保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年10号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年10号 

・『ONE PIECE』

hitokoma_2015_10_00.jpg

 今回のフランキー:猪狩完至。

hitokoma_2015_10_02.jpg

 しかしショービジネスやってるわけでもないのに相手の技をすべて受けきる。どこかで戦っている仲間を助太刀するよりも自己満足を優先する。ダメージ描写は作者のさじ加減ひとつ。もちろん回想シーンでないのだから死ぬはずもなし。赤ちゃんコスプレ幹部の悲しい悲しい過去も描かれ、今回はいかにもワンピって感じの茶番劇でした。どれだけ悪手をうとうと主人公サイドの勝利はゆるがないとわかっていたら緊張感など出るはずもありません。ぼんやりテレビ画面をみながらAボタンを連射していれば話がすすむダメRPGみたいです。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2015_10_03.jpg

 戦い終ってライバル三人が相手の料理を食いながらワイワイ言いあう。このシーン自体はなかなかいい。しかし遠月の一年生の暫定的な序列をきそいあう大会のトップの料理を食っているのに、あんまりうまそうに見えないのは残念です。もっともこの漫画にかぎらず、オーバーリアクションなしだと料理がまるでうまくなさそうな料理漫画が世上に氾濫しているわけですが。
 あとソーマら三人の輪のなかに美作やタクミがしれっとまざっていたらもっとよかった。YOU遠慮しないで突撃しちゃいなYO!


・『トリコ』

hitokoma_2015_10_04.jpg

 ボス猿の金玉ベルはベホマズン。猿王バンビーナの金玉の音色にのったうまみが空気をつたわり、聞く者の腹をみたし体力を全恢復させました。理窟はわからんがスゴイききめだ。
 この漫画のいいところは、あきらかに色物とわかるキャラとか食材とかを出しても、作者がテレたり言いわけをしたりしないところです。はじめにスゴイものだと設定したからにはわきめもふらず、心の底から聞えて来るであろうツッコミとか冷笑とかに耳をかさずに力業で押しきる。そういうスタイリッシュとは正反対の強引さがいさぎよい。ゆで物理学の爽快さに通ずるものがあります。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2015_10_05.jpg

「僕は母を守る為に力を持って生まれたのかも知れない」

 斉木がマザコンであろうことはうすうす察していたが、これほどとは!! 読めなかった、このリハクの目をもってしても!!

hitokoma_2015_10_06.jpg

 集英社をネタにしたギャグもよかったけれど「この作品はフィクションです」の断り書きをこの位置にもってきたのが編集との連携プレイで加点一。なおもくじの作者コメントによるとこれでも二回ボツをくらったとのことです。いったいどんな真実……ゲフンゲフン! フィクション(公称)を書いたというのでしょうか麻生先生は。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_10_07.jpg

 ウホッ! いいサドメガネ……
 前回のレビューでも書いたけれど、主人公の親友で口がわるくてサディストという、まことに腐女子ごのみのキャラクターです。ここまでわかりやすいと逆に敬遠されるんじゃないかってレベル。しかしできれば受けいれられてほしいものです。でないと単行本が売れねーもん!

hitokoma_2015_10_08.jpg

 声をかけるタイミングがわからなくて今まで輪のなかに入れなかった部長マジ女の子。火ノ丸のぶんの傘を用意していることもふくめてヒロインよりもヒロインっぽい。まったく、部長がこんなだからユーマ妹のこの漫画での場違い感がいっそうひどくなるんだよ! でも実際のところユーマ妹この漫画にいりませんよね。ヤローだけでじゅうぶん。

hitokoma_2015_10_09.jpg

 サドメガネこと辻桐仁のポジションは監督でした。火ノ丸の心技体のうち心はカンスト、体は成長率ゼロなので、技をたかめるほうへともってゆくようです。しかし久世は父親の大和国に稽古をつけてもらっているだろうし、高校の部活でも指導者に不自由はしていないだろうから、いくら新キャラが知将っぽくても久世以上の環境にできるとはちょっと考えにくい。つーかできたらファンタジーです。あとドラゴンボールの亀仙人やスラダンの安西先生みたいに指導者は年配の人がよかった。


・『オニゴロキ』

hitokoma_2015_10_10.jpg

 鬼どもがジュウドウズはじめました。


・『エルドライブ【ēlDLIVE】』

hitokoma_2015_10_11.jpg

 『家庭教師ヒットマンREBORN!』でヒットをとばした天野先生がジャンプ+で連載している漫画がジャンプに読切り形式で出張してきました。感想は……うーん、こんなもんじゃないですか? って感じです。さすが長期連載経験作家なのでソツなくまとまってはいるものの、何度も読みかえしたいほどのおもしろさはありません。つーか俺ジャンプ+で連載中のこの漫画、絵が見づらいせいで読むのやめています。目がすべるすべる。この人の漫画、キライじゃないから何度か読みとおそうとがんばるけれど、きまってとちゅうで挫折してしまいます。肌にあわないんでしょうなあ。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_10_12.jpg

「……私達、もう恋人のフリしなくていいって……
 クロードがあんたんとこの若い衆とささいなことで口論になって殺されて、それがきっかけで全面戦争になったから私たちの関係もこれっきりだって」


 というぐあいになってヤクザとマフィアとが血で血を洗う仁義なき大抗争をくりひろげたらおもしろいのだけれど、この漫画だからそんなことにはならんのでしょう。どうせ二三回あとでは楽と千棘とはもとのニセコイ関係にもどるはずです。でもクロードは別に死んでてもいいのよ?
 あとここまで書いて思いついたことだけれど、古味先生は『ニセコイ』の最終回を『ロミオとジュリエット』のハッピーエンドバージョンみたいにしあげるつもりではないでしょうか。楽と千棘とがおたがいの気持に気づき、はれて両想いになったあと両家の仲立となる、というぐあいに。王道といえば王道、陳腐といえば陳腐。


・『卓上のアゲハ』

hitokoma_2015_10_13.jpg

 この期におよんで舐めプレイ。そんなだから連載第十話にしてドベ五なんですよ! ジャンプの掲載順は読者人気に比例する(`・ω・´)キリッ


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2015_10_14.jpg

 掲載順が卓球よりもうしろのドベ四……こ、これは入稿おくれか休載が影響したかのせいにきまってるんだからねっ! ジャンプの掲載順はかならずしも読者人気に比例するとはかぎらない(`・ω・´)キリッ
 さて勝負は千佳ちゃんの大砲で全員の体勢がくずれたところを遊真がみのがさずに諏訪隊のそばかすを墜し、荒船はベイルアウト直前に千佳ちゃんをスナイプ。そして諏訪はエースの遊真を囮にしてのオサムのショボいアステロイドでとどめをさされました。アフトクラトル侵攻戦からこっち、オサムはずっとごっつぁん得点ばかりかせいでいる気がします。

hitokoma_2015_10_15.jpg

 女子チームの老けてないほうの辛辣なツッコミ。そこへ三輪隊のミソッカスが東さんにかわって三雲隊の作戦について的確な説明をしてくれました。おおミソッカス、おまえ役たたずじゃなかったんだな。実は達人の三輪、槍バカの米屋(ホメてねぇ)、No.2スナイパーの奈良坂を擁する三輪隊がA級のどんじりなので、ミソッカスのメガネが思いっきりチームの足をひっぱってんじゃないのかというのが巷でのもっぱらの評判だったのに。


・『Sporting Salt』

hitokoma_2015_10_16.jpg

「だったらいっそ祝っちゃいましょうよ、みんなで。
 この漫画が打切られたことを」


 ああっ久保田先生、なんという自虐ギャグをっ!(ちがう)
 というわけで打切られました。ネット界隈ではお祭りさわぎ。この漫画のダメだったところがこれでもかといわんばかりに乱舞しています。それなのでこのレビューではあえてこの漫画のよかったところを列挙することにいたします。

・あまりにも絵がヘタだったので「これでもジャンプで連載がもてるのか!」と漫画家志望の若者に希望をあたえたこと
・あまりにも話がアレだったので以下同文
・キャラがクズばかりだったので以下同文
・連載がすすむにつれて背景が黒くなっていったのでアシスタントのありがたみがわかったこと
・専門知識を必要とする漫画をかくには監修が必要であると世に知らしめたこと
・クソ漫画がクソであることを言いあらわすのに「塩分高い」という表現をうみだしたこと

 いやぁけっこうあるものですね。
 久保田先生おつかれさまでした。つぎに連載するとしたら原作と脚本作画(コメント欄のご指摘で気づきました)と監修と担当編集とを他者にまかせるべきですね。当人はスタッフの食事でもつくったらいいんじゃないでしょうか、塩分ひかえめで。



火ノ丸相撲 3 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 3 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2015-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
火ノ丸相撲 2 (ジャンプコミックス)
食戟のソーマ 11 (ジャンプコミックス)
三ツ首コンドル 3 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックス)
ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックス)




コメント

>久保田先生おつかれさまでした。つぎに連載するとしたら原作と脚本と監修と担当編集とを他者にまかせるべきですね。

作画は……?(;゚Д゚)

塩は凄かった。何を間違えるとあれが連載されることになるんだろう

ところで朗報ですが斉木コミックス最新巻で
燃堂のコーディネートした服を照橋さんが着てますね。
麻生先生わかってる。わかりすぎ。

できれば暗殺教室をボロクソに叩いてほしかった

相撲は、仮にまともな年配の監督になったとして
火ノ丸の横綱相撲は無謀だし体にも良くないから狩谷みたいにスタイルを変更させるし
現に大和国も自分が指導者なら火ノ丸のスタイルは止めさせる的な事言っていますからなあ。

まともじゃない相撲を取るなら指導者もまともじゃダメって事なんでしょう
で、何年も火ノ丸の実るか分からない努力を見てきた友人が考えに考え抜いた末に至ったのが
たった一つの冴えたやり方だったって事じゃないかな。

まあ自分も年配の指導者キャラを待ってたクチですがw

ワートリの掲載順があかん、今回も面白かったのに、

来週からの岩代先生には期待。

ミソッカス眼鏡はアニメで
真面目系間抜けキャラが定着しましたね

コナミ先輩のメガネという俺得シーンも有るも
かけたメガネが修のスペアなので
まるで瓶底の様に瞳が見れず

おしい!!っとなりましたわ

何気に初期のぐだぐだぶりからは信じられない程
ワートリのアニメが頑張り始めてる
燃費良い感じで

葦原先生の事だ、オサムはずっとごっちゃんキャラなんでしょうねw
掲載順は入稿が遅れただけなんだ、遅れただけなんだ、遅れただけなんだ、・・・

てっきり今週の暗殺教室の「実はいい人だった展開」に触れるかと思ってたから意外

  • [2015/02/05 19:22]
  • URL |
  • 名無しさん@ニュース2ch
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2159-f77efb9b

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ