保険 アリコ Moon of Samurai 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話 「クリュセ防衛戦」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話 「クリュセ防衛戦」 

 きのうの敵も、あしたの敵も、やつを前には分別不要。混迷きわまる堕天使相手の戦い、渓谷にひびきわたる断末魔は、俺たちのものか、やつのものか。
 最近ボトムズみたいなナレーションが冒頭でおこなわれるようになりました。ただしセリフは亜流の域を脱していないしナレーターも銀河万丈氏でないためにセンスがたりないしドスもきいていません。やはりボトムズのあの名調子はそうそうまねできるものではないようです。

g-tekketsu_37_13.jpg

 鉄華団のほこる二枚看板ともいうべき三日月と昭弘がそろって鼻血ブー助くんになってしまいました。この時点ではその理由は不明です。しかし現状がピンチなので原因究明はあとまわしにしても目のまえのことに対処しなくてはなりません。というわけでラディーチェ死ね篇ではずっと寝てたチャドが活躍します。いきおいこんでモビルアーマーにむかっていって鼻血とともに魂をとばしてしまった昭弘をモビルスーツごとお姫さまキャッチし、かつモビルアーマーの目をこちらにひきつけるためにランドマン・ロディの斧を相手めがけてブン投げました。

g-tekketsu_37_02.jpg

 高速廻転していた武器が急にスローモーになり、そしてまた高速廻転するさまを見てはグレンラガンのギガドリルブレイクを思い出さざるをえないッ! とはいえこちらは必殺技でもなんでもないのでモビルアーマーの息の根をとめることは無理だったけれど相手の注意を引きつけることには成功したので万々歳です。

g-tekketsu_37_03.jpg

 そしてその成功をブチこわしにしてくれそうな負の信頼感だけは満ち満ちているイオク様がまたぞろあさっての方向に感動して戦場にまいもどりやがりました。ご愁傷さまジュリエッタ。しかし「やばっ」とか「早く来てください、ヴィダール!」とか、ジュリエッタもかわいくなったものです。

g-tekketsu_37_04.jpg

 雪之丞のおやっさんにもわからない昭弘の気絶やバルバトスの不調についてリーゼントが専門的智識でもって解説しました。なんでタイミングよくこんな人材がいるんだよ。というかなんでいままでリーゼントがその手の技能の持主だって知られていなかったんだよ。ダンテがヒューマンデブリなのに電子戦が得意であることについては、大人どもがダンテの値うちに気づかないボンクラだったということで自分を納得させたものの、これでは鉄華団も海賊やCGSと同レベルで目が節穴だということになってしまいます。いやホントなんでみんなリーゼントのこと知らなかったんだよ。
 リーゼントが実は敵方のスパイだったから、という秘密があったとすれば……無理だな。そのばあい今この場でリーゼントが自分の手札を切る理由が思いつきません。

g-tekketsu_37_05.jpg

 鉄華団は前回とおなじにモビルアーマーとプルーマどもとを分断すべく峡谷で奮闘します。この調子ならなんとかなりそうだ、とフラグが立ったすぐあとにフラグが回収されました。遠距離からの一撃をくらったのがきっかけでプルーマどもといっしょに加速したのです。

g-tekketsu_37_06.jpg

 その立役者はもちろん我らがイオク・クジャン! こいつは素敵だ。全部台無しだ。

g-tekketsu_37_07.jpg

「バカなッ!?」

 俺は今……「バカな」と言ったけれどそれは言い間違いで………正しくは「バカめ」と………言い直すよ……これじゃあモビルアーマーを倒さなくてはならねーじゃねーか、この「バカめが」ァ―――――ッ!

g-tekketsu_37_08.jpg

「もはやここまで。だが悔いはない!
 クジャン家の誇りを抱いて、華々しく散ろう……」


 悲壮美に酔いやがったか。おまえは『皇国の守護者』の若菜太尉か! 見捨ててー。新城みたいに心の底から見捨ててー。しかし腐ってもセブンスターズの一員でありラスタルのパシリもとい子分なのでジュリエッタはイオクを見捨てることなく救い出しました。

g-tekketsu_37_09.jpg

 そんなイオクのバカさかげんやジュリエッタのご苦労ぶりとは縁もゆかりもないクーデリアとアトラは後方のクリュセでガールズトークに花を咲かせるのでした。しかし三角関係だというのに仲がいいなあ。三日月が両手に花の結婚をしても奥さん同士の反目などは名瀬のところとおなじように露ほども起りそうにありません。

g-tekketsu_37_10.jpg

 モビルアーマーに近づけたら危険だから三日月も昭弘も投入しないとオルガはきめてマクギリスにモビルアーマー退治の手をかりることにしました。マクギリスとその部下はすでに戦いのあとのことを考えていたけれど「連中勝った気でいるな、ならば教育してやろう」とばかりにモビルアーマーに本気を出されたらぜんぜん歯がたたずにやられそうになります。
 セブンスターズの一員でありながら前線におもむき、戦力の見積りもろくにできず荷の勝ちすぎる相手にたちむかい、あやうく命を落しそうになる……まるでイオク様だ! いや冗談ぬきで。
 モビルアーマーが厄祭戦で猛威をふるったことを知っているくせに自分をふくめてのモビルスーツ二機の加勢でどうにかなると過信したのは正直イオク様よりさらにアホなのではないかという疑念さえ起ります。ライバル兼ラスボス補正がなかったら確実に死んでいたところだよ!

g-tekketsu_37_11.jpg

 なんだこの四代目流星号のコクピットのホモくささは……たまげたなぁ。

g-tekketsu_37_12.jpg

 ライドがモビルアーマーに殺されそうになったところを死亡フラグクラッシャー三日月がかけつけてきて次回へつづく……ってコレ前回ラストの焼きなおしじゃねーか! そういえばモビルアーマーとプルーマの分断作戦と、その苦労をご破算にしてくれやがるイオク様も前回とおなじパターンだな。




コメント

日曜日のたわけも切羽詰まって死相が出てる奴と手を組むみたいだし、たわけの最終回も近いな

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2593-e3de66fb

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話 『クリュセ防衛戦』 「バカ」「ギャラルホルンのアホ」当のイオクは自己陶酔。

無能どころか足手纏い、でも悪運だけはある。素晴らしい困ったちゃん振りを発揮するイオク。お前のせいでプラント全滅したんだぞ。本人はそんな事知る由もない。何というか…幸せな人ですね。 そしてマクギリスと対峙したヴィダール。血の気を失って襲いかかると思ったら案外冷静。ジュリエッタの応援要請(イオク何とかして)を聞くと引き下がった。石動死なないで済みましたね。でも捨て台詞は忘れない。カ...

  • [2017/01/05 23:02]
  • URL |
  • こいさんの放送中アニメの感想 |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ