保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年43号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年43号 

・『左門くんはサモナー』

hitokoma_2015_43_01.jpg

 秋の新連載第二弾は、まえに三連続読切り『モロモノの事情』を描いた沼駿先生の完全新作です。予告絵のオーラが貧弱なのと、ヒロインが前作読切りのロボ娘みたいなばいんばいんでなかったのと、そのふたつのせいでぜんぜん期待していなかったのに、キャラは立っているしネタは充実しているしで、いい意味で予想を裏切られました。

hitokoma_2015_43_02.jpg

 主人公は左門。キャプ画像がちょっと不適当な気もするけれど左門なのはまちがっていないからいいや。

hitokoma_2015_43_03.jpg

 そして天使河原さんマジ天使。たまたまバスでとなりにすわっただけのクラスメイトのゲロを素手でうけとめ、しかもいやな顔ひとつせずに相手を心配するという、もしかしたら現実にもいるかもしれないというレベルの天使です。俺の学生時代にこんな子がいたら絶対にファンクラブを結成していましたね。そしてこの世の邪悪や不条理から守るために学生生活のすべてをついやしたことでしょうね! ところで車のなかでのゲロキャッチというと『ナニワ金融道』を思いだします(こちらは靴をつかったけれど)。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2015_43_04.jpg

 総勢五千六百超えの“麦わら大船団”結成! ただし頭領のルフィの意見は無視して。
 このへんがおとしどころではないでしょうか。ルフィが親分になるならないでひっぱられても読者としては興味がつづかないし、ルフィがおおぜいの上にたつことをひきうけるのはキャラとしてふさわしくないし、しかしそんなことを言われてバルトロメオらがすんなりひきさがったらルフィの格がおちるしで、ルフィはいやいやながらも衆におされてしかたなくトップにされたというのがいちばんおさまりがいいのです。こういうポジションにつくキャラがが実力不足だったり読者の好感度がひくかったりしたら総スカンをくらうところだろうけれどルフィなら適任です。
 いまの俺の心配ごとはただひとつ。ただでさえ数がおおくてクソ長くて退屈で話のテンポを阻碍することはなはだしいワンピの幹部戦にバルトロメオやキャベンディッシュらが参戦することによってその弊害がさらにいちじるしくなるのではないかということです。でもこういう予感にかぎって的中するんだろうなあ。


・『言いかえ教室』

hitokoma_2015_43_05.jpg

 こんなジョークがあります。
王大人が下僕の張四を連れ科挙(試験)に向かっている時、
王大人の頭巾がずれ、落ちてしまいました。
張四「大人、頭巾が落ちました。」
王大人「試験を受けるのに、”落ちる”は縁起が悪い、
    ”受かる”と言うように。」
張四「大人、頭巾が受かりました。」
王大人「うむ、受かった頭巾を拾ってくれ。」
張四は頭巾を結び直して曰く
張四「これで、もう絶対受かりません。」



・『ものの歩』

hitokoma_2015_43_06.jpg

 あるぇー? 主人公フツーに将棋をさしてるー?
 要領がわるいせいで難問をとばせず拘泥してしまうキャラだというから、てっきり第一手から最善の道をさがして何時間も長考して相手にどなられるパターンだと思っていたのに、ヘボ将棋ながらもちゃんと指せています。そのくせトンネルマインダーだかなんだかのおかげで寄せは強い。うーむ、主人公が極端な長所と短所とをあわせもつピーキーなキャラなのに長所はすえおきで短所だけが話のつごうで出たり引っこんだりするというのは前作『クロガネ』のときからぜんぜんかわっていません。キャラやストーリーはけっこう成長しているのに。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_43_07.jpg

 火ノ丸は未完成なので新技をだすべきではないと判断したのにチームメイトにダメ出しされてすぐに前言をひるがえした桐仁でした。スポーツ漫画にありがちな“たよりにならない頭脳労働担当”キャラになりつつあります。でもこんなふうに危機感をあおってくれるキャラがいるおかげで勝負に緊張感がでてくるわけなので、桐仁にはこれからも見当ちがいの判断をくだしつづけていってもらいましょう。うまくゆけば『アイシールド21』の鬼兵みたいなキャラ立ても不可能ではありません。それが当人にとってしあわせかどうかは存じませんがね!

hitokoma_2015_43_08.jpg

 かつて関取に土をつけたというちょっと盛りすぎの技が火ノ丸に炸裂する!
 もうこれ沙田の勝ちでいいんじゃないでしょうか。ここまで試合はこびが優勢で、これだけみごとに技をきめて、それでも逆転勝利を献上してしまうようなら、もはや沙田の未来にはヤムチャポジションしかのこされていません。
 いやもちろん火ノ丸と沙田とどちらか好きかときかれたら一秒のまよいもなく火ノ丸だと即答できるし、なんの条件もつけないばあいで勝ってほしいのも火ノ丸だけれど、今のインターハイ予選は巨視的にみるとスポーツ漫画のテンプレをそのままなぞっているような展開がつづいているので、ひとつ読み手をうっちゃりでブン投げてくれるような予想外の結末を見てみたいのです。われながらイヤな読者だなあ。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2015_43_09.jpg

「「オマエ自身がかかって来い」だぁ…………!?
 死体操ってオレは見てるだけで勝つ―――――――それがオレの戦い方なんだよバァカ!!」


 なんという正論――! 『トリコ』のセンチュリースープ篇のトミーロッドを思いだします。最後には肉弾戦を演じたとはいえ、トミーは殴る蹴るが持味のトリコを相手に徹底して虫をつかって攻撃しつづけました。しかしそれは任務を最優先する目的意識のあらわれであり、そのクレバーさを敵のトリコにも評価されていました。いっぽうブラクロのネクロマンサーはただの卑怯な悪役としてしか描かれず、もちろんアスタにもクソヤローよばわりされてしまいます。こういう単純でうすっぺらなところがブラクロのダメなところのひとつです。

hitokoma_2015_43_10.jpg

 で、そのネクロマンサーにアスタは歯がたたず選手交代。エリート連中のなかではめずらしくはじめのうちからアスタに注目していた騎士団団長の出番となりました。いつぞやのアフトクラトル我愛羅のときみたいに見せ場のほとんどをアスタがかっさらってゆくようなことがなかったのはいいんじゃないでしょうか。まだまだ油断はできませんが。


・『バクマン。Age13』

hitokoma_2015_43_11.jpg

   /.:/:/.:.:.:.:.:.ii.:.:.://       ヽ、\.:.:ヽヾ、.:.:.:l.:.:li.:.:.l.:.l.:l
  /.:/:i.:.:.:.l.:.:.i|.:.:.|i i  ____   ヽ _ ,,,ゞ_i,,,.:.:'.l.:.:|l:.:.:l.:.:|l
  ,':.:l|:|.:.:.:.l.:.:.:ii.:.:.''"´ ̄__  _     \ヽ,ヾl ヽ';.:.:.:.ll.:.l.:l.:.l.|
  l.:.ii.:|.:.:.:|.:.:.:ii.:.:|i /,:'"::::ヽ `      '",.ィ‐..ュ、';.:.:.:.||.:|.:ll.:.:l
 |.:.:||.|.:.:.:|.:.:.:ii.:.:.|i|  ゝ:::::::::lヽ       ' ゝ::::::lヽl.:.:.:l.:.|.:l;;l:.l
 .l.:.|.:.i.:.:.|.:.:.:.ii.l.:.l ヽ ゝ:::;;::ノ         ゝ:;;;;ノノ l.:.l.:.:|.:l.:l.:l
  ';.:l|.:l:..:.l.:.:.:.ii、l:|   `  ̄         ` ̄   .l:|.:.:l.:l.:.l:|  うわぁ 気持ち悪い
  l.:l.:.:l.:.:l.:.:.:.iiト、ヽ                  ノ.'.:.l.:i.:.:/l
   l.:l.:.:l.:.l.:.:.:.ii ヽ         "        / l.:.:.l:/:/ i!
  /';.:i:.:.i:.i.:.:.:.ii \                 /.:.:/ /
  ' ' ヽ:、;.:.i.:.:.:iiヽ       / ̄ヽ      , '/:./:/
     ヽ;l\':.:.ii:::\      、_丿    /::/:.//'ヽ
      ヽ' l、.:.ii l li::`..、         ,. '/l:::::/:/'
        ,' \l |l::l、:|` - ,,__,,.  '" l |:::/'



・『ワールドトリガー』

hitokoma_2015_43_12.jpg

 オサムがA級にあがって近界への遠征をいそぐわけ。それは千佳ちゃんの兄や友だちをたすけだすためばかりではなく遊真の寿命のみじかさも理由のひとつでした。遊真にあとどれくらいの時間がのこされているかもわからず、そのためオサムはできるだけはやく遠征してレプリカにあわせてやりたいと思っていたのです。ちょっとハガレンのアルみたいな流れだけれどあちらはけっこう唐突感があったのに対してこちらは遊真のほんとうの体が今もゆっくりと死につつあるという情報がさきに提示されていたのでオサムの心情もすんなり腑におちます。
 しかし遊真の命をすくう手段がまったくのゼロなのがきつい。近界でも地球でも見つからなかったので遊真がいずれ死ぬのはおそらく決定事項なのでしょう。オサムの考えも遊真の死を前提としたものですし。いかん、これだとオサムのパワーアップイベントとして遊真の死&黒トリガー化がきてしまう。

hitokoma_2015_43_13.jpg

 迅は予知のサイドエフェクトによってアフトクラトルの侵攻のときにもいろいろな未来が見えていて、千佳ちゃんが敵にさらわれるのもわかったけれど、それを放置しておくほうが全体のためにいいと考えたのでした。そのためにオサムが死にかけ、レプリカがいなくなったとは当人の言です。小の虫を殺して大の虫を助ける。大局をみるものの判断としては正しい。しかしいくら正しいとしても弱冠十九歳の未完成な心には荷が勝ちすぎます。そもそも未来予知などという無体な力は神ならぬ人の身には分不相応なのです。
 ここで思いだすのが黒トリガー争奪戦の終盤ちかくの迅の「おれは太刀川さんたちとバチバチ戦り合ってた頃が最高に楽しかった」というセリフです。あのときはボーダー本部とのかけひきがおおむね迅の思わくどおりに事がはこんだものだからうえのセリフも太刀川さんを懐柔するためのヨイショのように聞えたけれど、いまでは迅のかけねなしの本音だということがわかります。未来が見えるのに同条件では歯がたたない相手とは、まさしく最高の遊び相手でしょう。

hitokoma_2015_43_14.jpg

 ボーダーの実力者らがそろっての緊急会議です。A級七位の三輪やB級六位の東さんがいるのにA級の四位や六位の隊長とか二宮や影浦がいないのは、つみかさねと人徳の差でしょうな。影浦あたりは会議にでても建設的な意見ができるとはとうてい思えませんし。
 え、ダンガー餅川さんも場ちがい? あのひと戦術もいけるんですよ、大学の単位がヤヴァくても。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_43_15.jpg

「本人が嫌がっています……!
 家の事情とか色々あるとは思いますけど本人の意思ももう少し尊重してやって欲しいんです……!」

「ならかわりにあなたが結婚してくれるの?」
「それはイヤです。俺はもちろん自分のえらんだ女の子と両想いになってハッピーエンドをむかえるけれど俺にフラれた女たちは処女のまま死ぬまで俺のことを好きでいつづけるべきなんです」
「死ねよ」




【おまけ】

hitokoma_2015_43_16.jpg




コメント

楽はアテネでアーたんに再会するかしないかの頃のハヤテの爪の垢を煎じて飲め

ついでに死ね

ニセコイはまあそういう事ですわな
尊い「本人の意志」とやらを尊重するならマリー何年も貫いた想いを続ける訳で。
そこで変心を促すなら「本人の意志」は何処に行った?となるし
完璧に言わせるキャラをミスってますわ

あとトリガーはもう別記事にしたらいいんじゃないかなあ
もう一コマレビューでもなんでもないですやん

>あるぇー? 主人公フツーに将棋をさしてるー?

テストの問題と詰将棋には100点満点の解答が存在しますが、将棋の序盤にはそれが無いのでヘボ将棋を指したと解釈しましたが。
いくらなんでも第一手から長考するレベルなら日常生活で周りから置いてかれるどころかマトモに過ごせないでしょうし。
ここを問題視するのは流石に意地が悪いのではないかと。

日常生活に支障をきたすレベルで
選択肢にぶち当たったら止まっちゃう
要領の悪い主人公が

広すぎる将棋の序盤を整える定石を知らないのに
序盤はスルーっと指せちゃうのは
やっぱり変でしょ?

まあ一応中学校を問題なく卒業できるレベルの社会常識はあったわけだしなあ
第一話の荷物とカートみたくずっと悩むのではなくトンチンカンな選択をとるという描写もあったわけだし
あと定跡知らない初心者でも要領いい人なら飛車角無双すれば10枚落ち相手にほぼ完封できることに気づけるんだよね
相手が例え羽生さんだとしても

左門くんがクズキャラとネットで叩かれてたからここでも叩かれる事を懸念しながら覗いたけど割と高評価で良かった。
下ネタがないアザゼルさんみたいに読めるから俺は割と好き。

ワートリ読むとそのシビアさにもう少し手心をって思うけど、
じゃあもののふみたいなのが良いのかというと全然そんなこともないな

>>予想外の展開希望。

一部マニアック読者だけが喜んで、アンケート下落するだけ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2256-2bd42cc3

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ