保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年08号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年08号 

・『不良はしょせん不良だったよ教室』

hitokoma_2016_08_01.jpg

 死神(襲名)が柳沢の指示でE組の生徒にむけて全力全開で攻撃することにしました。もちろん真のねらいは殺せんせーとの戦いを有利に進めることです。しかし前回のレビューでふたりが生徒を人質にとらなかったのを評価したのに、ほめて損した。
 しかし柳沢らへの好感度はそれほどさがりません。ふたりはすべてを捨ててひとつの目的をはたすために死力をつくしているからです。あと殺せんせーとE組の生徒への好感度がゼロをとおりこしてマイナスに達しているのもおおきい。実のところ生徒のひとりやふたりは殺されたほうがいいんじゃないでしょうか、タイトルの『暗殺教室』が羊頭狗肉でないとするのなら。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2016_08_02.jpg

hitokoma_2016_08_03.jpg

 ありがターン! アスタに礼をいおうとした敵がつぎのコマではやられているというテンポのよさに鉄血第三話を思い出しました。しかし残念ながらどうやらブラクロのほうはまだ息があるようです。しかけてきたのは敵のボスだというのに。しかもおなじ攻撃をくらったゴーシュ先輩もババアシスターも死んでいないようで、ボスの株がちょっとさがったな。

hitokoma_2016_08_04.jpg

 その敵ボスです。お名前はリヒト。以前のレビューでフエゴレオンさんが生きて帰れたのはニセ情報をうえつけられたからなのかもしれないとか書いたのだけれどやっぱりそんなことはなかったぜ! つーかフエさんの復活はいつになるんでしょう。

hitokoma_2016_08_05.jpg

「彼らがまた何か卑怯な手でも使ったのだろう……」

 エンヤ婆! 息子のJ・ガイルが殺されたと知って「心の清い誠実なおまえが死ぬなんて、きっとやつらに卑怯なことをされたんだろうねえ」と理不尽きわまることを言ったエンヤ婆だコレ! でもボスによれば「犠牲になったのは強き者だよ。嫉妬され恐怖され差別され迫害され奪われた……!」うえに「先に仕掛けたのは貴様達の方だ」そうなので、これだけみるとテロリストどもはクローバー王国にひどいしうちをうけたことになります。これがホントかはたまたウソか。クローバー王国の民度は木の葉の里に匹敵するほどに低いので敵ボスの言いぶんはたぶん真実なのでしょう。このボス当人か、あるいはその肉親かがはたけサクモみたいな目にあわされたのだと考えれば、おおいに同情できます。
 ところで『史記』にこんな話があります。かつて魏という国の宰相が死ぬまぎわに自分の後釜として公孫鞅という若者を王に推挙しました。そのとき公叔座は王に「もし公孫鞅をお用いにならないのなら、かならずや彼を殺して国外へ出さぬようにせねばなりませぬ」と進言しました。しかし王は公孫鞅をとりたてることも殺すこともせず、公孫鞅は隣国の秦へ出奔し、その国の君主に重んぜられて大いに秦の国を富ませ、ために魏のわざわいとなりました。魏の王は「あのとき公叔座のすすめにしたがっておればよかった」と後悔したそうです。
 というわけでクローバー王国はリヒトをはじめとした強者らを重用しないのならのちの禍根とならないようにさっさと粛清しておくべきでした。同情はどこへいった俺。

hitokoma_2016_08_06.jpg

 きた! 団長きた! メイン団長きた! これで勝つる!
 なお団長の名前はヤミといい、敵ボスの名前のリヒトというのはドイツ語で光という意味です。光と闇という対の名前なのでふたりには実は因縁があったのだ……なんてベッタベタなことをやるんでしょうか。田畠先生だからやるんでしょうな。


・『恋愛配達人ぽすお』

hitokoma_2016_08_07.jpg

 ギャグ漫画時代の『家庭教師ヒットマンREBORN!』でした。つけくわえるなら、リボーンがかわいくなくて不愉快な『家庭教師ヒットマンREBORN!』でした。


・『トリコ』

hitokoma_2016_08_08.jpg

 なんということでしょう。トリコとスタージュンのコンビが八王バトルウルフを相手に善戦しております。ちかづくものすべての格をダダ下げに下げるトリコの特殊能力がついにバトルウルフにまでおよんでしまいました。……トリコが強くなったというよりバトルウルフが弱くなったように見えてしまうのが難点です。それもこれもトリコがずっと強者の格をたもてずに記憶力絶無の口だけ番長だったんが悪いんや!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_08_09.jpg

 メガネ監督が働いた……といっていいのか? マネージャーふたりに火ノ丸らの稽古をビデオで隠し撮りするように指示しました。やったことは指示だけで、実際に動くのはマネージャーのふたりだし、そのことがバレてもし怒られるとしても、それはやはりメガネでなくてマネージャーふたりでしょう。メガネがダチ高相撲部になくてはならない男に返り咲くのはいつの日のことか……

hitokoma_2016_08_10.jpg

 火ノ丸が幕内力士をぶん投げました。その力士が火ノ丸のことを舐めていたのはわかります。それでも十回やって一回勝てるくらいで、その一回をもってきたのだというのもわかります。次回では本気になられて火ノ丸はいっぺんも勝てないことでしょう。百千夜叉墜が初見殺しの必殺技だというのもあります。ほかにも言えることはたくさんあります。しかしそれでも、プロがアマチュアの学生に土をつけられるというのはちょっとなあという感じです。それも現状壁にぶちあたっている火ノ丸にやぶれるのはどうでしょうか。

hitokoma_2016_08_11.jpg

 でも冴ノ山が火ノ丸のことを弟弟子だといっていたのはよかった。火ノ丸が幕内力士らのあいだで針のむしろにすわっていたときも甘やかすようなことを言わなかったのも好印象です。


・『BLEACH』

hitokoma_2016_08_12.jpg

 一護おまえ何しに来た。
 ……という思いがまっさきに頭にうかんだあたり、俺はほんとうに一護に頼りがいを感じていないようです。バトル漫画の主人公が最後の見開きで登場したってのに、何しに来たですからね。
 なお石田はこれ以前にハッシュヴァルトから裏切りを疑われていたので、叛意がないことを示すために一護を殺すよう命ぜられるのでしょう。そのとき一護があえて無抵抗をつらぬき、「オレはおまえを信じているッ!!! たとえこの身を裂かれ最後の一片になろうともおまえを信じぬくぞ!!!」とクロコダインみたいに男気あふれるカッコいいことを言ってくれたら株もダダ上がりに上がるし、友情にほだされて石田が攻撃をやめてハッシュの不信が決定的なものになったとしても一護を責める気は微塵もおこりません。でもなあ。一護だからなあ。いつものように豆腐メンタル全開でわめきながら石田の攻撃をさけまくってトンズラこくんだろうなあ。


・『あの娘はヤリマン』

hitokoma_2016_08_13.jpg

 あの娘はヤリマン! あの娘は槍マン!
 タイトルをみた瞬間にオチまでみとおせるようなネタで連載をつづけ、しかもおもしろさを持続させているというバイオレンスギャグ漫画のジャンプ+からの出張です。くだらないし、下品だし、パロディも多いし、なんでチャンピオン系列で連載していないのかってくらい『刃牙』や『シグルイ』ネタばかりなのだけれど俺はけっこう好きです。

hitokoma_2016_08_14.jpg

 ラストのコマでおそ松さん発見。


・『食戟のソーマ』

【今週号の掲載順】

・銀魂
・ONE PIECE
・暗殺教室
・ブラッククローバー
・ハイキュー!!
・僕のヒーローアカデミア
・恋愛配達人ぽすお
・ものの歩
・トリコ
・斉木楠雄のΨ難
・火ノ丸相撲
・左門くんはサモナー
・BLEACH
・あの娘はヤリマン
・背すじをピン!と
・こちら葛飾区亀有公園前派出所
・食戟のソーマ ← 注目!
・ワールドトリガー
・ニセコイ
・バディストライク
・磯部磯兵衛物語


hitokoma_2016_08_15.jpg

 さがったなあ。ソーマ史上最悪レベルに掲載順がさがったなあ。アンケート結果が掲載順に反映するのは八週前のものだというのでジャンプのバックナンバーをしらべてみたらちょうど叡山戦でした。ジャンプ読者のマジョリティもあの展開はつまらなかったようです。『ニセコイ』もマリー篇から掲載順が目に見えてさがってゆきましたし、ネットの評価とジャンプの主な読者層の評価とが一致することもあるようです。もちろん『暗殺教室』を見ればおわかりのように両者がまるっきり乖離するケースもありますが。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_08_16.jpg

 ガロプラの遠征隊のボスのガリトンが「戦闘開始だ」と言っておきながら、実際には大砲でボーダーの遠征艇を破壊しにかかりました。このウソつきめ! もちろんガロプラ遠征隊の第一目標がボーダーの遠征艇の破壊なのだからウソというよりは計略というべきです。ガリトンのブラフにひっかからずまっさきに格納庫への注意をうながした風間さんもさすがです。

hitokoma_2016_08_17.jpg

 風間さんの声にいちはやく反応してガトリン砲をレイガストでふせいだのは村上でした。寝なくても活躍できるんだな。攻撃手四位は伊達じゃない。まえに熊谷にむかって「付け焼き刃にやられる訳にはいかない」といったのは、それまで積みあげてきたものの自負ゆえの発言だったんですね。

hitokoma_2016_08_18.jpg

 小南先輩のトリガーは威力だけなら黒トリガーなみのようです。ところでガリトンのトリガーのバシリッサというのはギリシャ語で女王を意味するそうな。ネイバー関連の名前がギリシャ語由来(たとえばアフトクラトルは皇帝、ヒュースは豚)というのはまだ健在らしい。それなのになぜガロプラ遠征隊の名前がキテレツ大百科しばりなのかは永遠の謎です。

hitokoma_2016_08_19.jpg

 攻撃手トップランカーを指揮するのは風間さんになりました。風間隊の連携はボーダートップという実績のなせるものです。あと風間さんが四人のうちでいちばんの年長者だからというのもあります。背丈のせいでそうは見えないけどね。背丈のせいでそうは見えないけどね!



4087033872火ノ丸相撲 四十八手 (JUMP j BOOKS)
久麻 當郎 川田
集英社 2016-02-04

by G-Tools




コメント

一護はそろそろ悟ったような顔で石田に対すると思いますよ
銀城のときもわかってないのに理解者ヅラして殺しましたからね
それにしても今さら石田をつつき回すハッシュさんは
陛下の全知全能の予知能力をまったく信じてないんですね

今週のワートリメッチャよかったよなぁ…

ワートリの村上が活躍してるとこ見るとなんか嬉しくなる
那須さん派なんだけどさ。

村上の戦闘は観ていて楽しい
レイガストの扱いがうますぎる

>ソーマ
同感だけど、まあその三つでどれが一番マシというか期待できるかといったら暗殺だし
それに8週前はともかく今は暗殺ネットの評判も(三つの中では)いいから…
てかソーマの感想もちょっとは言ってやりましょやw
>ブラッククローバー
あんたホント好きだな!!まあでも今週のはマジでおもしろい。どうしたブラクラ
>ワールドトリガー
なんでって?そりゃ藤子ファンだからさ

ワートリは二~三番目の実力者を描くのに力を注ぐけど
ナンバーワンを相応しく描かないのがなんとも
なんかカタログスペックだけであんま強そうに見えない

暗殺はむしろ柳沢本人のプライドだけじゃなく世界の為に絶対に殺さないといけない戦いだから
生徒たち狙わず(ベストに近い手段を取らず)に殺せなくて負ける方が問題だと思うし第一こんなところにノコノコ来た時点で自己責任だから非難される筋合いはないでしょうね

暗殺教室の最近の展開は確かに陳腐だけど、生徒を数人殺せば話が引き締まるみたいな考えも負けず劣らず薄っぺらいよね

負けず劣らず薄っぺらくても
今の薄っぺらさよりかは厚いから仕方ない

サモナーのクズ登場回における
てっしーの守護らねばならぬ発言みたいに
ジャンプにチャンピオンネタ増えてて
こっからチャンピオンに人来ないかな~
ハリガネとハイキューコラボしねぇかなぁ?

>負けず劣らず薄っぺらくても
>今の薄っぺらさよりかは厚いから仕方ない

たった二行の文章で矛盾させるのやめましょうよ

>>たった二行の文章で矛盾させるのやめましょうよ

何処が矛盾してるんだ?うんことクサヤ、どちらも臭いけどまだクサヤのが食えるぐらいのレベルっていう比較の話だろ?

※10
【悲報】暗殺教室信者、『矛盾』の意味が分からない

負けず劣らず→≒
~の方が厚い→>

国語と数学のどっちかが不得手な人かな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2331-6b7745ae

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ