保険 アリコ Moon of Samurai 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話 「誰が為」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話 「誰が為」 

g-tekketsu_46_01.jpg

「おまえ……消えろよ」
「だからさ……ごちゃごちゃうるさいよ」
「へえ……まだ生きてる」


 いくら相手が敵パイロットとはいえ、主人公が瀕死の女にかけることばがコレかよ! しかしこれが三日月の正常運行です。ホントにキャラがブレないなミカ!

g-tekketsu_46_02.jpg

 ホタルビが自爆してチャフが広範囲にまきちらされたおかげでアリアンロッド艦隊はいわば目かくしされた状態になりました。もはや撤退すべき状況なのにマクギリスとガエリオの一騎打はまだつづきます。マクギリスはなんかヤンデレじみてきたガエリオの機体のランスをたたきおとすもののアルミリアのせいで受けた手傷がたたってガエリオにやられそうになります。「アルミリア……まったく、こまった女だ」というセリフからマクギリスがアルミリアを幸せにするといったのは真実だったことが察せられます。

g-tekketsu_46_03.jpg

 マクギリスとガエリオのあいだに割ってはいった石動は瀕死の重傷を負いながらもマクギリスに撤退するよう進言し、ガエリオには自分がギャラルホルンに属していても後ろ盾のないコロニー出身者であること、自分のような立場でもマクギリスのもとでなら夢を見られたこと、それはボードウィン家のあなたにはわからないことだと言って宇宙に散りました。とはいえガエリオも昔はともかく今では主流に属さない者の悲哀を知る身であり、だからこそマクギリスが石動に見せた夢はまやかしだったとつぶやきます。
 正直なところ石動の夢よりもガエリオの言いぶんのほうが妥当性がありそうです。ここんとこマクギリスは加速度的に知能指数が減退中なので、いくらバラ色の未来を提示されたところでマクギリスがそれを現実にするのは不可能であり、しょせんは絵に描いた餅にすぎないだろうからです。
 まあ奇跡的な大逆転の目がないとはいいませんよ。これまでマクギリスにふりかかってきた知能指数減退の呪いが最終回まぢかでラスタル陣営に転嫁されたらむこうが勝手に内部分裂をおこして自滅気味に敗北してマクギリスと鉄華団が大勝利という御都合主義120%のラストの可能性だってのこっているのですから。いまの制作陣のスカタンぶりを見れば。

g-tekketsu_46_04.jpg

 鉄華団のさまざまな人間模様。新入りのリーゼントは自陣営の劣勢への不満タラタラで鉄華団をやめたほうがいいのではと口にし、ハッシュやデカブツは聞く耳もちません。帰るべき家があり、学校にかよえるくらいには裕福な出身のリーゼントとはちがって鉄華団のほとんどのメンバーは帰る場所などないのでした。
 そして新入りどもよりもさらに苛酷な半生をあゆんできた昭弘は、おなじヒューマンデブリで片腕をなくしたデルマに「ありがとう。おまえとこうして話ができることがうれしい。生きのこってくれてありがとな、デルマ・アルトランド」とやさしいことばをかけました。昌弘といいアストンといいラフタといい、自分が愛した人はみんな死んでしまう昭弘だからこそのセリフです。
 しかしそれはそれとして。

g-tekketsu_46_05.jpg

「なんか、変りました?」
「え?」
「いえ……」
「?」


 やったのか? やったんだな! これはきっと最終回はアトラが三日月との子を抱きながら火星の空を見上げると鉄華団の面々の顔がうかぶエンドになるでえ。

g-tekketsu_46_06.jpg

「なあ、やっぱヤマギってよお。俺のこと、好きなんかな?」
「はぁ? なに言ってんだよおまえ、いまさらか」
「あやっぱ? いやそーかなーとは思ってたけど、俺ら家族だろ? 身内でどーとかピンとこなくてよ」
「あぇ? そういう……」


 ┌(┌^o^)┐ホモォ...
 シノが思ったほどには難聴鈍感主人公キャラしてなかったのはいいのだけれど、なんだこれは……たまげたなあ。ヤマギがシノに非生産的な欲情を抱いていたところで話の本筋にはなんの関わりもありません。こういう描写って脚本家の自己満足と腐女子へのサービスのほかになんか意味があるのですかねえ。
 そしてラストで三日月とオルガが例によって例のごとくおたがいの気持を固めあう(ただし具体的な善後策は講じない)やりとりののちにCパートで主人公サイドをさらなる不運が見舞いました。

g-tekketsu_46_07.jpg

「どういうことだ。われわれのアーレスへの入港を許可しないとは。きみは自分の立場がわかっているのか、新江本部長」
「あなたこそ、ご自身の立場がおわかりになっていない。ギャラルホルン内におけるあなたの地位は、すべて剥奪されているのです。マクギリス・ファリド、もと准将」


 きさまはクビだ! マクギリスゥゥゥ―――! もうおれの前に二度とそのツラ見せるんじゃねーぜ、この変態がッ! ざまあ~~みろッ byどこぞの発明王




コメント

弔いの鐘がよく似合う 地獄の使者と人の言う

>こういう描写って脚本家の自己満足と腐女子へのサービスのほかになんか意味があるのですかねえ。
「どろろ」とか、最近だと「はがない」の幸村みたいに、最初から男の格好をしてる女ってことはないの?ああいう組織だし、女だからと言ってフリフリヒラヒラの格好で着飾ったりとかはしないしできないだろうし。

もはや記憶に無いが、ヤマギとの連れションシーンとか、並んで遠くまで飛ばしっこシーンとかあったのかなあ。。。
(バイファムではそれで友情が芽生えてたな、うん。)

>「誰が為」
だが、我々は愛のため、戦い忘れた人のため?

最終回では、涙で渡る血の大河 夢見て走る死の荒野って展開になるんかね。

マッキーとか急に無職、いや無能になったし脚本の都合に振り回されてる感があってなぁ
ラスタルが上手と描写したいのかマッキーがアホと描写したいのかイマイチわからん、ラスタルの発言的に後者なんだろうけどそれまでのマッキーが狡猾だったぶんやっぱり微妙

マクギリスはMA戦あたりからドジっ子になりつつある
それまでは有能な暗躍キャラだったけど

まあクーデター起こして負けてりゃ無職にもなるわな。

MA戦はまだ某たわけのキャラのおかげでドジっ子とは思わなかったな
バエル取った辺りから急激にポンコツになったイメージ

バエル、圧倒的戦力とか、水戸黄門の印籠みたいにしないと面白くないじゃん。
微妙な強さの、すでに過去の遺物じゃなあ…。
ラスボスにも、なれやしない。

シノのあれはむしろ性別で差別せずに、家族だからヤバイんじゃってのが逆に器の大きさを感じさせて良かったと思う
まぁすぐホモに結び付ける管理人には分からんかったみたいだがw

でもホモだし

なんか今日放送だから慌てて更新しましたって感じの記事だなあ

器の大きさを見せ付けるためのホモ描写が本筋と関係ないからいらねえって話では?

若干ホモホモしいイラストを描いたりもした作画スタッフも、
あくまで兄弟的な好意だと思っていたそうで、
ガチホモだと知らされた時には驚いたらしい

つーかホモじゃなくてバイだろ、普通に女の風俗行ってるんだし
ホモとバイの違いも知らないのか最近の連中は…

いやホモなのはヤマギだろ

誰もシノがホモだなんて言ってないだろ
シノとヤマギの関係がホモホモしいって話だ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2648-961e5aa6

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話 『誰が為に』 ジュリエッタ、必死に生をもぎ取った!

勝負に負けて試合に勝った!シノを犬死にさせられてガチギレ状態の三日月相手によく死ななかったなぁ。撤退命令無かったら危なかったんですが、ラスタルも守りきりました。弱さと怖さを知る人は強いということか。三日月との戦いは不利を悟った上でのもの。 ボコボコにされても挑み続ける様は「さようならドラえもん」ののび太みたいでしたね。見舞いが遅い!殺伐とした展開が続く中で、ジュリエッタとガエリオのやり取りが...

  • [2017/03/12 17:30]
  • URL |
  • こいさんの放送中アニメの感想 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #47「生け贄」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第47話を見ました。 #47 生け贄 「確かにこの状況は楽観できたものではない。しかし、君達にとって火星は勝手知ったる場所…」 「どうしてこの状況でアンタの命令を聞ける?」 「命令?我々は対等な立場で手を組んだはずだ」 「だったら今は対等じゃねえな。アンタの持ってる金と物資があってある程度の勝算も見込めたからこそ俺らは命を張って...

  • [2017/03/12 21:04]
  • URL |
  • MAGI☆の日記 |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ