保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年30号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年30号 

・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_30_01.jpg

 試合前、大典太が中堅にでてくる可能性が高いというので蛍が捨駒に立候補するという一幕がありました。そういう星勘定はやってたんですね。読者が思いつくくらいの展開を作者はちゃんと考えたうえでの話づくりをやってもらえるとこちらとしてもすすんで手のひらで転がされる気分になれます。

hitokoma_2016_30_02.jpg

 大典太の突きの連打に真柴のフリッカージャブが重なって見えました。ほかにもデンプシーロール破り破りみたいな火ノ丸の改良版百千夜叉墜とか、金盛主将の「濃密な時間を過ごして来た」というモノローグとか、ちょこちょこ『はじめの一歩』に影響をうけているらしいところが見うけられます。こういうふうに多作品のすぐれたところを吸収するのは大いにやっていただきだい。
 でもここ数年の一歩の○○○○で××××で△△△△なところは絶対にマネしないでください。

hitokoma_2016_30_03.jpg

 コピーキャラ國崎チヒロ。国宝の値うちをさげずに国宝を負かすため国宝の力をコピーできるようになったというところでしょうか。ちと根性の悪い見方かな。
 このままチヒロが勝ってダチ高が二回戦にすすめたら話のテンポはよくなるし桐仁の秘密兵器っぷりも強調されるのでそれはそれでいいと思うのだけれど、さてそううまくゆくものか。(これが高校一の突き押しか……なら俺にはもう――恐いもんはぜぇぜ!!!)というモノローグがどうにも負けフラグに見えてしまいます。次回、大典太が兄の大関との稽古を思いだして回想ブーストがかかり逆転勝ちをおさめるってパターンじゃないんですかねコレ。


・『HUNTER×HUNTER』

hitokoma_2016_30_04.jpg

 ラムちゃんじゃねーか! 念獣も月までブッ飛ぶこの衝撃……

hitokoma_2016_30_05.jpg

 キャイーンのウド鈴木がゲスト出演するということが記事になったのに、その初登場の姿がいきなり遺体だったという悲惨さもラムちゃんの衝撃のまえにはかすんで見えます。いやまあ悲惨であってもネタになるからお笑いタレントにとってはおいしいのかも知れませんが。


・『ゆらぎ荘の幽奈さん』

hitokoma_2016_30_06.jpg

 どう見てもタイが曲っていてよの人です。本当にありがとうございました。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_30_07.jpg

 ヒュースが玉狛第二に加入するのはオサムらのメリットであってボーダーにとってのメリットではないと言われました。いや玉狛第二だってボーダーの支部に属する部隊でしょう。そこの戦力がアップすればボーダーとしても(微々たるものだとしても)メリットはあるんじゃないんでしょうか。
 まあボーダー本部はまえまえから玉狛のことを潜在的他者のように見なしていて、実際に黒トリガー争奪戦では非公式ながらもドンパチまでやったわけですから、こういうよそものあつかいもそこまで不自然なものではありません。これまで玉狛支部が近界民をエンジニアにしたり独自規格のトリガーを開発使用したりしてきたことへのツケが今になってオサムらにふりかかってきているようにも見えます。単にリスクとリターンとを天秤にかけたら前者のほうが大きそうだと判断しただけかもしれませんが。

hitokoma_2016_30_08.jpg

 ヒュースが玉狛第二に加入することでボーダー本部が得られるメリットとしてオサムが提示したのが近界諸国のガイドをつとめられるということでした。そのこと自体はスジがとおっています。まるで知らない土地に案内人をつれてゆけるというのは大きいし、この漫画は情報を重要視する作品なので、ボーダーの幹部連を納得させられるだけの理由になっています。
 しかし俺が疑問なのはこれくらいのことをボーダー本部のお偉方が考えつかなかったのかということです。近界民の捕虜がふたりいるのに、その片方をつぎの遠征の情報源にしようとだれも思いいたらず、ここにきて中学生におしえられて感心するというのはちょっとヘンでしょう。特にこの漫画のキャラはみんな有能だから、なおさら不自然さが目だちます。
 主人公を活躍させるためにほかのキャラが突然アホになるというのはほかの作品でもしばしばあることだけれどワートリもこういう展開になるとは思いませんでした。葦原先生への信仰心がちょっとうすれたかな。

hitokoma_2016_30_09.jpg

城戸司令「なるほどたしかにメリットは大きい。でもソレべつにヒュースが玉狛第二に加入しなくてもよくね?」
オサム「なん……だと……?」


 オサムが提示したのは「ヒュースがボーダーに与えられるメリット」であって「ヒュースが玉狛第二に参加することでボーダーに与えられるメリット」ではないんですよね。だからうえのように城戸司令に返答されるとオサムにはなすすべがありません。このあとヒュースが「オレは玉狛第二に加入して本国へもどるとこいつらと約束した。今になってそれを反故にすることはできない」と義理堅いところをみせて城戸司令が折れるかたちになったら、オサムがちょっとなさけなくなります。


・『BLEACH』

hitokoma_2016_30_10.jpg

 前回は一護の刀が折れました。
 今回は一護の心が折れました。
 次回は一護の何が折れるのでしょうか。


・『キン肉マン』

hitokoma_2016_30_11.jpg

 キン肉マンのヘタレ描写、つづく。
 お約束なのはわかっているけれどさっさとすませてもらいたい。もちろん早いとこ話をすすめてほしいというのもあるけれど、それ以上にダメ超人としてのキン肉マンを見たくないんです。ヒーローとしてのキン肉マンを見たいんです。

hitokoma_2016_30_12.jpg

 ところでうえのネプチューンマンの「過去のことはどうでもいい」というセリフにⅡ世時代のこやつのあまりにもあまりな醜態を葬り去りたいというゆでの切なる願いが反映していると見るのは俺の邪推ばかりではあるまいて。



マリア様がみてる1 (集英社コバルト文庫)
マリア様がみてる1 (集英社コバルト文庫)今野緒雪 ひびき玲音

集英社 1998-04-24
売り上げランキング : 23341

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
マリア様がみてる2 黄薔薇革命 (集英社コバルト文庫) マリア様がみてる3 いばらの森 (集英社コバルト文庫) マリア様がみてる4 ロサ・カニーナ (集英社コバルト文庫) マリア様がみてる5 ウァレンティーヌスの贈り物(前編) (集英社コバルト文庫) マリア様がみてる6 ウァレンティーヌスの贈り物(後編) (集英社コバルト文庫)




コメント

普段はダメ超人だけど、リングの上ではヒーローなのがキン肉マンの魅力でしょ!

>しかし俺が疑問なのはこれくらいのことをボーダー本部のお偉方が考えつかなかったのかということです。
このあたりはヒュースが情報は喋らないと宣言していることから、道中の情報も喋らないと判断したのでしょうね。
あの時点ではヒュースはまだ何が何でも本国に戻らないととは思っていないので、ボーダーの遠征部隊が本国にたどり着く案内役はしないと思っても仕方ないでしょう。
それどころか、邪魔をする可能性の方が高いと判断していたのだと思います。

常々思っていたことですが改めて、一護は他のジャンプ主人公らと比べて精神力が弱いですね。
圧倒的な強さを誇る敵に対しても、決して諦めずボロボロになっても食い下がる彼らに比べ、
早々に諦めてるように感じました。負けたら世界の危機、ということを置いておくにしても、
直ぐ側にはヒロインの織姫がいて、一護が負けたら織姫の命も危ないわけですから、恋愛感情がないにしても、
「自分が負けたら仲間が危ない。負けられない」くらいの気概を見せて欲しかった。
親の過去を知って動揺する、裏切った(ように見せかけてる)仲間を見て動揺する、など
とにかくメンタルが弱い。精神的なもろさがあることが悪いとは言わないが、
漫画として終盤も終盤なのだから、肉体的な強さではない成長を見せて欲しい。

ヒュースに関しては全く考えてなかったというよりはアフトの情報を渡さないという敵対?のような感じであったので情報を貰えるとは思っていなかった(勿論ヒュースも思ってなかった)のだと思います
ヒュースがわざわざ情報だけを上げる義理もないですし遠征に行くという利害関係が一致したので言ったのではないでしょうか

理解できないことを「バカになった」と断ずるのはどうかと

個人的に月島銀城編が不発っぽく終わったのは一護がヘタレ主人公になってしまったからだと思う
初期~ルキア救出までの一護なら仲間の変心に動揺したり恐怖を覚えてもいいギャップになったと思うが、ヘタレ実績を積み上げてきた一護がヘタレても平常運行だし

少年チャンピオンの相撲漫画であるバチバチシリーズも一歩の影響が随所に見られますし
アラサー少年漫画家への影響は大きいのだろうなと思います

a

ハンターハンター、おかずクラブも出てた。
http://jin115.com/archives/52136906.html

ヒュース加入はあからさまに無理難題だったので葦原先生がどう解決するのか期待してたけど正直裏切られた気分です

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2453-a2199bf2

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ