保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年28号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年28号 

・『鬼滅の刃』

hitokoma_2016_28_01.jpg

「珠世様!! あいつらを囮にして逃げましょう!!」
(ドン引き)
「冗談です!!」


 今週号のジャンプでいちばん笑ったシーンです。この漫画ときどき生粋のギャグ漫画よりもギャグの切れがするどいことがあるから油断がなりません。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2016_28_02.jpg

 左門の召喚した悪魔のせいで校舎ごと生徒が生埋めになり、それをいいことにカスとクズとが手をくんでやりたいほうだいを始めました。こち亀にこんな話ありましたね。旅行先で天災のためにライフラインがたちきられ、両さんひとりが近くの店で物資を買いこみ、みんなの窮状につけこんで暴利をむさぼろうとした話です。

hitokoma_2016_28_03.jpg

 沼先生ご自身は『北斗の拳』をイメージしているようです。


・『HUNTER×HUNTER』

hitokoma_2016_28_04.jpg

 えっ。

hitokoma_2016_28_05.jpg

 えっ。

hitokoma_2016_28_06.jpg

 うんコルトピ。

hitokoma_2016_28_07.jpg

 えっ。

hitokoma_2016_28_08.jpg

 えっ。
 なにそれセコい。
 クロロがヒソカにほとんどなにもさせずに圧勝したのはよかった。『ワールドトリガー』のヒュースが言うように、実力が大差なければより準備をしたほうが勝つものです。というよりも他者の特殊能力をうばって使用できるキャラが戦う相手のことを知っていて、そのうえで負けたとしたらそいつは救いようのないアフォです。
 しかしクロロはいいとしてヒソカはどうにもセコく見えます。ヒソカはかなり複雑なキャラで、わりあいフェアな戦闘狂の面もあるし、目的のためなら手段をえらばない外道の面もあって、クロロと戦うときは前者、負けたあとは後者が出たのだけれど、それが自分のつごうで出したり引っこめたりしているようでセコい感じがするのです。いつもニヤニヤ笑っているのが不まじめな感じがしてこういうときカンにさわるし、いったん死んだ後につごうよく念が発動して蘇生できたのも冨樫先生のエコヒイキに見えます。あと個人的にいちばん大きいのが、負けたやつは勝った相手に服従しなければならないという少年漫画の不文律を平気でふみやぶっているのがハラ立ちます。
 しかしそれはそれとしてヒソカvs幻影旅団というのは衝撃かつ期待の展開です。ヒソカがクモ全員にかこまれて手も足もでずに例の笑顔がふっとんで絶望の悲鳴をあげながら虫ケラのように殺されるのが今から待遠しい……といいたいのだけれど旅団のつぎのねらいがカキンの王族の宝みたいなので、ヒソカと旅団とクラピカの三つ巴の死闘ののち、ヒソカだけが生きのこって屍の山のうえでいつものようにニタニタ笑っていたらイヤだなあ。死ぬなら全員死んでほしい。できればクラピカをのぞいて。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_28_09.jpg

 プラシーボ効果で期待性能以上の効果がのぞめそうな火ノ丸の治療です。
 それはさておき手もなくだまされる火ノ丸が子どもらしくて人間味が感じられます。相撲のことだと人間ばなれしているというかすでに超人だもんな。

hitokoma_2016_28_10.jpg

 勝った! ダチ高のヤムチャが勝った!
 しかしヤムチャも団体戦では透明人間のスケさんに勝ったことがあるからユーマの勝利もそこまで不自然なものではないのでした。ところでなぜ透明人間の名前がスケさんなのか前々からふしぎだったのだけれど、このたびようやくスケスケとかけているのだと気がつきました。われながらトロくさい。


・『たくあんとバツの日常閻魔帳』

hitokoma_2016_28_11.jpg

 萎えたチンコみたい。
 実際のところ漫画で長い首を見るとチンコにみえることがたまにあります。
 たとえばこちら。

hitokoma_2016_28_12.jpg

 見れば見るほど怒張したチンコに顔が生えているみたい。


・『ニセコイ』

hitokoma_2016_28_13.jpg

 楽は子どものころからモブ寺さんひとすじでした。それはいい。しかし意中の人がすでにいるのに、髪が長くて女の子っぽいのが好きだとマリーに口から出まかせをぬかしたのはゆるせん。三つ子の魂百まで。クズは幼児のころからクズでした。


・『トリコ』

hitokoma_2016_28_14.jpg

「猿王にすら歯が立たんお前らがこれ以上丸腰で踏み入る所じゃねーって言ってんだよ!!」

 言ってくれた! 口だけ番長トリコに敵が正論を言ってくれた!



HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)冨樫 義博

集英社 2016-06-03
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワンパンマン 11 (ジャンプコミックス) ドリフターズ  5巻 (ヤングキングコミックス) トリコ 39 (ジャンプコミックス) HUNTER X HUNTER32 (ジャンプコミックス) 暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)




コメント

不確定情報ですけどなんかクロロさんズルしてた疑惑があるらしいですよ
具体的にはタイマンの約束だったけど実際は能力同時使用に見せかけたリンチだったとか
それでヒソカがその事にマチとの会話で気付いたからこの展開になったとのこと

実はクロロが1対5でヒソカをリンチにしてたかもしれないらしいですよ

その情報が正しかった場合、なんかクロロの格が落ちるだけのような気がする
まあ、所詮犯罪者の頭でしかないって言われればそれまでだけど

今回ヒソカの死体をコルトピたちが確認してるし、前回クロロが電話で支持してたから、人形作りはコルトピがやってったっぽいよね

とはいえ、クロロのほうもヒソカと正々堂々戦う義務なんてないわけだが

·クロロがヒソカに除念依頼して成功報酬が今回のタイマン

 →多人数でボコったのなら契約不履行でクロロはチキン

·クロロの依頼じゃなくヒソカが持ち出した

 →クソ真面目に従う理由はない

ヒソカはヨークシンで壊れた玩具に興味ないと言ってるし前者なのかもね
何にしても次が楽しみだ

ただこの騒動で旅団全滅なら冨樫が全員死ぬと言ってた通りだし
クラピカも死ぬのかも

アトムも猿王にボコボコにされてましたよね・・・

ヒソカのこと書こうとしたら先客がいっぱいいたw
ヒソカは念願のクロロとのタイマンと見せかけて旅団から(少なくとも)4対1でリンチされ、クロロと純粋にタイマンに持ち込むにはまず旅団壊滅させるしかないと悟って一人ずつ潰す方針にシフトしたようです。
クロロやコルトピ、シャルナークはヒソカヘの背信を全然気にかけてなく、マチだけちょっと良心の呵責を感じていた様子。
とはいえクロロの性格上こすいことやってナンボという感じがするので、そんなにイメージダウンにはなりませんでした。
ヒソカへの評価は↑↑

三つ巴と書いてるけど、正直ヒソカとクラピカの共闘が見れるんじゃないかとワクワクしてる
敵の敵は味方だよね

旅団虐殺がインタビュー宣言通りならクラピカも死ぬよ

※8
クロロをどちらが殺すかで揉めるんじゃないか

それよりマチのチョイデレはなかなか破壊力あった

窒息してしばらくたったのに、なんで脳死しないの?
二酸化炭素中毒で倒されたキャラとかいたからすごく萎える。復活後無双してる分余計に。

てゆうかそんな都合よく設定できるもんだったんかよ!?よしんばできたとして、復活も可能とかいきなりすぎる!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2441-3fa365ef

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ