保険 アリコ Moon of Samurai キン肉マン 第261話 黒き海の伝説!!の巻

キン肉マン 第261話 黒き海の伝説!!の巻 

 このたびのキン肉マンはちゃんと始祖篇での成長をもちこしていると以前のレビューに書いたけれど実際にはそんなことはなかったぜ!

muscle_261_01.jpg

 このたびのキン肉マンはちゃんと始祖篇での成長をもちこしていると以前のレビューに書いたけれど実際にはそんなことはなかったぜ! 大事なことなので二回いいました。

muscle_261_02.jpg

 パイレートマンの怒濤のラッシュにキン肉マンはへっぴり腰での逃げの一手で、ネメシス戦でのカッコよさはどこにいったのかと第一ページのアオリ文にもミートくんにもいわれる始末です。キン肉マンらしいといえばいえるけれどホントこういうのはどうにかしてほしかった。
 それはさておきパイレートマンはキン肉マンにタックルをしかけて指一本で相手の脚をつかみとり、キン肉マンを断崖絶壁のリング外からつきおとそうとします。そしてその口からかつて黒海沿岸に拠点をおいたオメガの民の行状がかたられました。

muscle_261_03.jpg

 オメガの民はかつてスワローズネストのある場所に今以上の壮麗な城をきずきあげ、そこで逆賊どもを完膚無きまでに処刑してきたそうな。処刑される超人はもちろんのこと読者の投稿超人です。こういうかたちで採用されるのって、投稿した人たちにとってうれしいのか悲しいのか。
 ところでパイレートマンは逆賊を処刑してきたといっているけれど、これはかつて武道がかたったカピラリア大災害ののちの超人界、力をつけた強い者が弱い者をしいたげるという構図そのものです。それなのにまるで罪悪感がなさそうなのはパイレートマンが他者から奪うことをなりわいとする海賊だからでしょうか。

muscle_261_04.jpg

「一面赤い血で染まる海。
 だが血の赤は空気に触れると徐々に酸化し黒へと色を変えていく。
 そしてこの海はやがて一面黒に染まった。それがまさに“黒海”という美しき名の由来。後世、我らオメガの民の間にのみ言い伝えられた伝説だ」


omoshiro_kigensetsu.jpg

 ほーなんだそのオモシロ起源説は?

muscle_261_05.jpg

「吾輩のパワーなどお前の本気のパワーに比べればなんということはない! それを見せてみろと……吾輩はお前に言っておる――っ!!」

 わりと謙虚なパイレートマン。『トリコ』で美食會のザンギエフもどきが「オレが速いんじゃねえよ。お前が遅いんだよ」と妙にクールに分析していたのを思い出しました。

muscle_261_06.jpg

 今回は発動がやたらと早い火事場のクソ力。ふつうなら敗北フラグです。しかしキン肉マンは腐っても主人公、まさかここで負けるはずがない、といいたいのだけれどパイレートマンの戦いの目的は相手の最大の宝を奪うことにあり、そもそも火事場のクソ力を手に入れることはオメガの民が地球にやってきた目的のひとつなので、キン肉マンがその力をうばわれる可能性は否定できません。
 これでミキサー大帝のときみたいにキン肉マンが火事場のクソ力をつかえなくなったあげくに敗北したら全読者がビビるだろうなあ。こんなこと書いてる俺もビビります。



キン肉マン 64 (ジャンプコミックス)
ゆでたまご
集英社 (2018-09-04)
売り上げランキング: 1,554




コメント

以前のゆでなら火事場のクソ力が発動するまでグダグダと弱音を吐いて逃げまくる展開で2、3週は引き延ばしていたと思うので、今回はまだ大丈夫と感じてしまう自分は甘いのか…

スグルがびびるのは実は結構余裕がある時なんじゃないかなーと思わなくもない

>「オレが速いんじゃねえよ。お前が遅いんだよ」
ガオガイガーでもあったな
凱「速い!?」
ソルダートJ 「違うな、貴様が遅いのだ」

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/3029-b4f0c51e

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ