保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年09号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年09号 

・『ONE PIECE』

hitokoma_2015_09_01.jpg

 アタマでけぇな小人姫。ほぼ二頭身です。しかも体がほそいったらありゃしない。すっころんだらおきあがるのもひと苦労でしょう。というか首をひねっただけで頸骨がポキリとゆきそうです。
 あと頬髭がアフロなのはどうにかならんのでしょうか。

hitokoma_2015_09_02.jpg

 さあ、なけ! ないてルビーのなみだをながすんだ! なんなら氷泪石でもいいよ。
 こういうばあい、ながす体液といえば涙と相場がきまっているけれど、たまには変りダネがあってもいいのではないでしょうか。鼻水とかヘソのゴマとか。いや昔話にはヘソのゴマをほじったらそれが金になる小僧とかいるんですよ。
 なお小人姫は治癒能力の持主です。このキャラが麦わら海賊団にはいったらチョッパーはお払い箱ですな!


・『暗殺教室』

hitokoma_2015_09_03.jpg

 茶番はつづくよどこまでも。
 烏間先生しっかりしてください。理事長(笑)が殺せんせーをクビにするというのならそのまえに政府が理事長(笑)をクビにすればいいだけではありませんか。理事長(笑)がこわれたレコーダーのようにくりかえす「強者」ということばは、このばあいあきらかに政府なのですから。理事長(笑)がバカまるだしなのはもちろん、それにひとことも物申せない烏間先生もまたアホに見えてしまいます。
 ああもう、最終回までには烏間先生も烏間先生(笑)になっちゃうのかなあ。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_09_04.jpg

 火ノ丸の母ちゃん、男前! 火ノ丸の母ちゃん、凛々しい! 川田先生、女の顔の描きわけあんまりうまくない!

hitokoma_2015_09_05.jpg

 相撲が好きだから勝ちたい、でも横綱相撲は変えない。火ノ丸の思いは馬鹿みたいにシンプルで、かつ鞏固なものでした。そんな馬鹿みたいなままでも勝てる方法があるという新キャラ。
 しかし火ノ丸がうだうだやっているところへだれかがやってきて次回へつづく、というおわりかたは前回とまったくおなじでした。これで来週号は新キャラがあれこれ言うのに乗り気にならない火ノ丸を叱咤するためにラストで小関部長が登場し、再来週号はそれでもやっぱり煮えきらない火ノ丸を激励するためにラストでユーマが登場し、再々来週号はそれでもやっぱりしつこく言を左右にする火ノ丸を元気づけるためにラストでチヒロが登場し、再々々来週号はそれでもやっぱりしつこくまたもやグズグズする火ノ丸の尻をたたくためにラストで沙田が登場し……なんてことになったら笑えていいのだけれど、まあないでしょうな。ギャグ漫画じゃないし。
 ところで新キャラは火ノ丸のむかしからの友だちで、火ノ丸めがけて傘をなげるような乱暴なところもあるけれど、見るからに運動が不得手のメガネキャラだというのに、火ノ丸のことをバカにした相撲選手を体格差もかんがえずにブン殴るという熱い男です。主人公の友だちで、Sっ気があって、外見クールで内面ホット……川田先生、ついに腐女子人気をとりこみに来たかッ!


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2015_09_06.jpg

 ば、馬鹿な! 葉山が優勝するなど、そんな馬鹿なことがあってたまるか! コイツがドベになってうちひしがれているところへ肉魅あたりが「三位入賞おめでとう。じゅうぶん誇っていい成績だぜ」とイジり倒してくれる結末を一日千秋の思いでまっていたというのに!
 とはいえ結果そのものに不満はありません。どうせソーマが勝つのだろうという俺の脳内下馬評をくつがえしての葉山優勝にはすなおに感心しました。いただけないのは結果ではなく過程です。この土壇場にきて、料理人の顔が見える料理がどうのオリジナリティがどうのといわれても唐突感がいなめません。しかもそれが勝利のきめ手だなんてあとだし感バリバリで、そういう評価の基準があるのならはじめに言っておいてくれという気分です。これじゃあ回想をいれたから勝てましたという『BLEACH』のアーロニーロ戦みたいではありませんか。結果がよかったからこそ過程の残念さがめだちます。
 ああそうそう、回想でおもいだしたのですが、黒澤明の初監督作品『姿三四郎』にこんなシーンがありました。主人公の姿三四郎が武術大会で戦うのは老いた柔術家村井半助。はじめは優勢にすすめるものの、かつての達人も寄る年波には勝てず、若い三四郎に何度もなげとばされます。もうダメかと思われた村井の耳朶によみがえったのは、おのれの勝利を信じて疑わない愛娘の声でした。村井は気力をふりしぼり、たちあがり、そして。
 フツーにぶん投げられて負けました。

 いや、あのシーンには大笑いしたものです。そして納得もしました。大事な人の姿が見えたり声が聞えたりすることでギリギリ九カウントでたちあがることはあっても、そこから逆転するのは嘘くさいよね、と。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2015_09_07.jpg

 持たざるメガネ、相手チームへのいやがらせに走るの図。とはいえ卑怯なやりかたでもなければルール違反でもありません。弱いなりに智慧をしぼって自分のできることをかんがえだし、それを実行しているだけです。東さんや嵐山みたいな実力者もちゃんとオサムのことを評価していますし。

hitokoma_2015_09_08.jpg

 諏訪隊のそばかすアタッカーに距離をつめられた荒船隊スナイパー穂刈は勝てぬと見るや捨て身で遊真を狙撃し、左肩をうちぬいたところでそばかすにやられてベイルアウトしました。そしてそのそばかすは遊真にしがみついて諏訪に自分ごと撃たせようとします。どちらもベイルアウトの有効な使いかたといえるでしょう。その場でやられても死なないというのは大きい。やろうと思えば爆弾系トリガー(あったっけ?)をかかえるだけかかえての自爆特攻もやれます。……うーむ、卑劣様おすすめの穢土転生のつかいかたみたいだ。


・『天杖のアルワンド』

hitokoma_2015_09_09.jpg

 顔の濃いソーマが主人公の読切りです。うわっつらはファンタジーバトル。強くて筋のとおった主人公が異郷から現代日本へやってきて騒動をおこすという構造は『道士郎でござる』とにたところがあります。でも西森作品とくらべると実力不足が目だちます。棒状のものが魔法の杖になるというワンアイデアをのぞけばキャラも絵もストーリーも平凡の域を脱していません。おそらくすぐに忘れ去られ、なにかの拍子で
「そういえば、顔の濃いソーマが主人公の読切りがあったっけ」
みたいな思い出されかたをするのではないでしょうか。
 なお作者の池田恵介先生は第八回金未来杯にエントリーしていました。ほかの三作『ゴブリンナイト』『恋のキューピッド焼野原塵』『放課後☆アイドル』はみな連載に昇格しているので、池田先生はだいぶ出おくれている感があります。でも上記三作すべてが二十週打切りをくらったので、それほど差はないのかもしれません。嗚呼、どんぐりの背くらべ。


・『ハイファイクラスタ』

hitokoma_2015_09_10.jpg

 前回のレビューで書いたとおり新章第一話が最終回になりました。おれのサイドエフェクトがそう言ってた。
 この短期打切りは妥当な結末です。高校生のほうの主人公は好感度ゼロ。黒スーツのほうは印象がうすかった。グラサンも聖徳太子もいいところをさがすほうがむつかしいし、ヒロインふたりはどんどんかわいくなくなってゆきました。絵は可もなく不可もなし、ストーリーに見るところはなし。いちばんひどかったのが世界設定で、だれでも才能をダウンロード可能な社会のはずなのに、いまの社会とかわったところが犯罪増加以外ほとんど見うけられませんでした。そんなはずあるかい。『僕のヒーローアカデミア』も人口の八割が特殊能力もちなのにヒーローとヴィランの設定をのぞけば我々の社会とたいしてかわりばえがしないというところはあるけれど、あちらは役立たずの能力がきっとたくさんあるのだろうなと想像することで補完可能です。
 というわけでいろいろ足りないところの目だつ漫画でした。後藤先生、つぎに連載するまでに、おおいに実力を涵養しておいてください。でないとまた突きぬけますよ。



ワールドトリガー 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)
ワールドトリガー 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)葦原大介

集英社 2015-01-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドトリガー 8 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 6 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 5 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)




コメント

法廷センターカラーでとりあえず生き残り確定か

塩も来週でしぼうかな?

次期打ちきり候補
筆頭
アゲハ、エロボ
対抗
磯部、法廷
大穴
Bleach

必要

チョッパーは必要です。だって姫は傷、彼は病気です。姫様だから島から出れないはず。それに船長が仲間を見捨てないと思う。

  • [2015/01/27 09:08]
  • URL |
  • ワンピース大好き
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

葉山勝利に関してですが、ソーマは第一話からラスボス格の親父が
「いい料理人になるにはいい女と出会え」と言ってるのでテーマ的にはブレてないんですよね。
決勝戦3人の料理の腕前が同じだったならば、この理由で葉山>黒木場>創真となるわけで。

おいどういうことだ塩がいっこうに話をまとめようとしないどころか相変わらず一話すらまともに起承転結組み立てようとしねーぞ

それにしても姿三四郎(それもすごく細かいシーン)を知ってるとは……
管理人さんは普段何やってる人なの……

暗殺教室の理事長が政府に潰されないのは(一応)おかしくないことだと思う
何せ理事長、「殺せんせ-という最大級の国家機密」の情報持ってるから

自分が潰されたら自動的に殺せんせーの情報が漏れるようにしておけば
それだけで今の状態は維持できなくなるだろうから潰すリスクのが大きくなる

この方法に限らずとも、政府が手を出しづらくする裏工作なんていくらでも出来るかと


ただ、その程度で済む補足をちっともやらずにスルーしてるんだよなあ
このことに限らず、理事長周りの描写はちと雑すぎやしないだろうか

ソーマは本当に予想を裏切り、期待まで裏切ってくれることに定評のある漫画ですね。
葉山が勝つには、これまであまりにも株を下げ過ぎました。
決勝では慢心の権化で人を見る目がなく性格も悪いという典型的な小物キャラに…ついでに鼻が自慢だというのにぬか漬けに気付けないというとんだマヌケ成り下がってしまっています。
かといってヒールを貫いてるわけでもなく、「育ての親へのために頑張ってる」なんて設定を前面に押し出しており、作者は読者に対しコイツをどう思ってほしいのかさっぱり分かりません。

確かにソーマが勝ったとしたも、それはそれで期待も予想も裏切らないといったつまらない結果だったでしょうが、それにしたって葉山が優勝はないと思います。読者の予想を裏切りたいのならせめて黒木場の方がマシだったでしょう。

最後にこの回想はないわー料理中か祝勝会中とかならまだしも・・・

ソーマがアニメ化した時、ここら辺は変えて欲しいかなって思った
けど、どっかの二世アニメの様な改変は勘弁な


爆発系トリガーとしては
落ち着いた筋肉が罠仕掛けるときに
メテオラを爆弾代わりに使ってたので

多分メテオラがそれに当たるかと

おら! ゆめのけむり だせ!!

>川田先生、女の顔の描きわけあんまりうまくない!

火ノ丸は母親似だから(震え声)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2156-3662ad95

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ