保険 アリコ Moon of Samurai キン肉マン 第191話

キン肉マン 第191話 

 キン肉マンはもしネメシスがアロガント・スパークではなくマッスル・スパークを放っていたなら完璧な技になっていたかも知れない、しかし完璧超人であろうとしてあえてアロガント・スパークをえらんだ心意気にネメシスの本質を見たといいました。実際そうなのでしょう。

muscle_191_01.jpg

 そもそもキン肉マンがペルフェクシオン・ドライバーで失神したときに引きおこされなかったらネメシスの勝利はうたがいなかったはずです。しかしこちらも試合の決着は死以外にありえないという考えに固執したためであり、ネメシスの愚直なまでの生真面目さがまねいたことでした。そのあたりのことをキン肉マンがちゃんと評価してくれたのはよかった。このシリーズはホントどのキャラの格も落ちないなあ。

muscle_191_02.jpg

「ただ勝つだけのチャンスならいくらでもあったはず。
 でもあなたは勝ち方にこだわった。だがそれでも私を認めてくださるというのであれば、ひとつ最後に無理を承知で、改めてお願いしたい。
 やはりキン肉族に復帰していただくわけにはいきませんか?」


muscle_191_03.jpg

「それは無理だ」

 わずか一ページでの即答です。まえにキン肉マンもネメシスの完璧超人入りへの勧誘をことわったわけだし、ふたりはやはり親戚です。
 ところでバトル漫画では敵キャラの仲間入りについてあれこれ書いてみます。主人公を苦しめたり敵ながら天晴れといいたくなったりするようなキャラが味方になるシチュエーションはむかしから大好きでした。しかしこれは敵方から見れば裏切りにほかなりません。たとえば『ダイの大冒険』の獣王クロコダインはザボエラみたいなカスをのぞけば敵味方の双方から称賛される武人だけれどハドラーにとっては六大軍団長のなかでいの一番に人間の側へ寝返った男であるわけです。しかしそういうことを念頭において『ダイの大冒険』を読みかえしてみてもクロコダインへの否定的な感情がわいてくることは露ありません。こういうのは結局ものがたりの面白さと勢いと、あと敵組織のカスっぷりが重要なのでしょう。今回ネメシスが正義超人への鞍替をことわったことで読者の気分がよくなるのは、無量大数軍や完璧超人始祖が魅力的なキャラであるおかげです。
 しかしネメシスが完璧超人のままでいると大きな問題があるわけでして。

muscle_191_04.jpg

 これですよ。クソマジメなネメシスだからこそ自分の命おしさで完璧超人の掟をやぶることなどありえないのです。
 しかしそれはネメシスの言いぶんであって、他者には他者の言いぶんがあります。

muscle_191_05.jpg

「お前が死んで一体誰が喜ぶというんだ!?
 この甲子園にいる全員に聞いてもいい! 誰ひとり喜ばない! なのにそれが掟だから死ぬなんて……そんなバカな話があるか!?
 あの厳格なジャスティスマンがここにいたとしても、同じ判決を出すだろう。
 きっと今のお前を裁きはしない! そんな掟ならクソ食らえだ!」


 熱血漢テリーがみんなの言いたいことをかわりにいってくれました。ここでジャスティスマンの名前があがるのもナイスです。

muscle_191_06.jpg

「これまでオレは散々、信頼してきた同志たちに自害を強要してきた身。
 今回の闘いでもそう。クラッシュマンにしろマーベラスにしろ、我が最大の盟友のひとりでもあったポーラマンにさえ、オレは自害を強要したのだ……
 なのにオレだけが宗旨替えしておめおめと生き残ることなど……できるはずもない」


muscle_191_07.jpg

 完成されたマッスル・スパークを食らって自害する力すら残されていないネメシスの視線がむかったさきは超人閻魔でした。
 あるいはこの場でもっともつらい立場にあるのかもしれない超人閻魔がくだす決断やいかに。俺の見るところ、以下の三択のどれかでしょう。

① フツーに粛清する
② 罰と称してネメシスを人間にする
③ ネメシスを十一番目の完璧超人始祖に昇格させる


 はいちばん単純なこたえです。数億年ものあいだ固執してきた掟を、愛弟子のネメシスのためとはいえくつがえすことはできぬからと粛清し、甲子園からの怒号と罵声をあびながらも悪魔将軍との闘いのためにその場をはなれる超人閻魔。しかしその目尻には光るものが……最終ページのアオリ文は「閻魔の目にも涙……!」でキマリ。
 はいちばんありそうな選択です。もちろんネメシスは超人の力を失うわけだし、ヘタをすれば実年齢からいってヨボヨボの爺さんになりかねないけれど、死ぬよかマシでしょう。
 はだれも悲しまずにすむ展開なのでこれであってほしいところだけれど、厳格すぎるほど厳格とよばれる超人閻魔にしては限度を超えた甘い裁定になるので、やっぱりになるんじゃないですかね。



キン肉マン 57 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 57 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2016-12-02
売り上げランキング : 132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キン肉マン 56 (ジャンプコミックス) キン肉マン 55 (ジャンプコミックス) キン肉マン 54 (ジャンプコミックス) キン肉マン 52 (ジャンプコミックス) キン肉マン 53 (ジャンプコミックス) キン肉マン 50 (ジャンプコミックス) ジョジョリオン 14 (ジャンプコミックス) 男塾外伝 伊達臣人 ( 4) (ニチブンコミックス) キン肉マン 49 (ジャンプコミックス) キン肉マン 51 (ジャンプコミックス)




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2582-8b8cf6cf

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ