保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年06号

今週のジャンプ一コマレビュー 2017年06号 

・『鬼滅の刃』

hitokoma_2017_06_01.jpg

 善逸の生存確認! 治療済との札もつけられているので危機的状況はすでに脱したもようです。蜘蛛化の毒の進行が早かったので心配していたのがひと安心です。この漫画は今のところレギュラーキャラであろうと死ぬときはあっさり死にそうな緊張感が維持されているのでなかなか油断はできませんでした。

hitokoma_2017_06_02.jpg

 完全に蜘蛛化した者まで救助しています。これでもまだ人の姿にもどせるのか。鬼殺隊の医学薬学は世界一ィィィ! できんことはないイイィ――――――ッ!!
 ……いやちょっと待て俺。黒子じみた連中を指図しているのは蝶の髪飾りをしていることからしのぶさんの関係者だと知れます。この時点でヤヴァい雰囲気がプンプンだァ――ッ! もはや蜘蛛化した人らのゆくすえが人体実験の材料になるところしか想像できねーぜッ! 治療済のはずの善逸も一般常識的意味で治療がすんだのかスゲー疑わしくなってきたぞう。

hitokoma_2017_06_03.jpg

 前回ラストでみんなに嫌われるとしのぶさんに言われた冨岡さんはすずしい顔して内心だいぶショックをうけていたようです。しかしこのシリアスな場面でマジになって言うことじゃないだろ冨岡さん。そして炭治郎の顔がなんともいえません。
 あと同情しているふうをよそおいながら傷口に塩をぬりこむしのぶさんマジ外道。

hitokoma_2017_06_04.jpg

 そんなこんなで鬼殺隊の柱の面々のご登場です。この見開きをみていろいろ思うことがありました。
 ひとつ、よくも悪くもジャンプ漫画のノリだな。
 ひとつ、色物キャラが多すぎる。
 ひとつ、こいつらみんな冨岡さんのことがキライなのか……

・『デモンズプラン』

hitokoma_2017_06_05.jpg

「超小国ながらも軍事力は大国の比じゃない。
 国民全員が傭兵の独裁国家の王――……」


 なんだこの頭の痛くなるようなセリフは……
 国民全員が傭兵って、赤んぼうや子どもはどうなんだよ。それに国を運営するのに必要な行政官とか生産者はいないのかよ。すべて傭兵でまかなえるくらいに小規模だというのなら、それは国じゃない。ただの傭兵団だ。そもそも機関銃どころか小型ミサイルまで実用化されている世界で傭兵がいったいどれだけの働きができるんだ。そのくせうえの一コマに描かれたシルエットとか、このあと出てくる王様とかはまるっきり中世ヨーロッパのイメージなので世界観がものすごくチグハグ。
 話がすすむごとに世界設定を自分からブチこわしにしてまわるこの感じ……キライじゃないぜ? クソ漫画愛好家のはしくれとして。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2017_06_06.jpg

 天王寺は久世にやぶれて思うところはいろいろあったらしいけれどメンタルが弱くなったわけではありませんでした。横綱はつねに笑みをたやすべからずという持論はそのままに、禍々しいまでの矜恃と闘志にあふれるその顔はまさに横綱のものです。
 俺としてはやはり天王寺のほうがラスボスであってほしかったなあ。久世は日本人横綱の息子という超サラブレッドで天才だとはいえ、歳や場数を勘定にいれての貫禄は天王寺のほうが勝っているので。

hitokoma_2017_06_07.jpg

 カッコいい。よけいなことばをついやす必要はありません。ただカッコいい。


・『オレゴラッソ』

hitokoma_2017_06_08.jpg

 ゴラッソゴラッソ。
 幡場がゴールをきめました。しかしそれよりも幡場の180%自分につごうのいい方向にしかものごとを考えなくて、そのわりにイヤな感じがしないほうが印象にのこりました。やはり快男児ですね。前回みたいな礼儀しらずはどうかと思うけれど話がすすめばいずれはマシになることでしょう。すくなくとも同期の『デモンズプラン』よりは長生きするはずです。ゴラッソゴラッソ。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2017_06_09.jpg

 てっしーの父親は薊パパでした。クリソツにもほどがあります。

hitokoma_2017_06_10.jpg

 白目をむいたら下呂くんと瓜二つになるけど。

hitokoma_2017_06_11.jpg

 そういえばてっしーパパと下呂くん、顔だけでなくててっしーLOVEなのもおなじですな。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2017_06_12.jpg

 歳をとったらてっしーパパとそっくりになるけれど高校生のころはまだそんなでもない薊パパでした。あざみんあざみん。
 しかしコレ時系列おかしくね? 城一郎や堂島さんが遠月六十九期生であざみんが七十一期生で、今回は堂島さんらが高三になった年なのだからあざみんはいま高一になりたてのはずです。それなのにすでに十傑第三席で、おまけに秋の選抜で優勝したことになっています。附田先生が読者の知らぬまに年齢設定をちゃぶ台がえししたのか、単純に年の差がひとつだと勘ちがいしているのか。昨今のストーリーの壊滅具合からみて後者の可能性が高い。スゲー高い。



鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)
鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)吾峠 呼世晴

集英社 2016-12-02
売り上げランキング : 1785

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 9 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 7 (ジャンプコミックス) 約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス) 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 8 (ジャンプコミックス) ワンパンマン 12 (ジャンプコミックス) ファイアパンチ 3 (ジャンプコミックス)




コメント

傭兵国家の勘違いに関してはともかくとして、「国民全員」に赤ん坊や子どもの話持ってくるのは小学生レベルのイチャモンでは。
「国民全員が知る事実」という表現普通にするでしょう。

残念だがゴラッソが残る未来が全く見えない

国民皆兵ならともかく傭兵ってどういうこっちゃ

冨岡さんは柱のみんなに嫌われてても、読者には好かれてるから問題ないよ!
読者に嫌われてたら漫画内で間引きされるだけだから!

出会い頭に説教してくる人は嫌われないにしても苦手がられるだろうなぁ

>読者に嫌われてたら漫画内で間引きされるだけだから!
楽「おっそうだな」

義勇さんは自分が嫌われているかどうかなんてことよりまず禰豆子のこと説明してあげてと思いましたww
あと今週の鬼滅に出てくる女の子みんな可愛かったですね

>こいつらみんな冨岡さんのことがキライなのか……

もうやめて!義勇さんのライフはとっくにゼロよ!!

>しかしコレ時系列おかしくね?城一郎や堂島さんが遠月六十九期生であざみんが七十一期生で、今回は堂島さんらが高三になった年なのだからあざみんはいま高一になりたてのはずです。

いや、どこもおかしくないように見えるのですが…
貼り付けているコマでも薊が「高一で三席の座に就いた」と言っているんですけど

>それなのにすでに十傑第三席で、おまけに秋の選抜で優勝したことになっています。附田先生が読者の知らぬまに年齢設定をちゃぶ台がえししたのか、単純に年の差がひとつだと勘ちがいしているのか。

勘違いしているのは管理人さんの方ではないでしょうか?
もしかして上記のコマにある「高2で一席を狙える」という台詞を薊が何時の間にか2年になっているという意味だと勘違いしてませんか?
この台詞は「1年で三席になれる奴なら来年はトップになれるだろう」という意味にしか見えません
しかも思いっきり「この間の秋の選抜」と現在の時系列について言及しているんですが…
つまりこの時点では「秋の選抜」の直後の時期であり、薊はまだ1年なんですけど…

ソーマのは作者がツイッターでミスだって認めとるで

これは恥ずかしい

>つまりこの時点では「秋の選抜」の直後の時期であり

桜吹雪舞ってますがな

デモンズの独裁国家ロンダルキアみたいなところにあるの笑えるw

長文コメで擁護してたのに作者が間違い認めてるとか大草原不可避

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2596-654862d1

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ