保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年51号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年51号 

・『バディストライク』

hitokoma_2015_51_01.jpg

 かつてラクロスというマイナースポーツに取材した『クロスマネジ』のKAITO先生がかえってきました。このたびは日本ではメジャー中のメジャースポーツである野球が題材です。
 さて一読しての感想はというと、KAITO先生の漫画はあいかわらず梅雨どきの運動部室のすみっこみたいな感じだなあというものです。とにかくじめじめしていて爽快感ゼロで、ここぞというときには見ばえをよくするために漂泊脱臭するのだけれど、洗剤の香りにまじるカビ臭さとか白塗りしてもかくしきれないシミやよごれとか、そういう地金が察せられてすなおに気分よくなれません。主人公コンビのどちらにも好感がもてず、チームメイトはのきなみ無能で、そいつらをのぞけばみんなクズ。ページをめくるのが苦痛でしかたがありませんでした。実をいうと今週号のジャンプをはじめて読んだときは十ページくらいで挫折してよみとばし、このレビューを書くためにあらためて読みかえした次第です。
 この漫画の第一話の時点での期待度は『スモーキーB.B.』にもおよびません。あちらは主人公がクズであることが明確にキャラづけされていたし、ものがたりの設定にケレン味もあったので、現時点での『バディストライク』よりはだいぶマシです。
 あとオマケ。

hitokoma_2015_51_02.jpg

hitokoma_2015_51_03.jpg

 画太郎先生は偉大です。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2015_51_04.jpg

 いやいや叡山先輩、この期におよんで何をやる気になっているんですか。なにをやってもソーマの心がおれないからって何をマジメに食戟するつもりになっているんですか。そもそも審査員をすでに抱きこんでいるんだから何をやっても勝ちはゆるがないのに。え、それとも審査員を総とっかえして正々堂々と勝負するつもりなの? アンタいったい何がやりたかったの?
 好意的に解釈するなら、叡山先輩ははじめからソーマの鼻をへこませることが目的で、はじめは手段をえらばず強権でもって屈服させようとしたけれど、そういう方面ではぜんぜんこたえなかったので、ソーマの土俵で戦って勝つことで完膚無きまでにうちのめそうと考えなおした、ということでしょうか。しかし読み手としては納得のゆかないものがあるし違和感ものこります。それはおそらく薊政権による独裁を打倒するのが今シリーズの大目標だと読者は思っていたのに、その薊政権の卑怯卑劣の体現者みたいな叡山先輩がここへきて手のひらをかえして真剣勝負をはじめようというのが原因でしょう。話の焦点がどんどんスライドしていって読者をおいてけぼりにしている感じです。こういう展開にするのなら、はじめから叡山先輩と薙切パパとのあいだに間隙があることを、読者がきちんと理解できるくらいに強調しておいてほしかった。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_51_05.jpg

 火ノ丸と小関部長との勝負はおおかたの予想どおり火ノ丸の勝利に終りました。しかしおたがいが全力をだしきったうえでの結果なので心のこりになるものはなにひとつありません。

hitokoma_2015_51_06.jpg

 今週号のジャンプで個人的ベストの一コマです。だれだこのメガネと言ってはいけません。かれは西上高校の竹田君といって、かつて小関部長が出稽古していた高校の相撲部員です。ダチ高相撲部が本気で全国をめざすようになっては出る幕がなくなったけれど、それでもかつての交誼をわすれずに小関部長を応援しているのです。
 こういうさりげないところにも作者の心くばりの一班はあらわれるものです。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2015_51_07.jpg

 こんな所読んでないで勉強しろ〈周一〉

 ロックだぜ麻生先生。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2015_51_08.jpg

 ブラクロのわるいところばかりが出た話でした。ただアスタさまageのためだけに生みだされたクズがDISり、そいつをアスタさまがこらしめ、アスタさまへのまわりの好感度があがるという、茶番三連撃。でもこういうのが本来のブラクロだといわれたら返すことばが見つからないのが悲しいところです。アスタがあまり出番がなく、活躍するキャラはたいていが有能で、敵キャラも決して単純なクズではないという、ここ数話のブラクロはむしろ異端だったのですから。書いてて涙がでてくるぜ!
 ところで田畠先生、シスターとかフッハさんのことを忘れていなかったんですね。


・『ものの歩』

hitokoma_2015_51_09.jpg

 あの一手がここに来て絶好の位置にいるそうです。

hitokoma_2015_51_10.jpg

 ここは静かだそうです。
 池沢先生、連載をはじめるにあたっていろんな漫画をよんで勉強したんですね。がんばったんですね。でもパクり元はもうすこしバレないように描いたほうがよかったと思いますよ。
 しかし池沢先生もさすがにプロです。当然のことながらパクリばかりではありません。実体験をもとにして作劇にいかしております。

hitokoma_2015_51_11.jpg

 池沢先生、『クロガネ』連載中にネットでさんざんたたかれたのを根にもっていたんですね。よっぽど腹にすえかねたんですね。でもこういうルサンチマンまる出しの描きかただと燃料投下にしかならなくてネットユーザーを喜ばせるだけですよ。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2015_51_12.jpg

 容姿端麗成績優秀、ただし藝術方面は壊滅的という本篇ではあまり活かされていない設定もちの綾辻さん、しだいに腹ペコ属性を身につけつつあるの図。しかし美人はなにをやっても絵になるなあ。

hitokoma_2015_51_13.jpg

 二年あればオサムは上と勝負できると木虎は考えていました。けっこうな高評価です。時枝先輩が意外の感にうたれるのもむべなるかな。

hitokoma_2015_51_14.jpg

 ド正論だけどって、綾辻さん何気にきついな。いやすなおに思ったことをそのまま口に出しているだけというべきか。ところで綾辻さんはオサムに対して甘いことを木虎につかれて、大福をもらっちゃったからと辯解しているけれど、これはもしや木虎がオサムを門前払いしにくくさせるためにまっさきに大福に手をつけたという内情があるのかもしれません。もしそうだとしても綾辻さんの腹ペコ属性はそのままでいてほしいけどな!

hitokoma_2015_51_15.jpg

 いまやボーダー随一のネタキャラとなった二宮の意外な過去があかされました。すでにシューターとして一位の座に君臨していたころに、自分にないものを得ようとして、格下で年下の出水に頭をさげて弟子入りしていたのです。
 ところでうえの画像の出水は両手をポケットにつっこんでいるのだけれど、もしかして二宮のハンドポケットバトルスタイルは出水のマネをした結果なのでしょうか。まー二宮さんてばカタチからはいる人だったんですね!

hitokoma_2015_51_16.jpg

 二宮の過去話をきかされ、まわりにやさしくされることになれてしまったことを自覚させられたオサムは、おない年の木虎に頭をさげて助力をたのみました。この木虎はオサムに対してキツすぎるという意見がネット上でちらほら見うけられるけれど、俺はあまりそうは思いませんでした。そりゃやさしいとは絶対にいえません。しかし木虎の言いぶんは筋がとおっているし、オサムが礼儀をつくしたあとはちゃんとアドバイスもあたえているので、木虎のことはあまり批判したくないなという気分です。

hitokoma_2015_51_17.jpg

 あと木虎はオサムのこざかしさというか、単純な腕前とはべつのところをきちんと評価していることですし。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_51_18.jpg

 俺の好きだったマリーは死んだ! いやさ古味先生に殺された!
 ほうっておいたら命にかかわりかねない病気をわずらっていて? 自分みがきを優先させた? これもすべて楽に好かれるため? ふざけんな古味先生! こんなアホ女がいてたまるか! そんなフワフワした理由で死病の治療をなおざりにしたなんて知ったら、そいつに好かれた男は重荷に感ずるにきまっているだろうが! そんなことも想像できないようなアホ女がいてたまるか! 古味先生はそんなこともわからんのか!
 Key作品に出てくるような正体不明意味不明の病気とか、その病気をただひとつなおせる病院を経営しているのが橘家だとか、そういうマヌケな設定がどうでもよくなるほどに今回のマリーはひどいアホ女にされてしまいました。でもこれはマリーが悪いんやないんや……古味先生が諸悪の根源なんや……


・『カガミガミ』

hitokoma_2015_51_19.jpg

 最終回です。最後のページはちょっとグッとくるものがあったけれど、連載中に興味をひかれることがほとんどない漫画でした。よくこれで二十週打切りを食らわなかったものだと感心したくらいです。
 まず主人公が優等生で、とがったところもなければかけたところもなかったのが第一の敗因でしょう。火ノ丸みたいに体格のハンデもちで健全とはいいがたい情念をいだいているとか、オサムみたいにメインキャラ中最弱とか、キャラの本質にふかくかかわるような点がないため、ぜんぜん感情移入できませんでした。まあがんばりたまえと鼻をほじくりながら思うくらいです。キツネは心の底からどうでもいいヤツでした。ヒロインはけっこう年のはなれたお姉さんというのがちょっと珍しかったけれど、ダメ人間だったので年上のアドバンテージを活かせなかったのがおしかった。
 そういうわけでメインの三キャラがみんな魅力にとぼしかったので、いくら話がすすんでいってもぜんぜん興味をもてず、流し読みをしていたら今週号の最終回にゆきついたという気分です。
 ともあれ岩代先生おつかれさまでした。「次回作にご期待ください」とあるので四回目のチャンスはのこっているはずだと思っております。



地獄甲子園 (1) (ジャンプ・コミックス)
地獄甲子園 (1) (ジャンプ・コミックス)漫F画太郎

集英社 1996-10
売り上げランキング : 131811

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
まんカス 画太郎先生だぁ~い好き (ヤングチャンピオンコミックス) 虐殺!!! ハートフルカンパニー ミトコンペレストロイカ 1 (BUNCH COMICS) ミトコンペレストロイカ 2 (BUNCH COMICS)




コメント

なお作者は巻末コメントで「またどこかで」と言ってる模様

ニセコイの作者はともかくとして、担当も編集も何とも思わんのだろうか…。
あんな原稿が通る理由が分からん。
何か、トンデモない交渉スキルでもあるのか…。

ニセコイはどこ見ても荒れてるね・・・(当たり前だけど)
単行本の売り上げもほぼ半減しちゃうし本気でやばいかもね

真剣勝負で二人だけの世界に入るなんてピンポンのペコVSドラゴンでもやってたんだけどなあ(むしろ拗らせてた対戦相手の精神的な解放という点ではこちらの方が近い)
なんでもかんでもパクリ呼ばわりするのはどうなのか
漫画界には「二人目まではパクリだが、三人目からはジャンルになる」という言葉もあるのに

まあ、囲碁将棋マンガで、意外な布石が活きるなんてのは、よくある事だし、対局中の二人がどっか逝くのもなあ…。

ニセコイはもう…

治療せずにフグ調理免許云々って叩かれてるけど、単に作者が忘れてるだけだろ。いやなんの擁護にもならんが。

木虎は至極正論で正直好感度も上がったけど、
あのシチュエーションは振るわない社会生活を思い出してちょっと凹む

このマリー編自体ほぼ全員の株が下がるすごい展開だったが、特に主役ヒロインのマリーをキャラの持ち味を全てマイナスにして抹殺したのはむしろ天才だと思うわ>ニセコイ製作陣

「実は病気は治せたし、そのための時間も十分あったのに自分磨きしてました」は
古今東西の病弱薄命ヒロインにケンカを売った最低最悪のシナリオだったと思います。
自業自得で発作を起こして「今は、今だけは…」とか言ってたのかと。

ものの歩は先週の時点で「ぜったいヒカ碁のあれやる気だ」と思ったら案の定でしたね。
クロガネの時点で幽霊師匠がヒカ碁の劣化版だと評判だったしよっぽど好きなんでしょう。

  • [2015/11/20 01:09]
  • URL |
  • 名無しのジャンプ読者
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ニセコイとマリー
控え目に言って最悪ですね
もう今までのマリーの行動やセリフの総てが白々しく思える

あまりこういう事は言いたくないけど
作者は絵や作劇よりも
道徳や一般常識を勉強したほうがいい

ニセコイは今週分、なかった事にして描き直させろよ…。
流石に、これはない…。

ニセコイの編集が斉木國春説が出てる模様

今週分どころかこの章ごと書き換えないと無理だろ
登場人物全部アホすぎる

キムチを超える事件が起きるとはね…

今週どこのサイト見てもニセコイの話で持ちきりで草

ソーマ、ノープランのくせに偉そうで吹いたわ。ニセコイはもう何も言うまい

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2291-62a7023d

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ