保険 アリコ Moon of Samurai クロムクロ 第04話 「異国の味に己が境遇を知る」

クロムクロ 第04話 「異国の味に己が境遇を知る」 

  .-、  _
  ヽ、メ、〉      r~~ー-、__      ________________
  ∠イ\)      ムヘ._     ノ      |
   ⊥_      ┣=レヘ、_ 了     | え--い、日常回はいいっ!
-‐''「 _  ̄`' ┐  ム  _..-┴へ   <
  | |r、  ̄ ̄`l Uヽ レ⌒',    ヽ.   | 巨大ロボを映せっ! 巨大ロボの戦い振りをっ!!
  (三  |`iー、  | ト、_ソ   )     ヽ   |
  | |`'ー、_ `'ー-‐'    .イ      `、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | |   `ー、    ∠.-ヽ      ',
__l___l____ l`lー‐'´____l.       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  .|      |
               ||  |__.. -‐イ
               ||   |    ノ/


 剣之介が四百五十年まえの人だから時代のギャップをうめるための描写が必要だというのはわかります。しかしロボットアニメはやはり巨大ロボット同士の戦いこそが花なのだからキャラクターにそこまで尺をとるのはどうかと思います。ロボそっちのけで人間ドラマがやりたいってアニメでもなさそうですし。
 それはさておき剣之介がやってきた日の白羽家の晩飯はカレーでした。

kuromukuro_04_01.jpg

「これが人の食するものだとぬかすかあっ!
 どう見ても田畑のかたわらにあるあの……」

「ストーップ! それ以上はダメーっ!」


 そういえば椎名高志先生の四コマ漫画でカレー味のウンコパンマンウンコ味のカレーパンマンというネタがあったなあ……

kuromukuro_04_02.jpg

「これは……摩訶不思議な味わいではあるが、スパイスのからさとかくし味の甘味が口のなかでみごとなハーモニーをかなでておる!
 うおぉーっ、俺の体にパワーがみなぎってくる!」


 うえのセリフは剣之介の独白ではなく小春のアテレコです。ボキャブラリーの豊富な九歳児だこと。しかし剣之介はこのあとカレーを無言でパクついたので小春の味レポの正確性はともかく気に入りはしたのでしょう。名前はわすれたけれど幕末の侍がはじめてビールを飲んで「黄金色の液体と泡とのせいで馬の小便そっくりだったけれど飲んでみたら実にうまかった」みたいなことを書いていたのを思いだしました。

kuromukuro_04_03.jpg

 量産型でない大型の敵ロボットは合計六機。そのうち撃破できたのは日本の黄色い機体のみで、ごぞんじのとおりクロムクロの手柄です。アーティファクトもなく剣之介もいない諸外国には有効な手だてがなく、ロシアなんぞは戦術核を投下したのに目標の撃破にはいたりませんでした。しかし核はやりすぎでしょう。見たところ敵ロボットは防禦力こそ人類の手に負えないほど強力であるものの、攻撃力はせいぜい巨大な日本刀だのみなので、今のところは進路上の民間人を退去させて放置しておけばいいんですよ。最終的な目的が人類の存亡レベルの重大事で、今なんとかしなければ破滅が決定的とかいうのならともかく。

kuromukuro_04_04.jpg

 剣之介さんじゅうはっさい。なお数え年なので由希奈とタメなのでした。老けとるなあ。まあむかしのひとは平均寿命がひくかったので相対的に大人びて見えるものです。
 このあとテレビとかルンバとかの文明の利器に剣之介がおどろくというお約束のシーンのあと、これまた若い娘とひとつ屋根のしたで暮すシチュエーションではお約束の入浴シーンがあるよ!

kuromukuro_04_05.jpg

 ただし入浴するのは剣之介だがな!
 ええい気をとりなおして次だ次。下着のまる見えシーンもあるよ!

kuromukuro_04_06.jpg

 ただしみせるのはやっぱり剣之介だがな!

kuromukuro_04_07.jpg

 剣之介は小春にたのんで鷲羽家がどうなったかしらべてもらったけれど小学生レベルの歴史の本にのっていようはずもありませんでした。そして翌日、住職のすすめで剣之介は由希奈を介添にして散歩がてら買物にでかけることになりました。のんきといえばのんきなことです。地力で主家のことをしらべようとしないのかね、と思ったけれどよく考えたら剣之介は戦国時代の人で、当時は識字率そのものがひくく、図書館の存在など想像の埒外にあったから、自分で本をよんでしらべものをするという発想そのものがなかったとしてもふしぎではありません。小春にたずねたのは、僧侶といえば前近代の代表的な知識階級なので、その姪御なら年若でもたよりになると判断したのでしょうか。
 ともあれ剣之介は由希奈とおでかけです。もげろ。なお研究所もアホではないので監視兼護衛の黒服ふたりが尾行します。で、例によって剣之介が車社会やらショッピングモールやらに驚愕しつつも目あての下着売場までやってきました。

kuromukuro_04_08.jpg

【速報】青馬剣之介時貞、やはりムッツリスケベだった【悲報】

kuromukuro_04_09.jpg

コッペパンをよこせ!ふんどしはあるか!」

kuromukuro_04_10.jpg

 ありました。由希奈もびっくりしていたけれど俺もおどろきです。ショッピングモールって何でもあつかっているんですね。なお冗談半分にAmazonで検索してみたらあるわあるわ。あまりにべんりな世のなかだと思い知らされてちょっとそら恐ろしくなる気分です。
 このあと由希奈はどこかのテレビのレポーターにでくわして無神経な質問をあびせかけられます。そのレポーターは悪役ヅラにかかれているわけでもないのに感じが悪い悪い。完全にきらわれ役です。それも狼や虎ではなくハイエナやドブネズミのたぐいの。
 どうも最近フィクション界隈でのマスコミのあつかいが悪いような気がします。マスコミが正義の味方(というか主人公サイドの味方)なのは『空の軌跡』とか『交響詩篇エウレカセブン』とか『進撃の巨人』とか、強大かつ邪悪な政府によってゆがめられた真実を、ジャーナリズムの良心でもって報道しようというキャラが多い。なおそういう作品でもマスコミの大部分は政府の忠実な犬です。
 思うにむかしは西側諸国が帝国主義だというプロパガンダが蔓延し、日本やアメリカの政府は説明の必要もなく悪だと断定され、それにたちむかう者はみな正義であるかのような雰囲気だったから、左巻きであればあるほど喝采をうけました。それが実は政府のつごうのいいように事実をねじまげて国民を洗脳するのは社会主義陣営の得意技だったことが知られるようになったためにマスコミが正義の味方であることの担保がなくなり、さらに反動から不信感をいだかれるようになったのでしょう。日本政府の圧力に対してペンの自由でたちむかう、などという対立構造にリアリティがなくなったわけです。それが通用するのはもはや完全な異世界を舞台にしたフィクションばかりです。

kuromukuro_04_11.jpg

 で、そういうマスゴミを剣之介はのぼりブレードで由希奈からシャットアウトします。なんだかんだで一話に一回はちゃんとヒーローらしいふるまいをする剣之介でした。

kuromukuro_04_12.jpg

 そしてそのまま退散する剣之介と由希奈になおもおいすがろうとするマスゴミをSPがかけつけてきて取りおさえました。遅いよ。今までなにをしとったんだ。監視対象から目をはなすな。最後はちゃんと仕事したけれど大減点。減俸六ヶ月ものじゃ。

kuromukuro_04_13.jpg

 由希奈が当人とその父との過去話をしたあと父ののこした研究手帳を剣之介にさしだし、剣之介は主家の鷲羽家が断絶したことを知って愕然としました。つーか読めるのか。むかし武士階級の読み書きは漢文が基本で、かなは女文字だったのに。あと今とは文章もぜんぜんちがうし、そもそも横書そのものがなかったのに。一瞥してつきかえし、「読めん!」と言って由希奈に朗読してもらうという展開のほうがよかったような気がします。
 そしてラスト、UFOの写真みたいないいかげんな影を見て剣之介は鬼だと断言しました。



TVアニメ「クロムクロ」EDテーマ 「リアリ・スティック」(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ「クロムクロ」EDテーマ 「リアリ・スティック」(初回限定盤)(DVD付)MICHI

ポニーキャニオン 2016-05-18
売り上げランキング : 25769


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




コメント

クソ食ってる時にメシの話するな!

床に落ちてる黒い物体「かりんとう」と思って摘まんだら、
娘(2~3歳?)のウンチだったって話を思い出した。

昔はマスコミの下劣さを描く時は、その背後にそういった存在を
求める(もしくは容認する)衆愚の存在がセットだったようにも思える。

けど最近はSNSの普及でそういったマスコミに対する拒否感が伝わりやすくなったこともあるし
マスコミの暴走のみが描かれるようになったのかな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2406-f08c9cbb

クロムクロ 第4話 『異国の味に己が境遇を知る』 戦国時代の人間にカレーはアカン。

これウ●コじゃん!!それ以上言っちゃだめーーー!!言いそうだったのを小春が阻止。しかし剣之介は気が気じゃありません。由希奈が美味しそうにウ●コ食ってる。小春も楽しそうにウ●コ食ってる。和尚も当然のようにウ●コ食ってる。鬼と戦う以上の葛藤がそこにある。味噌だって旨いでしょ、とか言えばちょっと軟化したかもしれませんね。 今回は剣之介ジェネレーションギャップの巻。そして剣之介の主家・鷲羽家や由希奈...

  • [2016/05/05 10:44]
  • URL |
  • こいさんの放送中アニメの感想 |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ