保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年10号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年10号 

・『ゆらぎ荘の幽奈さん』

hitokoma_2016_10_01.jpg

 三年ちょっとまえに『恋染紅葉』をかいたミウラタダヒロ先生の新作です。なおその『恋染紅葉』はラブコメ漫画三本を同時期に連載するというジャンプ蠱毒で生きのこることはできず、『ニセコイ』躍進の礎となって打切られました。ところでその三本のラブコメ漫画ののこりのひとつは何でしたっけ。えーと、パ、パ……そうだパコさんだ!

hitokoma_2016_10_02.jpg

 さてこのたびの新連載はやっぱりラブコメで、ヒロインが幽霊です。どこかで見た設定だな。えーと、パ、パ……そうだパコさんだ!(しつこい)
 さて絵はあいかわらずうまい。おおぜいのヒロインはみんなかわいい。主人公も不快じゃない。ストーリーは既視感バリバリのテンプレそのままだけれど、それだけに安心して見ていられるともいえます。『ニセコイ』はすでに話をまとめにかかっているので、うまくゆけばその後釜におさまれるだけのポテンシャルはあるように思えます。
 ところでミウラ先生の新連載を記念してジャンプ+で二年まえの先生の読切りが掲載されました。俺としてはこっちのほうが連載になってほしかったのだけれど、アンケートがふるわなかったのでしょうね。二年間も音沙汰なしだったのですから。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_10_03.jpg

 まえから五番目というおどろきの掲載順です。しかし本来的にはこの順位にふさわしいだけのアンケート結果は得られているのでしょう。たいていうしろのほうに載っているのは休載や入稿おくれが影響しているものと思われます。それがちかごろ休載なしで安定的に入稿できるようになったので今週号の掲載順と相成ったわけです。
 しかし『ワールドトリガー』が毎週読めるのは欣快の至りだとはいえ、それがもし葦原先生の無理をおしてのことだとすればとても手放しではよろこべません。稲田浩司先生みたいに体調不良で十年ちかくもペンをとれないようになっては悔んでも悔みきれません。葦原先生、どうかご自愛ください。
 ところで木虎の言いかた、うまいなあ。黒江がしてやられたのをあげつらうのではなく敵方を評価し、黒江をクールダウンさせつつやる気も出させる。とても十五歳の発言とは思えません。おまえのような中学生がいるか!

hitokoma_2016_10_04.jpg

 新トリガー、マジ反復横跳び! ガロプラ脅威の技術力! ホントは分身です。

hitokoma_2016_10_05.jpg

 ガロプラの分身トリガーは屋根にいくつものしかけをはりつけることで相手の目をくらませるものでした。もちろん影分身みたいな実体をうみだすものではありません。しかもつかえる場所はかぎられています。今回は屋内だったからよかったものの、ひらけた場所が戦場だったら一発でしかけがばれますよ。手間がかかるくせにメリットはさほどでもなく、相手の対処法はラク。ハズレ武器じゃないんですか、この分身トリガー。

hitokoma_2016_10_06.jpg

 那須さんのスタイリッシュバイパー! ああ! う……美しすぎます!


・『殺せんせーとE組にさからった者が格をたもったまま敗れるなんてゼイタクはゆるされるはずもなかったよ教室』

hitokoma_2016_10_07.jpg

 殺せんせーとE組にさからった者が格をたもったまま敗れるなんてゼイタクはゆるされるはずもなかったよ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_10_08.jpg

 期待どおりでない展開がつづきます。もと横綱の陰口をたたく関取かっこわるいよ関取。こういうヤな奴はこの漫画の世界観にそぐわないよ。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2016_10_09.jpg

 ヤミ団長によるチュートリアル戦闘がはじまりました。そういうのはべつの機会にやってください。テロリストの親玉で暫定ラスボスを相手にチンタラ講義しながら戦われたのでは、ただでさえゼロにちかかった緊張感がマイナスに転じてしまいます。敵さんは敵さんで、まじめにやっているようでいて冷静にみたらマヌケで隙だらけだし、こんなスットコバトルで話がもりあがると田畠先生が本気で考えていらっしゃるというのなら、モルダーあなた疲れてるのよ。


・『立つ鳥跡を濁す』

hitokoma_2016_10_10.jpg

 わあ衝撃波でホームランを沮止するような外野手がいたのかあ他にも走らずに盗塁したり消える魔球を投げたりボールを素手でとったりボールをバットで粉砕したりバットでボールを粉砕したりできる強敵がいたのかあ残念だなあそいつらとの試合を見たかったなあきっと盛りあがっただろうになあ読者がアンケートをおくらないのが悪かったんだろうなあようしKAITO先生の次回作は打切られないように毎週アンケートを送るぞうとでも言うと思ったか! 読者をバカにするのも大概にしろ! 自分の漫画を自分の手で台なしにするのはやめろ!
 衝撃波? はあ? こんな不まじめなキャラを本篇で出す気ゼロのくせに。リアル寄りの野球、といえば聞こえはいいけれど実際は突きぬけたところゼロの地味で陰湿で読者をうんざりさせるような展開ばかりのこの漫画にはぜんぜんそぐわないから、打切りがきまってヤケクソになっただけのくせに。ああでも笑ったことは笑いましたよ。最終回の有象無象どもの肩書や能力のあまりのセンスのなさに大笑いさせていただきました。
 自分の力不足のせいで打切られたくせに自省するどころかふてくされて最終回でふざけたおすような人はとてもプロとはいえません。ツーアウトでまだチャンスは一回のこされているけれどもうジャンプにもどってこなくていいよ。だれにも迷惑をかけないように同人かインターネットで好きなだけ駄作を発表すればいいよ。



4088806069火ノ丸相撲 8 (ジャンプコミックス)
川田
集英社 2016-02-04

by G-Tools




コメント

先週までは「あー面白くねえな、打ち切られて当然だな」としか思わなかったけど、まさか最終話の醜い逆ギレでここまで不快になるとは思わなかった
自分の漫画に誇りも持てないなら二度と描かないでほしい

今週は左門が面白かったから許す

まあ大相撲のプロに幻想抱くもんじゃないから多少はね。
今でも十分綺麗すぎるし。

木虎の発言は自分がいろいろ失敗を経験したからでしょうね

今週はおもしろいマンガもあったのになんでわざわざと一瞬思ったけど、よく考えたらそれ以上にアレなマンガが多いだけだった
>ゆらぎ荘の幽奈さん 俺の思った感想とだいたい同じだった。何より管理人さんは悪い意味で恋染めの人らしいとか頭悪いこと言わなかった。良かった。
>ワールドトリガー たしかにこんだけ調子良いと恐いと俺だって思いました気づいてますか?年末以来休みなしですよ…
そして木虎は五歳くらい年下だけどそろそろ木虎さんと呼んだ方が良いかもしれない。こんなデキるやつ中学生じゃねえよ!!
実際そろそろ中学生じゃないけど
那須さんは…スゴいけどその技よく考えたら当たるまではともかく当たったあと花火みたいになる必要あるか?もともと設定していた技なのか…やっぱ弾バカだわこの人
>何かの教室 ・・・うん、そうだね!!
別に柳沢が死ぬのはいいけど、さすがにコリャねーわ
>火の丸相撲 まあ賛否両論ですよね。別に弟子でもないのに忙しいとき呼び出されたのだから、文句も言いたくなるでしょう、
しかしコレ違う感が否めないのもたしかです。担当変わった?
>ブラクラ 同感でしかないよ!!
>立つ鳥跡を濁す 同感でしかないよ!!
もともとギャグ多めなら最後くらい良かったかもしれません。
しかしあくまでもリアル路線だったのに最後で自分から捨ててどうすんの!?
その上先週は打ちきりマンガの終わりとしては良いものだったのに…
ハイキューやヒロアカがなんで始まる前からファンがいたのか分かってねえ

非常識なくらい長くなりましたが失礼しました!!

まあ柳沢は応援していた人もE組関係なく無様に終わるだろうなってみんな思っていただろうししゃーない
というかしょっぱいやられ方の神兵よりはマシ

新兵をあんな無様なす巻きにした恨みは未だに消えていない

バディは一瞬「あれ、こんな漫画ジャンプに載ってたかな、、、?」って混乱した
いや世界観変わりすぎでしょwwwww

!?
2年くらい前に見始めた新参だから知らないけど、ここの管理人さんてぬら孫ファンなんだよね?俺も大好きだけど、
それだけに茨木童子に反応しなかったのは意外だ。ジャンプも左門くんもつっこみどころ多すぎてめんどくさかったのかな?
鵺もそのうち出てくるだろうか…

まぁ定期購読で毎月お金払ってるなら、ふざけた漫画載せられて憤りを感じるのもむべなるかな。
ワートリの分身は強いと思うけどな、今後の展開で上手く使われて株があがる事を期待。

何度も書き込んでしまってすいません。一応自分なりに今週の感想↓
ゆらぎ:絵が上手い、同意。ただストーリーがテンプレとなるとそのうちニセコイみたいに飽きられそうなのが心配
ニセコイ:畳むといっても最低あと半年はかかりそう。
暗殺:ワカメざまあ。以上
火ノ丸:こんなにレビューが短いのは初めて?まああの関取はね、なんか横綱の株上げるためだけの舞台装置にしか見えないのがアカンね。
バディ:ここまで露骨なヤケクソだとむしろ「もうジャンプでは描いてやらんぞ」という意思表示にさえ見えてくる。

ガロプラのノーマルトリガーはアフトと比べて能力低めになってるのが面白い
ランク戦で掘り下げたキャラのおかげでアフト戦より規模が落ちているのにより面白くなってるから凄い
パズルみたいな漫画だ

打ち切りが決まってから、自分の描きたいことだけを描いた結果荒唐無稽ながら面白くなったライトウイングとは雲泥の差だな

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2346-554dea5f

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ