保険 アリコ Moon of Samurai キン肉マン 第253話 不公平な神!!の巻

キン肉マン 第253話 不公平な神!!の巻 

 ギヤマスターに対しみごと勝利をおさめたビッグボディに観客はおしみない声援をおくります。いつのまにか紫禁城にまでやってきたアデランスの中野さんや牛丼かえしなさいおじさんらがビッグボディの名を連呼するのに当人は感慨ぶかげ。

muscle_253_01.jpg

「これが……勝利というものか」

 これが初勝利だったんですねえ。フェニックスやゼブラとちがって邪悪の神に見いだされるまでは力自慢の開拓民で試合経験もなく、はじめての実戦がフェニックスという最悪の相手だったから、しかたのないことではあります。
 いっぽうリングにあおむけにころがったギヤマスターは試合にやぶれたあとも頭上の軒轅星のことを気にしていました。

muscle_253_02.jpg

「遥か昔……あの星は本当に降ってきた。オレたちの祖先の頭上にな。だがそれは太古の話。
 たとえそれが罪に対する罰だったとしても……これだけの時を経たんだ。とっくに許されていて然るべきだ。そう信じてオレたちは今再びこの地球にやってきた。
 それなのに……あの星は今なお激しく揺れている……
 じゃあ教えてくれよ、どうすりゃ許してくれるんだ……オレたちの罪は未来永劫許されないってことなのか?」


 ちょっとしんみりするギヤマスターの過去がたり。ところでオメガの民は具体的な内容はさておき祖先が大むかしに罪をおかしたことは語りついできたんですね。
 そして軒轅星落下。「神ってヤツはつくづく不公平だ……なぁお前もそう思わねぇか、ビッグボディ。ああ、星が降ってくる……せめて流れ星には願いを叶えてもらえる身分に……なりた……かった……ぜ……」といまわのきわにポエミーなギヤマスターを無慈悲におしつぶしました。

muscle_253_03.jpg

「ギヤマスターッ。グウウ~~ッ、まさか本当に降ってきやがるとは!」

 軒轅星の話を信じていなかったのかよビッグボディ! 前回に試合の決着がついた時点でほとんどの読者はギヤマスターのもとに軒轅星が落ちるだろうと予想していただろうによ!
 しかし殺してでも六鎗客の行動を鎮圧すべきだと語っていたのに、軒轅星のしたじきになったギヤマスターのもとへ思わずかけよるあたり、ビッグボディの人柄がしのばれます。気はやさしくて力もち、ストロングマンあらためキン肉マンビッグボディ。

muscle_253_04.jpg

 天上から光がさすのをあおぎながらビッグボディは死の直前のギヤマスターのことばに同意します。
 ところで軒轅星をこしらえたのは何者でしょうかね。ギヤマスターは神だといっていたけれど、天上の神々はカピラリア光線の発射後は基本的に超人世界に不介入なので、これはちょっと考えにくい。
 もし完璧超人始祖が地上の生きのこりの超人を粛清するためのギミックとして設置したのだとしたら、それはジャスティスマンの手になるものと見るのが適当でしょう。罪のあるものを情け容赦なくおしつぶすあたりがいかにも裁きの神らしいし、ジャスティスマンはまえに意味ありげに登場して今シリーズでも活躍の場があたえられるのは確実だろうから、再登場のさいに軒轅星を自分がつくったのだとかたる場面があったとしてもふしぎではありません。
 ひとつ疑問があるとすれば、他者から不公平となじられるような不完全な装置を堅物のジャスティスマンがつくるとは考えにくいことです。だとしたらのこっているのは邪悪の神々くらいか。
 閑話休題。カメラはイタリアのデルモンテ城へうつり、そこではゼブラとマリキータマンが乱打戦をくりひろげていました。まずはゼブラの右ストレートが相手の顔をとらえたものの、マリキータマンは意に介せずに反撃します。

muscle_253_05.jpg

「これが超人ボクシングのスーパーヘビー級チャンピオンのパンチか。屁でもねぇ。
 ボクシングはオレも得意でな――っ!」


 そういやマリキータマンはカレクックとの試合で打撃戦では終始圧倒していました。ゼブラといい勝負ができるのも納得です。しかしゼブラが超人ボクシングのスーパーヘビー級チャンピオンという設定、ちゃんとおぼえていたんですね。さすがゆでの編集
 さて序盤戦は両者まったくの互角で、最後にゼブラがひと太刀くれました。マリキータマンの右のパンチをゼブラがバックスピンキックで軌道をかえてマリキータマン本人をなぐるようにしむけたのです。

muscle_253_06.jpg

 「キン肉マンvsゼブラの名誉挽回!!」とあるのは、王位争奪戦でこれとまんまおなじパターンをゼブラがキン肉マンからくらったことをさします。

muscle_253_07.jpg

 そして柱のアオリ文「次回は、3ヶ月後……ではございません!!」というのは、うえのキン肉マンとゼブラの攻防のあと、働かない話を考えるほうのゆでがヘルニアでダウンして三ヶ月間『キン肉マン』の休載を余儀なくされたことが元ネタです。今シリーズがはじまるまえの寸劇でも言及されました。



キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2018-03-02
売り上げランキング : 14233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス) キン肉マン 61 (ジャンプコミックス) キン肉マン 60 (ジャンプコミックス) キン肉マン 59 (ジャンプコミックス) キン肉マン 58 (ジャンプコミックス) キン肉マン 57 (ジャンプコミックス) ドラゴンボール超 5 (ジャンプコミックス) キン肉マン 56 (ジャンプコミックス) キン肉マン 55 (ジャンプコミックス) THE超人様 1 (ジャンプコミックス)




コメント

>「次回は、3ヶ月後……ではございません!!」
でも二週間後だ・・・!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2974-b914f6ba

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ