保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2016年01号

今週のジャンプ一コマレビュー 2016年01号 

・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2016_01_01.jpg

 火ノ丸はレイナのことがもののみごとに興味の外でした。火ノ丸にとってレイナは相撲部のまわりをうろちょろするくせに相撲が嫌いな変な女くらいの認識だったのでしょう。しかしたびたび目路に入ってきたのに、ユーマとのあいだに「いや実はアイツ俺の妹なんだ」「ほー、そうじゃったんか」くらいのやりとりもなかったことになります。火ノ丸とユーマとはプライベートのたぐいはいっさい話さないんですかね。実は今でもあんまり仲がよくない?

hitokoma_2016_01_02.jpg

 ユーマは相撲の力量はイマイチのくせに、几帳面な性格と育ちのよさから料理の腕前はプロをして瞠目せしめるほどのものでした。食戟のユーマ!

hitokoma_2016_01_03.jpg

 そのとおり。食い放題でもとをとるのは並の大食いでは不可能です。でなければどこも食い放題方式など採用しません。思い出すのはウン十年まえのことです。十かそこいらのころ、生れてはじめて食い放題のビアガーデンに家族みんなで行ったとき、もとをとろうと必死で食って、腹がふくれたら時間をおいたりランニングをしたりしてどうにか腹をすかせようとして、結局どうにもならずにギブアップして、帰り道に腹が張って気分がわるくなって動けなくなったものだから父におぶわれたら一歩すすむごとにゆれるせいで乗物酔いに弱い俺はいよいよいけなくなってとうとう口から鼻からゲロをもらしました。これも今となってはいい思い出です。襟首がゲロくさくなった父はどうだか存じませんが。

hitokoma_2016_01_04.jpg

 落ちもうまかったし、箸休めのギャグ回としてよくできていました。しかしさすがに『焼肉の王子様』の強烈無比のインパクトにはおよばなかったな……


・『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

hitokoma_2016_01_05.jpg

 こち亀の掲載順が五番目……だと……? センターカラーであるのを抜きにしても異常事態と申せざるを得ません。なお内容のほうは、語りたくないなあ。部長がクズのうえに無知なので読んでいて苦痛でした。
 これが二十年まえの秋本先生だったら、麗子が弘前城の天守が移動するというのを両さんが頭ごなしに否定し、そこへ部長と中川が訂正し、両さんが親戚に曳家がいたことを思い出して説明する。それから部長が家を移動させたいと両さんに相談すると中川が見積りを出し、その費用の高さにおどろいてあきらめる。そこへ両さんが金もうけのチャンスだと悪だくみして部長の家を秘密で移動式実験室にしたりピンハネしたりする。結果、部長が被害をこうむって最後に両さんが報いをうける、みたいな話にしていたことでしょう。
 しかし自分で言っておいて何だけれど、二十年まえというのもすごい話です。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2016_01_06.jpg

 叡山先輩、きょうのノルマ達成。もうオーバーリアクションがノルマになってしまっています。

hitokoma_2016_01_07.jpg

 これ絶対に入っちゃってるよなアッー!


・『妖移植変異体ガロ』

hitokoma_2016_01_08.jpg

 数ページ読んでヒロインがでたところで見おぼえのある絵だと思ってカラーの扉絵を見かえしてみたら『三つ首コンドル』の作者だと知れました。前作は話がすすむにつれて作者がどんどんレベルアップしてゆくのが目に見えてわかって楽しかったのだけれど、その成果がこのたびの読切りにはあまり発揮されていません。ストーリーがテンプレから逸脱していないのもさることながら、主人公が社会人としての限度をぶっちぎりで突破するほどのバカなのは正直カンベンしてほしい。前作みたいなファンタジー世界ならまだ許されるかもしれないけれど、とりあえず現実世界の延長線上にある世界観で、しかも職業が警察官だと、最低限の知性をもちあわせていないとツライものがあります。

hitokoma_2016_01_09.jpg

 しかし前作のスーの唐突な水着姿もそうだったけれどヒロインの露出度を無理矢理にでも高めようとする作者の意慾は……悪くないぜ?


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2016_01_10.jpg

 この漫画がジャンプのまん中に載っている!? 俺は夢を見ているのか?
 というわけで不思議の大躍進です。しかしこれがアンケート結果の反映によるものだと楽観してばかりはいられません。なにせ今週号のジャンプの掲載順はこち亀が五番目で『ハイキュー!!』が十番目、『背すじをピンと!』がドベ五という意味不明のものが目立つので、来週号も中盤をキープしていなければ単純によろこぶわけにはまいりません。油断はできません。でもこの掲載順がたまたまでないといいな。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2016_01_11.jpg

「グヒハハハハハハ!! 何だァコイツは~~!?
 魔力がまっっったく無ぇじゃねーかァ――――――――!?
 魔法騎士団でも無ぇザコ野郎がァ~~~!! オレが相手してや――」


hitokoma_2016_01_12.jpg

 完全に様式美。アスタさまに魔力がないのを馬鹿にする悪役が成敗されるというのはもはや確実です。
 確実! そうツン研の『To LOVEる』同人誌のラストにはジョジョネタがブッこまれるっていうくらい確実じゃッ!


・『トリコ』

hitokoma_2016_01_13.jpg

 小松がでしゃばるといつもきもちわるくなる。


・『ニセコイ』

hitokoma_2016_01_14.jpg

 この漫画の掲載順のあがりさがりの極端さがかつての『BLEACH』を髣髴とさせたのでひろいもののコラ画像をはってみました。



火ノ丸相撲 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)
火ノ丸相撲 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)川田

集英社 2015-11-04
売り上げランキング : 5313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火ノ丸相撲 6 (ジャンプコミックスDIGITAL) 火ノ丸相撲 5 (ジャンプコミックスDIGITAL) 火ノ丸相撲 4 (ジャンプコミックスDIGITAL) 火ノ丸相撲 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) 火ノ丸相撲 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)




コメント

火ノ丸の新マネは腐ってるんじゃなくただの恋する少女みたいですな
まあベタですがそれがらしくてよい

あとツン研はごくたまにジョジョで〆ない時があるから(震え声)

あ、そういえばツン研の人はいまマガジンで連載やってますよ
超エロいから読んでみては?

↑トラウマ植え付けんなよ

噂によると来週も左門くんは掲載順は悪くないらしい

>なにせ今週号のジャンプの掲載順はこち亀が五番目で『ハイキュー!!』が十番目、『背すじをピンと!』がドベ五という意味不明のものが目立つので

ものの歩「カラーたくさんもらってるんですが(ドベ3)」

今週やる気ないな
俺はネビロスが傘に入れたシーンで笑ったわ
てっしーだったら破り捨ててた

確かに、最後の少将で吹いたw

アスタさんって
あの豪腕で巨大な剣を振り回して
誰も殺さずに生きていくんでしょうか

今のジャンプは激戦区すぎる

どんだけ前に掲載されても次週ではドベ争いだから安心できん

休載多いワートリもヤバい
アニメ補正も切れそうだし

大丈夫大丈夫、剣心も逆刃刀でしばきまくってたけど誰一人死ななかったから大丈夫

小松がイケメン化したのは人気のためじゃなくて、こういう気持ち悪いキャラになるからあえて顔だけでも良くしようとしたからなんだろうか?
ニセコイはマリー編の出来を考えるとこの扱いも残当。

いやーソーママンセー漫画きついっす

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2307-250c6a24

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ