保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年27号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年27号 

・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_27_01.jpg

 連載二周年記念の巻頭カラーです。これまで作中に登場した国宝がみずからの二つ名の由来とおぼしき刀剣をたずさえております。火ノ丸が刀を三振りもっていたり久世の剣が上代のものであったりとなかなか細かい。そして沙田のあつかいに全俺が涙した。
 しかしまあほかの漫画でリスペクトされて必殺技の名前に採用されているのだから沙田も以て瞑すべしといえましょう。

hitokoma_2016_27_02.jpg

 もっとも磯兵衛みたいなギャグ漫画に出てきてうれしいかどうかは知らないし、そもそも沙田とのあいだにホントに因果関係があるのかもあやしいので、なんだかぜんぜんフォローになっていないような気がしてきました。
 さてダチ高vs金沢の最初のカードは部長対決です。相手校の相沢は疾風の引き足の異名をとる実力者です。さあこの取組の結果やいかに。

hitokoma_2016_27_03.jpg

 小関部長が一コマで勝ちました。相沢が疾風なのはその負けっぷりのようです。しかし小関部長はホントに強く頼もしくなりました。ユーマ以上に団体戦の確実な白星として勘定できるレベルです。去年まで公式戦全敗の男にはとても見えません。あと相沢、言いたいほうだい言ってゴメンな。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2016_27_04.jpg

「キミと結婚したい。けどそれはできないんだ」「おれは仲間達の元へ帰りたい」

 サンジのニセモノだーっ!!


・『BORUTO』

hitokoma_2016_27_05.jpg

 わずか一回とはいえジャンプに連載したのがよかったのか、それとも単に俺の目がなれたのか、第一話ではマネキン芝居みたいだったのが今回はずいぶんキャラに生気が通っているように見えました。ストーリーも古い技術が世代をこえてうけつがれるという大河的なところが好みです。

hitokoma_2016_27_06.jpg

 そしてなによりサクラがいかにもこうあるべきという感じのブサイクに描かれているのがよかった。あとはヒナタをキレイに描きなおすだけですな!


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2016_27_07.jpg

 登場時は女読者に人気の出そうな外道主人公だったのに今ではすっかりカス虫の左門でした。しかし『フルメタル・ジャケット』ネタもずいぶんメジャーになったものです。ちょうどいま放映中の『クロムクロ』にもハートマン軍曹みたいに口のきたないパイロットがいますし。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_27_08.jpg

 終ってみれば七対一対一という三雲隊の圧倒的勝利でした。そのキモはオサムのワイヤーにあったと解説席の出水も時枝も評価します。オサムのがんばりがむくわれるのは実にうれしい。しかしそれとおなじくらいの強い気持でオサムはまだまだ弱いままでいてほしいと思ってしまいます。持たざるメガネがどうにかして強くなろうとあがく姿が好きなので。オサムには悪いけど。

hitokoma_2016_27_09.jpg

 実は三雲隊のランク戦の結果を気にしていた二宮でした。ツンデレか。やはりおまえもツンデレなのか。

hitokoma_2016_27_10.jpg

 ランク戦の最後で遊真が香取のとどめをさしたのはマンティスという技で、スコーピオンをふたつつなげるものでした。これをはじめて見たときはスコーピオンの耐久力を犠牲にして限界まで射程をのばす技かと思っていました。
 ところで話はかわるけれどマンティスという名の一撃必殺と聞くとファミコン版ウィズⅡのジャイアントマンティスを思い出します。クリティカルヒットが脅威でした。

hitokoma_2016_27_11.jpg

 香取が想像していたよりはずっとマシな女でした。オサムをたおしたくらいのことでは慢心せず、負けたことにも目をそらさずにちゃんとくやしがり、これからは仲間のサポートをうけて努力しようとする姿勢がうかがえました。なぜこれがこれまでできなかったんだ……負けたり挫折したりはしばしばあっても今回みたいに年下相手に言いわけできないほどの惨敗を喫したのははじめてということでしょうか。

hitokoma_2016_27_12.jpg

 それと香取が負けて泣きわめきながらくやしがる姿がとてもかわゆうございました。

hitokoma_2016_27_13.jpg

 ヒュースをチームにいれるのはオサムの仕事……? おまえがやらんのかい迅。
 しかし近界民をボーダーに加入させるって、まず城戸司令がみとめないだろうし、三輪とか華みたいに近界民に家族を殺されたボーダー隊員も反対するだろうし、外部もマスコミがうるさかろうしでハードルが高すぎます。ヒュースの意思のほうは遠征部隊に選抜されればアフトクラトルに帰還できるチャンスが生れるので反対はしないとしても、そもそもヒュースが三門市におきざりにされたのがアフトクラトルの神が死にかけているせいで、このままだとヒュースの主人のエリン家当主がつぎの神にされてしまいます。それをふせぐのにいちばん手っとり早いのがハイレインらの思惑とおなじに千佳ちゃんをアフトクラトルの神にすることなので、ヒュースを仲間にひきいれることはオサムにとって獅子身中の虫をみずからまねきよせることになります。
 これだけ問題が山積みなのに中学三年生にゲタをあずける迅マジでスパルタ。もちろんオサムが遠征部隊に参加したいのは極論すればただのエゴで迅にはかかわりのないことだし、迅は暗躍が趣味だからオサムのことを陰に陽にサポートしてくれるのだろうけれど、迅みたいなジョーカーがいるのならそいつが全部やれよと言いたくもなります。さて迅のサイドエフェクトには何が見えているのやら。


・『トリコ』

hitokoma_2016_27_14.jpg

 アカシアのフルコースの頭文字をならべるとパンゲアになるのでした。パンゲア大陸がどのようなものなのかは各自ググってください。このほかにも人智をこえた大きさの竜王デロウスとか前回のレビューで言及したばかりのウーメン梅田とかが登場したり、トリコが食いしん坊ぶりを発揮してネオに食らいついたりと、往年のおもしろさがすこし復活した感じです。泣いても笑っても最終回まであとすこし、せめて終りよければすべてよしといえるようなラストをむかえてほしいものです。


・『ニセコイ』

hitokoma_2016_27_15.jpg

 どうやらこの漫画のメインキャラはほとんどが記憶障碍のもようです。



B01EJ7AIE2ワールドトリガー 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)
葦原大介
集英社 2016-06-03

by G-Tools




コメント

川田「だって刀描くの面倒だし、沙田は出番は少ないからもういいかなって……」

>なぜこれがこれまでできなかったんだ……
「だってアタシ工夫とか勉強とか苦手だもん…」
この一言に尽きるかと
本当に才能だけでどうにかなってたから努力の仕方を知らなかったのでしょう

努力の仕方を知らないから躓いたとき投げ出して別の試すしかないし
ソレを批難されても他にどうすれば良いか判らないので改善できず頑なになる
改善できないから結果出すしかなくて頑ななまま突出してしまっていた…ってところかと

故に今回格下に完封負けしたことで遂にもぎゃもぎゃ喚くことしかできなくなり
そこまで弱音吐いたことで漸くフォロー出来るようになったということではないでしょうか

相変わらずワートリだけで1記事作れるレベルのレビュー

あちこちですでに言われてることですが、主要キャラが実は皆幼なじみだったというのは正にFF8ですね。
ただあちらはGFの副作用で忘れていたという、一応の理由があるわけですが、ニセコイでほとんどのキャラがさっぱり昔のことを思い出せなかったのは、(少なくとも現時点で)作者の都合です。
コミックス売上1000万部を超えた、ジャンプラブコメものとして類を見ない成功等と言われてるけど、物語の締めに至るであろうところでまで、悪い意味で適当なのは勿体無い。せっかく女の子と可愛く描けるのに。

もったいないとか残念とか、ここまでそういう言葉が似合うマンガもそうないでしょう。ホント、(少なくとも一部の)キャラは良いんですよ、キャラは

キャラもそんなにいいかな…
マリー好きなキャラだったんだけどな
自分みがきで総て台無しにされた

「まともなのはモブ寺だけ」
って意見もよく見るが
あれも作者からの思い入れが1㎜も感じられないから相対的にそう見えるだけであって
脱モブ化して出番と活躍が増えたら糞キャラになってそう

香取、そりゃ悔しいよな
今までなら自分は負けた奴より才能がないって言い訳できたけど
今回は明らかに格下の修に良いようにやられてるんだもの
久々にこいつらまだ若いんだよなと思えたワートリだったw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2435-0a7a3920

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ