保険 アリコ Moon of Samurai ダーリン・イン・ザ・フランキス 第22話 「スターゲイザー」

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第22話 「スターゲイザー」 

 前半、閉塞感で窒息しそう。

darli-fra_22_01.jpg

 大人たちがいなくなり、ストレリチア・アパスをはじめとした叫竜はVIRMとの戦いのために宇宙へととびたち、蚊帳の外におかれた子どもたちは自活の道を摸索し、とりあえず図書館の本をたよりに農作業をして食事を確保することにしました。そんななか、地中の叫竜はつぎつぎと地球をあとにします。
 いっぽうヒロは精神が壊れたようなゼロツーを介護中、ゼロツーの腕に謎の傷が生じていたことに気づくのでした。ああ、こんな不可解で希望のみえない状況でさえなかったら、ヒロはゼロツーにエロいことしほうだいだったのに(ぉ

darli-fra_22_02.jpg

 食糧のストックは一年分しかないので食事の配給量はひかえめにせざるをえず、電気や水のインフラ施設は不調になり、ココロは原因不明の(ただし視聴者にはバレバレの)体調不良、みんながたよりにしたいヒロはゼロツーのことで頭がいっぱい。栽培中の野菜が順調にそだっていることがせめてものなぐさめでした。ドロのなかで必死にもがいているような感じです。

darli-fra_22_03.jpg

 ナインズはどうやらパーフェクトソルジャーがヂヂリウムを必要とするように“調整”とやらをうけないと生きてはゆけない体のようで、あのクソ生意気だった連中がみな死人のような肌と目になりはてていました。まあこいつらが死のうが生きようがべつにどうでもいいのだけれど、NEWナナがゴローからのインフラ調整の請願にぜんぜん聞く耳をもたないのは死活問題です。このままでは生きてゆけなくなるということばにも眉ひとつうごかさない完璧な洗脳されっぷりにゴローもドン引き。ゼロツーは謎の裂傷がふえてゆくばかりだし、農作業のさなかに空から叫竜とVIRMが相討ちになった遺体がふってくるし、まるで戦時中に学生が空襲におびえながら校庭でイモをそだてるような毎日がつづきます。
 そしてココロが妊娠していることがようやく周知の事実となりました。

darli-fra_22_04.jpg

      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  
    |ヽ   ~~⌒γ ⌒ ) r'⌒ `!´ `⌒) 「やればできる」
   │ ヽー―'^ー-'  ( ⌒γ ⌒~~ / 実にいい言葉だな。
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |  
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  我々に避妊の大切さを教えてくれる
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入  |


 このAAつかうの二度目だな。
 知らぬまにパパになったミツルは驚愕の顔で腰をぬかすし、母親になったココロはほとんど恐怖してなすすべを知りません。ミツルとココロは妊娠にいたるまでの記憶も性知識もすべて除去されているのでこの反応は無理のないものではあります。しかしミツルに助言をもとめられてヒロが満足な返事もできなかったのはちょっと残念でした。

darli-fra_22_05.jpg

 すっかりゼロツー専門の介護士になったヒロは病室からぬけだしたゼロツーをさがしまわり、ようやく見つけて意識がもどったのかとぬか喜びするものの、ゼロツーはやはり魂のないぬけがらのままでした。そして順調にそだっていたはずの作物がしなびて全滅し、なにもかもがどんづまりに達したかと思われたそのとき、この閉塞状況をすこしでもマシなものへ変えてくれそうな人がやってきてくれました。

darli-fra_22_06.jpg

 最後までフランクス博士のそばにいたハチは、お古のほうの(言いかた!)ナナをつれ、大人たちの記憶がデータベース化していること、フランクスのパイロットとしては不適格と判断された子どもたちがコールドスリープ状態にあること、そのなかにはあのナオミもふくまれていたこと、そしてナナとハチが子どもたちにとっての大人になれとのフランクス博士の指示――いわば遺言を托されたことなどをあきらかにしました。
 ナオミが生きていたことは衝撃の事実なのだけれど正直な話いまはそれどころではありません。謎や伏線には賞味期限があるから、あまりひっぱりすぎるとダメですね。

darli-fra_22_07.jpg

 年長者がきてくれてすぐに状況が好転したわけではありません。ハチの見たてでは作物が枯れたのは長いことマグマ燃料をすいあげつづけたせいとのことで、これではみないずれ餓死にをまぬかれず、その絶望的な知らせとこれまでの疲労のダブルパンチでイチゴはダウンしてしまいました。ゴローはヒロをたよりたくても、ヒロはやっぱりミツルのときとおなじように心配なのはゼロツーのことだけで、ほかは眼中にありません。
 しかし闇は夜明け前がいちばん濃いもので、ようやく曙光がのぼりはじめました。ヒロがゼロツーとツノちゅーしたら一瞬ふたりの心と心がリンクして、ゼロツーの精神がストレリチア・アパスとひとつになり、宇宙でVIRMと戦っていたことを知ります。これで万事めでたしではもちろんないけれど謎のケガが理由だけでも判明したのは大きな前進といえましょう。ミストルティンの土を使用すれば作物の栽培が可能かも知れず、か弱いながらも希望の光が見えはじめました。
 しかしヒロにとってゼロツーを救うこととみんなと一緒にやってゆくこととは同義ではありません。それどころか相反するものでした。

darli-fra_22_08.jpg

 ヒロは叫竜が用意してくれていた船をつかい、ゼロツーが戦っているはずの火星まで飛んでゆくとみんなのまえで宣言します。十三部隊のみんながとめようとしてもヒロの決意はかたく、翻意させることはできません。そのままたちさろうとするヒロをゴローはおしとどめ、これまでの思いをここでぶちまけます。

darli-fra_22_09.jpg

「なんでだよ……これから力をあわせて、もう一回最初からやってこうってときに、そんなときに! なんでおまえは!」

darli-fra_22_10.jpg

「ゼロツーを、ひとりにしておけない。約束したんだ。はなればなれになっても、どんなに遠くにいてもむかえに行くって。
 その約束をゼロツーは守ってくれた。それなのに……俺が何もできないなんて、そんなのはダメなんだ……!
 みんなには悪いと思ってる。でも……わかってほしいんだ」


darli-fra_22_11.jpg

「……悪いってなんだよ? わかってほしいって、なんだよ? そういうおまえは考えたことあるのかよ。おまえのまわりのやつらのことを、ちゃんと考えたことあるのかよ!
 おまえ……いつもそうだよな。ひとりできめてつっ走って、まわりのことなんかふりむきもしない。パパもオトナたちもいなくなったのに、自由になるどころか、ままならないことばっかで、そういうみんなの不安、考えたことあるのかよ!
 だれかが倒れても見守るしかなくて……それでも、みんなで生きようってもがいてるときに……死にに行くようなマネするやつのいったい……なにをわかれてっていうんだよ!
 おまえに……生きててほしいって……ささえてるやつの気持ふみにじって! 勝手に行っちまうおまえの……! いったい、なにをわかれっていうんだよ!」


darli-fra_22_12.jpg

「それでも行くんだ。ゼロツーが笑ってくれないなら、俺は生きていないのとおなじだからウボァー」

      ヒロ        ゴロー
      ↓         ↓
    .∧_∧       ∧_∧
 ;;;;;、(・ω(:;(⊂=⊂≡ (・ω・ )
    (っΣ⊂≡⊂= ⊂≡ ⊂)
    /   ) ババババ  (   \
    ( / ̄∪       ∪ ̄\ )


darli-fra_22_13.jpg

 まあ結局みんなもとのサヤにおさまってヒロのサポートにまわるんですがね! あとナインズがスゲー雑に仲間入りしました。ミツルとココロはフランクスに乗れず、それ以上に赤ん坊のことが大事なので、新旧ナナとともに地球におるすばん。なんだか十三部隊はヒロとゼロツー、ミツルとココロをのぞけば全滅しそうな雰囲気だ……
 いろいろとややこしい要素を一話でうまくまとめたなという感じでした。それはいいのだけれど不満点ももちろんあって、その最たるものはヒロのふるまいです。これまでヒロは十三部隊や子どもたちが言いたくても言えないことをいい、やりたくてもやれないことをやり、思いもよらないことさえ実行してきました。それが今回はずいぶんヘタレていたのが残念です。ラストでゴローと面とむかったときに顔をふせたときの情けなさといったらありゃしません。
「『ゼロツーは助ける』『みんなも導く』「両方」やらなくっちゃあならないってのが「ヒーロー」のつらいところだな」
くらいのことを豪語してくれたら最高だったのに。
 しかしそれはヒロのキャラがブレているわけではなく、そもそもものがたりがはじまったころはだいぶたよりなくて、ヒロがまわりからみとめられるようになったのはゼロツーとであって絆をふかめてからのことでした。ヒロがみんなを導くヒーローになれなかったのは残念だけれど、比翼の鳥がつがいを失えばこうもなろうということで納得はできます。
 ところでみんな食糧の確保については野菜をそだてることしか頭にないようだけれど、家畜のほうはどうなんでしょう。ミストルティンが健全に運営されていたころは食卓に肉がならんでいたのに。あれってSFらしく人工の培養肉だったのかな。



ダーリン・イン・ザ・フランキス ゼロツー 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア
ダーリン・イン・ザ・フランキス ゼロツー 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア
壽屋(KOTOBUKIYA) 2018-11-30
売り上げランキング : 328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン レン 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア Fate/Grand Order ランサー/アルトリア・ペンドラゴン 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア 月曜日のたわわ アイちゃん 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア 鬼の湯 鬼娘 柊ちゃん 1/6スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 二葉さな 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア SKYTUBE コミック阿吽 雨宮 皐月 illustration by 深崎暮人 1/6スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア Re:CREATORS アルタイル 森羅万象[ホロプシコン] 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア S.H.フィギュアーツ ダーリン・イン・ザ・フランキス ゼロツー 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 冴えない彼女の育てかた 澤村・スペンサー・英梨々 抱き枕Ver. 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア リトルアーモリー 照安鞠亜 水着Ver. 1/12スケール PVC製 塗装済み組み立て品フィギュア




コメント

13部隊って漢字で書くと沖田十三の私兵団みたいだ
そして番組終盤になってやっとナナとハチの組み合わせがカミナとヨーコだって気づいた

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2954-c3a2e496

ダーリン・イン・ザ・フランキス BS11(6/23)#22

第22話 スター・ゲイザー VIRMを駆逐するために叫竜の兵器とストレリチア・アパスは宇宙に出撃した。002は意思がなく反応しないが016が献身的に介護していた。 ナナはパパの言うことしか従わない。施設の利用は居住以外は認められない。 備蓄食料が1年分なので、外で畑を耕す。電力、浄水能力も劣化していく。負傷者たちの面倒を見る015たち。 002が意思も...

  • [2018/06/25 10:36]
  • URL |
  • ぬるーくまったりと 3rd |
  • TOP ▲

ダーリン・イン・ザ・フランキス #22

『スターゲイザー』

  • [2018/06/25 22:21]
  • URL |
  • ぐ~たらにっき |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ