保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年39号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年39号 

・『食戟のソーマ』

hitokoma_2015_39_01.jpg

 チャイナドレスはいいねえ。女真の生んだ文化のきわみだよ。

hitokoma_2015_39_02.jpg

 確たる勝算もなしに十席のひとりに戦いをいどんだけれど単純に力不足だったせいで歯がたたなかったぜ!
 俺ソーマのこういうむこうみずで虫のいい自信をもっているところが、いい意味でジャンプ漫画の主人公らしくてけっこう好きです。でも今回のばあいソーマの自信のよりどころが久我よりも客商売が十年先輩だったという点で、そのくせ客商売の経験がぜんぜんいかされていませんでした。それなのに友だちらのたすけがあってようやく勝てて、しかもそれ以外では全部負けて、それでも負けるつもりなんてなかったと言ってしまうのは、見通しが甘いとかそういうレベルではありません。ボケてんじゃないのかっていうくらいです。むしろソーマに一対一の料理勝負しか経験がなくて客商売はこれがはじめてだったとしたなら久我に負けたのもしかたがなかったといえたでしょうに。今回ばかりはソーマのバックボーンが全部わるいほうにはたらいてしまいました。


・『ONE PIECE』

hitokoma_2015_39_03.jpg

 失礼ながら大爆笑ですな!
 ルフィがレベッカを王宮からつれだしたと聞いたドレスローザ国民はノータイムで信じやがりました。ルフィに何かしらの事情があるのではないかと頭をはたらかせるようなことはみじんもありません。しかもこの二ページ後にはルフィをつかまえようと武器を手にとっております。非暴力はどうした。ドレスローザ国民の手のひらがえしってこれまでにいったい何回ありましたっけ。
 しかしドレスローザ国民をここまでクズに描くということは尾田先生もやはり自覚的にやっているのでしょう。さすが尾田先生! 戦後民主主義の蔓延するこのご時世に民衆の愚劣さをこれでもかといわんばかりに描いてのけるッそこにシビれる! あこがれるゥ!


・『幻獣医トテク』

hitokoma_2015_39_04.jpg

 『妖怪のお医者さん』って漫画がむかしありましたよね。そういう設定の読切りでした。主人公(というか読者目線のキャラ)に狼男の血が発現して、それを妖怪の医者がたすけるという話です。ホントにたすけるだけで終りました。作中の通り魔事件の犯人もまた狼男の血をひいていて、主人公は自分の血の宿命にいやおうなく直面させられるという『痕』とか『月姫』とかみたいなダークかつ猟奇的な展開を期待していたのでガッカリしたけれど、考えてみれば読切りのページ数でそんな壮大な物語は描けっこありません。期待するほうがムチャでした。
 あと本筋とは関係のないところで、診療所の待合室に故手塚治虫と水木しげる先生とが描かれていたり、民明書房みたいな架空図書の著者の名がミズキ・B・オサムだったりしたのはおもしろかった。妖怪の医者の漫画ということでのオマージュでしょう。こういうのをさりげなく、気づくひとだけ気づけばいいというふうに描くのはスマートで好印象です。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2015_39_05.jpg

 ……なん……だと……!? くそっこんなので。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_39_06.jpg

 真田さんの百人半殺し伝説は尾ひれのついた話で、ホントは三十人相手でした。しかもそのうちのほとんどがビビって逃げだしたといいます。まるで鍵屋の辻の決闘ですな。有名な荒木又右衛門三十六人斬りは誇張されたもので実際にはふたり斬っただけだとか。もちろん真剣勝負でふたりを斬るだけでも大したものです。しかもそのふたりはともに藩の武術師範だったというからなおさらスゴイ。おなじく真田さんもスゴイ。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_39_07.jpg

 だがちょっとまってほしい。その社長さんは千葉県在住で、イニシャルをYというのではなかろうか。




コメント

・『ONE PIECE』
>しかしドレスローザ国民をここまでクズに描くということは尾田先生も
>やはり自覚的にやっているのでしょう。
>さすが尾田先生! 戦後民主主義の蔓延するこのご時世に民衆の愚劣さを
>これでもかといわんばかりに描いてのけるッそこにシビれる! あこがれるゥ!

同意見です。コレには流石にほっこりしましたねえ……
やはり駄目な物がちゃんと駄目な物として描かれるのはスッキリします
ここの所信頼が揺らいでた分、がっつりカタルシスがありました

今までの微妙な展開が全て1つの筋道立った流れとなって報われましたわ

ドレスローザの民は木ノ葉の民と肩を並べましたな

今回のまとめちょっとやる気ない?

いやいや明らかに皮肉ってるだろwww>ワンピ

忙しかったんじゃない?
更新遅かったし

お疲れ様です

アリス>肉>エリナ>秘書子>田所
で合ってるか
ね!

・ワンピース
「海皇紀」という漫画で、奴隷を解放するという話がありますが、その時主人公は積極的に悪者をやっつけませんでした。奴隷たちに武器を渡して奮起させるもせいぜい援護がいいところです。
「主人公たちが率先して戦えば奴隷たちはもっと楽に安全に勝てたのに」という疑問を持ったヒロインに対し、作中最強の兵法者は「他人からただ場に流されるように救われるだけではその時はよくても、後々似たような危機にあった時に問題となる。自ら奮起して勝ち取ることが重要なのだ」と諭しました。

それと同じ状況とは言いにくいですが、ふと思い出しました。ただ流されるままに動き・踊らされ・手のひらを返すドレスローザ国民を見ると、後々この国はおのずと亡びる気さえします。ただここまで露骨だとあえてそういう表現をしてる風に感じます。
ところで小・中学生くらいの読者でも露骨に感じるのだろうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2244-510823a9

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ