保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年29号

今週のジャンプ一コマレビュー 2017年29号 

・『クロスアカウント』

hitokoma_2017_29_01.jpg

 不愉快な漫画が先週やっと終ったと思ったら入れちがいにまたもや不愉快な漫画がはじまった……
 新連載第二弾の作者は伊達恒大先生。先週号からスタートした『シューダン!』とおなじサッカー漫画でありながら正反対といっていいくらいに不快度の高かった『TOKYO WONDER BOYS』の作画を担当した人です。あの漫画の感じが悪かったのは原作のほうの責任だというのが大方の見るところだったのだけれどこのたびの新連載を読んだらじつは主犯は伊達先生だったんじゃないのかと疑わしくなってきました。それくらい今回の新連載第一話はひどかった。
 見ひらきカラーはデジタル作画のいいところが出て、よく晴れた夏の日のように透明感がありさわやかな感じです。しかし話の中身はうってかわって梅雨時の剣道部室のすみっこの防具入れの籠手の山の底の底みたいにジメジメとしてカビがはえて饐えた臭いがするような直視しがたいシロモノでした。
 俺はフツーの高校生、非リアで友だちはいないけれど巨乳で人気者でやたらスキンシップをしかけてくる幼なじみがいて、そいつがあぶない目にあったのを助けてやったらクラスメイトから絶賛されたし幼なじみとはフラグが立ったぜ、やれやれ。読んでてあまりに痛々しくて眼球がストライキを起しそうでした。高校生の気持悪い妄想をそのまま絵にしたような感じです。創作とはしょせん作者のオナニーであるとはいえ、人様に見せる以上は最低限の技術が要求されるものですぜ伊達先生。
 できれば第一話がジャンプに載るまえに下のようなやりとりが伊達先生と編集とのあいだで交されていてほしかった。

hitokoma_2017_29_02.jpg

「これは全てボツで」
「な……なんでですか!? ボツ!?」
「主人公に魅力がないからですね……
 相手がリア充だからと幼なじみを見すてようとしたのも自分本位で共感できません。
 そこに読者がノる前にカスどもを制裁されても全然スッキリしないし、こんな性格の奴に幼なじみが惚れるのもムリがあります」

「そんなぁ!! こんなカッコいいのに!!?」
(なぜか胸がしめつけられるようだ)
「で……でもこの消火器と制裁シーンは!? ジャンプといえばかっこいい必殺技……」
「魅力のないキャラを表面だけ演出しても読者は感動しません」
「!?」


 先週号の『青春兵器ナンバーワン』はすべての漫画家と編集者がいちどは目をとおすべき傑作です。
 あ、あと最後に主人公の頭を見てエマ中尉の髪型AAを思い出しました。

hitokoma_2017_29_03.jpg

           ,,. -─‐ ''"´ ̄   `ヽ
        ,. ‐'´              \
      /                  ,リ
   /                   ,.ゝ
    !                  // 〈
    |         /⌒>yヽ  fr'"'、 }
   |          , '   ´ ('´ `ー'´  l ノ
   │      /      `      レ'       今日、食堂でエマ中尉の髪型の話題で盛り上がった。
    |      (._               |        全員一致で亀頭をイメージしていたらしい。
    |       / -─- 、._      __,..ヘ!       隅の方で味噌汁を啜っていた
   |    r‐、 {  ーヮニニ`ー'  〈ゥニ'‐.|      ジャマイカンも吹き出していた。
   ヽ   | ,ゝ| !         ヽ、 |      食堂を出ると、エマが顔を真っ赤にして
     }    ヽ(、Ll           r:ン' l       青筋立ててこちらを睨み付けていた。
    { ! { { /`ーi      _,. -─‐ァ  l  ̄ ̄`! 勃起したソレをイメージしてしまい
    ,ゝト、ヽ{  {        `ー-- '   ,'    | 吹き出しそうなのを必死に堪えていたのだが、
   i(  ヽミ`ヽ  ヽ、       ー   l       横でカクリコンが腹を抱えて大笑いしていた。
.   | `'''┴-- 、.._  `''‐、       ,!、    亅 強烈なプレッシャーを感じた俺は、
   |   _____ ̄ ̄~ヽ` ー-r-‐ヘ ヽ く´  すぐさまその場から逃げ出した。
.   !  |=<>=<>=|    ト、-、r=ニ⌒ヽ.) ヽ  後ろの方で、カクリコンの 
  _,r=ゝ、  ̄ ̄ ̄     | ヽ. \ `ヽ } /   「前髪は抜かないでくれぇ」 という断末魔が聞こえた。   
      `ヽ ー-----‐‐┴、 }   ヽ レ',ノ./`ー- この日以来、誰もエマの髪型の話をする者は居なくなった。



・『シューダン!』

hitokoma_2017_29_04.jpg

 小学六年生ヒロインの七瀬晶ちゃんかわいい。ネットではなぜか男の娘説が立てられていたけれど今回の扉絵の柱にちゃんと女子選手ナナセと書かれているのでれっきとした女の子であることが確定しました。や、べつに残念とか思ってませんから。残念とか思ってませんから。

hitokoma_2017_29_05.jpg

 じつは主人公の母親と晶ちゃんの母親とは友だちで、晶ちゃんの小さいときにいっぺんだけ会ったことがあったそうです。これが『らんま1/2』だったら主人公と晶ちゃんは親どうしがきめた許嫁になってたところだぜ! ヤパパーヤパパーイーシャンテン!


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_29_06.jpg

 煉獄さんはすでに自分が助からない身と知り、ヒノカミ神楽の手がかりとして自分の生家をたずねるようすすめ、弟への遺言を託し、禰豆子が鬼殺隊の一員であることをみとめ、そして炭治郎らを激励しました。

hitokoma_2017_29_07.jpg

 煉獄さんが今わのきわに見たものは、すでに亡くなった母親の幻でした。そして自分のこれまでの生きかたを認められ、少年のように笑って死にました。その死にざまをあれこれ論ずるのはすべて蛇足でしょう。

hitokoma_2017_29_08.jpg

 煉獄さんの訃報に接した柱たちの反応はそれぞれでした。悼む者、泣く者、上弦の強さを再確認する者、信じない者、念仏をとなえる者、鬼どもへの憎悪を新たにする者。
 そしてわれらが冨岡さんのリアクションはというと。

hitokoma_2017_29_09.jpg

「そうか」

 そんなだからみんなに嫌われるんですよ。読者は冨岡さんの性格をちゃんと知っているから心のなかでは煉獄さんの死を悼んでいるだろうしあるいは『幽☆遊☆白書』で天沼が死んだあとの蔵馬みたいに内心ハラワタ煮えくりかえっているのかもしれないと察することもできるけれどモノローグも心理描写も読めない作中人物からみれば同僚が死んだのに冷淡きわまりないヤツだと軽蔑されるほかありません。そんなだからみんなに嫌われるんですよ!
 そして煉獄さんはたぶん冨岡さんが嫌いなまま逝ってしまったんだろうな……


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_29_10.jpg

 上述の『鬼滅の刃』とおなじく母親登場。わりとあっさり気味の回想で、これまで描写されたか、そこから類推できるようなものだったので、主人公の回想シーンだというのに意外なところはありませんでした。火ノ丸という男はすでに描きつくされたといっていいのでしょう。下のシーンもまたしかり。

hitokoma_2017_29_11.jpg

(初期衝動も負の感情も、期待も恩義も、みんなとの日々も、かーちゃんも全部ひっくるめて。
 相撲が好きだからワシはここにいる!!)


hitokoma_2017_29_12.jpg

「そこだ!!」
 そこに俺が大和国からもぎ取った金星が!!


 ああそんなのあったね。だいぶむかしの伏線だったのでいささか唐突に感じました。でも今の久世の格だとせっかくの薫山のアドバイスも効果がうすそうだし、火ノ丸は火ノ丸で人にたよらなくてもなんとかしそうです。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2017_29_13.jpg

「シャバババ、くが……? なんのことを言っているのだ? そんなヤツ私は知らんぞ。
 私はなぁ……いちいち過去に倒したド下等料理人のことなど覚えてはいなーい!」


hitokoma_2017_29_14.jpg

「まさか、さっき闘ったばかりの相手だろうが」
「知らぬものは知らーん!
 シャバババ、私が今までどれだけの料理人を葬ってきたと思っているのだ?
 だがどいつもこいつも歯ごたえのないヤツらばかりだった。
 私にとってそいつらはすべて名無し同然、どいつもこいつも等しく「ワン・オブ・ゼム」にすぎぬのだ!」


 ガンマンは十傑一席なんぞよりもはるかに傲岸不遜傍若無人だというのに好感度はなぜか段ちがいに上です。常時テンションMAXなのがポイント高いのかなあ。


・『ポロの留学記』

hitokoma_2017_29_15.jpg

 最終回です。毒にも薬にもならない感じだったので感想は特にありません。同時期連載で同時期打切りの『U19』は毒気たっぷりだったので忘れたくてもなかなか忘れられません。どっちがいいのやら。



火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 15 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2017-06-02
売り上げランキング : 3869

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックス) 食戟のソーマ 25 (ジャンプコミックス) ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックス) ポロの留学記 1 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 11 (ジャンプコミックス) プラチナエンド 6 (ジャンプコミックス) Dr.STONE 1 (ジャンプコミックス)




コメント

俺は嫌われてない

もうちょっとポロに触れてあげてよ

指摘されたせいで主人公の髪型が亀頭にしか見えなくなっちまったじゃねぇかw

ポロの最終回の地味感凄いな…正に無、中身が無さすぎる
この作者は絵はいいから、次回作ではまともな原作者と組ませた方がいいと思う

作者は富岡義勇の扱い方をよく分かってるな

さすがに大和国から大金星を数回もぎとった薫ちゃんを舐め過ぎでは…

ポロの最後のページなのに、気になったのはハンター再開のコメントの方…

登場回数は極僅かだというのに煉獄さん、お母上の存在感の何と大きな事よ…

煉獄さん 竈門一家と同様「魂の出演」でもコッチは全然構いませんぜ!!

ソーマ世界の天才美少年を、肉世界の鍛え抜いた面白いおっさんと比べるのは流石にかわいそうな気がするw

シリアスシーンなのに富岡さんの反応で笑ってしまう。

先週号、草薙の回想で薫ちゃんが勝ってるシーンがあるんだけど・・・

一席この反応はさすがに健忘症を疑う

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2712-edab9c9f

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ