保険 アリコ Moon of Samurai 今週のジャンプ一コマレビュー 2014年43号

今週のジャンプ一コマレビュー 2014年43号 

・『スポーティングソルト』

hitokoma_2014_43_01.jpg

 おどろきの白さ! まさかこのフレーズを『BLEACH』以外につかうことになろうとは。
 三連続新連載のどんじりのこの漫画、第一話にして背景やモブを描くのに手をぬいています。キャラは大暮維人の絵から魅力をバキュームカーで根こそぎに吸いとった感じ。あとキャラのポーズがいちいち角度をつけて描かれていて、じっと見ているとだんだん不安になってくるような絵です。
 ストーリーは平凡で、キャラに魅力はなく、この漫画でほめられるところといえば主人公がスポーツドクター見習というめったにない肩書をもつことくらいです。しかし主人公のポジションのそれらしくなさがかならずしも武器になるとはかぎらず、たとえば四半世紀ばかりむかしジャンプで連載されていた『セコンド』という漫画は、その名のとおりボクシングのセコンドを主人公にしたものでしたが、『チャゲチャ』すらしのぐ伝説の六週打切りをくらいました。はっきりいってこの漫画が二十週打切りをまぬかれる未来を想像することができません。


・『トリコ』

hitokoma_2014_43_02.jpg

 青鬼さんが何か威勢のいいことを言っています。息ができなくなったくらいでトリコの中にひっこんだくせに。いっぽう赤鬼は体の一部がよみがえったとのこと。まだ完全に力が出せん、とまえにも言っていたので、これからさらに強くなってゆくのでしょう。個人的には興ざめです。
 初期の『NARUTO』の九尾やエヴァの暴走みたいに、主人公が死にそうになったら勝手にでてきて敵をたおしてくれる存在というのは便利すぎて、ギリギリの緊張感がうしなわれるからイヤなんです。コントロール不能というリスクも、主人公の死の回避というリターンにくらべればちいさなものですし。イヤボーンはほどほどに。


・『食戟のソーマ』

hitokoma_2014_43_03.jpg

「俺だってこの一週間、お前の事をずうっと考えていたんだぜ?」

 ウホッ! 相思相愛……
 かと思いきや、美作はソーマのセリフに汗をダラダラながしながらおびえます。

hitokoma_2014_43_04.jpg

(汗?
 ヤツが何をやろうと想定内のはずだ。なのに。
 何を、恐れてる)


 それはおそらく、いままでストーキングする立場だったのがはじめてされる立場となったことでしょう。人を呪わば穴ふたつ、男の穴はただひとつ。いまの美作はバックからの危機におびえて尻がキュッとなっているにちがいない。


・『斉木楠雄のψ難』

hitokoma_2014_43_05.jpg

 これまでの話で一番人気のエピソードの主演キャラだった斉木のじいさんが今回メインをはりました。話の中身はツンデレじいさんが斉木父にだけ100%ツンでつらくあたったので家族みんなにハブられたけれど最後は斉木のおかげで和解しましたというものです。起承転結はあいかわらずうまいし、斉木は万能のくせにやっぱりまわりにふりまわされるし、オチは気分のいいものであるしで、お題を出されての作劇なのに無理をしたところが全然みつかりません。麻生先生の地力の高さが発揮された一話です。しかし斉木が超能力者であることを知ったうえでなおツンデレであることをやめないじいさんはツンデレの鑑ですな。


・『火ノ丸相撲』

hitokoma_2014_43_06.jpg

(やった! 300休まずにできた!)

 心の声で萌えアピールするユーマ。この漫画でいちばんの萌えキャラが石高の金盛主将であることは衆目の一致するところですが、次点はどうやらユーマできまりそうです。第一話のクズまるだしだったころとくらべると隔世の感があります。そういえば金盛主将も初登場のころは好感度のひくいキャラだったっけ。


・『BLEACH』

hitokoma_2014_43_07.jpg

 零番隊どうしようもねーなオイ! その総力は護廷十三隊全軍を超えるとかいうのに、ユーハバッハ以下が霊王宮へ攻めてきても五人が力をあわせることはなく持場についたままで、かといって単独でふせげるのかといえば全然そんなことはなくて、本気で戦っても一太刀すらあびせられません。しかもコレ、ユーハバッハではなくその部下の能力によるものです。零番隊ショボイ。
 というかこの漫画のキャラ、前評判と実力とが乖離しているケースがおおい。ヴァストローデ級が十体以上いたら尸魂界は終りとか言っておいて、アーロニーロをのぞく十刃のほとんどがヴァストローデ級だという設定なのに、ほとんど犠牲もなしに護廷十三隊は勝ちましたし。ああライブ感。いまのリーゼントにならマユリ様ひとりで勝てそうです。



火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックス)
火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックス)川田

集英社 2014-09-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
火ノ丸相撲 2
ワールドトリガー 7 (ジャンプコミックス)
食戟のソーマ 9 (ジャンプコミックス)
僕のヒーローアカデミア 1
東京喰種-トーキョーグールzakki (ヤングジャンプコミックス)




コメント

「ケッ、あの駄馬次会ったらもう遊ばねー。ソッコーぶっ殺してやる(震え声)」

こうですねわかります

>人を呪わば穴ふたつ、男の穴はただひとつ
巧いと思ったけど真性の人にはお口も立派な穴じゃ・・・

新連載はレベル低すぎてヤバかった
ハンタの穴埋めに必死で探したのかな?

「セコンド」は『少年』ジャンプだったのが悲劇と言えますね。
ビジネスジャンプなら、もっと違う評価をされたはずなんですけどね。
あと、新連載はテコ入れで超能力を持ったスポーツドクター同士のバトルになると予想。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/2106-6ef2cdee

少年ジャンプ ワールドトリガー 斉木楠雄のψ難 ハヤテのごとく! 銀の匙
  • seo
Wizardry Ring
[ Back ][ Random ][ List ][ Next ]
ブログパーツ