保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年12号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年12号 

・『最終回まであと五回教室』

hitokoma_2016_12_01.jpg

 二代目死神をたおし、茅野の命をすくうという大仕事つづきのために殺せんせーは精根つきはててその場にあおむけにたおれました。E組の生徒は殺せんせーを殺したくない。しかしこれまでの一年を嘘にしないためにも、殺せんせーを殺したい。そして生徒は全員で殺せんせーをおさえつけてその動きをとめる。かれらの胸のうちを思うと感動する、と言いたい……
 が……駄目っ……!
 起承転までをもりあげて結で読者の期待をドン底にまでつきおとすという展開をこの漫画はやりすぎた……! 殺せんせーが何とかビームと生徒らの愛をあびて奇蹟がおこって人間の姿にもどり爆発の危険性もゼロになるという最悪の最終回をむかえるのではないかという絶望の可能性に戦々兢々とするばかりだ……!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_12_02.jpg

 ホウキをへし折る。弟子入り志願なのに暴言を連発する。火ノ丸にも暴言を吐く。大典太光世こと日景典馬はこの漫画にはいままでいなかったタイプですね、わるい意味で。大関まで昇進しながら横綱への道をあきらめた兄を軽蔑し、自分はそうならないようにとなりふりかまわないというスタンスはわからんでもありません。しかしそれと他人に対して傍若無人であることとはぜんぜん関係のないことです。
 今週号で火ノ丸と激突したので、ぜひ百千夜叉墜で土をつけられ、上昇志向はそのままに他者への最低限の配慮もできるような好感のもてるライバルへと成長してもらいたい。いまのままでは出て来ないほうがいいレベルです。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_12_03.jpg

 これはひどい。予知マジでひどい。ガロプラの遠征隊のひとりが頽勢を挽回しようと戦力をさいて市街地へむかい、ボーダーを手分けさせようとはかったのに、「予知だと被害ゼロだから」という理由で見むきもされませんでした。万一のときはトラッパーのワープがあるからダメ押しで安心だとはいえ、予知マジでひどい。敵がかわいそうになるレベルです。
 ところでレギンデッツのセリフ、「オレなんかじゃ」というところに劣等感がふくまれているように思えます。ガロプラでは半人前あつかいされているんですかね。

hitokoma_2016_12_04.jpg

 ペロッ……これは太刀川さんが体をはってガリトンの動きをとめ、自分もろとも敵を小南先輩にまっぷたつにされようというフラグ……! 黒トリガー争奪戦でもおんなじことやってました。ただしあのとき太刀川さんは斬られるのではなく斬るほうでしたが。

hitokoma_2016_12_05.jpg

 ガロプラにおけるボーダー攻撃手四天王の認識
小南先輩:斧使い
村上先輩:盾使い
太刀川さん:ヒゲ
風間さん:若いのor子供

 風間さんの年を背丈で判断するのは地球人もガロプラ人もかわらないのでした。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2016_12_06.jpg

「……今の私の最大の魔法だ……!
 避けようのない速さ……先程の魔法で引き寄せても無駄な程広範囲・高出力の魔法だ。
 これが放たれた時が君の最後だよ、黒の暴牛団長……!」


 自分の必殺技を懇切叮嚀に説明する敵キャラ……なんでしょうか、田畠先生はポスト『BLEACH』をねらっていらっしゃるんでしょうか。だったらセンスのよさとかキャラの立たせかたとか、久保先生のいいところをパクればいいのに。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2016_12_07.jpg

 地獄の大公爵グシオン。『鉄血のオルフェンズ』を見ている身にはタイムリーな名前の悪魔が召喚されました。その能力は相手の敵意を逆転させるもので、要するに嫌われ者ほど人気者になるという能力です。すなわち九頭龍の好感度のマイナス百万はそのままプラス百万となるのだ! この善悪逆転能力にてっしーはどうやって挑むのか!?

hitokoma_2016_12_08.jpg

 おねむの天使河原さんに九頭龍信者がねこそぎに転向しました。ですよねー。九頭龍の好感度がマイナス百万からプラス百万に逆転したところで、てっしーのかわいさはプラス百億兆万ですからねー。


・『ニセコイ』

hitokoma_2016_12_09.jpg

 前回の内容:つぐみ、IN LOVE.

hitokoma_2016_12_10.jpg

 今回の内容:つぐみ、OUT LOVE.


・『BLEACH』

hitokoma_2016_12_11.jpg

   ↓ 全国の夜一さんファンの心境
hitokoma_2016_12_12.jpg



火ノ丸相撲 四十八手 (JUMP j BOOKS)
火ノ丸相撲 四十八手 (JUMP j BOOKS)久麻 當郎 川田

集英社 2016-02-04
売り上げランキング : 23724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 8 (ジャンプコミックス) SOUL CATCHER(S) ─Interlude─ act.3 (JUMP j BOOKS) 火ノ丸相撲 7 (ジャンプコミックス) SOUL CATCHER(S) 11 (ジャンプコミックス) 火ノ丸相撲 6 (ジャンプコミックス)




コメント

レギー行動からの
二宮「おっ」
犬「分散かな」
K「前と同じやつかな」
嵐「予知では大丈夫らしいぞ」
箱「じゃあ大丈夫だな」
冬「万が一にも大丈夫だぞ」
の流れが滑らか過ぎて笑う

ニセコイはもう在庫処分乙としか言いようがないけど、それでもマリー編みたいに延々と悪夢を見せつけられるよりはまだマシかなーって…。

トリコの駆け足感が淋しい...

いかんですねえ日の丸 明らかに名古屋編から不穏な流れになっとる

茅野の痩せた大地についてはスルーですか?笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2358-18da9837

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ