保険 アリコ Moon of Samurai 甲鉄城のカバネリ 第12話 「甲鉄城」

甲鉄城のカバネリ 第12話 「甲鉄城」 

 恵まれた予算とキャラデザと作画と世界観からクソのようなストーリー展開を放たれてわれわれ視聴者は場外にまでふっ飛ばされました。このアニメの感想をひとことでいうとこんな感じです。
 カバネリが全滅せずに問題の解決になっていないという点については批判する気はありません。俺にとってゾンビものに期待するのはカミュの『ペスト』みたいな、理不尽に抵抗する人間の姿であり、結果ではなく過程であるため、最終的に人間がカバネに敗れたとしてもそれが低評価につながることはありません。
 問題は美馬です。一にも二にも美馬です。あの支離滅裂なキャラクターはいったい何だったんでしょうかね。あいつにくらべたらジャンプの路線転換の憂き目をみた打切り漫画のラスボスのほうがまだしも一貫性があります。おまけに美馬との戦いがメインになってしまったせいでカバネがどうでもよくなってしまいました。この作品の世界観の根幹はカバネであって美馬ではないのに。総集篇が前後篇で公開されるらしいけれどどうせ美馬が出てくるのだろうから観るつもりはありません。このアニメも美馬が出てくるまではいい感じだったのに……
 しかし愚痴でレビューを終えるのも曲がないので作中最後まで文句なしだったことへの讃歌でしめくくりといたします。

kabaneri_12_01.jpg

 無名たんブヒィィッ!



ペスト (新潮文庫)
ペスト (新潮文庫)カミュ 宮崎 嶺雄

新潮社 1969-10-30
売り上げランキング : 14345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シーシュポスの神話 (新潮文庫) 幸福な死 (新潮文庫) 異邦人 (新潮文庫) 最初の人間 (新潮文庫) 転落・追放と王国 (新潮文庫)




コメント

7話までは面白かったのにどうしてこうなった。

VIVAのせいか

ラストバトルもショボかったし6話がピークだった

感想:無名ちゃんカワイイ

言い替えると、設定とストーリーが糞。
どうしてこうなった。

「黒血漿の力を駆使してでも全カバネを倒す。そのために、まずは邪魔な父を殺し、自分が後継者として全権を握る。次に人間を次々にカバネリにし、人造クロケブリにしてカバネどもを駆逐するのだ。人類の未来のためだ、多少の犠牲などやむを得ん。」
「オレは無名を人間に戻すと約束をした。無名を返せ!」

くらいの人間のために非人道的行動を取る男と、目先のことしか考えずに人類を滅ぼす男の対立とかなら、まだ見られたんだけどねえ。
ホント、どーしてこーなった。

いやぁ、これ、恐らくパチスロにこの絵を出したいからアニメを作ったんですな
原作があったほうがパチスロは売れるらしいので

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2456-740a9649

甲鉄城のカバネリ フジ(6/30)#12終

最終回 第12話 甲鉄城 生駒と来栖は金剛郭に進入する。無名を助け美馬を討つために。菖蒲は金剛郭を脱出するつもりだった。平民たちは検疫審査で入牢された甲鉄城関係者たちが悪いと 逆恨みを行う。銃の向ける先を誤らないで下さい。撃つのは私達の弱い心です、菖蒲がまとめ上げて準備を始める。 無名をヌエから戻すには白結晶を射つしか無い。しかし手元には1本しか無い。狩方衆も倒す生駒と来栖、沙梁が操る駛城も...

  • [2016/07/03 01:24]
  • URL |
  • ぬる~くまったりと |
  • TOP ▲

甲鉄城のカバネリ 第12話(終) 『甲鉄城』 生駒が助かる道はあるのか?

無名は戻ったけど生駒は…。一人で満足して死んでいきました、という展開になるんじゃないかと。基本的に私はハッピーエンドが好きです。たとえ世界が平和になっても主人公が死んじゃったら全然嬉しくない。なので「革命機ヴァルヴレイヴ」とかしょんぼりでした。かといって安直に生き返ったり「よく分からないけど助かった」って展開にされると萎えちゃう。果たして生駒はどうなるのか。興味はほとんどここで...

  • [2016/07/03 14:30]
  • URL |
  • こいさんの放送中アニメの感想 |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ