保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年48号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年48号 

・『ブラッククローバー』

hitokoma_2016_48_01.jpg

「ねんがんの 魔石をてにいれたぞ!」
「殺してでも うばいかえす」


hitokoma_2016_48_02.jpg

 古代の呪いをかけられて今の魔法ではなおせないはずのアスタの両腕がたった二ページで完治しました。いやまあそれだけ治療者の魔法がスゴイのだろうし話のテンポのよさがブラクロの大きな長所のひとつだとはいえもうちょっとなんとかならんかったのでしょうか。田畠先生にはトリコがセンチュリースープ篇で失われた左腕を再生するのに半年ものあいだ死ぬ思いをしたところをちっとは見ならってほしかった。中盤以降のトリコのていたらくは見ならわなくていいから。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_48_03.jpg

 生駒隊の二枚目狙撃手隠岐がにやけヅラで千佳ちゃんに近づいてきおりました。ええい失せろ。

hitokoma_2016_48_04.jpg

 影浦隊のムッツリーニこと絵馬ユズルがふたりのあいだにわってはいって千佳ちゃんを隠岐の魔の手からまもろうとします。よくやったムッツリーニ。だが千佳ちゃんはわたさん。

hitokoma_2016_48_05.jpg

 遊真が影浦隊そのほかといっしょに影浦の家でお好み焼き初体験です。ちなみに影浦はお好み焼き屋の次男坊なのに好きな食いものは寿司と焼鳥で、それなのに遊真には「どーだうめーだろコラ」と言っております。影浦のにじみでる親思いの心にゾエさんうれしいよ。


・『青春兵器ナンバーワン』

hitokoma_2016_48_06.jpg

 学校の下駄箱から上ばきひとつ取るのに爆発物処理装備一式をもちいるメガネでした。おまえはどこの相良宗介だ。


・『トリコ』

hitokoma_2016_48_07.jpg

 実はアカシアは悪の権化ではなく、これまでの所業はあえて悪役を演じてのことだったのです! なんという……なんという最低最悪の展開だ! 感動的だというとでも思ったか、バカめ!
 いやまあ前作のたけしで極悪非道の敵ボスをラストはかならず実はいいやつだったことにしてしまう前科もちのしまぶーのことなのでアカシアも結局はこうなるのではないかとうすうす察してはいたのだけれど実際に目のあたりにしてみるとやはり腹立たしさとアホらしさとがわきあがってきます。なんでムリヤリお涙ちょうだいエンドにもってゆくんですかね。ラスボスなんだからド外道のままでよかったじゃん。ドラゴンボールのフリーザやセルや真魔人ブウみたいな邪悪でよかったじゃん。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2016_48_08.jpg

「鬼滅隊員いきます!!」

hitokoma_2016_48_09.jpg

「グオゴゴゴ」

hitokoma_2016_48_10.jpg

「ギャア――ッ」


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_48_11.jpg

 前回の奇策中の奇策につづけて猫だまし、くわえて八艘飛びで首藤を土俵際までおいこんだ蛍は、最後はただの実力で勝とうとします。その蛍の健闘に観客もこれまでの不満と怒りをわすれて罵声ではなく声援をおくりだしました。そして勝利。しかしこのまますんんなりゆきそうもなくてハゲの副審が手をあげます。うーむ、これは俺が前回のレビューで書いたようにもの言いがついて取直しになるかもしれません。あと蛍の左脚が首藤の巨体の下敷になっているのでケガによる決勝不参加はまぬがれないようです。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2016_48_12.jpg

 恥じらいはエロスの最高の調味料である。
 さてふたりの金髪少女が下着姿にひんむかれたのは薙切の御家藝“おはじけ”の上位互換“おさずけ”によるものです。しかしおはだけにしろおはじけにしろおさずけにしろおいろけにちがいはないのでした。
 なにジョジョ? 薙切の御家藝ならジジイやおっさんがメインだって? 逆に考えるんだ。「野郎だからエロスなのだ」と考えるんだ。


・『レッドスプラッシュ!』

hitokoma_2016_48_13.jpg
hitokoma_2016_48_14.jpg

 同時期に連載がはじまり、同時期に連載がおわりそうなふたつの漫画がともに女キャラを投入してきました。まあ『ラブラッシュ!』のほうは亜人種の女の子がでてきてナンボの漫画なのでテコ入れと判断するのは不可能だとしても『レッドスプライト』のほうはちとあやしい。
 ところで『レッドスプライト』の幼女王を見て『グラン・バガン』を思いだしたのは俺くらいなのだろうなあ……いやエリザベス女王の孫という設定の幼女が出てくるんです、その打切り漫画に。



B01M073J38火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)
川田
集英社 2016-11-04

by G-Tools




コメント

レッドスプライトはメカデザ以外好きなんですけどね
もうだめみたいですね
女王守って俺たちの戦いはこれからだENDですかね
悲しいなぁ

ここで蛍負けたら白楼の国宝ダブル斬り確定じゃないですかやだー

前回ワートリの話が長すぎだと批判受けたから泣く泣く削ったのがバレバレすぎて嗤うw

最近ワートリの記事についてとやかく言うやつ増えたよな
自分の好きな漫画がレビューされないことへの腹いせかね?

え?批判とかとやかくなんてあったか?
「長い」ってのは事実であってイコール「削れ、減らせ」って事ではなくない?

別に今週のワートリはそこまで考察する事ないから
いつもこんなもんだろ

テコ入れと言えばソーマの双子も割と露骨なテコ入れだよな

折角暴牛が一丸になって探してたのに即治ったのは「え、もう?」感ありましたね
禍々しい回復エフェクトといい女王のモノローグといい何かあるかも知れませんが

レッスプは突出した部分というか分かり易いウリが無いのが痛い気がします
個人的には好きなので何とか持ち堪えてほしいですけどね…

かわいい娘は撃ちにくいって言っちまったら、じゃあ撃たれた娘は可愛くなかったのかって話になるだろ

>なんでムリヤリお涙ちょうだいエンドにもってゆくんですかね。ラスボスなんだからド外道のままでよかったじゃん。

お涙ちょうだい……ですかねえ?コレ
確かにペアとアカシアは号泣してるしトリコと三虎も優しいですけど
今回の話は"謎解き"以上の意味はなかったと思います

なんせ今回の話は詰まるところ
「アカシアはネオとネオの食べたものを救う方法を探していました
 それはネオに"怒りの感情"を食わせることだと判明しました
 でもネオとアカシアに怒る奴なんて居ませんでした
 だからアカシアは自分がクソ外道になって怒られる事にしました」
というシンプルな構図でしたし

「悪役が実は良い奴だった」という展開が嫌いなだけというのは判りますけど
話の本筋ガン無視してアレが悪いコレの方が良いとか言うのは流石にどうかと……

怒りの攻撃するために挑発するならまだしも
もう死ぬ寸前のジロウを挑発する意味ないじゃん

展開を擁護してる訳でないが
トリコは魂の世界があるから死人に口なしという世界観ちゃうやん
ペアとアカシアだけの極秘作戦だったんだし

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2550-7865b21a

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ