保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年31号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年31号 

・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2016_31_01.jpg

 第二回人気投票の結果、主人公の斉木が堂々の一位! 得票数はおどろきの十二票! ……十二票? べつの意味でおどろきだよ! 応募総数は四十六票だしさ! かの有名な『CROSS OVER』や『なるたる』のほうがよっぽどマシじゃねーか!
 この票数のすくなさは麻生先生が身内や知りあいにたずねた結果だそうです。そりゃ少なくもなるわ。しかしさすがはギャグ漫画家、読者を笑わせるためにいろんなネタをひねりだすものです。


・『HUNTER×HUNTER』

hitokoma_2016_31_02.jpg

      

hitokoma_2016_31_03.jpg

  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
     ̄ ̄ ̄


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2016_31_04.jpg

 造反組には合格ラインに達する料理のしかたを教えません。食材は最低のものをあたえます。それでできあがった料理のうまさを講師がみとめなければ退学です。
 イヤガラセにしてもなんというしょうもなさ……コロコロの悪役でももうちょっときびしい条件をつけそうです。おまけにソーマらが自分で食材を調達してきてもかまわないということでわかりやすいほどの逆転フラグも立っています。トップの薊がショボいものだから手下まで小物になってるよ!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_31_05.jpg

 前回のレビューで「大典太が兄の大関との稽古を思いだして回想ブーストがかかり逆転勝ちをおさめるってパターンじゃないんですかね」と書いたら後半はまだ決着がつかなかったけれど前者は的中しました(正確には大関との稽古というよりは兄弟間のやりとりのおかげですが)。この漫画、ていねいでおもしろいけれど試合のおおまかな流れはワンパターンですね。

hitokoma_2016_31_06.jpg

 そこで問題だ! 優勝経験なしの万年大関大景勝がどうやって横綱の刃皇に勝つか?
 3択――ひとつだけ選びなさい
答え①ハンサムの大景勝は突如反撃のアイデアがひらめく
答え②仲間がきて助けてくれる
答え③勝てない。
 現実は非情である。


hitokoma_2016_31_07.jpg

答え――③ 答え③ 答え③


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_31_08.jpg

 城戸司令は特例としてヒュースの入隊を許可しました。しかしこれには条件があって、つぎの遠征に千佳ちゃんをトリオンタンクとしてつれてゆくことです。第三巻で鬼怒田さんが当真に言ったように遠征艇をとばすにもトリオンが必要で、千佳ちゃんみたいなトリオン怪物がいれば船を休める日数もへるし遠征艇の規模そのものも巨大にできるのです。

hitokoma_2016_31_09.jpg

 しかしメリットもあればデメリットもあるわけで、たとえばアフトクラトルへの遠征組に千佳ちゃんが参加するのはカモがネギをしょってゆくようなものです。なおうえのセリフを言ったのは鬼怒田さんでした。単純に千佳ちゃんを危険にさらしたくないというのもあるのでしょう。しかし感情論は説得しようとはせずに理づめで反対意見をだすのがこの漫画らしい。

hitokoma_2016_31_10.jpg

 千佳ちゃんの遠征参加がきまったので遠征艇の定員をふやすことができ、おかげでB級部隊や個人のための席ができました。ということで遠征への選抜試験がはじまるまでの三試合のうちにB級二位以内に達すれば三雲隊は遠征に参加できることになりました。条件がきびしめなのは近界民を部隊にいれることとのひきかえだそうです。
 これだけ見ると城戸司令がオサムらに恩情をかけたように思えます。しかし実はそうではありません。
 城戸司令の腹のうちでは千佳ちゃんを遠征につれてゆくのはすでにきまったことでした。しかし三雲隊から千佳ちゃんだけを(いや実力者も参加できるようなので遊真もだろうけれど)生木をひきさくようにとりあげたのではどうやっても千佳ちゃんのやる気はさがるだろうし遠征艇の空気も悪くなることでしょう。おまけに人の口に戸は立てられずで隊員らのあいだにも上層部の不満はかもしだされるだろうし最悪マスコミにたれこまれてボーダー全体が批判にさらされかねません。そりゃボーダー存続の危機とか三門市壊滅の恐れとかが出てきたときには問答無用で引抜くでしょう。しかし現状そこまで逼迫してはいません。
 要するに城戸司令にとっては千佳ちゃんの属する部隊であるところの三雲隊に遠征部隊にえらばれるほどの強さがあったら横車をおす必要がなくなるからいちばんいいのです。ヒュース入隊の件も、もともと着いてからのリスクよりも着くまでのメリットを重視する方針なので実は前回ヒュースのメリットを提示された時点で城戸司令はオサムの要求をのむつもりだったろうし、それで三雲隊の戦力もアップするわけだから一石二鳥です。しかしそのあたりの事情をおくびにもださずにフェアな上司を演じてオサムに恩をきせるようにもっていったのだから城戸司令はタヌキです。これで三雲隊がB級二位以内に入れなくてもそれはそれでよし、千佳ちゃんをつれていってもだれも文句はいえないし、弱いオサムを遠征に参加させずにすむというメリット(といっていいものか)があるので、どっちにしろ城戸司令に損はありません。
 結局のところ今回の一件はオサムが活躍したように見せかけて実際は城戸司令の手のひらのうえでおどらされていたわけです。オサムと城戸司令にはこれくらいの力の差があっていい。しかし疑問がひとつのこります。これだけ計算高い城戸司令がなぜ遊真の黒トリガーを手にいれようとしたときには交渉の選択肢を最初からかえりみずに問答無用でA級部隊を派遣したのかということです。なにか個人的にイヤなことでもあったんでしょうか。ひいきのコスプレイヤーが五十男とできちゃった結婚したとか。

hitokoma_2016_31_11.jpg

 オサムは林道支部長をサクラにつかっていました。それはかつて根付さんがマスコミのボーダーへの批判をオサムひとりに集中させようとして使用した技でした。自分がやられてイヤな経験をしたことを利用できるというのはけっこうスゴい。オサムの学習能力の高さはのちのち大きな武器になるでしょう。
 あと弘報担当としてサクラをつかうのが邪道だと根付さんが自覚していたのも地味によかった。


・『トリコ』

hitokoma_2016_31_12.jpg

 デビル大蛇の原種、その捕獲レベルは5100! バトルウルフと肩をならべるほどの強さを持つって設定をわすれていなかったんだねしまぶー!
 しかし原種ってべんりなことばですねえ。これさえあれば虹の実もネオトマトも捕獲レベルを千台にまでひきあげられます。


・『キン肉マン』

hitokoma_2016_31_13.jpg

 ネプチューンマンはあえてキン肉マンを本気で殺そうとすることでキン肉マンの闘争本能と火事場のクソ力に火をつけました。ウホホ~ッなどと変態じみた笑い声をあげていたオッサンにはすぎた役どころです。

hitokoma_2016_31_14.jpg

 ところでこのシーンは読んでいてビックラこきました。硬度10って悪魔将軍の専売特許じゃなかったんかい。しかし単行本を読みかえしてみるとネプチューンマンがロビンのマスクをはがすときにはちゃんと上記の技を使用していたし、ケンダマンも超人硬度10を自称していました。まあただの自称かもしれないし、よしんば事実だったとしても今の悪魔将軍のまえにはミラージュマンのときみたいにたやすく破壊されることでしょう。



キン肉マン 55 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 55 (ジャンプコミックス)ゆでたまご

集英社 2016-07-04
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
キン肉マン 56 (ジャンプコミックス)
キャプテン翼 ライジングサン 4 (ジャンプコミックス)
ONE PIECE 82 (ジャンプコミックス)
ジョジョリオン 13 (ジャンプコミックス)
男坂 6 (ジャンプコミックス)




コメント

>火ノ丸
だから何だってんですか、最後の問題w
…それで終わりの話じゃないでしょう
>ワートリ
ボーダー上層部:キツネ、タヌキ、タヌキ。タヌキ、虎、タヌキ。ですね(笑)
>トリコ
それにバトルウルフはトップが6000超えなだけで、全体としてはそこまでではなさそうですしね
ネオトマトはネオのトマトで曰く付きかも…?

大事件1つ忘れてない?

相撲はその展開だと②弟あたりが救出して死亡する流れになるんですがそれは……
ネプは老害ウホホマン時代も作画だけは凄くカッコ良かったんだけど中身がね……。

※2
鰤は今更あと少しで最終回!って言われてもなにも感想浮かばなくても仕方ないと思う

道中の利益と到着後の不利益は難しいけど
アフトについてからどうするかって軽く触れてくれるとありがたいんだよな

まさかこの少人数でアフトに殴りこむ訳でもないだろうし

BBコーン原種はあるだろ
元々あれグルメ界の食い物なんだし

  • [2016/07/06 20:32]
  • URL |
  • ゆとりある名無し
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

司令は始めから千佳ちゃんを手に入れようとする交渉するつもりだったのが上手いこと修が来てくれたという感じなのか
先週ヒュース遠征に連れていくメリットを考えてなかったのが疑問だった本部長だけどこの展開のためにわざと知らないふりしていたのかもしれないですね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2459-acd8a5d2

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ