保険 アリコ Moon of Samurai トニカクカワイイ 第11話

トニカクカワイイ 第11話 

 第11話「男女の間にある様々な問題はこういうところから始まる」

tonicawa_11_01.jpg

 綾と要の有栖川姉妹の過去はご多分にもれずシャレですませられないほどに不幸でした。ただでさえ昨今の銭湯は経営難だというのに爺さんが死んでからは下降の一途をたどるばかりで、おまけにふたりの父親がハヤテの両親の足もとくらいにはおよびそうなクズ、すなわち万死に値するレベルのクズで、家のカネをもって若い女と蒸発したために有栖川姉妹はいよいよ路頭に迷いそうになったのでした。
 そんなドン底状態のふたりに手をさしのべたのがナサで、その優秀な頭脳を生れてはじめて有効活用して銭湯の経営を立てなおしたのでした。

tonicawa_11_02.jpg

 綾がナサに惚れているのは、ゆるいラブコメ漫画のことだから特に理由はないのかと思っていたけど、そりゃ惚れますわな。しかし自分のあずかり知らぬところで旦那さまがほかの女に好意を寄せられていると勘づいてよろこぶ女はそうそういません。そして司もまたその例外ではありませんでした。

tonicawa_11_03.jpg

 司の真意に気づかず、綾のかわいさを手ばなしでほめるナサでした。こ、この鈍感主人公!

tonicawa_11_04.jpg

 自分の思いをナサがくみとってくれなくて司がむくれながら顔をむけたさきが教会からでてくる新婚カップルで、司はそのことに気づきもしていないけれどナサは過剰に反応し、そのことをぼかしながらたずねたら、司は綾のことで嫉妬していると指摘されたように勘違いして大いに赤面するのでした。司ははじめのころの超然とした態度がウソのようにどんどん年ごろの女の子らしくなってきています。

tonicawa_11_05.jpg

 司は綾みたいにナサにかわいいと言われたいだけなのに、いろいろこじれにこじれたためにナサは司が結婚式をあげたいのだと思いこみ、ひさしぶりにあさっての方向へ無駄な行動力を発揮し、司をおきざりにして調べものにダッシュしました。
 なんというか、おもしろかったころの『ハヤテのごとく!』の雰囲気にちかづいてまいりました。ラストシーンでは司の関係者もでてきたし、スロースタートとはいえこの漫画にもようやくブーストがかかった感じです。




コメント

その期待が裏切られる方に1ペソ。
つーか、またクズ親で子供カワイソーかよ。
逆にルカ編を思い出させる…。

このキモブログまだあったのかよ

もしかして無題くん?久しぶりだね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2900-46963580

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ