保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2015年08号

今週のジャンプ一コマレビュー 2015年08号 

・『暗殺教室』

hitokoma_2015_08_01.jpg

 話がすすむにつれて強キャラの格がどんどんさがる漫画、それが『暗殺教室』!
 ひとりよがりの教育理論を強制するためにあの手この手の小細工を弄したすえに完膚無きまでに敗北し、息子やA組の生徒らに愛想をつかされ、どうやって名誉挽回するのかといえば権力のゴリ押し。もうアンタ理事長じゃないよ、理事長(笑)だよ。ロヴロ先生(笑)とか死神(笑)とかと同列だよ。
 さてここで理事長(笑)がこのさきどうなるか、いくつか想像してみます。

 ①政府によって暗殺される
 ②発狂して精神病院におくられる
 ③みんなと和解する

 ①がいちばんスジのとおった展開です。地球を破壊するほどの力をもち、なおかつその力を行使すると公言する殺せんせーが、どういう腹づもりなのかE組の生徒を卒業させるまで地球破壊を先のばしにすると言っているのです。政府からすれば、そして全世界からすれば、殺せんせーが先生ごっこに興じているあいだに何とかして殺せんせーをとりのぞかねばなりません。それなのに殺せんせーをクビにして野放しにしようとするアホなんぞは百害あって一利なし、すみやかに排除するのが理の当然です。
 ②もそれなりにスマートな流れです。理事長(笑)だって上記の理窟は言われずともわかるはず。そういう事情を察しているからこそ、これまで政府からカネをひきだせてきたわけですし。それなのにこのたびの所業なのだから気が狂ったと判断されてもしかたがありません。さあ烏間先生、さっさと黄色い救急車をよんでこのアホを鉄格子のむこうへとほうりこみましょう。そのとき理事長(笑)がネウロの犯人みたいに豹変してまわりをドン引きさせるような狼藉をはたらいてくれたらさらによし。
 ③がいちばん陳腐で、いちばんカンベンしてほしくて、いちばん可能性の高い展開です。いやマジでカンベンして。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2015_08_02.jpg

 読者人気はあるのに麻生先生が出しおしみするせいでレア度のたかい斉木楠雄♀バージョンです。しかしホントにアリますね。そこらの貧乳キャラよりもずっと。
 ところでどういうわけか掲載順がだいぶあがりました。先週号はドベ三だったのに。

hitokoma_2015_08_03.jpg

 幸せの絶頂という感じでケーキを満喫する♀斉木。甘いものさえだせば男のときの斉木もこういう顔をするわけで、そんなところに同席したら照橋さんなんかは胸ズキューンなんでしょうな。
 なお♀斉木は自分の正体を照橋さん以下にごまかすために栗子と名のりました。
 栗……子……

kawarisugi_seinen_04

 たいへん見苦しい画像をお見せしてまことに申しわけございませんでした。

hitokoma_2015_08_04.jpg

 見栄はってゲタをはかせたもの言いをする照橋さんかわいいよ照橋さん。

hitokoma_2015_08_05.jpg

 ラストで♀斉木が斉木の妹だということにされてしまいました。ちなみに♀斉木は照橋さんが斉木のことを好きだということをおしえられています。なのでこのさき照橋さんは斉木に「妹さん、私のこと何か言ってなかった?」とさりげなく、しかし無理押しに問いつめることでしょう。斉木のまわりの外堀が絶賛埋立中。
 斉木よ、いいかげん観念して幸せになっちまえ。


・『ニセコイ』

hitokoma_2015_08_06.jpg

 おのが慾望のために平気で嘘をつき、携帯電話を破壊する女マリー。だがかまわん。俺がゆるす。
 マリーが人の迷惑をかえりみず好き勝手し放題だというのにぜんぜんとがめる気がおきないのは、もちろんその恋心を至上のものとしてブレるところがまったくないからです。ここまで自分の意志をつらぬかれたのでは応援するほかありません。そして相対的にもやしの優柔不断さやゴリラの臆病さが不様でみっともないものに見えるのです。
 しかしふたりの距離はどんどんちぢまってゆきます。なぜならそれが作者の意図だから。きっと古味先生はこうおっしゃりたいのでしょう。
「人の恋心も懸命な努力も風の前の塵にひとしい。すべては神の胸三寸で決定される。人間よ、神を畏れよ。なぜなら汝らは小さきものなれば」
 まるでギリシア悲劇の世界だ、といったらほめすぎですか。

hitokoma_2015_08_07.jpg

 漆黒の騎士団より……よし扇死ね。


・『学糾法廷』

hitokoma_2015_08_08.jpg

                 / .:::::::::≠=ミ\:::::\\:::::::ヽ::::::::::::::::::::::}:::/::::::::::::: }
                ハ{::::::::/::::::::::::::::::辷,_:ヽ:::\:::::::::::::::::::::::::::}/:::::::::::::::人ノ丿
                  ∧/⌒ヽ─-::::::::ユ  /^ー-ニ:;_:::::::::::::::::::ノヘ:::::::::::彡::/
              / :∨ ハ ':::::::::爻   {    /⌒^'ー--‐¬}弌-ァ<⌒ヽ
                /  /ハ  l }:::::彡     {    {        ,リ } {:{::l ヽ ',
.               /   /  ∨ }::リ   __       {        / / 从:{ ハ} :}
                ', /     ', }::l    ⌒^弌、   ヽ        / ハ::::}/ }
             ∨ ,rヘ //∧:l     l朷トミ≧ュ_     _,x≦ /ノ乂 /     俺だ。
             /  V  /////ハ    `¨ - 'j `-‐´ /f拆テァ /
          ノ「   / ////'  ̄ ̄)           / ^¨  ′ '            “機関”はまだここには気がついていないらしい。
           /  |:  / /./  / ̄'.'.          ,′    /            今のうちにせいぜい時間稼ぎをさせて戴くとしようじゃないか。
    _.. -‐'^ / |: l  {/  ≠::::; -‐- 、    ,   :     /│
. -‐''^        ││ ./  ∧:/   . - \    ヽ ノ   / }|             何?!! そんなバカな……! ちッ、仕方ない! まずはそこで待機だ。
            l | ./  //  /:::::::ヘ ┘rー-  .._   .     リ
            ∧〈 {  '   /_,. -─ヘ.  `二ニ´ /     /             ああ、すべては運命石の扉(シュタインズ・ゲート)の選択のままに。
           / ヽ',       '´  ,.‐ァ寸  ; ; / |   }/
     \     /   }         / /   `ー++チ'  │  /
       \         {         {       //|     | /               エル・プサイ・コングルゥ。
        \       {         }_   _彡 |    l }


 ところでこの漫画、来週号でセンターカラーだそうです。がんばってますねえ、ジャンプ編集部は。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2015_08_09.jpg

(これ以上何を頑張れば、潮は久世に勝たせてもらえるんだ……?)

 ですよねー。
 このあと帰り道で火ノ丸はみんなとひとり別れ、部長はおいかけようとし、チヒロはこんなときはひとりにしておいてほしいところだと忠告します。それでも部長は自分の足りなさを知りつつも火ノ丸の重荷をすこしでもいっしょに背負ってゆきたいと言い、ユーマは部長のことをあとおししました。それぞれのふるまいに性格がでているのがいいし、それがみな相手を思いやってのことだというのがさらにいい。

hitokoma_2015_08_10.jpg

「そんなに辛いならやめちゃえば? 相撲」

 ですよねー(をい)
 しかしユーマの妹のいうことも一理あります。身もフタもないいいかたをすれば火ノ丸は好きで相撲をやっているだけであり、それがイヤになったらやめればいい、背負っているものがあれば投げすてればいいのです、ハタから見れば。しかしここまでつきはなした言いかたをするのは火ノ丸のこれまでを見てきた部長らには口がさけても無理でしょう。だから部長がおいつくよりもさきに、相撲の魅力にも火ノ丸の努力にもほとんど興味のないユーマの妹があらわれたのです。この漫画はやっぱり作劇がうまい。
 そしてこのきわめて現実的で残酷な提案をまえに、火ノ丸はいったいどういう答をだすのか。


・『トリコ』

hitokoma_2015_08_11.jpg

 ひさしぶりのゾンゲさま、グルメ界いりしていました。レベルちがいもはなはだしい。だれかとめてやれよ。ゾンゲさまがギャグキャラ補正で死ぬことはないとわかっているのは読者だけで、作中キャラはあずかりしらぬことなのだから。


・『ワールドトリガー』

hitokoma_2015_08_12.jpg

 スナイパーに有利な地形をあえてえらぶことで二対一の状況をつくりだすという作戦はオサムがかんがえたものでした。三雲隊のリーダーでもあり、メンバーのなかでは最弱でもあるので、せめて頭脳労働でみんなの役にたとうとしたわけです。そして遊真と千佳ちゃんとはオサムのそんながんばりをみてふるいたつ。良循環です。
 ところでワートリは先週号おやすみだったので実質ひと月ぶりになるわけですが、中身はあいかわらずの地味なものでした。バトルやってるのに、おもしろいのに、地味。マイペースというかなんというか。コアなファンにささえられてここまでやってきたとはいえ、アニメ化が成功したとはいいがたいし、連載が長続きするかどうかはなかなか楽観視できません。ここしばらくの新連載がのきなみ打切り候補でなかったなら今よりもさらに危機感をつのらせていたところです。


・『ハイファイクラスタ』

hitokoma_2015_08_13.jpg

 次号、新たなる物語が始動――六攻特課は!?
 Hahaha,新章第一話が最終回ということですね。まえもって言っておきます、後藤先生おつかれさまでした。


・『ジュウドウズ』

hitokoma_2015_08_14.jpg

 ば、馬鹿な! この漫画がハイファイや塩をさしおいて打切り一番手だと……!? 前回に敵幹部集団の顔見せがおわって次号は新展開という感じだったというのに、新章第一話が最終回などと、そんな馬鹿な!
 しかし「順番まちがえてんじゃね編集部?」という疑問を払拭できぬとはいえ打切りそのものはしかたのないことだと思ってしまいます。好きなところはおおかったけれど、いたらぬところもたくさん目につきましたから。
 とにかく地味でした。主人公の名前が華なのにぜんぜん華のない漫画でした。そしてインパクトがよわくて何をやっていたのかイマイチ記憶にのこらない。「じゃあ、やろっか」というのが主人公のきめゼリフだということに今になってようやく気づいたレベルです。
 これ以上の屍に鞭つ行為はひかえます。近藤先生おつかれさまでした。これで二十週打切り二回目、つぎのラストチャンスをものにできるよう影ながらいのっています。


・『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』

hitokoma_2015_08_15.jpg

 曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』を立読みする磯兵衛。感動にうちふるえつつ八犬伝のおおまかな説明をしておりますが、あのクソながい小説を磯兵衛みたいな意志薄弱のナマケモノが読みとおせたはずもないので、どうせあらすじだけ読んでわかったつもりになっているのでしょう。まるで俺みたいだ
 しかし八犬伝はいろいろと規格外の小説でした。本篇もながければ執筆期間もながい。なにせ刊行開始から完結まで二十八年を要し、最後のほうは馬琴の目がみえなくなって息子の嫁に口述筆記させて擱筆にこぎつけています。それだけクソながい小説だから、八犬士が勢ぞろいするまで二十年以上もかかりました。こんなムチャクチャな作品は二度とあらわれは……
 そういえばありましたね、十五年以上も連載しているのに十人の仲間がまだそろわないワンピなんて漫画が。さがせばほかにも見つかるかも知れません。世のなかはひろい。


・『NとSはくっつかない』

hitokoma_2015_08_16.jpg

 もう二年もまえになるけれどまだ記憶にのこっている読切り『恋愛銀河区石川荘』の宮島京平先生がジャンプ+で前後篇のラブコメ漫画を描いていました。しかし感想をひとことでいうと「まちがった方向にがんばっているなあ……」というネガティブなものです。
 話の構造は、主人公とヒロインとは実は両想いなのにおたがいの環境は問題アリ、という点で前作とおなじでした。しかしあちらは主人公がわが正義の味方でヒロインが悪の侵略者ポジションというなじみのある設定であったためすんなり読むことができました。しかしこちらは主人公がデカいマスコットキャラになり、ヒロインのほうは魔法少女なので、ふたりの関係がむすびつきにくい。さらにその条件や禁止事項がこみいっているし、あとセリフがすなおでない変化球のひねったものばかりで、とにかく読みとおすのがつらかった。全体的につめこみすぎ。ファンの俺でさえこうなのだから、とちゅうでギブアップした人はおおいのではないでしょうか。
 それでも絵はうまくなっていたし、努力のあとはちゃんと見てとれし、なによりヒロインがあいかわらずかわいいので、つぎの漫画はもうすこしスッキリしたやつを期待します。



ワールドトリガー 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)
ワールドトリガー 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)葦原大介

集英社 2015-01-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ワールドトリガー 8 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 7 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 6 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 5 (ジャンプコミックスDIGITAL) ワールドトリガー 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)




コメント

法廷センターカラーきましたね。
管理人さんには合わなかったのかもしれませんが、人気があることが証明されましたね。

ジュウドウズは新人じゃないわだからちゃんと本誌でまとめろと思いました。西先生のHACHI同様打ちきりが相当ショックなのはわかるけどプロとしての責任を果たして欲しいですね。自分からまとめる力がないと言ってるようなものだなと感じました。

学叫法廷来週センターカラーなので人気がでてきましたね。

となるとハイファイ塩は来週再来週で打ちきりなのでエロと卓球が次の改編でうちきりかな?

個人的に学叫法廷人気あることに驚きました。

まさか、センターカラー獲得とは。

今週bleach休載か

先週の鶫も今週のマリーも可愛かった。

学級法廷って今何話目だっけ?
最初の10話くらいは
編集部が人気出す為に聖域化するんじゃなかったっけ?

やっぱ小学生にはああいう屁理屈が受けるのかなぁ

新章突入、3週で打ち切り・・アタマが・・・
10巻打ち切りされた少年チャンピオン
ケルベロス
kindleで全巻好評発売中(ダイレクトマ)

同じ作者のハーベストマーチは
おねしょた好き以外は買わなくていいぞ

ハイファイは綺麗にまとまりそうですね

今週のソルト久々いいと思ったんだけど自分だけ?

今までジュウドウズドベ1なかったから今期は打ちきりないかなと思いましたが、切られてビックリ!
まあ、伸びしろもないし、残す必要もなかったですが。

塩いい悪いのまえに医学関係ないよね

来週法廷センターカラーで大人気だと…?
私も管理人も見る目がなかったのか?

学糾法廷は実際に人気が出た訳ではなく、原作は違えど漫画が前作まで大ヒットを続けたベテランの小畑さんなので、編集部が何とかして推そうとセンターカラーにしただけだと思います。巻頭カラーにならなければ本当に人気があるかはわからないと思います。

斉木の掲載順は作品の間にあるページに暗殺教室のコラボ商品の宣伝があるからですね
要するに暗殺教室のバーター

栗田さんの画像のチョイスに悪意を感じる……。

もっと良いのがあったでしょうが!

栗田さんは昔はかわいかった
今はただの○○○○

ジュウドウズ酷い終わり方だな。アイアンナイトもこんな感じだったな。

学糾法廷センターカラーで人気とか言ってる人にいいこと教えたげる

ジャンプは新連載やるときは同時期に始まった作品それぞれが8話を超えたタイミングで一番人気があるやつを一回センターカラーにするんだよ
でもそれはその"二つないし三つの中で"一番マシなだけで普通にそのあと打ち切られたりするよ
例えば去年のはじめにやってた四連続新連載でイリーガルが9話目で普通に打ち切られたし、その他そういうケースが多々あります
まぁあえて人気ないとは断言しませんが、多分これも打ち切られますよ

うち間違えた
イリーガルレアが9話目でセンターカラーもらった後、次の打ち切りターンで切られた
8話直後のセンターカラーは他の同時期の作品よりもまぁ最低でも少し長続きしますよくらいの認識でOK

ジュウドウズ、ハイファイ、ソルトはどれもセンターカラー来なかったじゃん

そりゃ椎橋みたいに実績が無いからね
ぬら孫は実質打ち切りとはいえジャンプを潤した漫画には違いないし

センターカラーだけじゃ人気あるかどうかはわからんかな

上のイリーガルレアの例もあるし
一時期は毎月レベルでセンターカラー貰いまくってたのに結局巻頭カラーは一度も貰えず、最終的には打ち切り食らったクロガネなんかもあったね

まあマリーは破壊したの自分の携帯電話だしな

ムヒョの人のHACHIはセンターカラーもらえなかったし、実績とか関係なしに結局はアンケ次第だろ。
チャゲチャとかユンボルは容赦なく10週以内の打ちきり食らったし。
ただ、いつまでアンケとれるかは重要だとおもう。法廷は今のところアンケとれてるっしょ。

ストーリーとか関係なく小畑ってだけでアンケとってたりしてな。

>さがせばほかにも見つかるかも知れません。世のなかはひろい。

十年以上同じ相手と麻雀やっててまだ終わらない漫画とかもありますね。

まあ小畑絵だけで人気がとれないのは新人時代やラルグラドが証明していますが。

>まあ小畑絵だけで人気がとれないのは新人時代やラルグラドが証明していますが。
それでも最低二巻は出ているわけだから
現時点では本当に人気があるのかどうか判らんことには変りないけどな

今週のワートリについて言及してくれたのはウレシいけど、どうせならあのラストにも言及してほしかったぜw
まあそれも言ったらスゴい量になりそうだから止めといたんだろうけど、せっかくの名シーンなのにモッタイナイ…

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2153-14304bcf

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ