保険 アリコ Moon of Samurai キン肉マン 第192話

キン肉マン 第192話 

 答え① 答え① 答え①

muscle_192_01.jpg

 なんということでしょう。前回のレビューで提示した三択のうちもっともありそうにないと思っていたのを超人閻魔がえらびました。なんだかんだいって掟のぬけ道をさがすくらいの温情はしめしてくれると期待していたのに。
 そりゃもちろん閻魔も好きこのんでネメシスを粛清したいわけではありません。人格才能ともに抜群の愛弟子がキン肉マンにやぶれたことへの謝罪を聞いたときには人間味のある苦悩の顔をのぞかせました。しかし超人閻魔にはなによりも優先しなければならないものがあります。

muscle_192_02.jpg

 ピークア・ブーの必死の辯にも超人閻魔は心をうごかしません。いくらネメシスが何百年にひとりの超人だとしても超人閻魔は数億年という年月をへてきたのです。たとえここでネメシスを永遠に失ったとしてもいずれは新しい有望な超人が完璧超人の門をたたきにくる、そう信じているのでしょう。
 しかし言いたい。それがいったい何になるのかと。もう超人界はすでに動きだしているのです。超人閻魔のやりかたでは超人世界になにひとつ影響をおよぼしません。超人閻魔が悠久の時のなかで何度でもやりなおすというのは、たとえるならだれも見ていないところでひとり柱に手をついて回りつづけているだけのことです。完璧超人の掟も超人墓場の建設ももとはといえば超人のあらたなる進歩のための手段であったのに、それがしだいに手段から目的へとすりかわり、その維持にのみ汲々とする超人閻魔は、かつてのザ・マンを知るものにとってはゆるしがたい老害なのだとはっきりとわかります。
 ピークア・ブーのことばに超人閻魔もネメシスも聞く耳をもたないなか一人の男が姿をあらわします。その正体とは!

muscle_192_03.jpg

 老害のまえに立ちはだかったのはまた老害だった!

muscle_192_04.jpg

 ウホホマン老害マンのレッテルを返上して超人閻魔にはりつけてやろうとここぞとばかりに男気をみせます。完璧超人としては粛清されるべきピークア・ブーが公然と姿を見せているうえは自分もコソコソしているわけにもゆかない、ネメシスの助命のためなら自分の首をさしだそう、完璧超人界のことを本気で考えるなら掟を盲信するのではなく間違いと感じたならただすべきだ、もし負けたならこの命好きにするがいい。

muscle_192_05.jpg

 しかし悲しいかな、最後のページに登場した悪魔将軍の反則的カッコよさのためにネプのがんばりはかすんでしまうのでした。でもしかたないね、格がちがうから。



キン肉マン 57 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 57 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2016-12-02
売り上げランキング : 356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キン肉マン 56 (ジャンプコミックス) キン肉マン 55 (ジャンプコミックス) キン肉マン 54 (ジャンプコミックス) キン肉マン 53 (ジャンプコミックス) キン肉マン 52 (ジャンプコミックス) キン肉マン 50 (ジャンプコミックス) キン肉マン 51 (ジャンプコミックス) ジョジョリオン 14 (ジャンプコミックス) キン肉マン 49 (ジャンプコミックス) キン肉マン 48 (ジャンプコミックス)




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2591-21f7cd43

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ