保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年13号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年13号 

・『ONE PIECE』

hitokoma_2016_13_01.jpg

ルフィ←――実は大革命家の息子
ビビ←―――実はお姫さま
エース←――実は海賊王の息子
サンジ←――実は大物の息子
モモの助←―実は大大名の息子


 味方キャラが高貴の出だというのは別にかまいません。貴種流離譚は物語の普遍的なモチーフのひとつだし個人的にも好きです。しかしながら錦えもんがルフィや読者にウソをついていたのはどうかと思います。当人の事情としては妥当なやりかただとしても、だまされたという感じは否めません。つけくわえればワンピみたいに長くて長くてクソ長い漫画でこういうダマシをやられると、このさきキャラがなにをいおうとホントかウソかを疑ってかかるクセがつき、結果としてさめた目で読むようになります。俺なんかただでさえ身をいれて読んでいないのに、今回の件でますますワンピがどうでもいい漫画になりました。
 彼の正体は実は! ってのは何べんもやるもんじゃありませんね。


・『最終回まであとひと月教室』

hitokoma_2016_13_02.jpg

 渚きゅんが身動きのできない殺せんせーの急所にナイフをつきたて、殺せんせーは光の粒子になって消えました。
 ほんとーかーほんとーに殺せんせー死んだんかー。松井先生への信頼感がすでに地べたを這いずり回る現状では何をやられても気持よく感動することなど不可能です。それどころか、わあ暗殺ってこんなキレイゴトなんだあすごいなあとイヤミの一つも飛ばしたくなります。
 しかしこれであと三回あるんですよね。もう来週号が最終回でもいいくらいなのに。ラストスパートへのペース配分をまちがえたとはさすがに考えにくい。
 次回以降の話として、E組の生徒が高校へ進学したあと、この一年間でつちかった腐れ根性ゆえに新しい環境になじめず、かつて幸せだったE組の校舎へあつまり、いまは亡き殺せんせーを教祖としてあがめたてまつるカルト宗教をおったて、自分ら以外のすべてを悪者だとしてあさま山荘事件よろしく校舎にたてこもり、テロリストとして排除されるような結末だったらゲラゲラ笑えるんですけどね。でもE組の校舎にあつまるってのはありそうです。同窓会とかのかたちで。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2016_13_03.jpg

「何だテメー変な前髪しやがって」

 言ってくれた! ブラクロ読者の九割がたが気になっているであろうツッコミどころを言ってくれた!


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2016_13_04.jpg

 敗北を認めるんじゃあない! 花京院!
 この漫画って流し読みではうっかり読みとばしてしまいそうなこまかいところによく小ネタをしこんでいます。この漫画の見どころはてっしーのかわいさだけじゃないぜ! ほかの要素も五パーセントくらいはあるんだ!


・『鬼滅の刃』

hitokoma_2016_13_05.jpg

 シリアスバトルホラー漫画の最初の吸血鬼が朝日をあびて燃えつきるシーンです。ショボいというか何というか……でもじっくり見ているとシュールギャグないしシリアスな笑いが内包されていなくもないような気がするので『彼岸島』のノリへとシフトしたらいいんじゃないでしょうか。このままだと雰囲気だけの漫画だった『改造人間ロギィ』とおなじくらいのスピードでつきぬける気がします。

hitokoma_2016_13_06.jpg


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2016_13_07.jpg

「何だテメー変な前髪しやがって」

 ブラクロとの奇妙なるシンクロニシティ……!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_13_08.jpg

 掲載順がえらい落ちました。ふしぎに思ってジャンプのバックナンバーを読みかえしてみたら八週まえはちょうど大典太光世との試合で百千夜叉墜が通用しなかったあたりでした。せっかく習得した主人公の必殺技が使いものにならず、時期ライバルに見くだされるってのはたしかに読んでいてつらい。そしてそのつらさは先週号くらいまでつづきます。だからこそ今回火ノ丸が大典太をねじふせたのがまことにスカッとしたわけですが。
 さて今回のセリフは火ノ丸のモノローグ「ワシはあの――廻しを取られぬ国宝三日月宗近から――廻しを奪った男じゃ!!!」が熱い。かつての強敵への高い評価は敵味方のセリフにかかわらずカッコいいものです。

hitokoma_2016_13_09.jpg

 百千夜叉墜の弱点、それは三点投げの三点目、捨身の足がけでした。来ると分っていればよけることはたやすい。大典太もそれをねらいすましてすかそうとして、火ノ丸のフェイントにひっかかって体勢をくずされ、そこをつかれて百千夜叉墜で土をつけられました。この流れで『はじめの一歩』の対沢村戦のデンプシーロール破り破りを思いだした人は手を上げて。はーい。

hitokoma_2016_13_10.jpg

「さあ、お会計お願いします。師匠!」

 火ノ丸のこのふてぶてしいツラがまえとセリフがサイコー。百円で三十分で人数分の料理を用意しろという難題に対しての火ノ丸の答がこちらです。つまり用意すればいいわけで、馬鹿正直に買うなり作るなりしなくてもよかったのです。なお駿海師匠のかつての弟子はそれぞれ別の方法でクリアしました。難題の答がいくとおりもあったのが「百千夜叉墜に至る道も一つじゃない」というモノローグと相通じていて、これもまたよし。
 しかし出前の天丼をもってきたのが天丼屋の天右衛門って、そこまでテキトーなネーミングでいいのかよ川田先生――ッ!


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_13_11.jpg

 まえのレビューで書いたとおりに太刀川さんが敵ボスごと小南先輩にまっぷたつにされました。みごと的中、といいたいけれど実際は下手な鉄砲も数うちゃあたるを地でゆきます。毎回テキトーぶっこいては大ハズレをくりかえしているので、今回まぐれあたりしたところで自慢にはなりません。
 しかし小南先輩のポーズはカッコイイのに、あえて斬られたふたりを強調する描きかたなのは、これが葦原先生の作風なのでしょう。だから評価は高いのに大衆ウケしにくい。

hitokoma_2016_13_12.jpg

 ジャージ姿の高校生がたくさんの犬を夜の公園に散歩させていたら不審者に見つかってさあ大変。ウソです。


・『BLEACH』

hitokoma_2016_13_13.jpg

 『火ノ丸相撲』の意外な低位置に対し、こちらは意外性ゼロ、安定性マックスのドベ二でした。これがホントの鰤位置!
 おあとがよろしいようで。



B01AU16PS4ワールドトリガー 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)
葦原大介
集英社 2016-03-04

by G-Tools




コメント

最低

じゃあわざわざ感想を書かなくていいじゃん。嫌いなら心の中にしまっておけばいいのに、そうゆうマイナスな部分を書くなんて最低。

  • [2016/03/01 18:26]
  • URL |
  • ワンピースマニア
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

※1
ここの管理人は基本的には火ノ丸とワートリ以外はまともな感想書かないから、それがいやなら見ない方がよいと思います。

俺とか左門君もおもろいのになぁ~とか思いながら読んでるけど
ネガティブ方向でも同感できたり
うがちすぎだろwwwとか思ったり

感想に対して感想抱くために
感想サイトめぐりしてるわけで

でも絶賛記事しか書かない人のサイトって
なんだかだんだん通わなくなるんだよなぁ

今週レビュー早いな。まだ火曜だぞ。

個人的に期待してた鬼滅はだいぶまずそうだ。
もっと尖がってくれないとひと昔前の古臭い漫画になってしまう。

いつも思ってたんだけど管理人って日ごろ何してんだろ

※1
嫌いだから感想を書くんだぞ
なんとも思ってなければ感想なんて出てこない

※6
でも実際このレビューで挙がることがほとんど無くて続いてる漫画のことはどう思ってるのかはきになる
ハイキュー、筋ピン、銀魂、そこら辺

感想ブログに感想以上の事を望みすぎなんだよ
わざわざ感想を書かなくていいじゃん。嫌いなら心の中にしまっておけばいいのに。

じゃあ、まず自分がいちいち書き込まないを実践したらw
言い出しっぺの法則w

管理人氏は守る義務ないけどw

>>じゃあわざわざ感想を書かなくていいじゃん。嫌いなら心の中にしまっておけばいいのに、そうゆうマイナスな部分を書くなんて最低。

秀逸なブーメランだなw

本当に嫌いな作品なら読みもしないからな
なんだかんだ残念なところがあってもそれを上回る支持がされてるからワンピースはすごいんだと思うぞ、俺は。

まぁ俺は読んでないけどさ。

暗殺教室への評価は人それぞれだとは思うが、あさま山荘事件持ちだしてDISるのは流石に意味がわからん

左門くんのてっしー以外の見どころが5パーは低すぎると思う
5パーだったらキル子さんのように打ち切り食らってるんだよなあ
どんなに悪くても50パー

むしろ九頭龍が結構なパーセンテージを占めてると思ってる

だまされた、と感じたなら、物語の構成としては成功なんじゃないの?ケチばっかりつけて、もうちょっと素直に楽しんだ方がいいと思うよ

そもそも錦えもんがルフィや読者に隠したのってそんなに問題か?

何度も同じような「実は○○でした」を繰り返すと「またか」ってウンザリするのは事実ですね
そんなときはブリーチでも読んで落ち着きましょう
後だしジャンケンだけで構成されてるからワンピがマシに思えますよ

長く週刊連載やってると、ある程度ネタが似通ってしまうのは、まあ仕方ない。
10年も20年も、見た事もない斬新なアイデア出し続けろってもねえ…。

大体別に後付けってわけでもなく伏線もあったんだけどな。サンジもそうだけど
まぁここはあんま真面目なとこじゃないし出て当然の批判でも信者に逆ギレされるから
グレーゾーンのコメントは一回言って反応悪かったら黙るが吉だよ
何も言わなきゃ楽しませてもらえるんだし
>左門
あんたもう入団しろよw
>相撲
その時点では見下したって感じでもなかったでしょう。まあ古人の感想か

ワンピ
今回の場合はスパンが短すぎるのが駄目だった
ついこの前サンジでやったばかりなのに

言われて気付いたけど確かに普通のマンガなら見栄え重視で
手前にドヤ顔小南、後ろで切られたヒゲ二人がドーン!だな
こう言う細かい所で地味なんだろうな(悪いとは言わないけど)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2363-3efdd531

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ