保険 アリコ Moon of Samurai キン肉マン 第251話 唯一の取り柄!!の巻

キン肉マン 第251話 唯一の取り柄!!の巻 

 アンティキティラ・ビーフケークプロセッサなる絶妙に言いづらい必殺技でギヤマスターはビッグボディの頭を背中からギヤに巻きこみ相手の体をミンチにしようとします。しかしビッグボディは試合を捨てず、強力の神にそそのかされたとか言いわけもせず(こら)、もちまえの馬鹿力で強引に頭をひきぬきました。

muscle_251_01.jpg

「バカな!」
「驚いたか! バカみてぇな石頭だろ。昔っからよく言われたもんだ。お前の頭は中身も外身もバカみたいに硬いってな」


 い……いやビッグボディの頭が意外と硬い!! 絵ヅラが絵ヅラなので硬いのはビッグボディの石頭ではなくヘルメットじゃないのかとつっこみたくなります。
 ともあれ反撃開始。ビッグボディは空中からギヤマスターをリングにたたきつけ、ニードロップからのハイジャックバックブリーカーでギヤマスターをつりあげました。天をあおぐ体勢のギヤマスターの目にうつるのは、頭上の軒轅星。

muscle_251_02.jpg

「なぁギヤマスターよ、あの星がそんなに気になるのか?」
「な……なんだと?」
「お前がオレのことをニセモノニセモノと連呼するのがずっと気になっていた。だが今その理由がよくわかった。
 それはお前の自信のなさの裏返しだったんだな。
 あの軒轅星とやらが降ってくるのはもしかしたらお前自身……
 お前はそんな不安をずっと抱えたまま、この試合を戦っていたということか。哀れだな」


 ギヤマスターの自信のなさがどこに起因するのはわかりません。しかしビッグボディの余裕がどこからきているのかはあきらかで、それはせんじつめれば自分をもっているということです。自分が何物であるかを確信していれば、たとえ軒轅星だろうがなんだろうが、他者にニセモノあつかいされたところで痛くもかゆくもないのです。
 そしてギヤマスターはオメガの民の苦難の歴史の一端を開陳します。本来なら王族として地球に繁栄したはずなのに、神の名を騙り攻めてきた一味と大激闘をくりひろげ、エグザイルされて苦難の道のりがはじまったとのこと。

muscle_251_03.jpg

 神の名を騙り攻めてきた一味……いったい何完璧超人始祖なんだ……?
 というわけでオメガの民が地球をはなれたのはカピラリア光線からのがれるためではなく完璧超人始祖の粛清によって繁栄の地をおわれたからでした。大激闘をくりひろげ、などとギヤマスターはのべているけれど、前シリーズでの解説や完璧超人始祖がひとりもかけていないことから類推すれば、実際にはオメガの民が手も足も出ずにほうほうのていで地球から逃げだしたことはあきらかです。
 ではギヤマスターはウソをついているのかというとそうではないでしょう。たぶんオメガの民が完璧超人始祖の粛清対象にされたのがヒャッハーしていたせいという部分もふくめて自分らにつごうの悪い内容は失われ、栄光と苦難というわかりやすいストーリーが伝えられているのでしょう。歴史というものはえてしてそういうものです。

 ↓ オメガの民が忘れてしまった事実その一
muscle_251_05.jpg

 ↓ オメガの民が忘れてしまった事実その二
muscle_251_06.jpg

 とにかくあれやこれやでしきりなおしとなりました。そろそろ決着もちかい。

muscle_251_04.jpg

「このギヤはオメガが遺した叡智の結晶。お前がどれほどの強力持ちでもこれだけは壊せない。たとえオレを倒せたとしても……このギヤが回る限りオメガの誇りの火は消えない」

 次回あたりビッグボディにギヤをとめらるんですね、わかります。つーか一時的にとはいえ便器の水でギヤがとめられたことを忘れてないかギヤマスター?



S.H.フィギュアーツ 悪魔将軍 ORIGINAL COLOR EDITION 『キン肉マン』
S.H.フィギュアーツ 悪魔将軍 ORIGINAL COLOR EDITION 『キン肉マン』 S.H.フィギュアーツ ドラゴンボール クリリン-少年期- 約100mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード フレイムスタイル(真骨彫製法) 約145mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ ハルク(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー) 約210mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ キン肉マン スーパー・フェニックス 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E. 約105mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 超合金魂 鉄人28号 GX-24R 鉄人28号(1963) 楽曲搭載バージョン 約190mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ キン肉マン バッファローマン(1000万パワーVer.) 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII+SAP(ネックス・ギルバート機) 約190mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 4インチネル 魔神英雄伝ワタル 戦部ワタル ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み 完成品 可動フィギュア S.H.フィギュアーツ キン肉マン アシュラマン ORIGINAL COLOR EDITION 約155mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア




コメント

ベンキマン戦ラストの相手をギアだらけにする能力でるかな

「このギヤが回る限り」は「これだけは壊せない」に掛かってる台詞であって
「このギヤは絶対回るのを止めない」という意味ではなく
「このギヤは壊せないから何度止まっても必ずまた回る」って意味じゃないですかね?

だからこそビッグボディは最後のページで「止める」ではなく
「壊す」と言ってるのだと思いますが……

ギヤが壊れたらギヤはいやおうなく止まる
それだけの話では?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2962-b9979c41

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ