保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年37・38号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年37・38号 

・『イージー教室』

hitokoma_2015_37_38_01.jpg

 この世界の警備はザルです。それは宇宙ロケットの打ちあげ施設であっても例外ではありません。ちょちょいとハッキングすれば中学生でも侵入可能です。つけ焼き刃の訓練をほどこしただけで宇宙往還すら可能になります。ロケットに乗る人選を直前できめるようなずさんな計画でも危険度ゼロ。この世界の大人は、そしてあらゆる実力者は、造物主たる松井先生の偏愛を受けた殺せんせー&E組の生徒らの踏台としてのみ生存をゆるされています。
 世のなかチョロい。イージー教室。


・『クラマの閃』

hitokoma_2015_37_38_02.jpg

 金未来杯第四弾の剣道漫画は、積極的にほめたくなるところが見つかりませんでした。
 まずキャラデザがダメ。七三分けとかホッペの赤い部分とか、見た目のインパクトをつけようとした結果まことに目ざわりなツラになってしまっています。でもケレン味のない顔の女教師のデザインは魅力ゼロなので、とどのつまりは作者に実力がないというだけのことです。キャラの性格も、そしてストーリーも、悪い意味で無難でした。あらゆる課目で平均点にとどかない感じです。
 結論。不快度をのぞけば『クロガネ』のほうがいくらかマシでした。下には下があるものです。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_37_38_03.jpg

 マリーはいい女なのに……この漫画でいちばんいい女なのに……!

hitokoma_2015_37_38_04.jpg

 作者のつごうには勝てないのだよ……!
 俺にはマリーの「……ふざけんとってよ……こがん……時……に……」というつぶやきが造物主たる古味先生への叛逆の怨嗟のように聞えてしかたがない……!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_37_38_05.jpg

 小関部長、技では石高の真田におよばずとも心でその差をうめられるそうです。うーむ、俺は精神論を重視しすぎる漫画はちょっとニガテです。でも高校のクラブ活動くらいなら許容範囲か。しかし命のとりあいをやっているのに意志の強さがどうの心のありかたがどうのと言われた日には腰くだけにならざるを得ません。『るろうに剣心』で左之助と安慈とが二重の極みをうちあっているのにふたりともピンピンしていて、それを剣心が「精神が肉体を凌駕しているのでござるよニンニン」などとムチャクチャな理窟でフォローしていたのには正味ズッコケました。人体には無害な爆砕点穴じゃあるまいし。

hitokoma_2015_37_38_06.jpg

 はい回想シーンのフラグがたちました。そりゃ真田の過去は気になります。スゲー気になります。でもこの試合でまで回想シーンをいれたらさすがにワンパターンのそしりをまぬかれません。毎回やってるんだもん。たまには回想シーンもまわりからの解説もなしにただひたすらな肉体のぶつかりあいを描いてほしい。小手先の演出をぬきにしてもおもしろいものを描ける実力が川田先生にはあると俺は思っております。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2015_37_38_07.jpg

 強大な敵を相手に苦戦する主人公。そこへ助っ人にあらわれたのはかつての敵であり、ライバルであった。戦友たちの力をかりて主人公はついに強敵に勝利した!
 ……とこれだけだったらジャンプ漫画として文句のつけようのない決着なのだけれど、問題なのはタクミそのほかのみんなが助けに来なかったらソーマは確実に負けていたことです。しかも客をさばききれないことが久我飯店の弱みで、そこにつけこんでソーマは逆転をねらっていたのに、今回苦戦したのは人手不足のせいで客をさばききれないためでした。自分たちも敵とおなじ失点で負けたかもしれないというのはマヌケ以外の何者でもありません。さらに二週間まえにソーマが久我にきったタンカが「店を構えての客商売に関しては俺の方が先輩より十年ほど先輩っすよ」というのに、その十年のアドバンテージをまったく活かせていませんでした。これじゃあ熱い展開というよりもいきあたりばったりの御都合主義展開です。偶然にたよることなく事前にタクミたちに手伝ってくれるようたのんでいたらもうちょっとマシだったのに。


・『ブラッククローバー』

hitokoma_2015_37_38_08.jpg

 悪い悪い魔法使いがいたいけな女の子をその手にかけようとしたのでコレきっとつぎのページでは未来の魔法帝アスタさまがアメリカンコミック・ヒーローのようにジャジャーンと登場して「まってました!」と間一髪助けてくれるんだろうなと思いながらページを進めたら未来の魔法帝アスタさまがアメリカンコミック・ヒーローのようにジャジャーンと登場して「まってました!」と間一髪助けてくれました。まったくもって予想を裏切らない漫画です。


・『トリコ』

hitokoma_2015_37_38_09.jpg

 捕獲レベルの平均が八ちょっと! ショボっ! ユダのフルコース、ショボっ! 敵のあざけりもごもっとも。

hitokoma_2015_37_38_10.jpg

「人のフルコースに優劣などない。
 みなその者にとって最高の献立なのだ……」


 いいセリフだと思いますよ、ここだけ切りとったら。しかしこれまでさんざん捕獲レベルのことをアピールしてきて、しかもインフレにつぐインフレをかましてきたのに、ここにきてそんな教科書的なことを言われても、ちょっとなあという感じです。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2015_37_38_11.jpg

 あーん、オサム様が死んだ! しかしよいしょ本も書かないしファンクラブもつくらない。
 それはさておきごらんのとおり東さんに狙撃されてオサムが瞬殺されました。敗因はいろいろ考えられます。この直前、二宮隊と東隊との前衛ふたりづつが交戦していたので、その隙をつくかたちでポイントをかせごうとして狙撃手のことを失念していたこと。そのちょっとまえに二宮隊のひとりと戦ったときもそうだけれど、アステロイドの新しいつかいかたをためしたくてふだんの用心ぶかさがうしなわれていたこと。さらにそのまえ、スタート時点の転送位置がバラけていたうえに遊真と合流できず単独で戦わざるを得なかったこと。しかしどれもこれもアンラッキーとか不条理というほどのものではありません。綜合的に言えば、オサムが弱いのがほとんど唯一の敗因です。

hitokoma_2015_37_38_12.jpg

 かつてのA級一位のチームリーダー、東春秋! ここにきてえらい肩書がついたものです。はじめのころの印象は、よくいえば経験豊富な年長者、わるくいえばうだつのあがらないロートルという感じだったのに、まさか最強の称号を冠せられる実力者だったとは、この海のリハクの目をもってしても見ぬけなんだわい。
 ところで俺、一年半くらいまえのレビューでコアラの頭をフッとばした東さんを見て、「とりあえずオサムがめざすべきは東ですな」とずいぶん失礼なことを書いていました。とりあえずとは何事じゃ。
 しかしいくら建物のなかに逃げこんだとはいえ、東さんみたいな人のいることを失念していたオサムは即死してもしかたがありません。個人の戦闘力をみがくことに専念して対戦相手のデータを予習するのをわすれていたのではないかといぶかってしまいます。

hitokoma_2015_37_38_13.jpg

 オサム、ベイルアウト。それを知った実力者がそろいもそろって平然としています。オサムびいきの嵐山でさえ眉ひとつ動かしていません。でもしかたないよね、オサムの実力を考えれば妥当な結果なのだから。
 そんななか実力者とはとてもよべない唯我がオーバーなリアクションをしております。唯我のことだからどうせ
「ああ、なんということだ。せっかくこのボクが、A級一位の太刀川隊のメンバーであるこのボクが特訓につきあってやったというのに、なんの見せ場もなくベイルアウトしてしまうとは。これが現実なのか、これが運命なのか。いくらコーチがすばらしくても凡人は凡人のまま、チームの足をひっぱる一点献上マンのままなのか!」
とか思っていることでしょう。それがとちゅうから口に出ていて出水に聞かれて、
「チームの足をひっぱる一点献上マンはおまえもそうだろ」
と地獄突きをわきっ腹にズビシとくらって悶絶するのですよ。



ワールドトリガー 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)
ワールドトリガー 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)葦原大介

集英社 2015-06-04
売り上げランキング : 450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 9 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 8 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)




コメント

暗殺は作中時間が1年未満って点が足かせにしかなってない展開だなあ

マリーに限らず自分の好きなキャラってなかなか自分の思うように動いてくれないものですよね

・『イージー教室』
>この世界の警備はザルです。
>ちょちょいとハッキングすれば中学生でも侵入可能です。
>世のなかチョロい。イージー教室。

まあ、一応
「凄腕自衛官と暗殺者が全力で鍛えた中学生だから」
「超凄い人工知能が直接ハッキングしたから」
と言う風に"少年漫画として必要な分"の理由付けはついてると思いますが……

ぶっちゃけ、一番の理由は「苦戦させると非常に描写が複雑になるから」でしょうね
こういう「バレたら一発アウト」は逆に言うと「バレなきゃ一発クリア」ですし
苦戦させながらクリアさせるのはめんどいのでどんどん描写が長くなるから

なので個人的には「松井先生がここに拘る(=長引かせる)気が無かった」ことに寧ろ喜びたいです


・『トリコ』
>しかしこれまでさんざん捕獲レベルのことをアピールしてきて、
>しかもインフレにつぐインフレをかましてきたのに、
>ここにきてそんな教科書的なことを言われても、ちょっとなあという感じです。

まあ、四天王のフルコースとか二桁台のオンパレードですし
ここらで言っておかないと何れそこ突っ込まれるでしょうから必要な台詞かと


・『ワールドトリガー』
>そんななか実力者とはとてもよべない唯我がオーバーなリアクションをしております。唯我のことだからどうせ
>「ああ、なんということだ。せっかくこのボクが、(略)」とか思っていることでしょう。

一字一句漏らさず同意w
でもこれ、あくまでも素で期待してたからこそ、そう思ってそうですよね

この表情から彼の「根っこの人の良さ」が滲み出てて実に良い……

最近は暗殺教室の揚げ足を取るのがお気に入りのようで

主の揚げ足取りが嫌いなのによく見るよな

ソーマのはかなり納得

唯我本当にいいキャラしてるわ

ソーマはライバルが助けに来る展開がなければ納得の展開だったんですがね・・・
特にタクミのとりあえず助っ人で出してみました感がすごい

>「凄腕自衛官と暗殺者が全力で鍛えた中学生だから」
>「超凄い人工知能が直接ハッキングしたから」
>と言う風に"少年漫画として必要な分"の理由付けはついてると思いますが……

正直今回の話においてその点はあんまりフォローになっていない気がします。
○まず、例え凄腕の自衛官や暗殺者に鍛えられていたとしても「宇宙飛行」をやる以上、たかだか数日間(なのかな?間違ってたらゴメン)の訓練では説得力があるように思えません。
○また、ロケット一回打ち上げるでさえも、(私達は普段意識しませんが)何億もかかるような大事業です。
まして、複数の国や機関が関わっている重要な研究のやり取りを扱うのに、ごく少人数のエキスパート(なのか?)に突破されるようなザル警備であるということがありえるでしょうか?
○律の存在も、元々は「各国政府の公認の下」送られた特殊暗殺者である以上、相手側も認知しているはずですし、その対策をとっていないというのはありえません(ですよね?)。

まあ、これが※3さんが仰るように"少年漫画として必要な分"に考慮すべき点かどうかといわれると悩む所ですし、
そこをやり過ぎて"どんどん描写が長くなる"のを嫌う層も少なからずいる訳ですが、

それ以前にそもそも今回の話の一番の問題点はそこではないような気がします……。

いや、それ以前にこんな話地球滅亡2ヶ月前でやる話じゃないだろ・・・仮にそうだとして緊張感無さすぎないか

>※8
そうですね。
少なくとも、機密情報を積んだロケットへの乗り込みという一種の犯罪行為を行っているにも関わらずピクニック感覚なのはどうかと思いますし、
計画もレビューにあった通り、あまりにも杜撰過ぎます。

そして何より、あと二ヶ月というタイムリミットにも関わらず、その重大性が今の展開からは全く伝わってこないのはおかしいです。
サバゲーとかやってるときに比べたらまだマシなのでしょうか……。

>まして、複数の国や機関が関わっている重要な研究のやり取りを扱うのに、ごく少人数のエキスパート(なのか?)に突破されるようなザル警備であるということがありえるでしょうか?

今回のロケットはあくまでも有人ロケットの安全面を実験するためのもので反物質細胞の研究とは無関係ですよ(どちらもISSを利用しているだけ)。
で、そんなものを乗っ取ろうとする奴がいることを想定するかというと……。

暗殺はE組が痛みも苦しみもなく障害を突破できてしまいすぎてるんだよな。
もちろん悩みなど感情の描写はあるんだけど、もう少し苦労してる描写がないと、展開に納得できるかという以前に物語として面白いのかどうかっていう。
まあ暗殺教室はライト層向けに作られてるギャグ漫画の感も強いから、オタク層ゆえの反発にすぎないかもしれないけど。

正直※欄で議論する気はないけど、直接触れられたので一応返答すると

俺が言ってるのは「【少年漫画として必要な分】の理由付け」です

より具体的には"ツッコム気"に"ならなかったら"
「つまり先生の教育が凄かったからじゃね?」「律がそれくらい凄いってことじゃね?」
で済ませられる"落としどころ"が有るという意味です

もっと平たく言うなら「スルーする気があればスルーは可能」ってだけです
ツッコミ入れる気になればそりゃツッコミどころだらけでしょう

故にツッコミいれてるところを否定してるわけでは無いです
(そもそもコメント文中的にも本題じゃ無いですし)


あと宇宙関連は次回見て判断することだと思ってるのでノーコメントで

※9
そういえばそうでした。
自分の読み込み不足ですね。本当に恥ずかしい限りです。
申し訳ありません……。

※12=※3さん
長い間凄い勘違いをしていました。
迷惑をおかけして本当にすみません……。

自分もこの所色々書きたい事があったので長文になってしまいました。
お目汚し失礼しました。

ランキング戦の前に修が「射手として少しは成長できたしこれならチームに貢献できる」みたいなことを言っていました。
ほかの漫画ならおそらく多少なりとも修がポイントをとるなどの活躍したのでしょうが、
ワールドトリガーでは安易なご都合主義は描かれない傾向にあるので、ほとんど活躍できなかったというシビアな結果となりました。
しかも積み重ねてきた経験や実力を考えれば、これが一番妥当な流れ、というのがまたシビア。

暗殺についてだけど、つまらんことでいちいちいちゃもんつけるくらいならレビューしないでくれるほうがマシです

コメントする前はきちんと見直さなきゃ駄目だなあ……。
本当にすみません……orz


いちいちいちゃもんつけるためにレビューしてんのに何言ってんだこいつ

うん、だからそれがどうなんだと言っている
そもそも管理人は以前の追記で『この漫画のことどうでもいいと思ってる』とまで書いてるのになんでわざわざレビュー続けてるんだって話
おまけにその内容ときたら読書の感情を逆撫でするような皮肉のこもったものだし
ヒロアカのときも同じことやって炎上したのにまだわからんのかって感じ

糞漫画叩いてるの見て笑ってる俺みたいなやつもいるし
ニーズがあるからこのサイトに来てるんだろ?

わざわざ文句つけて炎上()させて恥ずかしくないの?


後、炎上なめんな?あんなのボヤにも達してないわ

まぁ言葉選ばずに批判すれば荒れるまでがセットみたいな所があるし、
このコメ欄は至極当然の流れで特に問題はないかと

コメントって自分の意見言うところだろ?
別に周りにあわせたコメントする必要ないじゃん

わざわざ自分の好きな漫画がけなされてるのを見にここにくるなんて余程のマゾで暇人なんだな

炎上なんてしてないがな。荒らしはあったかもしれんが。
大体個人ブログくんだりまで頼まれもしないのにやってきて、個人のレビューに「その感想は違うだろ!」とか文句言ってる奴が変態なんだよ。
そんなに自分のだぁいすきな作品を賛美したいなら、自分のブログでも作ってかけや。もちろん批判コメは検閲してなw

「検閲」という言葉を使っていることに自己矛盾は無いのだろうか……。

個人のブログだろうが2ちゃんだろうが
荒れるときは荒れるでしょ

こんぐらいなら正常な範囲だと思うけどね

だいたいおかしくないか?
そもそもこのコメ欄はレビューに対して言いたいことを言う場で、
それに答えみたいなコメントをするならともかく、コメントしてること自体に突っ込んでもしょうがないだろ

暗殺に関しては、もうほっとくのが一番だと思う、特にすきな人は(俺もコメントしてることに突っ込んでるな…)
他はだいたい納得だけど相撲は珍しく批判的だな。てゆうか部活以前にさんざん心・技・体を強調しといて
しかも元ザコとそこそこ強いやつとの闘いで勝ち目がないと変だしつまんないでしょ
ワートリとは事情が違うよ、あれはあくまで結果論で気合いだけで勝てないだけじゃあなく、
周りが数でも個人でも負けてたから。まあ別にワートリのことは言ってないけど

トリコはそりゃそうだけど
今回は捕獲レベルの低いフルコースのフォローと料理人のフルコースの捕獲レベルが高くてもあまり意味がないのと、
ユダ自身の掘り下げがメインだからそれ言うのもなんかずれてるんじゃ

長々と書いたけど別に批判だけしたいわけじゃなく、ワートリのとことか管理人のセンスはおもしろいと思う
ただこのブログは今週のジャンプで検索したら割合最初の方に出てくるから荒れるときは荒れるだろうし、
俺も見てるとちょっと言いたくなることはあった。
最初にこのブログはちょっとひねくれてるので自己責任でって断っておけばいいのに

超長文、失礼しました

荒れていいと思ってるに違いないんだから好きに喚き合えばいいと思うな
俺もコメント伸びてた方が面白い

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2241-7f4323d3

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ