーンに見えます。心のよごれた人には犯罪臭のするシーンに見えます。
 あなたはギルティ? オア、ノットギルティ?


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_08_03.jpg

 火ノ丸は自分が天王寺よりも弱いとみとめ、ついに一歩しりぞきました。しかしそれは逃げたのでも絶望からのものでもなく、新しい飛躍のための溜めだったのです。その成果はユーマの突きや蛍のフェイントといったダチ高相撲部の仲間たちの武器でした。ここ一番というときに仲間の得意技をつぎつぎと披露するのは『あしたのジョー』や『みどりのマキバオー』を髣髴とさせます。まさに少年漫画の王道。でも天王寺戦でここまで盛りあがったらつぎの久世戦のときどうすればいいのやら。
 閑話休題。稀勢の里が昇進して十九年ぶりの日本人横綱になることが決定しました。どんどん現実がフィクションをおいこしてゆきます。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_08_04.jpg

 答え―③ 答え③ 答え③
 いや傷か病気かはわからないけれど顔半分が変貌しきって目も見えなくなっているのに前回のクイズの答え③のブサイクとするのは失礼千万だな。
 で、お館様のまえということで風柱の不死川は一瞬で炭治郎をねじふせたあと意外にも人間みたいな敬語をつかいました。

hitokoma_2017_08_05.jpg

(知性も理性も全く無さそうだったのに、すごいきちんと喋り出したぞ)

 ひどい。相手が有無を言わせず妹の禰豆子を殺そうとしたにっくき男だからって、炭治郎の内心がひどい。おだやかな性格のわりに歯に衣着せぬところのある炭治郎だけど今回は特にひどい。 知性も理性もまったくなさそうだったって!
 なお禰豆子が鬼なのに鬼殺隊の炭治郎といっしょにいるのはお館様がみとめたことでした。しかし柱の過半数は聞く耳もちません。そこでお館様は鱗滝さんからの手紙をよみあげさせます。てーか鱗滝さん、もと柱だったんですね。
 さてその文面はこちら。

“――炭治郎が鬼の妹と共にあることをどうか御許しください”
“禰豆子は強靱な精神力で人としての理性を保っています”
“飢餓状態であっても人を喰わず”
“そのまま二年以上の歳月が経過致しました”
“俄には信じ難い状況ですが紛れもない事実です”
“もしも禰豆子が人に襲いかかった場合は”
“竈門炭治郎及び――”

hitokoma_2017_08_06.jpg

“鱗滝左近次、冨岡義勇が腹を切ってお詫び致します”


 『デイヴィッド・コパフィールド』という小説があります。イギリスの文豪ディケンズの自伝的要素の強い作品で、タイトルとおなじ名前の主人公の波瀾万丈の半生をえがいたものです。おさないころのデイヴィッドは不幸つづきで、両親とは死に別れ、義理の父には虐待され、親しい人たちは自分のもとを去ってゆき、とうとう話に聞いただけで面識もない大叔母をたよってゆくことになりました。そのあとデイヴィッドをつれもどしにきた義理の父に対し、大叔母は毅然としてデイヴィッドをかばってくれます。親身になって、自分にはなんの得もないのに。このシーンを目にするたびに涙ぐみそうになります。
 それと同種の感動を今回の鱗滝さんの手紙に感じました。

hitokoma_2017_08_07.jpg

 それでも滅殺主義を返上しない柱ども! 俺の感動に水をさすんじゃねえ!
 しかしこいつらの言いぶんにも一理あります。禰豆子が鬼であり一般人にとって危険であることにかわりはないのですから。主人公サイドには読者に共感させつつ、その対抗者にも一本スジのとおったものを用意する。吾峠先生の腕前は端倪すべからざるものがあります。

hitokoma_2017_08_08.jpg

 鬼の総大将の鬼舞辻無惨が炭治郎のまえに姿をあらわしたと聞いて、これまで炭治郎個人のことはほとんど眼中になかった柱連中が目の色をかえました。禰豆子の処遇にも興味のなかった霞柱も戦ったのかどうかたずねます。
 しかし柱でさえ鬼舞辻と接触したことがないんですね。千年以上も生きながらえているのだからよほど用心深いのでしょう。あと珠代様のおっしゃるとおりに鬼舞辻は臆病者の部分もあるのかな。
 さてお館様は鬼舞辻が炭治郎に追手をさしむけたことをかたり、禰豆子が鬼舞辻にとって予想外のなにかであると推測しても、鬼殺し最右翼の不死川は考えをあらためず、鬼の本性を見せるといって自分の血を禰豆子の箱にたらしました。

hitokoma_2017_08_09.jpg

 昼日中だから出てこないんじゃないかな? さすがは知性も理性もまったくなさそうな不死川の発想です。このあと幔幕をはって大きな影をつくるとか、禰豆子の箱を屋内にほうりこむかするという手もあるけれど、知性も理性もまったくなさそうな不死川だからな。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2017_08_10.jpg

 前回ソーマの父親が遠月をドロップアウトしたところで回想はおわりました。ちょっとまて。なんのための回想だったんだ。せめてこのあとソーマの母親とのなれそめと料理にふたたびむきあうシーンまではかたられると思ったのに。いくら負けてもぜんぜんへこたれないソーマの心根の強さを描きたかったのか?


・『青春兵器ナンバーワン』

hitokoma_2017_08_11.jpg

 このところドベ常連だった当作が意外や意外センターカラーを獲得しました。人気急上昇御礼って、真にうけていいものか。とはいえ前作の焼野原塵よりは長続きしそうなのでめでたいかぎりです。同期の『歪のアマルガム』は、まえに大増ページをもらったけれど、これはもうダメかもわからんね。


・『背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~』

hitokoma_2017_08_12.jpg

 キング・クリムゾン!
 すべての事象はふきとび、「二年後」へと時か経過した「結果」だけが残るッ!

 ……もうそろそろ円満終了の時期かな。


・『デモンズプラン』

hitokoma_2017_08_13.jpg

 村は根だやしにされたらしいって、ひとごとみたいに言うなあ……
 そりゃ悪いのは120%領主です。縦縞ヘアーくんに落度はありません。しかしこのキャラ、正義慾とやらの持主のはずなのに、こんなドライな感じでいいんですかね。そもそも守護慾といい蒐集慾といい、どれもこれも平凡なレベルを脱していず、とても悪魔の書にみとめられるような非凡なものとは思えません。
 設定もうまくいかせていないせいもあって掲載順は実質ドベ二となりました。こりゃひさびさの十週打切りあるでぇ。



鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)
鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)吾峠 呼世晴

集英社 2016-12-02
売り上げランキング : 1803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃(5): ジャンプコミックス ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 9 (ジャンプコミックス) ファイアパンチ(4): ジャンプコミックス 左門くんはサモナー 7 (ジャンプコミックス) 約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス) 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 8 (ジャンプコミックス) レッドスプライト 1 (ジャンプコミックス)




今週のジャンプ一コマレビュー 2017年07号 

・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_07_01.jpg

 巻頭カラーの見開きで鬼殺隊の柱がそろいぶみ。この人らは外見がアレだけと中身はもっとアレでした。そのなかでも特にスゴイ何人かのうち音柱はハデか地味かが判断基準のすべてらしくて実力のあるスーパースターマンみたいだし、恋柱はいつも頬をそめて何かというと胸をキュンキュンさせていて「それ恋じゃなくて欲情だよね」とツッコまざるをえない女だし、しのぶさんがまともに見えてくるレベルです。
 ところで鬼殺隊の柱は炎、音、恋、岩、霞、蛇、水、蟲、風の九つです。善逸が雷の呼吸の使い手なのでその師匠は雷柱だったのでしょう。鬼殺隊の流派はすくなくとも十より多くて、そのなかの最強の九人が柱となるようです。まえに回想シーンで善逸に桃をぶつけてたやつは雷柱の復活をめざして孤軍奮闘中かな。

hitokoma_2017_07_02.jpg

 ところでこの蛇柱の人、蛇であることといい、微妙にセリフをくりかえしていることといい、じっと見ていると、脳裏にうかびあがってくるのは、蛇博士……やめろめろめろイタチめろ……うっ、頭が……

hitokoma_2017_07_03.jpg

 鬼殺隊の頭領の顔を見て驚愕する炭治郎! その理由とはいったい……?
① 鬼舞辻無惨にそっくりだから。
② 父親にそっくりだから。
③ いまのジャンプで指折りにいい子の炭治郎でさえドン引きするほどのブサイクだから。

 ③だったら面白いのになあ。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2017_07_04.jpg

 一クールぶりにアンリの登場です。しばらく出番がなかったのはちかごろみんなと遊びすぎたせいでぼっちキャパシティをオーバーしたのが理由だそうだけれど内実をいえばアンリにかかればマステマでさえかるくひねられてしまうからでしょう。コイツがでてきたら全部解決、というジョーカーじみたキャラは案外あつかいがむつかしい。
 で、アンリのいない間にカス虫と天使河原さんとの仲が急接近したと誤解したアンリはおおいにあせってキャラににあわぬスキー旅行などを企劃するのでした。もういいじゃん、カス虫はアンリとくっついちまえばいいじゃん。恋愛感情ではないにしろアンリが特別な存在であるのにかわりはないんだから。
 ……いやまてよ、カス虫の貧弱さでは悪神アンリ・マユと粘膜が結合したら二秒で病原菌が全身にまわって死ぬな。距離をおいてのつきあいがふたりにとっていちばんのようです。アンリは泣いていい。

hitokoma_2017_07_05.jpg

 入浴シーン……だと……? この漫画でもやるんですねえ。しかしこれはもしやいつぞやの天使河原さんのシャワーシーンを全カットしたことへの読者の怒濤のような抗議に沼先生が屈したものではなかろうか。よしみんな、沼先生にもっとエロシーンを描くよう手紙をおくるんだ!(迷惑行為だからやめい)


・『約束のネバーランド』

hitokoma_2017_07_06.jpg

 なんということでしょう。この漫画の真のヒロインが解雇通知をうけてしまいました。どんな判断だ。
 この漫画の登場人物といえばそこはかとなくゴン風味をただよわせるエマをはじめとして年齢不相応な、いってみれば非人間的な連中ばかりです。それは作者の力量不足によるものではなくむしろ逆で、人間牧場とその管理者という異常な世界に生きる者たちの精神構造としてはにつかわしいといえます。しかしだからといってキャラに感情移入しにくいことにかわりはありません。
 そこへゆくとシスタークローネは見かけこそメイド服のメスゴリラだけれど、とにかく感情表現がゆたかですごく人間くさい。うれしいときは笑顔をかくさないし、今回なんかガサ入れに必死になるあまりアシュラマン化していました。

hitokoma_2017_07_07.jpg

 作画の人がノリノリで描いているのがつたわってきます。こんなナイスキャラを排除するなんて、ホントにどんな判断だ。


・『ゆらぎ荘の幽奈さん』

hitokoma_2017_07_08.jpg

( ゚∀゚)o彡゜しまぱん! しまぱん!

 話のほうは幽奈さんがコガラシへの恋心を自覚するさまがとてもかわいかったです(小学生なみの感想)


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2017_07_09.jpg

 まわりから天才とみとめられ勝利と成功を期待されつづけたためにプレッシャーにたえられずドロップアウトしてしまいました。ううむ、なんといったらいいものか……
 リアルっちゃあリアルです。しかし主人公の父親で作中最強クラスの実力者の過去としては格落ちもはなはだしい。たとえばラオウがむかし山のフドウにビビったことはしばしばネタにされるけれど、あれはラオウが年少のときだしフドウのキャラづけの流れでの回想シーンだったからさほど不自然さは感じませんでした。もしラオウが成長したあとで、べつに強敵にボロ負けしたわけでもないのに北斗神拳の伝承者の座も天をめざすこともあきらめてしまっていたら目もあてられなかったところです。
 つーかこの過去回想の終着点はどこなんだ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_07_10.jpg

 それはまるで相手の輝きを塗りつぶす黒――
 修羅戦黒の相――

 これまで王者の余裕でさわやかな笑みをうかべるのが印象的だった天王寺がえらいかわりようです。このまえのページでは火ノ丸がであえず久世がめざめさせた本当の天王寺だと説明されました。
 そこで思いだしたのが沙田と天王寺との試合の回想シーンです。

hitokoma_2017_07_11.jpg

 これ天王寺の修羅戦黒の相ひきだしてね?
 いまではすっかり過去の人の沙田だけれど、たとえ一瞬でも本当の天王寺をひきだせていたらキャラの格があがっていいのですが。


・『デモンズプラン』

hitokoma_2017_07_12.jpg

 ヤロウ、第七話にして実質ドベ三の掲載順という絶望的なこの状況で回想シーンに突入しやがった……しかも次回につづくときたもんだ。回想シーンがクソ長いことで有名なワンピでさえ話がはじまったばかりのゾロのときは七ページですませたというのに、岡本先生の無謀さは五大陸にひびきわたるでぇ。



約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)
約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)出水 ぽすか 白井 カイウ

集英社 2016-12-02
売り上げランキング : 3288

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス) 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 8 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 9 (ジャンプコミックス) 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 9 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 7 (ジャンプコミックス) プラチナエンド 5 (ジャンプコミックス) レッドスプライト 1 (ジャンプコミックス) ファイアパンチ 3 (ジャンプコミックス)




少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ