保険 アリコ Moon of Samurai 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話 「まだ還れない」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話 「まだ還れない」 

 鉄華団のブレーキ役が死んで、アクセルばかりが踏まれるようになりました。アクセルをオルガに踏むようにせまったのは三日月です。ふたりの関係はもともといびつなものだと見ていたけれど、実際には想像をはるかに超えるレベルのいびつさでした。これまでの視聴でおおむね察していた鉄華団全滅エンドがますます現実味をおびてまいりました。いやはやひどいひどい、いいぞいいぞ。

g-tekketsu_22_01.jpg

 麻呂女が生きのびて部下にかかえられて戦場から離脱していました。部下が生きのこっていたのはいいとして、三日月のバルバトスに組みふせられた麻呂女がよくあそこから脱出できたものです。さすがの三日月もビスケットの死に茫然自失になって不覚をとったのでしょうか。
 で、ビスケットが死んだのを知って鉄華団の面々やクーデリアらがわれを忘れて雨にうたれるにまかせます。それにしてもいっしょにずぶ濡れになる爺さん意外とつきあいがいいね。
 そしてアバンがおわってAパートでビスケットの死を鉄華団が悼んだあと、カメラはマッキーにうつりました。

g-tekketsu_22_02.jpg

「それにしてもまだ生きていたとは、カルタもしぶといな。
 ここらで死んでいれば、これ以上生き恥をさらさずにすんだものを」


 ひでぇセリフです。主人公の三日月もたいがいひどいけれど、そのライバルのマクギリスがまた輪をかけてひどいことを言っております。どれだけ生き恥をさらそうと、生きているならいいじゃないか。死んで花実が咲くものか。

g-tekketsu_22_03.jpg

 で、その麻呂女は麾下のフネに助けられたというのに、艦長に礼をいうどころか自分の不手際をやつあたりして鉄華団を追撃するよう命令します。ブリッジの乗組員がドン引きするのも無理はありません。あげくのはてに統制局からの帰還命令は無視しろと無茶を言います。そのくせ命令のでどころが自分の後見人だと知るとすごすごひきさがるというみっともなさ。弱者に強く強者に弱いという、貴種としては最低の女です。こりゃマッキーのいうとおりに鉄華団との戦いで命をおとしていたら死花を咲かせるだけマシだったことでしょう。こやつが生きていても周囲はおろか当人でさえ幸福になるビジョンが想像できません。

g-tekketsu_22_04.jpg

 ガエリオのアインLOVEがますます嵩じております。それでも阿頼耶識システムの施術にふみきれないところへ、マクギリスの口から阿頼耶識の真相がかたられました。いわく、三百年まえの厄祭戦をおわらせるために超国家的組織が編成され、かれらは阿頼耶識システムと七十二機のガンダムフレームとをつくりあげ、みごと戦争をおわらせたのがいまのギャラルホルンの前身だそうです。こういうのはセリフで説明するだけではなく一話分くらいつかってドラマで見せてほしかった。
 ところでガエリオは、いわばアイデンティティの根幹をゆすぶられるような話をきかされたのに、まるで動じるところがありませんでした。案外タフな精神の持主なのか、脚本がヘボというだけなのか。

g-tekketsu_22_05.jpg

「おそらく、こちらの内部に情報提供者がいるのだろう。腐敗もここに極まれりさ」
「下劣な。アインの忠誠心をすこしは見ならうがいい」


 ガリガリ君ーっ! となりとなりーっ! これはやはりガルマ様みたいにはかられちゃうんだろうなあ。
 さてマクギリスとガエリオのむかったさきは阿頼耶識の研究施設でした。枯れた技術かと思ったら研究が続行されていたんですね。第二話でクーデリアが阿頼耶識のことを成長期の子供にしか定着しない特殊なナノマシンを使用するシステムだと説明的すぎる説明をしていたのでアインに施術しようとしても大人だから無理なんじゃなかろうかという疑問がこれではれました。最新技術で大人でも阿頼耶識を搭載できるようになっているのでしょう。

g-tekketsu_22_06.jpg

「わかるだろう、ガエリオ。これはアインのためでもあり、俺たちのためでもある。
 示すんだ、身を捨てて地球を守ったギャラルホルンの原点を。おまえと阿頼耶識をまとったアインとで。あの宇宙ネズミどもを駆逐し、われわれこそが組織をただしくみちびけるのだとわからせてやれ」


 うさんくさいなあ。マッキーみたいな腹に一物ある暗躍タイプのキャラがだれかのまえで熱辯をふるうとうさんくささが倍加するなあ。マッキーがギャラルホルンの頂点に立とうというのは嘘偽りでないにしても、そのとなりにガエリオがいるところが想像できません。こりゃひとり勝ちをねらっている男ですぜ。聖戦の系譜のアルヴィスみたいに。しかしそうだとすると第一期のラストは鉄華団がバーハラの悲劇に見まわれるのか……

g-tekketsu_22_07.jpg

 Bパートでも鉄華団はしずんだままです。外様のステープルトンさんもいまではだいぶ鉄華団に肩入れして、どうすればいいのかとオッサンにたずねました。やさしくしてやればいいんじゃないのかね、フレイがキラにしてやったように(ぉ

g-tekketsu_22_08.jpg

 他方クーデリアはフミタンの死ですでに覚悟完了したので内心はどうあれ毅然とした態度をくずしません。そしてジジイにこれからのことについて、北アメリカのテイワズ所有の鉄道での移動を提案し、かつジジイのシンパへのロビー活動を依頼しました。かつてのポンコツ姫だったのがウソのような辣腕です。クーデリアの成長をよろこぶいっぽうで、もうあのポンコツぶりは期待できないのかと思うと、残念だったりもったいなかったりします。

g-tekketsu_22_09.jpg

 ラフタやアジーも腹のくくりぐあいはクーデリアにおさおさ劣りません。名瀬にひろわれなかったらどうなっていたかわからない仲間を何人も知るような苛酷な環境にそだったためにシビアな世界観をもつようになったのです。一方ステープルトンさんは犯罪組織とはいえ圏外圏最大の企業テイワズの経理としてはたらいていた過去の持主なので、日のあたる場所で生きてきた人なのでしょう。なかなかわりきれないし、オルガのこともずっと気にかけます。これが一般人というものです。

g-tekketsu_22_10.jpg

 ステープルトンさんにオルガのことを今はなるべくそっとしておくようにと言われて何だよこのオバサン俺たちのことをろくに知りもしないのに俺とオルガとのあいだに割って入るなよと言わんばかりのひややかな目つきがイカす。
 さーてここから三日月のスーパー鬼畜タイムがはじまるよー!

g-tekketsu_22_11.jpg

「オルガ。つぎは俺どうすればいい」
「……かんべんしてくれよミカ。俺は……」
「だめだよオルガ。俺はまだとまれない」
「待ってろよ」
「教えてくれオルガ」
「待てって言ってるだろうが!」
「……ここが俺たちの場所なの? そこにつくまで俺はとまらない。とまれない。きめたんだ。あの日に。きまったんだ」


g-tekketsu_22_12.jpg

「ねえ。何人殺せばいい。あと何人殺せばそこへつける。教えてくれオルガ。オルガ・イツカ。
 つれていってくれるんだろう。俺はつぎ、どうすればいいんだ」


 いやはや、なんべん聞いてもひどいセリフです。「あと何人殺せばいい」ってのはWのヒイロもにたようなことを言ったけれど、あちらは世界平和のためにみずからの手をよごす苦悩のはてにしぼりだされたのに対し、三日月のばあいは自分ののぞみをかなえることしか頭にありません。エゴイストにもほどがあります。ビスケットの死にうちひしがれるオルガに発破をかける意味あいもあるのだろうけれどメインはやっぱり自分のことのはずです。それでも三日月のことがキライにならない、どころかかなり好もしく思えるのは、ぜんぜんウジウジしないからでしょう。精神的にブレがなく、鋼の意志で初志貫徹するキャラは敵味方の区別なく痛快です。

g-tekketsu_22_13.jpg

 ミカよりはまだ人間味がのこっている(つーか三日月とくらべたらみんなメンタルが弱いことになる)オルガが逆上というか、売り言葉に買い言葉みたいなかたちで奮起し、鉄華団を邪魔する奴は全部ぶっつぶす方針になりました。ああ、これでまたひとつ鉄華団全滅フラグが立つことに……
 ところでアトラが三日月に距離を感じる顔でした。よくもわるくも平凡人には三日月のとなりにいるのは困難なのでしょう。とすればヒロインの座はやはりクーデリアが射とめるのか。どんどん女傑になりつつあるので。



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル 2016-03-25
売り上げランキング : 107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 7 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 8 (特装限定版) [Blu-ray]




コメント

アトラは1stのフラウのポジになるのか…。

チョコの人恵まれた容姿から想像できない腹黒さだな

来週、カルタさん17才を助けてくださいガエリオさん

カルタのことを悪く言われているけど、そんなに悪いかなぁ
部下の仇を取ろうと強く思ったゆえで、その上で生き残った部下の提言をちゃんと聞く耳を持っている部分がちゃんとある人物って感じなのだけど。

三日月は鋼の意志とかそんなんじゃ無くて
ものすごい幼稚なだけじゃね

子供故の怖さってのもあるしね

今回の三日月の行動は、オルガを立ちなおさせるためと、自分の「仇を討ちたい」という願望が半々くらいかね。
待っている数日間の間にオルガが復帰したらその方針に従うつもりだったけど、そうはならなかったと。

オルガや団の方針が最優先だけど、そういうのが関係なければ、クーデリアにキスしたときみたいに、欲求に忠実な行動をとるってことなんでしょう。

なんか、「火星問題が解決して、その後の世界の為に、団の存在が邪魔になりました」って、クーデレさんに
後ろから刺されそうなのよねぇ。。。

敵と戦ってるつもりが、挟撃されて全滅という。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2367-d2f8a687

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話 『まだ還れない』 傷心のオルガを立ち直らせるのはメリビット...じゃなかった。

カルタを回収!?キレた三日月に組み伏せられた状態でよく助け出せましたね。見事カルタを撃退したものの、ビスケットの死は鉄華団に大ダメージ。特に団長のオルガが抜け殻状態。散々リスクを指摘され、将にそれを証明する形で死んでいったという皮肉。そのショックは計り知れないと。 カルタもしぶといな。マクギリス、生き残ったカルタをばっさり。向こうは惚れているのにこっちは死んでもどってことない扱いなのが哀れ。...

  • [2016/03/08 16:17]
  • URL |
  • こいさんの放送中アニメの感想 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第22話 『まだ還れない』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング: 189Amazon.co.jpで詳細を見る  主人公としての王道からはもはやかなり逸脱しているような気もしますが、  そんなアウトローな三日月の魅力にがっつり感化された22話でした。 ...

  • [2016/03/08 18:54]
  • URL |
  • 新・00をひとりごつ |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #22「まだ還れない」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第22話を見ました。 #22 まだ還れない 地球外縁軌道統制統合艦隊の面々はカルタを回収して撤撤退していくが、ビスケットの死に鉄華団の空気は重くなっていた。 蒔苗は南の島から出ずそのままアーブラウの代表になるはずだったのにと話が違うことにアンリ・フリュウが苛立っていると、イズナリオはセブンスターズにおけるイシュー家の地位を守るために...

  • [2016/03/08 21:03]
  • URL |
  • MAGI☆の日記 |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ