保険 アリコ Moon of Samurai 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第03話 「散華」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第03話 「散華」 

 前回の次回予告の時点で察せられたとおりに今回も人がバンバン死にました。

g-tekketsu_03_01.jpg

 冒頭は食事シーン。ポンコツ姫はあいかわらずポンコツぶりをふりまいてくれました。料理を皿によそうことひとつ満足にできず、庖丁さばきはもちろん目もあてられません。お約束のあざとさです。

g-tekketsu_03_02.jpg

 三日月を中心としてラブ時空が微妙に発生しております。イカちゃんはともかくクーデリアになぜフラグが立っているのか……同年代の男の子のために容赦のない現実を知ることになり、それがきっかけで気になるようになったから? そういうことを現実世界のお高くとまった女に言ったら高確率でヒステリーをおこされて目のかたきにされるだけなんですけどね!
 で、これで今回のなごみパート終了。みじかっ。

g-tekketsu_03_03.jpg

 CGSの一軍連中は晩飯に一服もられて身うごきできなくされたところへオルガと交渉、じゃなくて一方的な通達を強制されました。まずはリーダー格を問答無用で射殺。つぎに抵抗しようとした男も射殺。まあしかたないよね。戦死者の四人にひとりはうしろから飛んできた弾で殺されるというやつです。鉄血の錬金術師グラン准将もにたようなことを言っていました。おお、はからずも鉄血つながり。

g-tekketsu_03_04.jpg

 オルガはのこりの一軍にCGSにとどまって三軍の下につくか、それともここを出てゆくかをえらばせました。でも会計係は残留強制。うん、金勘定ができないやつばかりだと会社はなりたたないもんな。デクスター・キラスターさんご愁傷さま。
 さて一夜あけるとCGS社員の進退について金髪キャラがオルガに物申しに来ました。この金髪は公式サイトによればユージン・セブンスタークといって、オルガがCGSに来るまでは少年らのリーダー格だったけれど、考えがあさくてカリスマがないためオルガにとってかわられた男です。これまでは一軍という目のうえのタンコブがあったからオルガの指図にもしたがっていたけれど自由になったとたんにオルガにかみついてきたわけか……このアニメはこういうところが地味にリアルです。

g-tekketsu_03_05.jpg

 小寺政職のパチモノ、略して小寺パチ職は一軍からの残留組です。相手が子どもばかりなのでくみしやすしと見たのか、それともモブしかのこっていない一軍につくよりはましと判断したのか。なんにせようさんくささMAXのキャラなのでこのさき話をひっかきまわしてくれることを期待しましょう。

g-tekketsu_03_06.jpg

 さて会社が火の車だと会計役に知らされたオルガらが今後のことを相談しているところへ口をはさんだのが小寺パチ職で、CGSがギャラルホルンに目をつけられていることを再確認させ、そのうえでギャラルホルンのねらいのクーデリアを売りとばせば安全もカネも手にはいるという一石二鳥の策を提案します。おとなってズルい。でも現実的。
 そしてクーデリアの処遇についてあれこれいっていたところへ武人オッサンのクランクが単騎でやってきて一騎討を所望しました。さきの大戦のまえは決闘でもめごとが解決していたとのことです。戦争が外交の延長である以上、決闘みたいによそへの被害のすくない方法でケリをつけられるならそれにこしたことはありません。しかしそのばあい相手が決闘のルールを順守してくれるのが大前提でして。いま世界各地で紛争が頻発して終熄する気配がないのはゲリラやテロリストが国際法みたいなルールをぜんぜん守るつもりがないことがおおきな理由のひとつです。
 閑話休題。クランクはCGSに鹵獲されたモビルスーツとクーデリアのひきわたしを要求し、そこからさきはギャラルホルンとCGSとのかかわりはなしにすると確約しました。要するに負けてもクーデリアさえわたせばオーケーという、CGSにとってはえらく条件のいい話なのだけれど、オルガはクランクのことが信用できるわけではないと言って三日月に戦うよううながしました。三日月はもちろんオーケー。
 さてオルガは阿頼耶識システムの手術がきわめて危険なものであることをクーデリアに説明します。

g-tekketsu_03_07.jpg

「ミカはそれを三回もうけた。そのリスクしかないような手術を。
 もちろん、自分の意志で」


 ホントかよ。いやオルガが自分の言ったことを信じているのはたしかだろうけれど三日月がほんとうに自分の意志で阿頼耶識システムの手術をうけたかどうかはあやしいものです。というかこれまでの描写を見るに三日月は「オルガが内心それを望んでいるから」と考えて手術をうけた可能性がたかい。このあともオルガは三日月のことをあれこれ言うものの、どこかズレている感じがします。
 はっきりいうと三日月とオルガとはおたがい依存している関係にあります。ふたりが無事ならそれはそれでいいとしても、おそらくこのさき三日月はオルガが死ぬか離別するかして強制的に自由にさせられるでしょう。そのとき三日月はほんとうに自分でなにかをきめられるのかどうか。
 ともあれデュエル開始!

g-tekketsu_03_08.jpg

 ふつうに作画がよくて、ふつうに重量感があって、ふつうによくうごく、でも見かえしたいとはあんまり思わない戦闘シーンでした。クオリティはたかいと思いますよ。なぜか積極的にほめたくはならないけれど。優等生への反撥みたいな感じでしょうか。

g-tekketsu_03_09.jpg

 最新鋭のモビルスーツとはいえ量産機がガンダムにかなうはずもなく(コラ)クランクはやぶれました。実際には阿頼耶識システム×3のおかげなのだろうけれど。

g-tekketsu_03_10.jpg

「鉄華団」
「え?」
「俺たちのあたらしい名前。CGSなんてカビくさい名前を名のるのはシャクにさわるからな」
「テッカ……鉄の火ですか?」
「いや。鉄の華だ。
 決して散らない、鉄の華」


 でも作品の雰囲気からしてオルガの思いとは裏腹にバンバン散ってゆくんでしょうけどね! あとサブタイトルが散華の回で鉄華団なんて名前をつけるなんて最悪のフラグを立てたとしか思えねーぜ!

g-tekketsu_03_11.jpg

 さてクランクはモビルスーツのコクピットを直撃されたので即死したかと思ったけれどどっこい虫の息ながら生きながらえていました。もちろん死ぬのは時間の問題ですけれど。そして死にぎわに三日月とことばをかわします。このたびのクランクの単騎出撃は命令違反であること、クーデリア捕獲という手みやげがなければ部隊に迷惑をかけること、もしここで戦死すれば責任はすべて自分がかぶることなどなど。
 さっきは三日月とことばをかわしたと書いたけれど実際にはクランクのひとりがたりみたいなものでした。基本的に自分のことしかしゃべっていないし、三日月の心にはまるでひびいていないみたいだったし。しかし知らなかったとはいえ三軍をさんざん殺しておいたうえで子どもが戦うのはどうたらと言ったり、上からの命令よりもみずからの誇りを優先して決闘におよんだりと、クランクはよくもわるくも自己満足のなかで生きて死んだオッサンでした。単純に善悪でわりきれないキャラなのがベネ(良し)

g-tekketsu_03_12.jpg

「すまんな……手をかしてくれないか。
 俺はもう、自分で終ることさえできない」


g-tekketsu_03_13.jpg

「……」

                                            //
                                           //
                                           //
                                          //_
                                            ||| |
    \    ありが    /                             |  |
      \__ __/                               | u |
          V                                  |  \
       /\___/ヽ        _.,.,_       _             |  \
 ・    /::::::''''''   ''''''\      ///;ト,      || |   ___       |__  ̄ ̄―
  ∴∵・|:.,(●), ● 、(●)|     ////゙l゙l       ( ̄ ̄ ̄(Ξ (|| ||       |   ___
 ・    .|:::::.  ,,ノ( ,_,)ヽ、,,, .|    l   .i .! |       ̄ ̄ (Ξ  (|| ||  ___|―― __
     |:::::::. `-=ニ=- '  |    |    | .|           (Ξ  (|| ||≪| _―― ̄ ̄
     .\:::.  `ニニ´  /    {   .,).,)          | ̄― ̄/ ̄  ____――
      |ヽ    、 -´/7:::゛`  ̄!/   / |         ( ̄(0_/ ̄ ̄ ̄
     /゙i.  ) / ,.イ::::::::::::: | /   人  \        ( ̄ ̄/
                                   ――⌒――ヽ

g-tekketsu_03_14.jpg

 クランクに勝ったのはいいものの、これでギャラルホルンとの対立は決定的なものになりました。そのことで小寺パチ職やユージンは三日月をせめたてます。いやおまえら矛先がちがうだろ。もし文句をいうのなら相手は三日月ではなくオルガだろ。三日月にやれと言ったのはオルガなのだから。それとも三日月にクランクと戦って死んでいればよかったんだとでもいいたいのでしょうか。
 さてそこへ助け船をだしたのがポンコツ姫、もといクーデリアでした。これからも鉄華団に自分を護衛してくれるよう依頼し、金のほうは独立運動のスポンサーの大金持ノブリスをたよればいいと申しでました。ノブリスといえば前回に名前だけ出てきたキャラで、あのときはギャラルホルンの幹部が資金援助をどうたらと言っていたので、独立運動のスポンサーといってもその実態は二股膏薬のタヌキなのでしょう。
 で、オルガはクーデリアの申しでを心からうけいれるのでした。おいオルガ、結果的にうまくいったけれどもしクーデリアがおまえらに護衛を依頼しなかったらどうするつもりだったんだ。いまさらクーデリアをギャラルホルンにひきわたしたとしてもクランクそのほかを殺した今では立場が非常に悪くなっているんだぞ。このさきオルガが『BLEACH』のキャラみたいに策士みたいな雰囲気をだしながら実際は雰囲気だけのマヌケにならないか不安になります。
 それはさておき次回予告はユージンがつとめました。

g-tekketsu_03_15.jpg

「鉄華団なんてありえねえ! 俺だったら、もっとカッケェ名前つけんのにな。ハイパーなんたらとか、エクスタシー、エクスタシー……あ、ジャスティス。お、ジャスティス! ビシッとくるぜ!」

 ガンダムで、ジャスティス……次回、アスラン・ヅラ、出る!?



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル 2015-12-24
売り上げランキング : 58

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 7 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6 (特装限定版) [Blu-ray]




コメント

ユージンは今後パチ職に唆されて裏切りそうですねぇ

蝿の王ルートまっしぐらですよ、元々リーダーだったなら
ユージン派もいそうだし分裂しますね

武人オッサンうざすぎ、三日月がキレるのも解るわ

オッサンは物事を自分の価値観でしか考えられない人っぽかったからな。
少年兵のことを気の毒とは思うけど、なんで戦ってるのかって考えてなかったんだと思うよ

「子供を殺したくないから極力殺さないよう決闘を申し込む」のはまあわかるが
仮にCGSに三日月やオルガがいなくてもクーデリアを殺す事には変わらんからぶっちゃけ偽善だよね。
要は自分(軍人)が子供を殺さなければオッケーと言うガバガバなロジック。

そういう見た目だけ繕った武人に礼を言いきらせず殺したのは割と高ポイント

あとクーデリアがポンコツかわいい

オルガさん実にヤバイですね。何処で死ぬかな、アイツ。

何がヤバイって、ナチュラルに俺頼む人、あいつ殺す人と無自覚に思ってそうな所。
反乱に当たって先週三日月に拳銃渡して殺しを頼んでましたが、三日月の驚異の身体能力がないとどうにもならないような危険な状況で三日月に頼んだってんじゃなくて、あの計画であの状況でなら三日月に殺しを頼む必要が一切なかった。
単に手を汚すのを狂犬に代わりにやってもらいたかっただけだと思う。

一見良さげに見えて、明らかに歪んでますね、あの二人の関係。
スタッフは明らかにこの歪みを仕込んできてると思います。

どこでオルガ殺して命令してくれる奴のいなくなった三日月を描くのだろう?

  • [2015/10/25 01:08]
  • URL |
  • 通りすがり1号
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2272-917dcfc5

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第3話 『散華』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.10.11バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング: 55Amazon.co.jpで詳細を見る  ああああああぁぁぁぁぁぁっっっ!!!(号泣)    クランクがぁ…2話で私の心をがっちり掴んだ素敵なおじさまがぁぁぁ…(ノД`)・゜・。...

  • [2015/10/19 19:20]
  • URL |
  • 新・00をひとりごつ |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #3「散華」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第3話を見ました。 #3 散華 料理を手伝ったクーデリアは野菜を大きく切りすぎて失敗してしまったために責任を持って自分で食べようとするのだが、三日月の手に渡ってしまう。 「これくらいデカイ方が食ってる感じがして美味い」 「…っ!?それは大変よろしかったです」 オルガ達は生き残った一軍の食事に薬を混ぜて眠らせ、三日月は一軍を仕切っ...

  • [2015/10/19 19:34]
  • URL |
  • MAGI☆の日記 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ  第3話「散華」 感想

nefiru: 豆でもくってんのかね? g_harute: 仕事前の食事か nefiru: お嬢様ごはん作りねあざとい g_harute: お姫様は典型的な箱入りやなー nefiru: そして無能なオッサン達態度でかないな┐(´д`)┌ g_harute: 組織的にはおっさんの方が上だからな

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #3 散華

三日月君ってオルガに言われたらなんでもやるよね・・・

  • [2015/10/20 07:40]
  • URL |
  • ゴマーズ GOMARZ |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第3話 『散華』 ここまで自ら手を汚す主人公も珍しい。

殺したくて殺したんじゃない!ガンダムに限らずアニメの主人公は大抵これ。まあ主人公が殺人狂じゃ困ります。しかし必要以上に「不殺」を強調しすぎる連中もちらほら。お陰で敵が不自然に自滅するような展開にゲンナリすることもしばしば。しかし三日月にそれはありません。オルガが言えば即射殺。敵のおっさんからの同情も感傷も美学にも一切興味が無い様で。 これがホントのクーデレ?クーデリア今度は食事のお手伝い。「...

  • [2015/10/20 12:17]
  • URL |
  • こいさんの放送中アニメの感想 |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第3話「散華」感想

鉄血のオルフェンズ 三日月オーガス容赦せん!! 主人公が無抵抗の人間をなんの躊躇もなく射殺するとかすげーなこのアニメ。 日曜日の夕方5時にやっても大丈夫?! それにし ...

  • [2015/10/20 22:19]
  • URL |
  • ガンダムFWブログ |
  • TOP ▲

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯3「散華」

評価 ★★★★ 正義はどこにある……?              

  • [2015/10/24 06:48]
  • URL |
  • パンがなければイナゴを食べればいいじゃない |
  • TOP ▲
少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ