保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年12号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年12号 

・『ブラック・クローバー』

hitokoma_2015_12_01.jpg

 『NARUTO』と『七つの大罪』と『とある魔術の禁書目録』とを足して三でわった新連載がはじまりました。作者は『HUNGRY JOKER』で第七回金未来杯に優勝して連載に昇格したまではいいけれどそのあとすぐに突きぬけた田畠裕基先生です。
 ストーリーとか世界観とかキャラとかは既存の有名作からツギハギしている感がつよいものの、さすがは連載経験者、全体的には一個の漫画としてちゃんと成立していました。テンプレといえばテンプレ、王道といえば王道。あと主人公が無能力者だけれど動画をリピートするだけのナードではなく筋トレみたいに自分でもできる訓練をしていたこと、特別な力をさずかるのを第二話にもちこすような読者をコケにする展開でなかったこと、主人公の幼なじみが強力な能力者なのに主人公を馬鹿にせずイジメもせず高く評価していたことなどがよかった。『僕のヒーローアカデミア』で俺がイヤでイヤでしかたのないところがこの漫画ではぜんぜんそんなことがなかったのがよかった。ここまで対照的だと作者や編集がヒロアカの轍を踏むまいと意図的にやったんじゃないかと思えるほどです。
 ともあれジャンプの第一話としては及第点でした。問題は第二話です。ここで成功すればひとまず安泰、失敗すれば田畠先生の前作とおなじ運命がまっています。主人公もその幼なじみも不快なキャラではないからできるだけ長続きしてほしいものですね。


・『トリコ』

hitokoma_2015_12_02.jpg

 地球上の多くの生物が胸さわぎをおぼえ、もし今日死んだとしても悔いののこらぬよういちばんの好物を腹につめこんでゆきます。
 その胸さわぎの原因とは!?

hitokoma_2015_12_03.jpg

 小松の復活であった! デデーン!
 いやもちろんそんなことはなくて実際には遊ぶ気持をすててトリコたちを相手に本気になった猿王バンビーナの恐ろしさがグルメ界にとどまらず海のむこうの人間界にまで達したということなのだけれど読者としてはバンビーナ第二形態のショボさMAXのデザインなんぞよりも小松のホラーちっくな復活のほうがよっぽど恐ろしげだったのでネタにしたというしだいです。しかしなぜしまぶーは小松が目をさますのにこんな描きかたをしたのやら。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2015_12_04.jpg

 秘書子かわいい。劇中でソーマも言ったようにエプロンが似あっております。なのでせっかくだから電子版の特典のカラー板を貼るぜっ!
 え、話の中身? バイトふやせばいいだけじゃね?


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_12_05.jpg

 センターカラーの扉絵に描かれたのは現今最大のキーパーソンひとりきり。しかし桐仁おまえ目つき悪すぎだよ。メガネをはずしてまわりがよく見えないから目をこらしているのだろうけれどさ、いっそのことコンタクトレンズにかえたほうがいいよ。

hitokoma_2015_12_06.jpg

 かつて桐仁が火ノ丸にきついことを言ったのに対してフォローがはいりました。あいかわらずていねいで、読み手にいらぬストレスを感じさせない漫画です。でも桐仁はそこまで気にやまなくてもいいでしょう。たしかに火ノ丸に感情移入する読者としてはカチンとくるセリフではありました。しかしあれが火ノ丸のことを親身に考えぬいたうえでの冷厳なアドバイスであることはだれの目にもあきらかなのですから。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_12_07.jpg

         ∧_∧   ┌────────────
       ◯( ´∀` )◯ < 僕は、マリーちゃん!
        \    /  └────────────
       _/ __ \_
      (_/   \_)



・『BLEACH』

hitokoma_2015_12_08.jpg

浦原「零番隊は全滅し……黒崎サンは間に合わなかった……
 そう考えるのが妥当でしょう……」

俺「いいえ。一護は間にあったけれどその手で霊王をブッ殺しました」

浦原「       (゚д゚ )
              ノヽノ |
                < <


              ( ゚д゚ )
              ノヽノ |
                < <       」


hitokoma_2015_12_09.jpg

ねぇねぇ、織姫の力で
霊王が復活しなかったんだけど、
今どんな気持ち?
        ∩___∩                     ∩___∩      織姫の力のことを
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|      「神の領域を侵す能力」
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶      とまで言ったんだけど、
       |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    |       ねぇ、今どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::|  藍 ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::|  染 ::::| :::|:            \   丶
     (_ ⌒丶...        :` |     ::::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'     ::(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i       `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン


・『E-ROBOT』

hitokoma_2015_12_10.jpg

 最終回です。全十一話というスピード打切り。単純に連載期間の長さだけでいうなら『E-ROBOT』の値打は『TOKYO WONDER BOYS』以上『無刀ブラック』以下ということになります。まあそんなところですね。
 俺の見るところ、この漫画の敗因は読者の需要にこたえられなかったところにあります。エロとギャグ、このふたつはつねに一定の読者層を見こめる要素です。しかしこの漫画ではエロとギャグとが不可分で、エロを見たい読者にとっては馬鹿馬鹿しいギャグが邪魔で、ギャグを楽しみたい読者にとっては露骨なエロが目ざわりでした。どちらか一方にふりきるか、あるいはエロとギャグとをきっちり峻別した作劇だったらもうすこし延命できたのではないかと思われます。
 ともあれ山本亮平先生おつかれさまでした。絵は連載中にだいぶうまくなったので伸びしろはある漫画家のはずですから次回作に期待します。



トリコ 33 (ジャンプコミックス)
トリコ 33 (ジャンプコミックス)島袋 光年

集英社 2015-01-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
トリコ 32 (ジャンプコミックス) トリコ 31 (ジャンプコミックス) BLEACH 66 (ジャンプコミックス) トリコ 30 (ジャンプコミックス) NARUTO -ナルト- 72 (ジャンプコミックス)




コメント

新連載のレビューでそこまで言うってことはよっぽどヒロアカ嫌いなんですね……

新連載は見ていて不快にならない主人公、と言う以上の感想は無いですな。
(結構大きいけどw)
これからキャラ付けされていくのでしょうが。

あと前の打ち切り作品でもおねショタだったし
第二の鈴木央なのかしら

おいあんた新連載気に入ったとかじゃなくヒロアカ嫌いなだけだろ、いやそりゃそうなんだろうけど

それはともかく、織姫が霊王治せなかったのはきっとテンパって三天結盾やったからなんだよ!!

過去 現在 未来全てを見通す閣下は
もちろん愛染の始開も見たって事だから
今の閣下は完全催眠の術中にあるんだよ!

つまり本当の閣下は和尚の前でボーッと立ってて
攻撃効かないから和尚やイチゴ達も困って
とりあえず顔に落書きされてるに違いない!

そうだったら今から全巻単行本買ってくる

ヒロアカの1話は親に才能無しで産んでゴメンと謝られた事で
上っ面はヒーローになりたいと言いながらも
心の底ではヒーローを諦めてた主人公が
尊敬するヒーローに君はヒーローになれると言われて
もう一度ヒーローを目指し始める!
って話なので1話の完成度はヒロアカのが上だとは思います

だが2話での能力譲渡おめ~は駄目だ!

今回の新連載も1話の完成度はなかなかだったので
2話には期待

あと岩代が既にスルーされてて笑える

新連載、INT極振り基本の世界でSTR極振りしたらどうなるのか、ゲーム脳が刺激されて良い感じ。
前作は地味だったけど絵は悪くなかったし、二話目期待。
アイアンナイトみたいな二話目は勘弁な!

自分が即打ち切りとか言ってたのに人気出たからって叩くのに必死だなー

新連載は幼馴染みが良い奴だから気に入るだろうなあ、と思ってましたが……
想像以上に気に入ってますねw

これから上手いこと肉付けして良い作品になってくれると良いですな


>ここまで対照的だと作者や編集がヒロアカの轍を踏むまいと意図的にやったんじゃないかと思えるほどです。

轍を踏むも踏まないも何も、そもそもここで言うほど
ヒロアカの1話は不評じゃなかったような……

僕もヒロアカの2話には否定的な立場ですが、ヒット作の轍を踏まないという表現は少々おかしいのでは。
ナルトという原点があって逆方向に進んだと考えるのが自然でしょうね。

「俺が嫌いだと言ったかきっと作者も編集も同じ轍を踏まないよう意識したに違いない!」
何様ですか

そもそも管理人がヒロアカを意識し過ぎなのでは?
そういう意味では爆豪と同類ですよね

ヒロアカは1話が面白くてその後しばらくつまらなくて段々面白くなってきた。

とはいえ管理人さんの言う通り、今のところカッチャンがクズでウザいままなのも事実で、ライバルとしての好感度なら新連載の方がはるかに上です。
魅力あるキャラの方を見たいという願望は読者として当然のことだと思うんですよね。

まあ、連載として生き残れるかはまた別問題ですが…

ヒロアカと比較すべきなのは火ノ丸という気もする

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2165-283737de

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ