保険 アリコ Moon of Samurai 『アド アストラ ペル アスペラ』#001 “A” Destiny

『アド アストラ ペル アスペラ』#001 “A” Destiny 

ad_astra_per_aspera_01_01.jpg

 はい、畑先生の月一新連載です。近年(といってもそんなに最近のことではない)退潮著しい『ハヤテのごとく!』との同時連載ということもあり、どうせ声優ネタか同人誌モノだろうと期待度は氷点下だったので読みとばすつもりだったのが、実はSF漫画であることがわかってちょっと興味をそそられて、結局この駄文を草することとなりました。
 タイトルのアド・アストラ、ペル・アスペラとは、正確には順序が逆でペル・アスペラ、アド・アストラなのだけれど、ラテン語の格言で「困難を克服して星(あるいは天)まで」という意味です。ちなみにラテン語、そしてギリシャ語で星を意味するアストラは、英語で宇宙を意味するアストロの語源です。ところで『鉄腕アトム』はアメリカでは『アストロボーイ』と改題されて放映されたのだけれど、その理由は原作者の手塚治虫の回想によれば、アトムとはアメリカではおならというスラングだからだそうな。鉄腕おならじゃしまらない。

ad_astra_per_aspera_01_02.jpg

 漫画の舞台ははるかな未来、といっても主人公のまわりの風景は一部のテクノロジーをのぞけばそんなに先のことという感じはありません。というのはこの世界が外宇宙の帝国に征服されて文明発達を禁ぜられ、帝国のつくったものをのぞけば町並はむかしのままだからです。しかし帝国の支配下となったことは悪いことばかりでもなく、圧倒的に進んだ帝国の技術力の恩恵に浴することで地球上の旧来の問題はすべて解決し、表面的には楽園のごとき日々を地球人は謳歌しているのでした。外宇宙の支配層の影響は『ミニスカ宇宙海賊』の海明星ほどゆるゆるではないけれど『砲神エグザクソン』の地球ほど絶望的でもないという感じです。
 で、ぬるま湯みたいな生活をおくれるおかげで人心はかえってくさり、主人公もその親友もすごくイヤな感じで排斥されているのでした。でもナチュラルなクズがいるのは『ハヤテのごとく!』でもおなじですよね。あっちはそこまで目立たないけれど。
 そして主人公の親友はたまたま見つけたロボット兵器(たぶん)をつかってテロをおこそうともくろみ、それをとめようとした主人公がトラブルにまきこまれるというのが第一話のあらすじです。ラストはこちら。

ad_astra_per_aspera_01_03.jpg

 ひどい引きだ。ここで主人公が処刑されるはずがないのに。
 でもおなじ号のサンデーの『ハヤテのごとく!』によれば、第一話は83ページあって、一回でのせるには多すぎるということから後半は来週(の予定が畑先生が力つきて来月)のせることになったそうです。畑先生のギブアップよりも問題は編集部の方針です。どんな判断だ。ここでぶった斬ってどうする。ホントちかごろのサンデー編集部はろくなところがありません。しかし編集部はさておき作中のロボのデザインや作画はしっかりしていますね。アシスタントさんがんばったなあ
 そんなこんなでスペースオペラにして巨大ロボットものというジャンルゆえに俺の食指がおおいにうごいたのでした。あとヒロイン。

ad_astra_per_aspera_01_04.jpg

 カラーの見開きをごらんになればわかるけれどヘソは出しているし脇も見せているし腰の横も肌色です。畑先生はチラリズムというものを小面憎いほどに理解していやがる……この子が出てくるまでは読みつづけるしかないじゃないか……!




コメント

この作品をメインにしてわざわざ記事を作るブログはここだけでしょうな

メインヒロインの見た目は結構好みだし、この娘がどんなキャラかで読み続けるかどうか決めようかな
そりゃ話が面白くなりそうならメインヒロイン関係なしに読むけど

そして相変わらずサンデーの編集はゴミだな
管理人もいってるけど、こんな微妙な所で切られても困るわ

ゲッサンとは勝手が違うのかはたまた畑の能力が枯渇したのかどっちだか。

別に市原新編集長を援護してるわけじゃ無いが、
これって前の編集長の際の、
ハヤテ終わらせて新連載やれという指示に対する回答じゃないの?。
まーなんにしても、編集変わる度に振り回される畑先生お疲れ様だわ。

とりあえずマンガ本編は、
生い立ちなどの描写がいつも通りの畑先生のテンプレートで、
進歩があまり感じられませんでした(まる)。
まあ後半も読んでみないとなんとも・・・。

別にここで終わることに関してはサンデー編集部がゴミだとは思わんな。むしろいい引きだと思う。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2249-cfcf363a

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ