保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2018年35号

今週のジャンプ一コマレビュー 2018年35号 

・『鬼滅の刃』

hitokoma_2018_35_01.jpg

「そう言われても君には尊敬できる所が一つも無いからなあ。見た目も喋り方もとにかく気色が悪いし」
「私のこの美しさ、気品……優雅さが理解できないのはお前が無教養の貧乏人だからだ。便所虫に本を見せても読めないのと同じ」
「君の方が何だか便所に住んでいそうだけど」
「黙れ便所虫。お前のような手足の短いちんちくりんの刃、私の頸には届かない」
「いや、さっき思いきり届いてたでしょ。そもそも君の方が手足短いし。
 ああもしかして自分に対して言ってる独り言だった? 邪魔してごめんね」


 霞柱と玉壺の壮絶なアオリ合戦。おもしろいかときかれたらおもしろいと答えるほかないのだけれど、俺がこの漫画にもとめているおもしろさとはちょっとちがいます。たとえるなら、ひさしぶりに帰省して母ちゃんの手作りカレーが食いたいといったらなぜか本格インド風カリーがでてきたようなもので、うまいことはうまいけれどコレジャナイと言いたい。
 生きるか死ぬかの瀬戸際での抱腹絶倒の会話は添えものであってこそ光るもので、こういうふうに主体になると戦闘の緊張感がうしなわれます。ただでさえこの漫画、話がすすむにつれて戦闘が冗長化して主要キャラが死ななくなってきているのに。


・『アクタージュ』

hitokoma_2018_35_02.jpg

 れ、煉獄さーん!
 『鬼滅の刃』のつぎの漫画の最初のページの一コマ目にコレはちょっとズルい。

hitokoma_2018_35_03.jpg

 なんということでしょう。きたないヤミさんが、きたなくないヤミさんに!
 さすがにキレイなという形容詞をつけられるほどではないにせよ、最初期の四方八方に不快の毒をまきちらしていたころとは格段のちがいです。夜凪やほかの俳優の演技についての解説とか夜凪へのアドバイスとかの口調がそれなりにマイルド。前回のレビューに書いた夜凪のキャラの路線転換についてもそうだけれど、ヤミさん監督も第一話からこういう方向性だったなら、もうちょっと早い時分からこの漫画を評価できていただろうし、読んでいて楽しかったはずです。
 ところでこの漫画、ちかごろ読めるようになってきて、こないだ再評価の意味もかねて第一話から読みかえしたのだけれど、夜凪と監督のあまりの性格の悪さにとちゅうでギブアップしました。覚悟していたのに、まさかあれほどだったとは……


・『DANNY’s RADIO』

hitokoma_2018_35_04.jpg

 戦時下にコメディアンが自分をつらぬいたために軍に粛清されるという読切りでした。思いっきりジャンプらしくない作風と、主人公がコメディアンなのでストーリーは悲劇でもウェットな感じがしないのがナイス。しかし漫画としておもしろいかときかれると、話にもりあがりがたりず、カタルシスもなく、エンターテイメントとしてはあまり評価できません。
 ともあれ個性的でものめずらしいことはたしかだったので、作者の次回作に期待します。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2018_35_05.jpg

 主人公と強敵がヒロインをめぐって火花をちらす!
 いや強敵がえりなと結婚しようとしているのは恋愛感情ではなくステータスが目的であり、ソーマにいたってはお察しくださいというほかないのだけれど、これをきっかけにソーマとえりなの仲が進展したり話がころがったりするかも知れないので、とりあえず今後に期待です。

hitokoma_2018_35_06.jpg

 ヤローどもが説明不足気味に自分をとりあうところへでくわして頭の処理がおいつかなくなりショートするえりなかわいい。
 いやまあ年ごろの女の子が顔を赤くしてかわいくないはずがないんだけどさ!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2018_35_07.jpg

 レイナ……色を知る年齢か!(もうハタチすぎです)



火ノ丸相撲 21 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 21 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2018-08-03
売り上げランキング : 799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 20 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 17 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 12 (ジャンプコミックス) ワンパンマン 17 (ジャンプコミックス) 斉木楠雄のサイ難 26 (ジャンプコミックス) アクタージュ act-age 3 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 19 (ジャンプコミックス) 食戟のソーマ 31 (ジャンプコミックス) ハイキュー!! 33 (ジャンプコミックス)



コメント

川田先生が精一杯女体を描く努力をしたのが凄く伝わった
てかソーマ話がそっち方向に行くのかよ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2984-920ccd5f

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ