保険 アリコ Moon of Samurai うたわれるもの 偽りの仮面 第21話 「崩御」

うたわれるもの 偽りの仮面 第21話 「崩御」 

 ここへきて怒濤の展開になりつつあります。どこかのんきな合戦シーンとはちがって明確なゴールもわかりやすい悪役もさっぱりわからないままゆっくり破滅へところがりこむような雰囲気になってまいりました。今回はまだ破局にはいたらなかったものの嵐の前の静けさといった感じです。
 まるっきり想像していなかった展開で、かつ先がよめずに次回がまちどおしい。これまでの退屈な話がまるごとプロローグだったとしても許せそう。

utaware_itsuwari_21_01.jpg

 帝が崩御したという超弩級の機密がもれたのかどうか、トゥスクル遠征軍は算をみだして敗走しました。ハクをはじめとした生きのこりが船ににげこんだのち、ムネチカは自らが壁となって追撃軍を食いとめます。例の力が一瞬だけ解放されたものの時間稼ぎにしかなりませんでした。
 殺された描写がなかったので当人はトゥスクルの捕虜になったのでしょう。一軍の将なのだから殺すよりも生かしておいて取引につかったほうがトクなのです。もっともムネチカがひきいてきたのは侵略軍なので差引勘定を度外視して血祭りにあげられるというケースも考えなければならないけれど前作プレイずみの身としてはトゥスクル軍の行儀のよさを知っているのでムネチカが悲惨なことにはならんと安心して見ていられます。

utaware_itsuwari_21_02.jpg

 帝の崩御が正式に公表されました。ヤマトそのものというべき帝をうしなって、民衆はこのさきどうすべきか、まったくなすすべを知りません。そしてそれは娘のアンジュとておなじことでした。しかしこのまま姫殿下に悲しみに暮れられたままではヤマトは立ちゆきません。ライコウの提案とオシュトルの発破とでアンジュをあたらしい帝にいただいてヤマトを運営してゆくことになりました。
 ところでちょっと意外だったのがデコポンポの帝の崩御を恥も外聞もなく悲しむところです。全ステータスをマイナス方向にふりきったコヤツにもこういうところがあったのかという気分です。でもこれが実は大げさに悲しんでみせることで人気アップをはかろうというこざかしい計算だとしたらイヤだなあ。

utaware_itsuwari_21_03.jpg

 さて新帝となるべきアンジュにさっそく災難がふりかかりました。それもほかならぬオシュトルの献じた茶のせいで人事不省におちいったのです。そりゃもちろんオシュトルがやったはずはないとして、真犯人はだれかというと、手がかりがすくなくてぜんぜん見当がつきません。あやしげなのはウォシスくらいのもので、しかし今のところはあやしげなだけです。

utaware_itsuwari_21_04.jpg

 トゥスクルから帰って来たハクらを待っていたのは死んだように静まりかえるヤマトの町でした。でも活気がないだけならずいぶんマシでしょう。政情の不安定な国だと王が死ぬたびに警察権が失効するものです。たとえばチェーザレ・ボルジアとかの中世時代だとローマ教皇が崩じてからコンクラーベののちに新しい教皇がえらばれるまでのあいだローマは無法地帯になりました。なお文化人類学のいうところには、未開社会では王が死ねば何日間という期間をかぎって、どんなふるまいをしても罪にとわれないということなので、王の在世というコスモスのとぎれめのカオスという意味あいがあるのでしょう。それを考えるとヤマトの民衆はだいぶおとなしい。

utaware_itsuwari_21_05.jpg

 アンジュ暗殺の容疑者として投獄中のオシュトルは身の潔白のあかしとして帝から下賜された面をデコポンポにてわたします。なぜよりによってデコポンポなんだ。
 さてアンジュにもられた毒は喉や内臓をただれさせ、心のはたらきをにぶらせるものとのことです。これだけきくと犯人のねらいはアンジュを傀儡にしてみずからが黒幕としてヤマトをのっとろうとたくらんでいるものと思われます。しかしホントのことはまだまだ藪の中。
 ところで八柱将はオシュトルがアンジュに毒をもったとはデコポンポ以外だれも信じていないようで、そのくせ真犯人の追及はあんまり興味がなさそうです。そもそもこいつら、現人神ともいうべき帝がいなくなったのにまるで動揺をみせません。崩御したものはしかたがないとして、忠誠の対象がいなくなったからには朝廷に義理立てする気はなく、あるいはおのれの才覚ひとつで帝にのし上がろうと野望を燃やすやつがいるのやもしれません。ライコウなんていかにもそういう雰囲気です。

utaware_itsuwari_21_06.jpg

 オシュトルが投獄されたのは冤罪だといってオシュトルの部下らがあつまり、一触即発の様相を呈してきました。へたをすれば皇軍相撃つの事態になりかねません。そして当のオシュトルは獄吏に拷問をうけているところにヴライがやってきました。ところでヴライは獄吏を裏拳でぶちのめしたのだけれど、そいつは別に私意でやったのではなくて仕事でやったのだからもうちょっと容赦というものを……ヴライの辞書に容赦ということばはなさそうですね。
 そして八柱将の相違により、オシュトルの処刑がきまりました。



うたわれるもの 偽りの仮面 コミックアンソロジー VOL.2 (DNAメディアコミックス)
うたわれるもの 偽りの仮面 コミックアンソロジー VOL.2 (DNAメディアコミックス)アンソロジー

一迅社 2016-02-25
売り上げランキング : 5690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
うたわれるもの 偽りの仮面 電撃コミックアンソロジー (電撃コミックスEX) うたわれるもの偽りの仮面コミックアンソロジー (IDコミックス DNAメディアコミックス) 「うたわれるもの 偽りの仮面」ゲーム&TVアニメ オリジナルサウンドトラック 真・恋姫・無双萌将伝悶姫之巻 4 (アース・スターコミックス) 真・恋姫・無双萌将伝悶姫之巻 3 (アース・スターコミックス)




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2365-3c619f6b

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ