保険 アリコ Moon of Samurai キン肉マン 第239話 運命の四王子!!の巻

キン肉マン 第239話 運命の四王子!!の巻 

 夜の超人博物館に無断侵入したよっつの影は予想どおりソルジャーをのぞく運命の五王子でした。細かいことをいうと王位争奪篇にエントリーしたチームのリーダー六人のうちれっきとしたキン肉星王子はキン肉マンとアタル兄さんだけであってほかの四人は真っ赤なニセモノであることはすでに明白なのだけれどいんだよ細けぇことは。

muscle_239_01.jpg

 ソルジャーマスクの持主があらわれなかったのは、存在そのものが例外でなにを考えているかわからないからだそうです。よかったなビッグボディ、ハブられた理由が素の実力であったなら「ビッグボディはおいてきた。ハッキリいってこの闘いにはついていけない……」になっていたところだぜ!
 ところで四人がそれぞれのマスクをかかげて「神のお告げだ!」というシーン。

muscle_239_02.jpg

 これってフェニックスが知性の神にのりうつられたときのセルフオマージュですね。

muscle_239_03.jpg

 こんなマニアックなネタをひろってくるあたり今のキン肉マンの編集はマジ優秀働かないほうのゆでが覚えていたとは決して考えないのが一般的なゆでファン)
 そしてカメラはスペインのサグラダ・ファミリアへともどります。

muscle_239_04.jpg

「許しがたいな、ルナイトめ。
 あの謎の力を吸収し、我がものとした。そこまではよかった。
 なのにそれを活かせず敗北という大失態を晒した上に、情報を持ち帰ることすらままならぬとは……恥の上塗りとはこのことだ。この大バカ者め!」


 ゲゲェーッ! ルナイトが火事場のクソ力の情報をもちかえらなかったことに関してアリステラはきっと責めないだろうと前回のレビューに書いたのに実際には情け容赦なく罵倒しとるー!?

muscle_239_05.jpg

「だが……我らオメガの民にもあの力を使える可能性がある。ヤツは最期にそれを体現してみせた。そこだけは手柄と認めてやっていいだろう。
 それだけにこの弔いは、必ずや我らの悲願の成就をもって果たすことにしようではないか」


 アリステラ、責めたと思ったらすぐ褒めた。ルナイトの死に叱責をあびせたのは、本心からというよりは六鎗客のリーダーとして冷静な判断をくだす必要があったのと、仲間が死んで意気消沈しているかも知れない部下たちの士気を鼓舞する目的があったというのが大きいと思われます。六鎗客みんな仲いいもんな。

muscle_239_06.jpg

 ウホッ! いい抱擁……
 ところで委員長のリアクションがホモセンサーに感知したもののように見えるのは俺の目が腐っているからでしょうか。

muscle_239_07.jpg

「ヤツは……ルナイトは最期、オレたち地球人のことを偽善者だと言い放った。そこにどんな意味があるのやら……」
「だが、それがたとえどんなものでもヤツらが地球を侵略しに来ていい理由にはならん。
 それだけは間違っている。そこはしっかり闘ってヤツらにわからせてやらねば」

「フン! オレとお前のふたりでか?」
「仕方なかろう。それとも私とでは不満か?」
「いいや、上等だ。やってやろうじゃねぇか!」


 戦力は二対五。しかもウルフマンは満身創痍で、地球がわは圧倒的に不利です。しかしふたりの闘志はなえることなくアリステラらに立ちむかう。文句なしにカッコイイ。

muscle_239_08.jpg

 いよいよ目あてのキン肉マンと闘うことになってテンションがあがり、慇懃無礼に感謝するアリステラに対してキン肉マンは洒脱にきりかえします。キン肉マンもこういうセリフがいえるようになったんですねえ。ゆで漫画の主人公はシリーズがおわるたびにまるで劇場版が終ったあとののび太のように精神的成長がリセットされて未知の強敵と戦わなければならなくなるとすぐに臆病風に吹かれるのが見ていてホントにイヤだったのだけれどこのたびのキン肉マンはちゃんと始祖篇での成長をもちこしている感じです。このシリーズではこのままカッコいいキン肉マンを維持してほしい。

muscle_239_09.jpg

 そこへ満を持してあらわれたのはゼブラ、マリポーサ、フェニックス、そしてレオパルドンの上司!
 ところで前回のコメント欄には「ゼブラって骨だけになって完全に死んでたような・・・」という意見があったけれど、たぶんおそらくきっと思うに新シリーズはアニメ版のつづきなんですよ。あちらではプリズマンのやけくそカピラリア光線をあびることなく、最終話の牛丼パーティにはパワフルマンとして参加していましたし。
 なに? アニメだとキン肉マンはマリさんとくっついてビビンバはフェニックスといい感じになっていたって? “都合の悪いことは忘れよ!”キン肉マンファンには記憶力の欠如が必要なんだよ。

 それはさておき今後の対戦カードを予想すると、まず大ケガのウルフマンはひっこむことでしょう。
 マリポーサはマリキータマンとの空中戦。キン肉マンからロビンマスクの形見のアノアロの杖を托されるという展開があるなら炎対氷でヘイルマンを相手にするのもアリか。
 ビッグボディはカナダエントリーで素の超人強度が百万で体格にめぐまれているという点からカナディの雪辱をはらすためパイレートマンと対決。カナダって国辱超人の宝庫だな!
 ゼブラは王位争奪篇でのチームメンバーのほとんどがメカ超人か無機物超人というつながりでギヤマスターと戦うものかと思います。「ギヤのあつかいなどモーターマンやバイクマンからいやというほど教わっておるわー!」とかいってくれたら熱い。
 キン肉マンはアリステラを相手にしたら戦うまでもなく五王子サイドの五戦全勝が目に見えているというメタ的な理由からヘイルマンと対戦し、敵ボスのアリステラはフェニックスが担当したら勝敗が読めなくて面白い。あとアリステラの弟のディクシアは内心はどうあれ形式的にはフェニックスの部下だったから因縁もあります。

 ところで運命の五王子の最大の強みはいうまでもなく邪悪の神の助力による一億パワーの超人強度であり、今回その描写がないということはもってうまれた力だけで六鎗客と戦わなければならないのだけれど、実のところかれらはインチキブーストがなくてもかなり強い。
 スーパーフェニックスことフェニックスマンは格闘技の経験がほぼゼロでありながらもちまえの頭脳で連戦連勝をきずきあげたし、ゼブラことパワフルマンは超人ボクシングのスーパーヘビー級チャンピオンだし、マリポーサことぬすっとジョージはうまれ育った環境のために抜群の身体能力の持主だし、ビッグボディことストロングマンはビッグなボディだし。
 まったくどいつもこいつも、一億パワーをぬきにしても決して六鎗客に見劣りしないやつばかりだぜ!(約一名から全力で目をそらしつつ)



S.H.フィギュアーツ キン肉マン スーパー・フェニックス 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
S.H.フィギュアーツ キン肉マン スーパー・フェニックス  約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ(BANDAI) 2018-03-24
売り上げランキング : 6983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
S.H.フィギュアーツ キン肉マン バッファローマン(1000万パワーVer.) 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ ドラゴンボール 魔人ブウ ‐善‐ 約180mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ ドラゴンボール 孫悟空-地球育ちのサイヤ人- 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ 悪魔将軍 ORIGINAL COLOR EDITION 『キン肉マン』 ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] MS-14S シャア専用ゲルググ ver. A.N.I.M.E. 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ アイアン・スパイダー(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー) 約140mm PVC・ABS製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ サノス(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー) 約190mm PVC・ABS製 塗装済み可動フィギュア スーパーミニプラ 巨神ゴーグ (2個入り) 食玩・ガム (巨神ゴーグ/ジャイアントゴーグ) S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ ブラック・ウィドウ(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー) 約190mm PVC・ABS製 塗装済み可動フィギュア S.H.フィギュアーツ アベンジャーズ アイアンマン マーク50 (アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー) 約155mm PVC・ABS製 塗装済み可動フィギュア




コメント

アリステラのはそもそも罵倒と言うより
「もう!折角力手に入れてこれからだったのに……
 何で負けちゃうの!何で死んじゃうの!
 凄く悲しいよ……ルナイトの馬鹿!もう知らない!」
というツンデレに見える

ビッグボディだってアケゲーかなんかで必殺技を習得してるんだからたぶん善戦するよ!(勝つとは言ってない)

>“都合の悪いことは忘れよ!”キン肉マンファンには記憶力の欠如が必要なんだよ。
だったら骨になって死んだことを忘れればいいのでは?
中野さんはいぶかしんだ

今週は、敵も味方も味のある描写が多くて
大満足だったな。
特にキン肉マン。
喧嘩友達ウルフマンとの二人だけの
共闘とか洒脱なセリフの切り返しとか。
主人公として戦ってないにも関わらず、
カッコいい存在感を醸し出してる。

ルナイトの自害がこえーな、残りの五人を援護する為とかありえそう

30年前から突っ込まれてることだけど、技巧の本名がパワフルマンなのはどうなんだ…。
ストロングマンと丸かぶりだしさあ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2872-b5966ef2

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ