保険 アリコ Moon of Samurai 銀の匙 第115話 「四季の巻⑱」

銀の匙 第115話 「四季の巻⑱」 

 バターのお手軽でもない作りかた。

Silver_Spoon_115_01.jpg

 まず牛乳を遠心分離機にかけて生クリームと脱脂乳とにわけ、その生クリームをひたすらに回し、乳脂肪がくっつきあったバターをとりだして塩をくわえて練って練って水分をとばし、型をとってできあがり。デブの脂肪からそのままとれたら手間がなくていいのに。

Silver_Spoon_115_02.jpg

 エゾノー祭の準備を手伝わない手伝わないと言いながらやっぱり手伝ってしまう八軒でした。口ではいやがっても体は正直だな!
 ところでアキちゃんも言うように八軒は体力のつかいかたがうまくなりました。たのみごとの断りかたはぜんぜん上達していないけれどそれが八軒のいいところです。ところで一年のときにぶっ倒れたのもいまとなってはいい経験です。あれを経ずに社会に出ていたらきっと八軒のことだから仕事のひとつひとつに全力投球して体をこわしていたことでしょう。それも学園祭みたいなお遊びではなく社会人としての仕事なのだから、そのダメージは精神的にも肉体的にもあとあとまで尾をひいたはずです。それをさけられただけでも八軒がエゾノーに来たかいはありました。

Silver_Spoon_115_03.jpg

 大川先輩謹製の移動式石窯。のちの八軒らの会社の貴重な収入源になるそうです。
 小人閑居して不善をなす、ということばがあります。つまらぬ人間はヒマになるとろくなことをしないという意味です。そして大川先輩は仕事をあたえておけばマトモな人です。結論。八軒は大川先輩を農耕馬のようにコキ使うべし。それがおたがいのためです。

Silver_Spoon_115_04.jpg

 てーか今回のアキちゃんの乳でけーな。いつもでかいけど今回はとびきりでけーな。これが遠からず八軒の思いのままになると思うと、八軒は大川先輩の借金保証人になって破滅しろと半分本気半分マジ気で思います。

Silver_Spoon_115_05.jpg

 手塩にかけてそだてたブタを出荷して、八軒は大川先輩とともにばんえい競馬場へ石窯ピザを売りにゆきます。そしてその日はアキちゃんおよび糸目の受験日です。四人の運命やいかに。つづきは次回にて。



4403671756百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)
荒川 弘
新書館 2016-02-25

by G-Tools




コメント

>>アキちゃんの乳でけーな。
私もこの成長っぷりに、漫画内での年月の経過を実感しましたw。
初期の頃はちっぱいキャラだったのになあw。

>>大川先輩謹製の移動式石窯。
この石窯、実際にどこかで販売されているのがモデルなんですかね…ほしい。

>のちの八軒らの会社の貴重な収入源
将来的に八軒たちの会社は潰れたりはしないけど、経営状態はあまりよろしくないという事か

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2342-2f43bd0e

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ