保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年44号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年44号 

・『かませ教室』

hitokoma_2015_44_01.jpg

 かませ犬二匹がビルひとつ砂にかえたくらいのことで殺せんせーを殺せるつもりになっていました。天下一武道会で悟空の実力もしらずに壁を破壊して自信満々だったパンプットなみの身のほど知らずです。いや殺せんせーの力を知ったうえでなお余裕綽綽なのだからパンプット以下か。こいつらにできるのはせいぜいE組の生徒らをビビらせるくらいのことです。もちろん人っ子ひとり殺せやしません。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_44_02.jpg

(三年かけて死にもの狂いで追い付いたと思ったら……
 たった2か月で突き放されるんか……)


   ↓今週号の沙田(ただしイメージ画像)
hitokoma_2015_44_03.jpg

   ↓今週号の火ノ丸(やっぱりイメージ画像)
hitokoma_2015_44_04.jpg

 ふつう急速な成長は主人公の専売特許のはずなのに、この漫画ではライバルのほうの武器になっております。やるほうの肩をもっていれば見ていてもぜんぜん気にならないけれど、やられるほうからすればたまったものではありません。火ノ丸の腹立ちや嫉妬ももっともです。


・『ものの歩』

hitokoma_2015_44_05.jpg

 池沢先生が三話目にして攻めてきました。しかも二連発。
 まず一発目。主人公のシェアハウスの同居人が下着姿をおしげもなくさらしました。これを見るにつけても思うのは池沢先生の女を描くのがうまくなったことです。前作『クロガネ』ではヒロインのクラスメイトの体は骨骼異常、下着もエロさゼロパーセントでババパン、略してBBPNなどという蔑称をささげられるほどだったのに。前作から今作までの休憩期間を池沢先生は無為にすごしたわけではないようです。
 そして二発目。いちご100%To LOVEるを主人公がひきおこす!

hitokoma_2015_44_06.jpg

 いちごパンツをはいているのは野郎だけどな!


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2015_44_07.jpg

 ボロボロの体なのに血気にはやるアスタには空手チョップとことばとで冷静になるよう教えさとし、バテつつあるけれど外傷のない弟レオには闘志をふるいたたせることばをかけ、かつ個人の戦術眼と実力をも見せつけます。紅蓮の獅子王団長フエゴレオン・ヴァーミリオンはこの漫画ではじめて登場した、たよれる大人です。アスタも思わず武者ぶるい。こういうキャラを話の序盤にだしていたら俺もこの漫画のことをもっと評価できていたのに。
 しかしフエゴレオンはいいのだけれど、このキャラのポジションをつとめるべきは本来ならアスタの上司である暴牛の団長です。しかしあのオッサン、部下の指導教育なんてぜんぜん興味がなさそうだもんな。もうアスタは暴牛をぬけて紅蓮の獅子王へうつったほうがいいと思います。

hitokoma_2015_44_08.jpg

「とてつもない才能も磨き上げられた力も、正しき精神を伴わなければただの暴力!!
 そんなモノは誰からも認められん!!!」


 片目のネクロマンサーことラデスは六年まえに魔法騎士団にトップの成績で入団したものの屍霊魔法が危険な禁術だからという理由で追放されたのでした。だからそんな騎士団にも国にも復讐するという陳腐な理窟に対してフエゴレオンはまったく動揺することなく斬ってすてました。
 フエゴレオンの言やよし。力なき正義は無力であり、正義なき力は暴力である。でもラデスの心がゆがんだのは、そりゃ入団式のときにはすでに性格のわるさのにじみでる顔だったけれど、クローバー王国全体の身分差別とDISり体質とによるものも大きいのではないでしょうか。これまでの主人公サイド以外のキャラは口をひらけばたいていアスタを平民だからと見くだすかアスタに魔力がないのをバカにするかばかりだったので、たぶんラデスさんもだいぶん不当な目にあわされたはずです。そういう魔法騎士団のいたらぬところにもフエゴレオンさんには言及していただきたい。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_44_09.jpg

                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ マリーの母親が何でも
                /(  )    思い通りに出来るってなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       結婚式をぶち壊す

 で、このあとマリーとバツイチオッサンとの結婚式は神の摂理にしたがってご破算となり、マリーの経歴に消しようのないキズをのこしながらも楽は当然のように自分のやったことの責任をとらないだろうし、まただれからも責められない、どころかみんなから友だち思いだとかいってほめられるのでしょう。そのシーンが目に見えるようです。
 でもこれで楽が完全覚醒して
「マリーをすくうために集英組の全力をつかってやる! もちろん責任とってマリーとは結婚するし集英組のあともつぐ! ついでに千棘や羽姉とも結婚してビーハイブと叉焼会もいただきだ! もちろん小野寺も俺の女だ! みんな俺についてこい!」
くらいのことを言ってくれたら俺は『ニセコイ』の単行本を全巻そろえるつもりだけれど、そんなことは最終回に小野寺さんエンドをむかえるくらいありえないので、過度の期待はよしにしておきます。


・『バクマン。Age13』

hitokoma_2015_44_10.jpg

 子どものことから漫画が好きで漫画を描いて漫画のことしか頭にない漫画バカ新妻エイジ。なぜこの痛快な天才児が脇役で、作中トップクラスに気持わるいコンビが主人公だったのか。


・『BLEACH』

hitokoma_2015_44_11.jpg

 日番谷冬獅郎復活ッ! どれほどブザマをさらそうとも自信満々の雰囲気をくずそうとしない鋼のメンタルには敬服せざるをえぬッ!




コメント

子供隊長より一角弓親コンビの方がまだ頼りになりそうでつらい

なんかレビューが寂しいと思ったらワートリが休載か

今週くらい暗殺教室って呼んであげなよ

楽「その言葉、宣戦布告と判断
当方に迎撃の用意あり 覚悟完了!!」

責任取る気がサラサラ無いのに、人の結婚式潰して経歴に消しようのない、どうしようもない傷をつけようとする屑

マジで何なのこいつ

なるほど磯辺と火ノ丸とで今週はテーマが関連してましたねww確かに

確かに楽は責任とってマリーと結婚するべきなんだろうけどマリーは多分そんな形で楽と結ばれたくはないだろうな

フエゴレオン、最初は呼び捨てだったのに最後でさん付けされててワロタw

確かにさん付けしたくなるキャラだけど

>かませ犬二匹がビルひとつ砂にかえたくらいのことで殺せんせーを殺せるつもりになっていました。

まあ、まだこの描写だけでは何とも言えませんが
仮に死神の元教え子が殺せんせー同様の完全な触手生物になってるとしたら
理論上はちゃんと殺せんせーより強くなってると思いますよ?

何せあの触手、移植されてから全身変質させる際に本人の願望通りの姿にしますが
殺せんせーはその際に「出来るだけ弱くなりたい」と願ってるので……
殺せんせー殺すことだけ考えてる元教え子ならスペック上はそれより強くなるかと

それ以外の技術的な面はまあ……
ソレ理由に負けちゃうと前回の焼き直しになるんで流石に無いんじゃないですかね?
一応は死神騙して売り払うのに成功してるくらいですし、全くの力不足って事も無いかと


もっとも、展開的にこいつらが殺すというのは考えにくいので
良いとこ殺せんせーの細胞を暴走させて真面目に生徒が暗殺する展開に持ち込むか
悪けりゃ以前言ってた切り札で中ボスになるのが関の山だとも思いますが

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2258-0cc2a2be

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ