保険 アリコ Moon of Samurai 機動戦士ガンダム00 2nd season 第24話 「BEYOND」

機動戦士ガンダム00 2nd season 第24話 「BEYOND」 

刹那「GN粒子のおかげで純粋なイノベーターに進化しました」
ライル「GN粒子のおかげで仇が討てました」
アレルヤ「GN粒子のおかげでハレルヤが一瞬だけ出て来ました」
ティエリア「GN粒子のおかげでヴェーダと融合できました」
沙慈「GN粒子のおかげで恋人が戻ってきました」
ソーマ「GN粒子のおかげで小熊が改心しました」
ラッセ「GN粒子のおかげで不治の病が治りました」
CB組「GN粒子のおかげでピンチから逃れられました」
ビリー「GN粒子のおかげで彼女ができました」

 GN粒子最強伝説。すごすぎます。
しかし肝心のスーパー全裸タイムが省略されてしまっていたことに関しては声を大にして苦情を述べ立てたい。おのれ緑の粉粒の分際で、最終回目前ということで空気を読みおったわい。

gundam00second_24_01

 刹那&沙慈のダブルオーライザーがルイスのMAから有線攻撃を受けて電撃ビリビリで足を止められたところへ主砲の直撃を喰らってその上ハグされて特攻兵器に突っ込まれて盛大に爆発しました。ここまでやってダブルオーライザーが機能停止、とまではいかなくても腕の一本でももぎ取られていなかったら完全に無敵です。これから先の戦闘で緊張感が激減してしまいます。

gundam00second_24_02

 ほとんど無傷でした。わあい無敵装甲ばんざあい。
 さてヴェーダの内部ではティエリアが偽アムロを含めたイノベーターたちの正体はイノベイドであると割かしどうでもいい真実を暴露しました。彼らは真のイノベーターの覚醒を促すために生み出された人造人間だそうです。しかし偽アムロは自分がイノベイドを超えて真のイノベーターすら凌ぐ存在になったと自己申告します。何だかとってもスーパーサイヤ人を超えたスーパーサイヤ人っぽい感じ。この後ティエリアは射殺されます。
 で、ポニ夫。

gundam00second_24_03

「より優れた存在によって統率されるのは、論理的に考えても正しい選択さ。それに人類を導くために生み出された彼らは、我々に何の見返りも求めはしない。理想的な関係じゃないか」

 より優れた存在? ポニ夫よ、それはひょっとしてギャグで言っているのか?(AA略) 確かに連中は自分たちを超越種であると吹聴していたけれど、実際の戦績を思い返してみると大抵いいとこなしで終っています。パイロット技能では明らかにサーシェスに劣っています。あとトランザムだってポニ夫が手を貸して初めてイノベ側が使用できるようになったので技術開発能力もまた超人的とは言い難い。正直イノベーターって根性の悪いビッグマウスのクソガキどもという印象が強い、ただしアニューは除く。

gundam00second_24_04

 CBの面々は絶賛苦戦中。ライルはサーシェスにいいように嬲られ、ソーマの機体は小破し、電池はいつものようにマリーマリー叫んで攻撃を喰らい、筋肉は血を吐きました。

gundam00second_24_05

 ヤンデルイスは完全にテンパっていて、大破したMAから救い出してもらったことも理解できずに沙慈を絞め殺そうとします。そんな狂乱の彼女が視界に捉えたのは、かつて恋人から贈られたペアリングの片割れでした。そしてルイスは二人が最後に顔を合わせた四年前のあの日のことを思い出します。しかし二人とも老けたなぁ……(苦労したんだよ!)
 かくしてルイスは絶叫の末に事切れました。すわ、Zガンダムのごとき大量死エンドか? と暗い予感が頭をよぎりましたが、このアニメはとりあえず主人公が叫べば何とかなるし実際に何とかなりました。

gundam00second_24_06

「そんなこと……させるかぁ!」


 ここまで敵方が無数の犠牲を積み上げては踏み越えてようやくCBにとどめを刺せる寸前にまで持っていったのにせっちんが叫んでトランザムバーストが起動したら一発逆転ちゃぶ台返しで全部台無しになりました。偽アムロにちょっとだけ同情します。

gundam00second_24_07

「刹那……この光は、きっと……刹那の戦いの光……命の輝き……」

 今回のマリナたんの出番はここだけでした。史上稀に見る空気ヒロイン。万能なるGN粒子を以てしても彼女の出番を増やすことは不可能だったのです。マリナたん、恐ろしい子……! わりとネガティブな意味で。

gundam00second_24_08

「何なんだお前は!?」
「俺は俺だぁ!」


 ライルvsサーシェスはGN粒子のせいでサーシェスが失調して形勢が逆転しました。GMが実力で劣勢を覆す展開が皆無に等しいのは最終回目前になってもちっとも変わりません。あとサーシェスのブチ切れシャウトの意気やよし。

gundam00second_24_09

 ハレルヤが本当に一瞬だけ復活しました。第一期みたいにアレルヤとして真の超兵の実力を見せつけたりはせずにsound onlyでの登場です。
 一方ポニ夫は世界の秩序とか恒久和平の実現とか、さももっともらしいことを語っていたのに結局のところCBと闘っていた真の動機がおっぱい予報士への未練だったことを情けなくも晒す羽目になりました。素敵に喪男。

gundam00second_24_10

 マリーが復活して小熊が生存しました。二人はGN粒子を介して心と心で語り合い、小熊はセルゲイ大佐の不器用な愛を悟って慟哭したのです。小熊が生き残って釈然としないのは単純にパパ熊がお気に入りのキャラだったというだけで、ストーリーの流れとしてはむしろ穏当な結末でしょう。復讐の連鎖はどこかで断ち切られないといけないし、小熊は人の話を聞かないウザキャラではあったものの救いようのない悪役というわけではなく、それも本人のせいとばかりは言えないので。ここらへんがトリニティのビッチとは違う点です。あえて難点を挙げるなら、親子のすれ違いの果ての悲劇というのは悪くはなかったものの、父殺しはちょっとやり過ぎの気味がするところでしょうか。さて最終回でどう纏めてくるか。
 ラッセはGN粒子のおかげで元気になりましたがそんなことは心の底からどうでもいいです。ルイスですルイス。

gundam00second_24_11

 死んだはずなのに生き返って、しかも人格まで元に戻りました。すごいぜGN粒子。フォウを筆頭とする強化人間たちの悲劇が相対的に安っぽくなってしまったぜ。だがそれがいい! ここまで来たら御都合主義でも大歓迎です。ルイスはあの時には死んでいなくて気絶していただけと考えれば少しは納得できますし、少なくともCLANNADの平行世界ダイブによる全チャラよりはずっと無理のない展開といえるでしょう。しかしテキトーだね俺。
 さてヴェーダ内部ではGN粒子によってリボンズによる支配が遮断された隙を突いてティエリアがヴェーダのシステムを掌握してヴェーダと融合しました。肉体はすでに射殺されているので後腐れがないともいえます。さてティエリアヴェーダ、縮めてティヴェリアはセラフィムの真の能力を発揮してアロウズのMS部隊を無力化し、一気に形勢を逆転しました。そしてついにサーシェスの命運も尽きました。

gundam00second_24_12

 機能停止して破壊されたスローネを捨てて生身で逃走し、ライルに後ろを突かれると両手を挙げて降伏し、相手がとどめを刺さずに去ろうとしたところを不意打ちに射殺しようとして返り討ちにあってジ・エンド。恐ろしいほどに盛り上がりに欠け、なおかつ小悪党そのものの死に様を迎えました。あな勿体なや。正直なところサーシェスの扱いは第一期の方がまだマシでした。
 だいたい何故ライルに殺されて終るのか。いや、ライルにとってサーシェスが仇であることは知っていますが、それは刹那にとっても同じことです。サーシェスとは刹那の方が因縁は深いし、サーシェスはかなり早い時期から刹那にとって最大の宿敵として位置づけられていたはずなのに、とどめはライル。刹那とサーシェスとの因縁は宙ぶらりんのまま立ち消えになりました。ロックオン兄弟の仇をサーシェスにせずに別のキャラに割り振っておけば少しはマシになっていたことでしょう。ガンダムは無駄にキャラの数が多いくせに有効活用ができなかったのが敗因です。
 ともあれ魅力的だった(←過去形)悪役は退場し、小物のラスボスが残りました。

gundam00second_24_13

 赤金カラーのガンキャノンに乗って。
 今の今になって偽アムロの気持に初めて気づいた! 彼があそこまでダブルオーガンダムに固執していたのはガンキャノン似の微妙すぎるデザインのMSに乗ってラストバトルを戦いたくなかったからだ! 分かる、分かるぞその気持! 思えば偽アムロも哀れな男よ……!




機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]宮野真守, 三木眞一郎, 吉野裕行, 神谷浩史, 水島精二

バンダイビジュアル 2009-04-24
売り上げランキング : 90

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 [DVD] 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [DVD] 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] マクロスF(フロンティア) 9 <最終巻> [DVD] コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume09<最終巻> [DVD]




コメント

>>GN粒子最強伝説
OOの声の時(最初の裸祭りの時)に、こんな感じでご都合主義的に
纏めるんじゃないかと思ったら案の定…
これで今までの伏線&描写不足をチャラにするつもりなら、なんという舐めた脚本…

ひろしが・・・あの最期の小物ぶりはねーよ!
行動原理はトチ狂っていましたが、思考回路自体は00においては屈指のマトモさを誇っていた良キャラだったのに・・・ヘタレ裸イルごときにやられるなど断じて認めん!!次回までに似非アムロがクローン複製しておくことを強く希望します。

ルイスが蘇生したみたいですが、ついでに左手も復活して欲しかったんですが・・・今更それぐらいはっちゃけた展開でももう誰も文句なんか言いますまい。
ついでにロック兄超蘇生復活でひろしと完全決着ならもう全部許します。

まさに途中で路線変更したような内容だったなw
実際そうなんだろうけど(ボソッ
伏線とは視聴者に対する先の展開の借金であると富野氏は語り、借金は(視聴者へ)返さなければならないと締めくくった。
まあこの監督とシリーズ構成では、それをするのはとてつもなく難易度が高すぎたんだろうね。

最後に、逆シャアのサイコフレームを劣化パクリしたのはとても許せる事じゃあない。

>沙慈「GN粒子のおかげで恋人が戻ってきました」
マジで刹那に任せっきりでいいとこなしの道化かよ沙慈…
いや、不用意にバレを踏んでしまってたから知ってはいましたが…
でもアレハレやその他も同じぐらいアレだったので、最早何も言うまい

>ビリー「GN粒子のおかげで彼女ができました」
スメラギとビリーのオチが前回の管理人さんのレビューの最後とほぼ同じなのがすごく可笑しかった
でもそれでいいのかよ、ビリー&スメラギ
とくにビリーはエイフマン教授のこと…ってただ私怨で来ただけだったの忘れてました

>GMが実力で劣勢を覆す展開が皆無に等しいのは最終回目前になってもちっとも変わりません
個人的にはアリーがGN粒子で弱らされた挙句、トライヤルで嬲り殺しにされたの『だけ』は良かったと思います
だってライルに素で負けたりしたら…ねぇ?
正直、他のマイスターよりも特別戦闘力が優れている描写がなかったニールが、1期23話でいきなりアリーに片目見えない状態で善戦してたのがいまだに納得いってないのですよ
だけど今回で『やっぱりGMはチート機体や何らかの超常現象がなければアリーには敵わないんだな』と納得できました
そういう意味では、今回の決着はすごく良かったです
…どちらかというとネガティブな方向に評価してる気がしなくもないですが

>ラッセはGN粒子のおかげで元気になりましたが
そういえばOガンダムって何のために出したんでしょうね?

それはそうと刹那様は、マリナ様のゴロゴロソングに洗脳された世界で新興宗教でも開けばいいと思うよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ジムに続いてガンキャノン!?
ええい、00ガンダムの製作陣は化け物か!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/902-16e804a2

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第24話 「BEYOND」

ガンダム00 24話の感想。 とりあえず展開バレが当たりすぎていて怖い・・。

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第24話「BEYOND」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD](2009/04/24)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る 最終回直前とだけあって、さまざまなキャラクター達が...

  • [2009/03/24 08:13]
  • URL |
  • 破滅の闇日記 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム00 2nd season #24 「BEYOND」

激戦が続くさなか、敵母艦内の侵入に成功したティエリアは、そこで驚がくの事実を知ることになる。 そのころ、防戦に徹するプトレマイオスは、休むことのない敵の猛攻にさらされ、劣勢を強いられ続けていた。 一人、また一人と倒れていく仲間たち。その命の灯火に応え...

  • [2009/03/24 10:48]
  • URL |
  • 徒然なるままに。 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第24話「BEYOND」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第24話を見ました。第24話 BEYOND「僕達は分かり合うことで未来を築くんだ!!そうだろ!?ルイス」「その未来を奪ったのはソレスタルビーイングだ!!戦争を仕掛けたのも、世界を歪めたのも!!」ティエリアはリボンズの前に現れ、銃を向ける。...

  • [2009/03/24 13:21]
  • URL |
  • MAGI☆の日記 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム00 2nd season 第24話 感想

 機動戦士ガンダム00 2nd season   第24話 『BEYOND』 感想  ・・・     -キャスト-  刹那・F・セイエイ :  宮野 真守 ...

  • [2009/03/24 13:48]
  • URL |
  • 荒野の出来事 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第24話「BEYOND」

 リボンズを銃殺し自らが、イオリア計画の中心として人類を導くと豪語したリジェネ。しかし死んだはずのリボンズが姿を現した。ヴェーダと精神が繋がっている存在には、身体は単なる器に過ぎず、改めて上位種とイノベイターの差を見せ付けた。信じられない光景を目の当た...

  • [2009/03/24 21:19]
  • URL |
  • アニメのストーリーと感想 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム00 #24 「BEYOND」

 ティエリアやリボンズはヴェーダへの侵入し、ヴェーダを支配、コントロールする様な

  • [2009/03/24 22:53]
  • URL |
  • 気ままに日日の糧 |
  • TOP ▲

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第24話 「BEYOND」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]クチコミを見る ☆<3/19更新>前回(第23話 「命の華」)の感想をポットキャストにて収録! 「トランザム祭りどうよ?」、「リボンズの物量作戦の無意味さ」、「CBが最後に対峙する者とは?」等、アニメブロガーが集ま...

  • [2009/03/25 01:46]
  • URL |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • TOP ▲

「機動戦士ガンダム00」レビュー6

アニメ「機動戦士ガンダム00」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *ファーストシーズン(2007/10~2008/3) *セカンドシーズン(2008/10~) *キャラクター(声優):刹那・F・セイエイ(宮野真守)、ロックオン・ストラトス(三木眞一郎)、アレルヤ・...

  • [2009/03/25 03:05]
  • URL |
  • アニメレビュー トラックバックセンター |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム00 2nd 第24話『BEYOND』

機動戦士ガンダム00 2nd 第24話『BEYOND』

  • [2009/03/25 21:34]
  • URL |
  • アマデウスの錯乱? |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム00 2nd season「BEYOND」

アニメガンダム00感想。[:hide:] 「BEYOND」 機動戦士ガンダム00◇敵母艦内に侵入したティエリア(声・神谷浩史)はそこで驚くべき事実を知る。 防戦に徹するプトレマイオスだったが、休むことのない敵の猛攻に劣勢を強いられ続けていた。 一人

  • [2009/03/26 16:57]
  • URL |
  • 獄ツナBlog5927 |
  • TOP ▲

来週でOOがやっと終わりますが、すでに精神的にもかなりボロボロになってて大丈夫かどうか不安になってます!? ガンダムOO 2nd 第24話『BEYOND』

 今話は、本当に東京マラソンのランナー並のスパードで進行し、伏線回収はしたが…。  なんか内容も……超テキトー&なんかな~って感じ。...

  • [2009/03/29 06:06]
  • URL |
  • シュージローのマイルーム2号店 |
  • TOP ▲

GN粒子で世界は平和、人類皆兄弟?・・・ガンダム00 2nd 第24話「BEYOND」

ファーストシーズンと同じように最終回に向けてアッチェランドするかのように物語をテンポよく進めて盛り上がっていくのはいいのですが、最初っからダブルオーライザーでGN粒子撒いときゃええやん、と言いたくなる展開もどうかなぁ・・・みたいな。 もちろん容易くでき...

  • [2009/05/08 19:09]
  • URL |
  • ボヘミアンな京都住まい |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ