保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年30号

今週のジャンプ一コマレビュー 2017年30号 

・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_30_01.jpg

 無惨さま七変化その三、いいとこのお坊ちゃん。そしていつもどおりに配下の鬼にパワハラをかましました。人間のことを腹の底では見くだしていても人間に化けている以上は頭をさげたり愛嬌をふりまいたりしなければならないのでたまりにたまった鬱憤をそのつど鬼にぶつけているのでしょう。無惨さまが機嫌のわるいときによびだされた鬼こそ哀れなれ(かかり結び)

hitokoma_2017_30_02.jpg

 炭治郎は腹の傷がまだ癒えていないのに、煉獄さんの最期のことばをつたえるために彼の生家をおとずれました。脂汗をながす憔悴しきった顔が痛々しい。でもそこが炭治郎らしい。
 そして炭治郎とはじめて顔をあわせた煉獄弟もまた目のしたにくまをつくっています。兄の訃報に接して心の傷がまだ癒えていないのでしょう。
 それはさておき煉獄さんの夢のシーンでも思ったことだけれど弟の千寿郎くん、兄さんにうりふたつです。煉獄家の血は強いなあ。

hitokoma_2017_30_03.jpg

 煉獄家の血は強いなあ(本日二回目)


・『HUNTER×HUNTER』

hitokoma_2017_30_04.jpg

 連載再開です。そしていつものように長期間の休載などなかったかのようにストーリーをすすめる不親切ぶりでした。しかし無類におもしろいし単行本も売れるから読者も編集もなにもいえないのでした。俺もセリフが多い漫画はあまり好みではないのだけれどハンタについては故障が申したてられません。ハラが立つけどおもしろい。おもしろいからこそハラが立つ。


・『クロスアカウント』

hitokoma_2017_30_05.jpg


・『MISTERIA』

hitokoma_2017_30_06.jpg

 序盤の雰囲気とタイトルからホラー系ミステリかと思っていたのに結局はよくあるバトルものに帰着しました。『HUNTER×HUNTER』が現代を舞台にして主人公が怪奇ハンターをやってる設定といえばわかりやすいでしょうか。ただしメインキャラふたりはあまり好感がもてないし、UMAにはワクワクしないし、バトルは雑だしでハンタの魅力にはおよぶべくもありません。作者のペンネームが修行コウタというわりにはいささか修行がたりません。うーむ、我ながら、そしていつものことながら、えらそうなこと言っとるわい。


・『青春兵器ナンバーワン』

hitokoma_2017_30_07.jpg

 ナンバーズのNo.02が転校してきました。なんかハチのボツ案みたいなキャラデザだな……テンションが高すぎるのも場にそぐわない感じです。“全員出すまで終れねぇ!!”という熱い気持はこちらにまでじゅうぶんにつたわってきたもののナナ姉とおなじように出番はすくないだろうなコイツ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_30_08.jpg

 火ノ丸が薫山からきいた大和国の隙については久世も先刻承知で、だからこそ対処可能でした。

hitokoma_2017_30_09.jpg

(……こうなる事も想定していた……
 お前なら……返すと思っていた……)


 そんな久世の対応を火ノ丸は予測済み。先週号のレビューで書いたように薫山のアドバイスはそこまで劇的な効果はありませんでした。もっとも薫山がダメキャラというのではなく相撲の世界は日進月歩で、大和国や薫山よりも春秋に富む火ノ丸や久世のほうがこのばあいは有利だったというだけでしょう。前情報なしの一発勝負で大和国の隙をつかれていたら久世はもちろんやぶれていただろうし、同条件なら火ノ丸は今よりもずっと久世に手こずっていたはずです。

hitokoma_2017_30_10.jpg

「堀ちゃん、ありがとね……
 堀ちゃんがいなかったら私たぶん……ここにいなかった……」
(相撲の事なんて……何も知らなかった……
 何も知らないのにバカにしてた……
 でも、間近で見たそれは鍛え抜かれた筋肉の塊が、ぶつかり合う度凄い音がして、一瞬の中に無数の技と駆け引きがあって……
 恥ずかしいと思っていた廻し姿も、今ではその飾らなさがちょっとだけ、かっこいいとさえ思っている。
 そして、相撲を知れば知る程わかる。あいつの凄さ。小さな体で、何度弾かれても向かっていくその目から、みんな、目を、心を、奪われるんだ……)
「好き……」
(ずっと見ていたい。相撲の神様がどんだけあんたを嫌っても、私は――)
「私はあんたの火ノ丸相撲が好きだよ……!」


 みとめちゃいましたねえ。好きってみとめちゃいましたねえ。
 この漫画の主題のひとつに、相撲のカッコいいことを知らしめてマイナスイメージを払拭するというのがあり、登場人物のなかで相撲にマイナスイメージをいだいている代表格がレイナであるわけだから、そのレイナが火ノ丸相撲を好きだとみとめた以上、主題のひとつは完結してしまったわけです。この対久世戦が終ったらもう描くことがのこってないんだよなあ。
 また一歩、最終回がちかづいた……


・『ぼくたちは勉強ができない』

hitokoma_2017_30_11.jpg

 してないほうが可愛いと思うぞ。 俺には眼鏡属性ないしbyどこぞのSOS団員


・『ROBOT×LASERBEAM』

hitokoma_2017_30_12.jpg

 高校ゴルフ界の帝王はホモの変態でした。とはいえ、第一話に登場した実力派がどうしてもかなわないキャラということで『弱虫ペダル』の御堂筋くんみたいな振りきれた変態を期待していたのにわりかしありふれた変態におさまった感じです。ここまでこれみよがしのホモキャラだと軽々に食いつく腐女子もそうはいないでしょう。
 つーかホモネタやりたいのなら男だけの密室でラッコ鍋つつこうぜ!



hitokoma_2017_30_13.jpg



コメント

クロスアカウントのレビューわかり易すぎるな…

鬼滅、煉獄一家の描きわけめんどくさがったようにしかみえないww
火ノ丸、今週一番良かった
ロボ、どう見てもテコ入れです。本当にありがとうございました

せっかくの決めゴマなのにレイナの顔を描き損なってる気がする…。

  • [2017/06/27 08:05]
  • URL |
  • 通りすがり1号
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

一応夜明け前に向かわせた無惨にも落ち度あるよな・・・理不尽の極み

もっと早く現場につけば済む話だろう?とパワハラかましてこその無惨様

青春の斎藤さん回が3週連続で使われてて草

> ハラが立つけどおもしろい。おもしろいからこそハラが立つ。

これですな。

クロスならぬクソアカウント、ツイッターでも早速U19並にボロクソに叩かれてて草

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2716-a0f312bb

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ