保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年49号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年49号 

・『食戟のソーマ』

hitokoma_2015_49_01.jpg

 絶対に勝ちめがないと知りながら、それでもソーマは食戟を申しこむ! やったーカッコイイ――――といえるのは残念ながら絵だけです。比喩表現でもなんでもなくほんとうに勝ちめがないもんなあ。審査員を買収されたうえで勝つなんて、よほど根回しをたくみにやるか、あるいは主人公補正を最大限に発揮するかくらいでないと不可能です。そしてソーマは前者をやるタイプでは絶対にありません。
 絶対的強者にソーマが食戟をいどむという展開は以前の、田所ちゃんの退学とりけしのための対四宮戦とにたところがあるものの、あちらは田所ちゃんが絶対無敵にかわいくて読者の同情をむりなくひきだしたのに対し、こちらは極星寮とりつぶしを回避させるためのもので、しかもかんじんの極星寮についての描写がこれまでぜんぜんなされていなかったため、読者としても同情のしようがないし、いまさら女キャラどもにピーコラ泣きだされても心はうごかされません。べつにつぶれてもいいんじゃね? というのがすなおな感想です。
 でもソーマが極星寮のためではなく自分のために食戟をいどんだのだけはよかった。なにがあってもあくまで自分ひとりの問題に帰結させるという矜恃をゆるがせにしないところはソーマのいいところです。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2015_49_02.jpg

 うまい。実にうまい。冒頭の図書委員から斉木のうっかりサイコメトリー、連作小説がそのままべつの連作回想になっていて、しかも最後の最後ですべてがつながるというみごとな構成。『斉木楠雄のψ難』はまちがいなくいまのジャンプでいちばん話づくりのたくみな漫画です。しかしあまりに展開がうまいものだから、この記事みたいに一コマをきりとってあれこれかたるやりかただとおもしろさがつたえづらくて、どうしてもとりあげずにすませてしまいがちになります。このレビューで斉木をあまりとりあげないのはそういう理由によるものであって、べつにきらいになったからとかそういうわけでは断じてないことをここに附言しておきます。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2015_49_03.jpg

:.:.:.:.:.:.:.lヽ:,}`ヽ、:.:i,ヾ\:.:.:.l ト`丶:ヽ:.:.:l'、:丶
:.:.:.:.:.:.i:l V,==≧、、 、\l _∠^N:.ト:.l \!
:.:.:.:.::::}' / ,r''"でi)ヾ''='  ケr。ヽ !:.:l ゙i!
:::,':::::::l   {,     ノ   ヽ二ノ i,jリ
:::、:::::::l   ` ‐ '' "      丶、 V
rュ:::::::l              / ',
f-う、::::',              '^ ' 、 ', うおっ、まぶしっ!
 「(ヽ:トi        , ――---r' l
', ヽ ヽゝ      /_,,.. -―、‐f  ,'
::\`" 〉     (~´: : : , -┴' /
、::::::ゝ‐' ',      `'‐ '"´ ,,..::'  /
>ぅ-y'  '、            ,'
,r‐ァ'   丶、、          !
  {,      `` -- 、、_,ノ
  丶          人


hitokoma_2015_49_04.jpg

 テロリストどもの所有する石版や宝石、そして捕虜のほとんどをうばいかえされたものの、魔法帝は捕虜のひとりを確保してはいました。最低限の格はたもてたというところです。あとみずからの誤算を自覚しているのもよし。ここで魔法帝がなにひとつ成果をあげららず、かつそのことをまるで悪びれずにヘラヘラ笑っていたら『ヨアケモノ』の沖田になっていたところでした。
 しかしひどい先輩キャラだったなあヨアケ沖田。ひと山いくらの打切り漫画の一キャラにすぎないのに、無能というただひとつのポイントがあまりに強烈だったせいで、まだ忘れられないのだから。

hitokoma_2015_49_05.jpg

 ものすごく個性的でうっとうしい前髪のノゼル兄様がここ最近キャラを立ててきました。いくらなんでも魔法騎士団の有能な貴族がみなアスタDISにのみ邁進するのはまずいと田畠先生もお気づきになったものと思われます。いささか遅きに失した感ありといえども、これまでのワンパターンにくらべればはるかにいいので、軌道修正おおいにけっこう大歓迎です。

hitokoma_2015_49_06.jpg

 フエゴレオンさんの弟のレオポルドンが覚悟もあらたに、あらためてアスタにライバル宣言しました。これもまたよし。
 ユノ? ああそんなのいたね。


・『ものの歩』

hitokoma_2015_49_07.jpg

 このたびの主人公の相手はコンテンツ殺しとよばれるプロゲーマーで優勝候補に圧勝し、しかもそれはスマホで多面指しをやってのことでした。そして顔はいいので作者はこのさき主人公のライバルキャラに昇格させるつもりなのかカワイソーな過去回想を挿入して読者に感情移入させるようしむけています。
 イヤだなあ。こうやって文章にするだけでもイヤだなあ。
 コンテンツ殺し? ゲームウォッチやファミコンの初期ならいざしらず、いまの時代にコンテンツそのものを殺すような貧弱なシステムまわりのゲームがあるんですかね。そもそもそんなのが発覚すればメーカーはすぐにアップデートしてハメ技なんて無効化してしまうことでしょう。メーカーをバカにしてはいけません。
 スマホの多面指しも沙汰の限りです。もしかして池沢先生は「実際の対局ではスマホ使用は限りなく禁止に近いですが、ロマンということで」とでもヘリクツをこねるおつもりなのでしょうか。あとスマホ使用を指摘したおっさんがまるで見ぐるしい卑怯者のように描かれているのも不愉快きわまりない。
 ライバルキャラ昇格のおそれにいたっては言語道断です。顔さえよければクズだろうがなんだろうが腐女子人気をえられるだろうとの池沢先生の打算がすけてみえて目もあてられません。
 しかしこれでも編集部からは期待されているようで、次回はセンターカラーを射とめました。それを知ったとき、俺はとある漫画を思いだしました。小畑健先生が作画をつとめ、主人公の初登場時は小学生、ジャンプにありがちのバトル漫画ではなく頭をつかって強敵をたおしてゆく、ネットでも大反響をまきおこした、あの!

































学糾法廷 1 (ジャンプコミックス)

 『学糾法廷』を!
 『ヒカルの碁』をもってくると思ったか、バカめ!
 それはさておき、この漫画の第一話をよんだときには池沢先生も成長したものだと感心したのに、連載がつづくにつれてどんどん馬脚があらわれてくるのを見て、やっぱり池沢先生は池沢先生だなという落胆のためいきがでるばかりとなりました。
 もういいよ。もう打切られていいよ。今期打切りは『ベストブルー』と『カガミガミ』に確定しているから、来期に打切られて天使河原さん延命の人柱になってよ! (◕‿‿◕)


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_49_08.jpg

 石高の真田さんと荒木との試合は結果だけ描かれ、前者が勝ちました。このカードを省略しますか。ある意味では火ノ丸vsチヒロよりも興味ぶかい対戦なので、三ページでも五ページでもいいから両者の全力のぶつかりあいを見てみたかった。

hitokoma_2015_49_09.jpg

 火ノ丸vs小関部長。火ノ丸が対沙田戦でまわりの想像以上に右腕を痛めていることを知った部長は、火ノ丸に手心をくわえることなく、逆に闘志をかきたてられます。すばらしい。ここで相手に手加減するようでは部長は三流です。しかし昨今そういう三流キャラがいかに氾濫していることか。相手を気づかうとか、実は本気をだしていなかったとか、やる気がなくなったとか、そのほかなんのかんの言って真剣勝負をしないやつはみんな小関部長の爪の垢を煎じて飲んで腹をくだしてトイレへ直行してそのままジャンプに帰ってくるな。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_49_10.jpg

 なんか十本刀のできそこないみたいな連中がでてきたのでひろいもののコラ画像をはっておきます。


・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2015_49_11.jpg

 ジャージ姿の天使河原さんマジ天使。



ブラッククローバー 1 (ジャンプコミックス)
ブラッククローバー 1 (ジャンプコミックス)田畠 裕基

集英社 2015-06-04
売り上げランキング : 6981

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブラッククローバー 2 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 3 (ジャンプコミックス) ブラッククローバー 4 (ジャンプコミックス) カガミガミ 1 (ジャンプコミックス) カガミガミ 3 (ジャンプコミックス)




コメント

盗撮教室はやると思ったのに
ネタにするのもアホらしくなったのかな

あとブラクロの評価が結構甘めですね。

学糾法定あんなに嫌ってたのに随分引っ張るなーw皮肉なのはわかってるけれど
あとサモナーは俺も残って欲しい

そもそもソーマの前回の審査員とかバッチリ買収されたことが映像に残ってんだがアホすぎだろ
もうよそで仕事できないじゃん

テッシー残ってくれないかなぁ
色気じゃなくて純粋に可愛い女の子って
ジャンプだとダンスとテッシー位しかいないからなぁ

あと最近知ったんだけど
ダンスの人オナマスの人だったんか
絵柄違いすぎだろ

何というか、相撲みたいに余裕や油断なんてせずに真剣に全力で打ち込むのが本当に良いんだけど、ものの歩は最初は良かったのに、なんで逆の道を行ってしまうんだろうな。そこが残念だ。
あと天使ヶ原さんマジ天使。

こういう競技そのものを馬鹿にしたキャラってどこに需要があるのかな
本気でわからない

てっしー延命のために数年ぶりにアンケート出すかぁ

まあ将棋のアマ大会がその辺ユルユルなのは事実なのよね
ソフトの強さが認められてきたのはわりと最近の話だしアマ規約だと携帯スマホに関する注意書きが一切無いわけで
あと気に入らないキャラが出てくるとすぐ腐女子とか言い出すのはちょっとみっともないと思いますぜ

将棋とテッシーどっちも生き残るってできないのかな?

将棋を法廷と比べるのは失礼千万だと思うけど
左門くんの人柱の件については同意せざるを得ない
今になって打ち切ってほしくない漫画多すぎるんだよ

ユノがサスケェみたいになりそうだ

※1
むしろここ最近のは悪意を感じたからこれでいいと思う

ものの歩はぶっちゃけ一話からつまらんかった
特に主人公のキャラが不愉快

俺はまだ歩に絶望していない!
あ、でもテッシーと2択なら余裕で歩を切り捨てるわ

打ち切りに瀕している作品のファンが他の作品(しかも人気はそちらの方が上)を切れとか言い出すと末期だなあと思えてくる。
それは作品の名を汚すだけの行為なのにね。

ま、まだ瀕してないし末期でもないだろいい加減にしろ!

来週もドベ圏なら死亡

打ち切りに瀕している作品より人気が上の作品なんて論理的にないですやん

間違えたw「論理的にない」→「論理的にほぼ全部」

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2281-4330b87f

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ