保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年07号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年07号 

・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_07_01.jpg

 ダチ高のメガネ監督、今週も役たたず。火ノ丸の新技がすでに全国に知られて対策も講じられているらしいのに打開策がまったく思いつかないようです。前回は髪形をかえただけの大典太の正体も見ぬけなかったし、もう知将じゃないよコイツって感じです。桐仁がこのさき重要キャラとして生きのこるには他校との練習試合のセッティングとか練習メニューの決定とか、さらに地味なやりかたに特化する必要がありそうです。


・『不良が雨のなか捨て猫にミルクをやると善人に見える教室』

hitokoma_2016_07_02.jpg

 柳沢&死神(偽)が命をすてる覚悟で殺せんせーを殺しにかかりました。しかも殺せんせーにとっては最も有効であるはずのE組の生徒を人質にとらないやりかたでです。ここにきてずいぶん株をあげてきました、ワカメのくせに。
 そして死神(二代目)もまた三か月の命になるという改造手術をうけて殺せんせーを超えるスペックを手に入れました。こいつらは悪党だし、柳沢のほうは諸悪の根源なのだから高評価するのはどうかと思うけれど、これほどの覚悟を見せつけられると敵ながらあっぱれという感じです。
 ここまでくれば望みはただひとつ、柳沢と死神(襲名)がこのまま格をたもって最終回までこぎつけてくれることです。どうか殺せんせーとE組の踏台にだけはなってほしくない。「覚悟とは……犠牲の心ではないッ!」とジョルノみたいなことを言って説教かます殺せんせーにころりと参って改心するようなことにだけはなってほしくない。しかしこの漫画の結末にはつねに期待をふみにじられてきたからな……


・『フードファイタータベル』

hitokoma_2016_07_03.jpg

 うすた京介先生のジャンプ+で連載中のフードバトル漫画の読切りです。なお俺はひと月くらいまえに読むのをやめました。うすた先生はジャガーの中期あたりから“一見みたところでは手抜きのようでいてよくよく見れば味のあるギャグ”のようでいて実際は“一見みたところでは手抜きのようでいてよくよく見れば味のあるギャグのように見せかけているけれどホントはやっぱり手抜きでぜんぜんおもしろくない”ように思えるシーンが多くて読む気がうせるんです。
 もちろんあれがいいという人も多いのでしょう。俺はイヤです。マサルさんの中期ごろまでのノリがいい。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2016_07_04.jpg

 親父の正体あっさりバラし。薙切親子の茫然とした顔がナイスです。さてこのふたり、来週号ではどうするのやら。パパンのほうは城一郎のことを「そこいらの者とは遺伝子からして違う」なんて言ってたので、その遺伝子をうけつぐソーマの評価も高くせざるをえないはずなのだけれど、あっさり前言をひるがえしたらそれはそれでおいしい。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2016_07_05.jpg

 ごらんのとおりセンターカラーです。掲載順もなかばあたりで安定し、二十週打切りは確実に回避しました。キャラも出そろったのでローテーションでまわすだけでも話がつくれることでしょう。しかしおかげでてっしーの出番が相対的に減少するというこのジレンマ!

hitokoma_2016_07_06.jpg

 神兵……伝説の役たたず傭兵! ミスタークズ! かけ値なしのカス! ザ・ゴミ! なんて九頭龍にふさわしいよび名なんだ!


・『トリコ』

hitokoma_2016_07_07.jpg

 なんということでしょう。スタージュンさまがバトルウルフのひと嗅ぎで魂をとばされてしまいました。トリコも同上だけれどこやつが不覚をとるのはいつものことなのでおどろきでもなんでもありません。悲しいかな、スタージュンさまがこのところトリコと同格になったせいでヘタレぐあいまで同格になってしまったのです。
 そういえばアカシアのフルコースを手に入れるために四天王が一団で行動するようになってからココもサニーもゼブラもみんな頼りがいがなくなってたな……もうトリコといっしょにいて格落ちしないのは小松だけなのかも知れません。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2016_07_08.jpg

 複数のチームがいっしょに行動することになって、だれが指揮するかという話になって、いちばんの年長者の諏訪さんがリーダーになりました。こういうのはふつうランク順か年齢順だそうです。はっきりきまってないんですね。階級が絶対的な基準になっている軍隊とはだいぶちがいます。
 ところで加古さんの顔をみていて気になったところがあります。

   ↓ 330ページひとコマ目
hitokoma_2016_07_09.jpg

   ↓ 330ページふたコマ目
hitokoma_2016_07_10.jpg

   ↓ 331ページひとコマ目
hitokoma_2016_07_11.jpg

 表情がぜんぶおなじだよ加古さん! コピーじゃないんだからもうちょっと変化をつけようよ加古さん! こんなだから絵の評価があがらないんですよ葦原先生!

hitokoma_2016_07_12.jpg

 バトルジャンキーの利敵行為! わざわざ敵に作戦目標のありかと自戦力のうちわけをバラす! いくらダンガー餅川さんでもまさか『BLEACH』キャラみたいなバカなまねはしないと信じていたのに……!
 と思ったらカメレオンで透明中の風間さんのフォローのために敵の注意をひきつけていたのでした。疑ってゴメンよ太刀川さん。さすがに『BLEACH』キャラみたいなバカなまねはしないよね。


・『BLEACH』

hitokoma_2016_07_13.jpg

 日番谷きゅん登場! 作中屈指のかませキャラ日番谷きゅんがカッコよく登場! 日番谷でさえかませのトップと言いきれないのだから『BLEACH』のかませキャラの層の厚さは他の追随をゆるさないぜ! そんなものは追いぬかれたほうがいいにきまっているけれど。
 てーか日番谷、背がのびましたね。正確にいうと足が長くなりましたね。ブーツの部分が全部上げ底だといわれたほうが納得できるレベルです。もしかしたら久保先生は日番谷の描きかたを忘れちゃったんではないでしょうか。



火ノ丸相撲 四十八手 (JUMP j BOOKS)火ノ丸相撲 四十八手 (JUMP j BOOKS)
久麻 當郎 川田

集英社 2016-02-04
売り上げランキング : 24145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




コメント

なんという事でしょう『神兵』という呼び名が役立たずの代名詞に!

サモナー作者のこのあたりのフットワークの軽さはモテ王の作者を彷彿とさせる

加古さんトレス疑惑

あれ?暗殺敵キャラの方が好感持てるぞ?

あと暗殺のサブタイがちょっとよくわからなかった

今週人質取ったけど
命かけて敵対してる奴に対して
お前出てけとか言える神経凄いわ

はなっから殺しにいってるから人質とは少し違うんじゃないか?

※3
こち亀かなんかであった「不良が更正したら褒められるけどプラマイゼロになっただけで最初から良い子の方がいいに決まってるだろ」みたいな話から来てるんだと思う

ゴミクソみたいな展開とキャラばかりだったおかげで今回の敵役はそこそこ映えて見えるって話じゃね

九頭龍の神兵Tシャツは笑いましたw
あと左門くんと九頭龍、結構仲良くなってるんですね。ちょっと微笑ましい

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2330-229a5ecd

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ