保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年14号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年14号 

・『もういくつ寝ると最終回教室』

hitokoma_2016_14_01.jpg

 マスコミどもが不快だったのと、E組制度の創設者のくせに結局イイモノの仲間入りをして終るらしい理事長がさらに不快だったのとをのぞけば、きれいな卒業式にまとまっていました。殺せんせーが死んでから三話もあるのでこれまでの茶番劇をひっくりかえすどんでん返しをやってくれるんじゃないかと心の片隅で期待していたのだけれど松井先生のことなのでそんなことはありませんでした。まさかここまで松井先生の評価が下がることになろうとは、ネウロのころからは信じられません。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2016_14_02.jpg

 外見はそっくり、内面は正反対に変身する悪魔にとってかわられたために左門の地位が魚類にまで転落しました。しかたないよね、クズの国からクズをひろめに来たようなキャラだからね!
 ところでこのシェイプシフタ、ほかのジャンプ漫画に出張してクズキャラどもと入れかわってくれませんかね。とりあえず『ニセコイ』に最低三匹。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2016_14_03.jpg

 避け(鮭)られないよぉ~~!!!

hitokoma_2016_14_04.jpg

 避け(鮭)られないよぉ~~!!!
 ほー、いいじゃないか。こういうのでいいんだよ、こういうので。料理漫画のリアクションは全身をつかって馬鹿っぽくやるのがいい。それをこざかしくもリアル思考ぶって表情の変化だけですまそうとすると顔面のしまりがなくなって汚物のような下劣なツラが描かれることになります。でなければわざとらしいリアクションなんてやらないほうがマシです。飯を食ったときの反応は味皇様か、しからずんばゴローちゃんかがのぞましい。
 ところで連太郎先輩と黒木場との勝負の判定は次回にもちこされました。これは前者の勝利ですね。前者の料理は十傑第四席をパンツ一丁にひんむいたのに対し、後者のは田所ちゃんを下着姿にするのにとどまったのですから。
 冗談はさておき、黒木場が負けたほうがおいしいとは思います。これまでの描写を見るかぎり、料理漫画のセオリーすべてが黒木場の勝利をしめしているので。この漫画、タクミが美作くんに負けたり、ソーマの黒星がけっこう多かったりと、勝ち負けについては読者の意表をつくことが多いのが長所のひとつです。
 最後になったけれど左門のサーモンとのシンクロニシティは編集のしわざなのでしょうか。だとしたらいい仕事しています。


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2016_14_05.jpg

「鈍い。弱い。未熟。そんなものは男ではない」

 お面のしたは女の顔なんですね、わかります。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_14_06.jpg

 ああこのデクノボウ生きてたんだ。あれだけの大口をたたいて惨敗したので穴があったら入りたい気分だろうからあのまま土俵に穴をほって埋れてしまってよかったのに。それでもさっさといなくなってくれるのは僥倖です。駿海師匠がひきとめたときはレイナとおなじこと言いたくなりましたよ。

hitokoma_2016_14_07.jpg

 大典太は強くなるなら何でもすると言っておいて、駿海師匠になりふりかまわず弟子入りをたのむようなことはなく去ってゆきました。意地があんだよ、男の子には! でもこれまでの無礼をわびることはなかったので好感度はまだマイナスです。そんなやつに兄の大関と百番相撲をとるようアドバイスした駿海師匠はホントに男前。

hitokoma_2016_14_08.jpg

「柴木山部屋から始まり、元横綱の指導に……しまいにゃ現役横綱じゃ……
 恵まれ過ぎていて恐くなる。そろそろバチでも当たるんじゃねぇかってな……」


 これまで気になっていたことを当の火ノ丸本人が言ってくれました。実際のところ非常識なまでに豪勢かつ過保護な指導環境です。こういうのを自覚しているか、人にいわれてはじめて気がつくか、作者自身が知らんぷりするか、そのいずれかで主人公への好感度がだいぶ変ってきます。そしてそういうけなげな子どもの力になってやりたいと思う大人。努力と善意の幸福な好循環。見ていてまことに気分がいい。

hitokoma_2016_14_09.jpg

 チヒロが小関部長の度胸づけと偵察とをかねると称してマスクをかぶって大典太のガッコの相撲部になぐりこみをかけました。全国大会開催中だというのにこんなことをしたらヘタをすれば出場取消しもありえます。チヒロはもと不良のユーマよりもはるかにトラブルメーカーだってことをちょっと自覚したほうがいい。
 ところでチヒロらにつきあっていっしょにマスクをかぶる千鶴子ちゃん、意外とノリがいいね。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_14_10.jpg

 小南先輩にぶった斬られたガロプラの隊長は、それでも大砲でボーダーの遠征艇をねらったものの、村上先輩のシールドにはばまれてイタチの最後っ屁は不発に終りました。どいつもこいつも油断しないなあ。

hitokoma_2016_14_11.jpg

 ガロプラの敗残兵はベイルアウトで姿をけしました。緊急避難の手段があればこそ敵地への突入も可能になったのです。しかし自分が技術開発したベイルアウトを真似されても動じないきぬたんカッコイイ。
 ところでガロプラのベイルアウトのエフェクトはボーダーのものとはちがって近界民の門に酷似しているので、ボーダーのベイルアウトをそのままコピーしたものではなさそうです。おそらくアフトクラトルからベイルアウトのことを知らされて、「そいつはべんりだ、うちもマネしよう」という発想で既存の技術であるワープ機能をいじったものを搭載したものと思われます。

hitokoma_2016_14_12.jpg

 ヒュースとガロプラのレギンデッツとが鉢合せしたところへ陽太郎がやってきました。その目的はヒュースをひきとめることではなく、ヒュースのトリガーを返すためでした。ヒュースが三雲隊にはいってくれたらうれしいけれど、ヒュースが祖国に帰りたいのなら帰らせてやりたいというのが陽太郎の本心です。なんてできた五歳児なんだ。
 人情ぬきでいうなら陽太郎のやったことは言語道断の所行です。敵の捕虜が脱走するのを見のがすだけではなく武器までかえしてやるのはあきらかな利敵行為であって処罰の対象になるにきまっています。迅のサイドエフェクトという保険があるから事態がさほど悪化しないとわかっているのでいいようなものの、とてもほめられたものではありません。それでも責める気になれないのは、陽太郎の器の大きさもさることながら、子供のやることなので採点があまくなるためです。やっぱり子どもってトクですね。ヘボなフィクションほど悪目立ちするはずです。

hitokoma_2016_14_13.jpg

 レギンデッツがみそっかす丸出しのことをやらかしました。ボーダーに完敗していいとこなしで帰るのをアフトクラトルのせいだと今さらながらに責任転嫁し、ヒュースに裏切者の疑いをかけ、身の潔白をあかしだてるために陽太郎を人質にしろと言いだします。レギンデッツはボーダーに監視されていることを確認してのこのセリフなので、その魂胆はヒュースの陽太郎拉致の現場をボーダーに見せつけさせてアフトクラトルに恨みをむけさせようというものでしょう。しかしヒュースがおミソの言いなりになるかといえばだいぶあやしい。
 小南先輩なみにだまされやすいとはいえヒュースはアホではありません。三門市におきざりにされた以上、ハイレインの腹のうちはよめているはずです。だとすればハイレインがガロプラに手をまわしたことを察していても不自然ではありません。もっともそれは可能性といえば可能性に過ぎないし、望郷の念ゆえにそのことは今まで考えないことにしていたけれど、属国のガロプラの一兵卒にこれだけ大きな口をたたかれると、悪い想像があたっていそうだと判断することでしょう。
 次回ヒュースはレギンデッツの要求をかわしつつ、いろいろカマをかけて真相をさぐりだそうとするんじゃないんでしょうか。


・『トリコ』

hitokoma_2016_14_14.jpg

 スタージュンさまとトリコとは双子の兄弟だった! すごく……今さらです……
 これが美食會との抗争中にあきらかになっていたなら特大級の衝撃だったことでしょう。もちろん俺もびっくりしたはずです。しかし今やもう宇宙レベルでの戦いに移行しているのに、ここでこんな真相を知らされても、どんな反応をすればいいのか困ります。しまぶーも漫画力がおとろえたなあ……この漫画も中盤くらいまでは今の『火ノ丸相撲』や『ワールドトリガー』くらいに好きな漫画だったのに、残念きわまりない。



ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックス)
ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックス)葦原 大介

集英社 2016-03-04
売り上げランキング : 228

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドトリガー 14 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー アクリルバッジコレクション BOX 左門くんはサモナー 3 (ジャンプコミックス) 左門くんはサモナー 2 (ジャンプコミックス) ワールドトリガー 13 (ジャンプコミックス)




コメント

>とりあえず『ニセコイ』に最低三匹。

楽、ゴリラ、ω ですねわかります。

>ニセコイに3匹
3匹で足りるか?

もう作者に送りつけよう

いつも楽しみにさせております、またずいぶんと機嫌悪いな…
大典太はまあ、もう好みの問題として(いやそれ言ったら全部なんだけど)
陽太郎は前置きしてそのままだと単に子どもの行動に腹立てたこと言っただけになるでしょう
あとトリコの中盤っていつだよwワートリはともかく火の丸連載してねえよ
無礼な物言いをしてしまい申し訳ありません。

ここの管理人さんメジャー読んだら憤死しそう。

少年漫画の登場人物なんてある程度傲慢でわがままで未熟で鼻持ちならない性格でいいと思いますけどねえ。あくまで個人の意見ですけど、最近のキャラクターは年不相応に達観してるのが多くて感情移入しづらいんですよ。

※3は何をどう読んだらそんな頓珍漢なコメントが出てくるのかね
『トリコの中盤まで』は『今の火ノ丸相撲やワールドトリガー』ぐらいに好きだったと言ってるのにトリコの中盤では火ノ丸相撲は連載してない!とか意味不明な事言っちゃってるけど

どうでもいいがタグがハヤテになってんぜ

暗殺教室のマスコミ描写が不快なのって減点対象か?
ネウロの頃からわりと一貫してると思うけど

むしろマスゴミだからこそ不快に描写しなきゃな

三人マスクは燃えましたわ~

なお「全員ぶっ倒す」気概をもち格好をとってはいるが実質は単純に「合同稽古」かなと

高校生が高二病患ってることを批判するなんて

※3
確かに無礼な物言いだな文盲くん

10傑のおはだけは最初からブラをしてなかったのSA!

陽太郎の行動は利敵行為だけど、ヒュースの心を開かせたから良いんだよな。
何にもならない利敵行為なら子供とか関係なく腹立っただろうし。

楽は俺の憧れってとこつっこんでくれるかと期待してたけどスルーか笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2368-20038d9f

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ