保険 アリコ Moon of Samurai 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話 「未来の報酬」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話 「未来の報酬」 

 第一クール最終回まであと二話というところでキャラの在庫処分セールがはじまりました。やってることはOOとたいしてかわらないのだけれど、鉄血のほうははじめのうちから壊滅エンドをにおわせる演出をしてきたので、それほどバタバタした感じはありません。でもできるならもうちょっと早いうちから処理しておいてほしかった。これまでに重要な味方キャラで死んだのってフミタンとビスケットくらいのものですから。タカキやライド、あと昭弘の両隣のお神酒徳利なんかは特に重要でもなさそうだからここまで生きのびさせなくてもよかったんじゃね?(ひでぇ

g-tekketsu_24_01.jpg

 一話ぶん見のがしたんじゃないかと疑わしくなるほど唐突に鉄華団メンバーがボロボロの状態から話がはじまりました。蒔苗をアーヴラウの代表指名選挙の場へつれてゆくために鉄華団は選挙会場の町へ突入をはかり、それを沮止するギャラルホルンとの三日にわたる戦闘のために負傷者が続出しているのでした。
 でもまあこんなもんですよね。ただでさえ戦いは防禦側が有利であるうえに、鉄華団のほとんど唯一のアドバンテージの阿頼耶識は機体のせいで威力を発揮できず、一騎当千のモビルスーツ部隊は町中への侵入を禁止されているために突入部隊の護衛くらいしか出る幕がありません。おかげでギャラルホルンは貧弱な敵がどこからどう来るのかを知悉しつつ対処すればいいという、まことに楽な防衛をすればいいのでした。メリビットさんは鉄華団の正気を失ったかのような戦いぶりにギャラルホルンは恐怖をおぼえただろうと言ったけれどあんまりそういう感じはありません。

g-tekketsu_24_02.jpg

 そして鉄華団のジャケットを着たクーデリアかわいい。ところでこのジャケットのもとの持主はきっと三日月なのでしょうコンチクショウ。

g-tekketsu_24_03.jpg

 さてモビルスーツ隊もまたがんばっていました。しかし敵もようやく大脳新皮質が人並の量にふえたのか、陣形をくずされたと知るとすぐさま退却しました。アジーいわく、乱戦になったら不利だと学習したとのことです。麻呂女は死ぬまで、文字どおり死ぬまで学習しなかったけどな! 正直これまでの敵はいくらなんでも無能すぎました。
 ともあれ敵が撤退してくれたおかげでモビルスーツ隊はひと息つけ、モビルワーカー隊はどうやっても敵の防衛線を突破できないのでしきりなおしにいったんしりぞきました。

g-tekketsu_24_04.jpg

 前回調達したばかりのモビルワーカーが整備のオッサンのいうとおりだいぶへりました。へったぶんはみんな鉄のカンオケになったのでしょう。
 兵器も限界、人も限界、タイムリミットも限界。限界づくしのなかオルガはすべてをかけて乾坤一擲のバクチに出るときめました。しかし自分が命令すれば鉄華団のメンバーはおおぜい死ぬ。その葛藤がオルガに三日月へ通信させました。ケツをたたいてもらいたかったんでしょう。ホモ的な意味でなくて。ホモ的な意味でなくて!

g-tekketsu_24_05.jpg

 みんなオルガに賭けている、だからオルガも鉄華団のみんなに賭けてみろと三日月はオルガに言いました。しかしそのときの三日月がなんか腹に一物かかえていそうなツラなものだから悪魔のささやきに聞えてしようなねーぜッ! だとしてもオルガは賭けるしかないんだけどなッ!

g-tekketsu_24_06.jpg

 蒔苗派の議員のハゲ田カミーユ氏は蒔苗が選挙の場にあらわれないのを自派の議員が不安がっているのを涼しい顔でなだめています。でも内心では脂汗をダラダラながしているんですぜ。もちろんこれくらいの腹藝ができないと議員はつとまりません。
 いっぽうフケ田ギニアス氏もまたよゆうのよっちゃんで、打てる手はすべて打ったというのがその自信の源です。でもあとつぎの変態マスクが暗躍しているのはごぞんじないのでしょう。

g-tekketsu_24_07.jpg

 オルガの作戦は鉄華団のメンバーに犠牲を強いるものでした。みんな一丸となって囮としてギャラルホルンをひきつけ、その隙に蒔苗を議事堂までつれてゆこうというやりかたです。もちろん常識人のメリビットさんは反対するものの、鉄華団のメンバーはだれひとりとしてオルガに異をとなえず、あきらかにまちがった方向に皆がつきすすんでいるのにどうすることもできない自分にメリビットさんは涙しました。
 なおメリビットさんは負傷者をつれて戦場から離脱するようです。こいつらが聖戦の系譜の第二世代にあたるのかな……名まえつきの奴がいないからそれはあんまりなさそうか。

g-tekketsu_24_08.jpg

 蒔苗に同行するクーデリアのひさしぶりのよそゆき姿がかわいい。人手が足りないからと運転手をつとめるアトラもかわいい。

g-tekketsu_24_09.jpg

 オルガらモビルワーカー隊の突入と同時に三日月らモビルスーツ隊も攻勢に転じました。ワタシ攻めるがわ、アナタ守るがわ、と思いこんで優雅にティータイムをすごすギャラルホルンの部隊は完全に混乱におちいります。つーか敵パイロットが乗りこんでいない隙に巨大ロボ兵器の数をへらすって、『ファイブスター物語』で凸助がスキーン隊の陣地にしかけたのとおやじやりくちじゃねーか! すげぇよミカは、あいかわらず悪役街道まっしぐらだぜ!
 なおモビルワーカー隊は命を玉に突撃をくりかえすものの散らないはずの軼の華が散りゆくばかりでなかなか目的を達せられないところへユージンがブルワーズ組をひきつれて掩護にやってきたおかげでオルガらは市街地に突入できました。

g-tekketsu_24_10.jpg

 怒れるアイン、暴虐なる活躍! 登場してから三分たらずでアジー、ラフタ、シノという強者どもをほふってのけました。なおアジーは手斧で、ラフタはドリルキックで、シノはパイルバンカーでと、倒しかたがそれぞれちがいます。ギミックが豊富だと見ていて楽しい。

g-tekketsu_24_11.jpg

 怒れるアインはイカれてるアインだった! ここはきわめて政治的な戦場になっているのにギャラルホルンの立場が悪くなるのもかえりみずアインはモビルスーツで町中に侵入したためにまわりの都市機能が完全にマヒしました。しかもクランク二尉の命令でクーデリアを捕獲しなければならないと言っておいて、その舌の根もかわかないうちにクーデリアをブッ殺そうとする始末です。もはや目もあてられません。ガンダムお約束の強化人間みたいに精神が不安定になっています。いくら最近まで研究が進められていたとはいえ阿頼耶識を成人に施術するのはムリがあったのか。
 しかしこうしてみると手術の後遺症をぬきにしても結局アインはクランク二尉の死を口実にして破壊活動しているとしか思えません。このあたりは仇敵である鉄華団とおなじです。にたもの同士が憎しみあいながらともに破滅へころがりおちてゆくか。

g-tekketsu_24_12.jpg

 さてアインの兇刃にかけられようとしたヒロイン三名(かぞえまちがいにあらず)の窮地をすくったのは毎度のごとく死亡フラグクラッシャーの三日月でした。あんまりタイミングがいいのと、それまでだいぶはなれたところで戦っていたのとのせいで、えらい唐突な感じです。もうワープのレベルでした。ビスケットが死んだときも思ったけれど、このアニメのバトルはずいぶん杜撰です。
 そしてガエリオと相対するのはもはや正体をいつわるのをやめたマクギリスでした。ガエリオはてっきりこれまでの敵とおなじように三日月にやられるものだとばかり思いこんでいたので意外な感じがしたけれどこうして見てみればはなはだ自然な流れです。やはりガルマさまはシャアのために死なねば!(ぉ

g-tekketsu_24_13.jpg

 ところでアジーら三人が死んだといったけれど、シノは整備のオッサンの通信で真赤な目を開く描写があったので、虫の息とはいえまだ死んではいなさそうです。そもそもシノはキタローとの意味ありげな関係をはっきりさせるまでは生きている必要があるわけでして。しかしそれを考えるとラフタも昭弘とのフラグを消化するまでの餘命はあたえられていそうです。してみれば確実に死んだといえるのはアジーだけか。フィクションの登場人物の生き死にはフラグの有無がものをいいます。



TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」Original Sound Tracks
TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」Original Sound Tracks横山克

ランティス 2016-03-22
売り上げランキング : 38

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラジオCD「鉄華団放送局」Vol.1 Survivor(期間生産限定盤) 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズSTYLING 2個入 食玩・ガム (ガンダム) 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray] TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ED主題歌「STEEL-鉄血の絆-」




コメント

アインはダルマ状態だからまともな精神じゃやっていけんわな。あと、「そもそもの原因がクーデリア」のアインの言い分があながち間違ってないから困る。

アジーとラフタは生きてそうな
目が赤いシノが一番ヤバイと思う

アジーは死んだんじゃないか?
ラフタは微妙。
シノはちょっと動いてたから今回の時点ではまだ生きてるな。

クーデリアが全ての元凶というアインの認識は100%正解だと思う。
それにしても今まで自分のせいで一杯死んだから現在進行形でドンドン死んでいくのにも覚悟完了でノーリアクションのクーデリアは凄く間違っていると思う。

  • [2016/03/24 18:05]
  • URL |
  • 通りすがり1号
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

アジーとシノは撃破された後にコックピット内の描写があったけど、ラフタは血が飛び散った描写のみでそのあとに追い打ちの攻撃食らってるからなぁ。
普通に考えればラフタが一番死んでる確率は高い感じなんだけど、この作品のMSは爆発しないせいで、まったくわからん。

それにしてもグレイズ系のMSってバリエーション豊かだね。
GレコがMSの種類多すぎたせいで、この作品が、ガンダム系、グレイズ系、ロディ系、テイワズ系の4系統で済んでいるのが覚えやすくて助かるよ。

グレイズ・アインのモノアイが最初オレンジなのに精神に変調来した所から真っ赤になってますね。
意外に細かい部分で変調を表現してるなと。

>クーデリアは凄く間違っていると思う。
鉄華団の弁護と自分の目的とテロ決起やGHとの交戦は望んでいないという意志を皆に知らしめる最大のチャンスでフミタンの復讐の意しか言わなかった時点でアレだったからなあ

なにはともあれ、質量のある実体弾の恐怖が
わりと出てたので、俺は好きよ。

タイムラグ無く瞬殺されるビーム描写と違って、
いつ着弾するかわかんない怖さってあると思うんだ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2377-768b1856

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話 『未来の報酬』 グレイズ・アインの怖さは異常。

デカい、速い、容赦無い!!現れた時から禍々しさが半端無かった。歓喜に打ち震えながら鉄華団に容赦無い鉄槌を下していく。まるで悪魔か破壊神。  いきなり負傷者の山。鉄華団エドモントンに入れず既に3日。この間殆んど寝ないで戦い続けていた模様。MSは街に入れられない。エイハブ・リアクターで街が麻痺したらそれはそのまま蒔内への非難に繋がるから。そんな訳でMSを前面に押し出せず苦戦を強いられて...

  • [2016/03/24 07:57]
  • URL |
  • こいさんの放送中アニメの感想 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第24話 『未来の報酬』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.03.22バンダイビジュアル (2016-04-22)売り上げランキング: 209Amazon.co.jpで詳細を見る  何もかもが辛くて、胸の苦しみと戦いながら見ていた24話。  でも、本当の苦しみ(主にガエリオにとって)は一番最後に待っていました…。  書...

  • [2016/03/24 08:39]
  • URL |
  • 新・00をひとりごつ |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ