保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年30号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年30号 

・『ONE PIECE』

hitokoma_2015_30_01.jpg

 はいはいドフラ撃破。ようやく終ってくれたかとしか言いようがありません。たとえるなら小学生が宿題を課せられて、やるやると声だけは威勢よく、しかしよけいなことばかりにかまけて遅々としてすすまず、提出期限をすぎても悪びれるふうもなく、先生のほうはいいかげん腹を立てる気力すらなくなったころに自信満々で出してきたという感じです。終ってくれただけでじゅうぶんで、これまでかかった時間とか中身のできばえとかはもはやどうでもいい。
 しかしこれで次回ドフラがピンピンして立ちあがったらどうしましょう。


・『NARUTO外伝』

hitokoma_2015_30_02.jpg

 あいかわらずナルトがナイスガイ。出生の件で精神的に不安定になったサラダを大人の対応でさとし、サスケについては内心憤りを感じながらもサクラをたすけるのを優先してあとまわしにします。情理兼ね備わるとはまさにこのことです。まったく、あのナルトがまさかここまで成長しようとはお釈迦様もご存じでなかったにちがいありません。
 それにくらべてサスケの成長のしなささはイタチが草葉の陰で泣いているレベルです。中二病がカッコいいと思えるのはせいぜいハタチごろまでで、妻子持ちの三十路になってもまだ完治していないと痛いだけです。サスケは外伝に出ないほうがよかったな。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2015_30_03.jpg

 田所ちゃんがソーマの手伝いで麻婆豆腐をつぎつぎと試食してはヒーハー言ってます。しかし激辛料理って食うときもツライけれど食ったあともツライのです。こんなのからこんなふうに。田所ちゃんが火をふくのは上の口からだけじゃないぜ!


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_30_04.jpg

 蛍の八艘飛び。体格がちがいすぎるので勝つためには変化しかないわけだからセオリーどおりの戦法ではあります。しかしそれまでミスリードのために蛍の低評価とか火ノ丸の影響とかが描かれていたので積極的にだまされようという気分になれます。

hitokoma_2015_30_05.jpg

 先鋒戦の決着は次号へもちこされました。あ、この引きは負けフラグですね。一点突破的に相手の意表をついて優勢にもちこめたけど圧倒的な地力の差をくつがえすにはいたらずに惨敗するという、ユーマの対久世戦みたいな決着になるのではないでしょうか。とはいえここで蛍が勝てなかったら当年度の試合では黒星オンリーになるだろうから作者の恩情的な意味で勝つという可能性も否定できません。賭けるとしたら八対二で蛍不利。なので俺は蛍の負けに間宮くん(蛍の対戦相手)の髪の毛を賭けるぜ!
 せっかくなのでどちらさまも張った張った。張って悪いはオヤジの頭、張らなきゃ食えない相撲取り。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_30_06.jpg

(オレってもしかして最低な奴なのかなぁ。
 独占欲にまみれたゲス野郎なんじゃ……)


 いまさら気づいたのか。そうだよそのとおりだよテメーはゲス野郎だよ。惚れた相手がいるくせにはっきり告白せず、好意をよせてくれる相手に対してはなあなあですませるカスだよ。自分が絶対に傷つかない場所から一歩もうごかない女のくさったような奴だよ。汚名返上したいのなら真摯になれ。小野寺さんにもマリーにも千棘にも、自分の気持をすなおにつたえろ。たとえそれが自分も相手も傷つけることになったとしても。それが礼儀というものだ。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2015_30_07.jpg

 二宮がさしだした写真にうつっているのはそばかすつきのぱっとしない顔の女でした。この漫画でこれほどわかりやすい不美人ははじめてではないでしょうか。さてこの不美人は鳩原未来といって二宮のもと部下であり、千佳ちゃんの兄貴そのほか二名の民間人とギブアンドテイクの関係でゲートのむこうの近界へ行ったそうです。そしてことの黒幕は千佳ちゃんの兄貴らしい。これまでは近界民につれさられた犠牲者みたいなポジションだったのがずいぶん方向転換されました。しかもこれが真相とはかぎらないのです。この漫画の謎がひとつふえました。
 ところで二宮は鳩原のことを冴えない女とか馬鹿とか辛辣に評しています。これが素なのかツンデレなのかは、ウソをみぬくサイドエフェクトもちの遊真が異議をさしはさんでいないのでおそらく前者なのでしょう。しかし鳩原のせいでB級に降格させられたわけだから悪意をもってもしかたのないことではあります。完全に被害者ですから二宮は。

hitokoma_2015_30_08.jpg

 ボーダー隊員としての実力を前回は菊地原に、今回は二宮にダメ出しされたオサムはとりまる先輩に射手としての本格的な戦いかたをおそわろうとし、射撃戦の専門家について学ぶ流れになりました。絵だけで判断すると出水と嵐山との二者択一です。こりゃ嵐山一択ですな。嵐山はオサムに好意的だし性格的にもめんどう見がよさそうで人に教えるのも得意そう。いっぽう出水はあきらかに天才肌なので師匠役が想像できません。
 なお最後のページの下段には“次号、飛躍のため天才の下へ向かう修!! そして遊真は……!?”と書かれているのでこれだけ見ると出水の可能性が高そうだけれどジャンプのウソ予告をまにうけるほど俺はうぶではないのでござる。


・『Ultra Battle Satellite』

hitokoma_2015_30_09.jpg

「オレは戦うのが好きなんじゃねぇんだ……勝つのが好きなんだよォォッ!!!」

 こないだはカーズでこのたびはフレイザードでした。こういう痛快なことを言ってくれる主人公はジャンプでは貴重なので連載が長続きしてほしいのだけれど掲載順から察するに再来週あたりで打切られますね。同時期のよっつの新連載のなかではいちばん期待していた漫画だったのに。



ワールドトリガー 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)
ワールドトリガー 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)葦原大介

集英社 2015-06-04
売り上げランキング : 161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 9 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 8 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)




コメント

ニセコイのこのコマにはツッコミ入るかなと期待してたらホントに突っ込んでて笑った

・ワンピース
何はともかく「やっとか…」というのが正直なところです。
ドレスローザのこれからとかバージェスとかビッグマムとかまだまだいるけど、ようやく一段落つきました。

・ニセコイ
ハーレム物のテンプレ尽くしの本作の主人公である楽は「これぞハーレムものの主人公」といわんばかりの男です。
いろんな女性に対しええ格好しいの彼の行動は、彼に好意を持つ女性たちに対して、誠実の真逆を行くものです。
ようやく本編でも女性関係の変化などが起こる兆しがあり、多少は物語が動くかもしれませんが、「キムチ」の件もあるので微妙でしょうね。
はっきりといえるのは、ヒロインたちほど読者は楽に対して魅力を感じていないということです。

ワンピースは「やる気のある引き伸ばし」だからより性質が悪い

・『火ノ丸相撲』
>せっかくなのでどちらさまも張った張った。張って悪いはオヤジの頭、張らなきゃ食えない相撲取り。

よーしパパ蛍の勝利に蛍の勝ち星(公式戦)賭けちゃうぞー


真面目な話、「ユーマの対久世戦みたいな決着」は久世が
國崎・ユーマ・潮相手に三回連続でやったので
流石に四回目はもうちょっと間を空けるんじゃないでしょうか?

なので今回の展開は、普通に強キャラの間宮くんにストレート勝ちするのはアレなので
「間宮くんにあっさり対応されて負ける……と見せかけてやっぱり勝つ」という
二重捻りを狙ってるのだと読みます


・『ワールドトリガー』
>この漫画でこれほどわかりやすい不美人ははじめてではないでしょうか

えーでも、コレはコレで結構いい気がしますぜ
確かに美人枠じゃないけど不美人と言うよりは……普通枠?

まあ、漫画的にはこの人美人にすると語られてることに反して普通に怪しくなるんで
作中語られてる通りの「如何にも企んで無さそう」感を出そうとした結果っぽい気がします

ニセコイの感想が俺の内心まんまで安心した
本命決めてるくせに告白もせずにほかのヒロインもキープしたまんまとかタチ悪すぎ

ジョジョアニメが終わったので是非一言お願いしたいです……!

終わってしまって胸にぽっかり穴が空いたような心地です

松井といいコミーといい金が絡むようになると一気に作品の質が下がってガッカリ
やっぱ漫画家は売れるとダメだわ

引き延ばしすることもない松井先生が金でダメになったという人が出てくるのは何故だろう。
あとダブルアーツってそんなに質高かったっけ。

暗殺教室はその題名と話の内容が乖離してるからか、もしくはネウロのころの毒毒しさがないからだと思う

もしルフィが成長したら...ダメだ。昔のルフィだったら頼りがいがありそうなんなんだろうけど、今のルフィを見ているとあんまり期待できないなぁ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2221-2fee4592

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ