保険 アリコ Moon of Samurai ダーリン・イン・ザ・フランキス 第20話 「新しい世界」

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第20話 「新しい世界」 

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはダリフラを観ていたと思ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか宇宙戦争がはじまっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    視聴者がおいてけぼりだとか超展開だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


darli-fra_20_01.jpg

 精神が不安定になって不吉な雰囲気をただよわせていたナナが案の定退場させられました。後任は怪しさ大爆発の糸目女で、これがまたコード007、ナナを自称して、そのことを当人がふしぎに思うことすらないのがダリフラ世界のディストピア加減をアップさせています。
 いっぽうヒロとゼロツー、そしてフランクス博士は七賢人によびだされて最後の作戦のレクチャーをうけていました。スターエンティティ(星の実在という意味)の中枢部にストレリチアをインプラントさせることでスターエンティティを手中におさめれば叫竜との戦いに勝利できるとのことです。

darli-fra_20_02.jpg

「もし叫竜を全部殺せたとして、その未来に、僕たちはいますか?」
「……もちろんだ。叫竜との戦いに勝利できれば、未来はわれわれ人類のものだ」


 うそくせー。なーんかうそくせー。
 さてココロは原因不明な体調不良のせいでトイレにかけこんで吐きました。これがつわり以外の何かである可能性はのこっているだろうか? いやない。

darli-fra_20_03.jpg

      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  
    |ヽ   ~~⌒γ ⌒ ) r'⌒ `!´ `⌒) 「やればできる」
   │ ヽー―'^ー-'  ( ⌒γ ⌒~~ / 実にいい言葉だな。
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |  
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  我々に避妊の大切さを教えてくれる
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入  |


 しかし今回はこのあとスタンドも月までブッ飛ぶ衝撃展開がひかえているので妊娠イベントですらそれほど印象にはのこらないのでした。そもそもココロは子どもがほしくてベッドインしたわけだし。

darli-fra_20_04.jpg

 作戦当日。七賢人が例によってうすっぺらさ大炸裂の戦意昂揚目的の演説をのべたてるものの、十三部隊はこれまでのしうちを忘れていないので当然のことながらちーとも感動せず、そのことがナインズのカンにさわり、式典がおわったあと廊下で十三部隊に相手の気持を不愉快にさせることしか意味のないなんくせをつけるのでした。まさかこいつらがここまでしょーもない小物に堕するとはなあ。それにナインズ、思わせぶりにでてきたくせにこれまでろくな描写がなされなかったし、あと放映が一月半くらいしかないだろうから、たぶんものすごく雑に処理されるんだろうなあ。このアニメの全体的な尺のとりかた間違ってない?

darli-fra_20_05.jpg

「かんちがいするなよイオタ、きみたちがパパに大事にされてるのは、必要な道具だからだ。そのうちわかるさ」

 当番兵、鏡をもってこい。ブタめに見せろ。

darli-fra_20_06.jpg

 叫竜との最終決戦の火ぶたが切っておとされました。えらいひさしぶりのまっとうなロボットバトルです。つーか十三部隊活躍しすぎ。破壊力がこれまでとはケタちがいです。第三話でマリモみたいな弱っちい叫竜一匹にてこずっていたころとは比較になりません。しかしミツル、そういえばこのころはイヤミで好感度がひくくてもう死んでいいよってキャラだったんだよなあ。

darli-fra_20_07.jpg

 で、そのミツルとココロはおたがいの名前をよびあったせいで頭痛におそわれます。記憶操作が完璧ではなかったのでしょう。たぶん叫竜との戦いも今日で終るから突貫処理でじゅうぶんだとAPEが軽く見たせいかと思われます。
 さてミツルやココロとはちがって念入りに記憶を封印されたけれどとりもどしたヒロとゼロツーのカップルは今日も今日とてイチャコラしながらジオフロントを降下していました。

darli-fra_20_08.jpg

「おそらくこのあと、俺たちには大きな試煉がまちかまえているんだと思う」

darli-fra_20_09.jpg

 ヒロがフラグをたてたせいで叫竜の姫がやってきました。ただし試煉としては大きくても胸は小さいがなHahaha!

darli-fra_20_10.jpg

 なんということでしょう、虚乳もとい叫竜の姫はいままでずっとひとり身だったのに、巨乳の妹はあっさり恋人をゲットして幸せ満点で、しかも昔に腕一本もいだというのに気色悪く自分に執着しつづける変態マッドサイエンティストにいろいろ煽られてブチ切れて、とうとう変態をブチのめして妹の恋人をうばったあげく逃避行へと走ったのでした。もちろん八割がたまちがっています。しかしヒロとキスをして「おもしろい味だ」と評するあたり、やはりゼロツーと血は争えません。

darli-fra_20_11.jpg

 叫竜の姫はストレリチアをのっとってフェイズシフト装甲を起動させたのちセントラルドグマの中枢へとすすみます(いろいろちがう)。そしてテレパシーをつかってフランクス博士と協力プレイで叫竜やフランクスの正体について解説してくれました。
 叫竜はもともと叫竜人とよばれる生命体で、かれらはふたつの形態へと変化をとげました。ひとつはみずからの肉体を大地に返して地の底を流れるエネルギー、マグマ燃料。そしてもうひとつは、マグマ燃料を利用して進化した雌雄一対からなる生体兵器、叫竜。そして叫竜をベースにしてつくられたのがフランクスでした。なお第十五話でゾロメとミクが目撃した人型の金属塊は叫竜人のオスが変貌したものです。
 そんなこんなでストレリチアはスターエンティティの中枢部に到達してインプラントし、スターエンティティを起動しました。

darli-fra_20_12.jpg

 ラスト五分からは怒濤の展開がつづきます。地中から数えきれないほどのミサイル型や巨大銃型の叫竜がでてきて宇宙空間の謎の艦隊と砲撃をかわし、スターエンティティがストレリチアの上半身をおもわせる形状で姿をあらわし、叫竜の姫はかつて宇宙からの侵略者と戦って撃退したのち再襲撃にそなえていたとかたり、その敵の名はVIRMだとあかされました。
 うーむ、怒濤の展開にもほどがあります。頭がおいつきません。VIRMの名がデデーンと出たときには唐突すぎて正直ちょっと笑っちゃいました。「オレは“フレア”って呼んでる」に通ずるものがあります。その作品にしか出てこない固有名詞を出すまえにはちゃんと準備をしなくては。

darli-fra_20_13.jpg

 いやマジでこんな感じ。『だーりん・いん・ざ・ふらんきす!』はしばしば視聴者の思いを代辯してくれます。

darli-fra_20_14.jpg

 怒濤の展開、つづく。変態マスクもさるもので保険をかけていました。予定どおりゼロツーがスターエンティティをコントロールできればフリングホルニとともに戦士としてつれてゆくつもりだったけれど、もし叫竜の姫にのっとられたばあいは自爆するようセットしていたのでした。利用できなければ破壊する、腹が立つほど合理的です。おかげで地球は崩潰まで秒読み段階となりました。なお七賢人のうちVIRMはふたりだけで、のこりのメンバーはどうやら地球人がVIRMの真意を知らされることなく加わっていたもののようです。
 いきなり宇宙からの侵略者が登場するという点では『天元突破グレンラガン』を聯想するところだけれど、あちらのラスボスのアンチスパイラルは螺旋生命体こと人類の数が百万に達するまでは監視しつつも介入しなかったわけで、その点だけをみればアンチスパイラルのほうがVIRMよりもよっぽど恩情的です。
 さて叫竜の姫やVIRMのいうことを整理してみると、かつて地球――とよんでいいのかな? ダリフラ惑星には先住民として叫竜人がすんでいたところ、スターエンティティの価値と危険性を重視したVIRMが触手をのばし、そのときは叫竜人が勝利した。しかしどちらも平和ボケではなかったので、叫竜人は地の底にもぐって進化のはてに生体兵器の叫竜をうみだし、VIRMの生きのこりは地上で人類に文明をあたえ――ヘタすりゃサルに火を教えるレベルからはじめたかもしれない――マグマ燃料を採掘して人類を矢面に立たせての叫竜との第二ラウンドがはじまり、今にいたったわけです。現地人に技術をつたえて敵と戦わせるって、冷戦時代にアメリカやソ連がよくやった手口ですね。
 ところで先入観ぬきに判断すると、叫竜人とVIRMとが二度目の戦いに勝つためにどちらがより努力したかといえば、それは後者です。おそらく宇宙からの支援もろくにないまま、ほとんどゼロからのスタートでここまでこぎつけたのには讃辞をおくらざるをえません。成功の要因は人類を味方に、というよりはあやつり人形にしたてあげられたことでしょう。中身が空っぽの変態マスクふたり――いや第十七話で叫竜の姫に殺された七賢人ふたりのうちのひとりも中身はからっぽだったからVIRMは三人か――だけではほとんどなにもできなかったにちがいありません。
 逆に叫竜がわが人間に対してアプローチ不足だったことはだれにも否定できないところです。今回みたように叫竜の姫は広範囲にテレパシーをとばせるのだから、VIRMのさしがねでマグマ燃料の採掘がはじまったころに人類にむかってVIRMとのかつての戦いやら自分らの正体やらをあきらかにする――というのはリスクがあるから、とにかく敵が宇宙からの侵略者であることを根気よく説いてまわり、協力者をさがしていたらここまでおいつめられることはなかったかもしれません。叫竜の姫はあきらかに人間を劣等種とさげすんでいて、それが失態につながったのです。
 つーかさ、叫竜の姫のあのひんぬーボディとくぎゅう声を衆目にさらして
「わたしたちの敵、あの宇宙人どもをやっつけなさい! べ、べつにあんたたちのことを思って言ってるんじゃないんだかねっ!」

とでも言っていたら人類の半分くらいはイチコロにやられて変態マスクどもをリンチにかけていたんじゃないかなァ――ッ!?


【おまけ】

darli-fra_20_15.jpg

 かつて週刊少年ジャンプで『E-ROBOT』『ラブラッシュ!』を連載してどちらも短期打切りをくらった山本亮平先生の新連載がジャンプ+ではじまりました。ジャンプ作家の主人公が十週打切りにおびえるさまが作者の実体験を反映しているようで涙なくしては読めません。
 ところでなぜダリフラとはなんの関係もなさそうな漫画をここでとりあげたかというと、理由はふたつあって、ひとつはジャンプ+にダリフラのコミカライズが連載されていること。そしてもうひとつは。

darli-fra_20_16.jpg

 おさななじみで髪が短くて貧乳でイチゴにそっくりなヒロインが山本先生の『ラブラッシュ!』にでてきたからです。ただし主人公との好感度の矢印はダリフラとは正反対で、主人公のほうがこのおさななじみに片想いしていました。第一話でゼロツーポジションの落ちものヒロインがやってきたけれど最終回にはいなくなり、たぶん主人公と幼なじみは結ばれたはずです。ああ、この漫画みたいな人間関係だったらイチゴはどれだけ幸せだったことか……



ラブラッシュ! 2 (ジャンプコミックス)
ラブラッシュ! 2 (ジャンプコミックス)山本 亮平

集英社 2016-12-31
売り上げランキング : 94069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラブラッシュ! 1 (ジャンプコミックス) たくあんとバツの日常閻魔帳 3 (ジャンプコミックス) ゆらぎ荘の幽奈さん 4 (ジャンプコミックス) ゆらぎ荘の幽奈さん 10 (ジャンプコミックス) ぼくたちは勉強ができない 6 (ジャンプコミックス) クロスアカウント 3 (ジャンプコミックス) クロスアカウント 4 (ジャンプコミックス) ゆらぎ荘の幽奈さん 5 (ジャンプコミックス) たくあんとバツの日常閻魔帳 2 (ジャンプコミックス) レッドスプライト 1 (ジャンプコミックス)




コメント

とうとうレヴューが非難の方に傾いた感じ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2942-b5cbe91c

ダーリン・イン・ザ・フランキス BS11(6/09)#20

第20話 新しい世界&nbsp;グランクレストの地下にはスターエンティティが埋蔵されていた。それを制御するためにストレリチアをインプラントする。それを阻止するために叫竜の襲撃が予測される。13部隊も9’sも協力して迎撃する。命令を伝達するナナは別のナナに代わっていた。&nbsp;叫竜を倒せれば人類には明るい未来が待っている。この作戦に従ってパパと呼ぶのは最後だと交渉していた016だった。&n...

  • [2018/06/12 03:14]
  • URL |
  • ぬるーくまったりと 3rd |
  • TOP ▲

ダーリン・イン・ザ・フランキス #20

『新しい世界』

  • [2018/06/12 23:49]
  • URL |
  • ぐ~たらにっき |
  • TOP ▲

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第20話 『新しい世界』 叫竜人にVIRM...人類は?

VIRMにそそのかされて腑抜けになったお間抜けちゃんだったという事か。 誤魔化す気ゼロ。グランクレバス攻略&スターエンティティを奪取、これを起動させる。作戦を伝えるナナですがナナじゃない。 顔も声も別人じゃねーか!中央部にストレリチアをインプラントって人柱じゃないの。自由の身=死亡する感じがプンプンします。 未来は我々「人類」のものだ。その人類にヒロ達は入ってるんだろうか。 いつの間にかココ...

  • [2018/06/16 09:56]
  • URL |
  • こいさんの放送中アニメの感想 |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ